カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年08月22日 (月)

巣鴨地蔵通りのB級グルメ決定版「ときわ食堂」

 こういう食堂、最高だよね。昨日のブログでご紹介した通り、刺抜き地蔵商店街には前日、大雨の中、志の輔落語がありましたんでまいりました。

 けど、夜中ですからね。9時頃送り出されて、帰りがけに見つけた小料理屋。なんと大メーカーには珍しく辛口の美味い酒がありましてね。つっても、天狗舞の2本呑んだ後。

 「あれっ豪快あるんだ?」
 
 店内に小さなポスターが貼ってあんの。これ、いけます。とても量販酒蔵がつくったとは思えないほど。京都四条の「味舌」で紹介されたんだけどね。

 意外と美味いのよ。

 外に出たら晴れ上がってましてね。こんなにきれいな空気は久しぶり、というほど澄んでました。おもわず刺抜き地蔵(高岩寺)をスマホで撮影。やっぱきれい。商店街も映えてます。

 夜中ですからね。ここ、夕方6時には閉めちゃうらしいっす。ジジババ相手の街ですからね、しょうがない。
 「昼はどうなのよ?」てんで、神保町で打ち合わせしたついでに都営三田線で一本なんで、ちょっと見てきました。

 う〜ん、普通。あの空気の清涼感はありません。ジジババはたしかに多いけど、占拠されてるほどでもないしね。つうか、いまどき、日本中どこ行ってもジジババしかいないわけでね。
 うちの町内会なんて「高齢者○○地帯」と行政が電信柱に標識貼りだしてますからね、まあ、そのうち当たり前の風景と気づいて標識も取り外されるでしょう。

 で、前日から気にかかってたのがこの店。通りに2軒あんのよね。刺抜き地蔵のそばの店のほかに庚申塚に向かってもっと奥に進んだとこにもあるしね。

 いつも混んでるみたい。たしかにこういう食堂はありがたいっす。私の好きなメニューがたっくさん。目移りしちゃう。けど、注文は即。あれこれ迷わない。ま、よく考えない、必ず後悔する、ってことなんだけど。


あじフライが3枚! ハムエッグも追加! 結果1枚残しちゃった。

大繁盛店です。

とげぬき地蔵尊(高岩寺)の洗い観音様。ご本尊はもち本堂に。調子の悪いとこを洗うのよね。頭を重点的に洗いました。

雨上がりの夜、なんとも空気が澄んでて気分は上々でした。

昼間の商店街はこんな感じですね。

・店名:ときわ食堂
・値段:安い
・場所:巣鴨駅・庚申塚駅いずれも徒歩5分(店が2つあるからね)

 巣鴨地蔵通り商店街。都電荒川線庚申塚。やっぱ和菓子屋さんが多いね。あと、観光地なんだろな。土産物がたくさん。
 なぜか池袋の人気パン屋&レストラン「TAKASE」がありました。感動。あそこのハンバーグナポリタン大好きなんす。もち、ライス付き。パンは食べ放題なんだけど。

 商店街というより、やっば寺社町門前町なんだろね。地元の横浜橋商店街には寺も神社もないけど大衆演劇の三吉劇場があるしぃ、なんつっても美味しいコロッケ屋さんがあるからなあ。
 JR巣鴨駅のほうにB級酒場がありそうな予感。今度行ってみよっかな。

 ここで呑んでから帰るの大変だわなあ。。。こう考えちゃうのがジジイの証拠なんだろね。そんなこと気にするくらいなら呑まないほうがいいのよ。なんか美味そうな焼鳥屋がありそうな感じがすんだよなあ。探索すっか。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「点滴ポール 生き抜くという旗印」(岩崎航著・ナナロク社・1512円)です。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年08月08日 (月)

美味い美味い浪速のたこ焼き「天風」渋谷・代官山)

 「B級グルメ」とは「格安の値段で超一級の味を提供する料理、すなわち、お買い得、お食べ得の料理」という意味です。高くて美味いのは当たり前。安くても、「こんなに美味いの? こんな値段で食べちゃっていいの?」と腰を抜かしてしまう店。それを紹介するのが本ブログの使命です(ちょっとオーバーか)。

 たこ焼き大好きっす。大阪で自分で焼かせてくれる店がありましてね。連れてってもらいました。

 子どもの頃、自宅でたこ焼きつくって、家族に「売ってた」経験がありますからね。あの頃は、小麦粉に卵入れて水入れて、タコ入れて、天かす入れて、紅ショウガもすでに入れちゃって、なおかつ、青のりまで入れちゃう。

 大量につくってタッパーに入れる。で、鉄製のたこ焼き器をガス台にのせて焼くわけ。

 できあがると、ソース、またまた青のり。マヨかけてむしゃむしゃ。で、1個10円で売るわけ。かなり評判が良かったんで、大阪でもつくってみました。

 大失敗。

 「油ひかないんですか?」
 「油? ひいたっけ?」
 「たぶん」
 
 ぜんぶくっついちゃってパー。2回目は油ひいたらちゃんとできました。

 けど、あの頃、つくったたこ焼きのほうが美味かったなあ。小麦粉たくさん入れてたから水っぽくなかったしね。

 タコ好きなんす。明石焼きも好きだし。なんたって、タコの唐揚げに目がないからね。寿司屋でも注文しちゃうから。新鮮なヤツ。それ、食べてると、やっぱ、ほかの客も欲しがるのよね。

 「タコの唐揚げ? オレにもちょうだい」
 「おいおい、こっちもね」
 
 七味とマヨつけてちびちび呑んでたの、羨ましそうに見てたんだろね。

 「いかげそも揚げてくれる?」
 「オレも」
 「こっちもよろしく」

 だれも寿司食べないの。ま、カウンターで寿司食べてるの見たことないかんね。ここは。

 で、たこ焼きです。渋谷で打ち上げしまして。二次会にライブハウスに行きまして。で、そのあと、猛烈にたこ焼き食べたくなりまして。そしたら、大阪在住のメンバー(東京原原ですけど)が、「この近くにありまっせ」「なら行きまっせ」つうことでね。

 浪速のたこ焼きでんなあ。味がいろいろなのね。まずはソースでしょ、だし(昆布で取った風味豊かな特製だしにドボン)でしょ、しょうゆ、塩オリーブ、ラー醤油味とあんねん。
 

いくらでも入りまんねん。

店主は大阪人。サービスええで〜。

深夜もやってるしぃ、お土産にしてもええしぃ。

 また、行こっと。。。

・店名:天風
・価格:安い
・場所:渋谷区猿楽町(代官山)


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「コンビニ人間」(村田沙耶香著・文藝春秋・1404円)です。 

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年06月28日 (火)

横浜いろいろご案内。。。

 土曜日は「ピーピーぴよこちゃん倶楽部」。素晴らしい講義と目からウロコの投資スキルでしたよね。
 「利子を福利でどんどん殖やす」
 「ネットトレーダーみたいな忙しいことはしない。中島さんみたいに、いろんなことしてあちこち行って人生楽しみましょう(ありがとう!)」
 「優秀なヘッジファンドを選ぶ目利きが大切」
 「3ヵ月ごとに投資商品を入れ替えます」
 「パフォーマンスによってヘッジファンド・マネジャーも3カ月ごとにチェックします」
 「10年間の平均利回り10%超」
 ・・・プロ中のプロですよ。なるほど、NY大投資家が指導を受けるわけです。それだけ付加価値のあるインテリジェンスがありますよ。

 で、講義が終わってから、ゲスト講師も帰られた後、待ちかまえていたストーカー6人と飲み会。聞けば、2人は翌日翌々日も東京で所用があるとか。

 「いい焼鳥屋、教えてください」

 私、焼鳥屋さん大好きなのよね。日刊ゲンダイで「焼鳥屋探訪記」を連載してたくらいですからね。結局、日曜に横浜元町の焼鳥屋に行くことになっちゃった。

 一見するとバーにしか見えないかもね。8人しか入れないからね。

 すっかり感心、堪能したご様子。少し時間があったんで、ちょっと横浜の面白い店をご紹介。以前、神戸をご案内頂いたので、その御礼という意味も込めましてね。


「浜志”まん(これで「はまじまん」と読ませます)」。伊勢佐木町にあります。

看板商品「ボストン・クリームパイ」。もともとボストン老舗ホテル「OMNI Parker’s House」で生まれたケーキです。レシピ通り。こだわりはスポンジなのよ。モンブラン、レモンパイ、サバランなど20種。ハマでは誕生日ケーキは「浜志"まん」というファンが多いのよね。


 で、最近はまってるラーメン屋に寄ったら、食べるとのこと。焼鳥屋でかなり食べてたはずなんだけど。


にんにくワンタンメン。

茶碗カレーも美味しいよ。

 朝5時までやってるかんね。ニンニクはその都度絞ってくれるのよ。無臭ニンニクちゃいまんねん。 

 また、名古屋原原のキム兄も大好きな「豚の昧珍」。。。なんつうかなあ、豚の頭、足、尻尾、胃袋、耳、筋・・・んなもんばっかなんだけど、客筋がいいわけ。みなさん、1人で黙々と食べるスタイル。


アラジンと魔法のランプちゃうねん。通称やかん。

やっぱ足と尻尾、それに筋かなあ。


 だいたい30分くらいで帰る客が多いね。
 
 最後はこれまた馴染みの喫茶店「無」でお茶。元町にあります。驚きのアイスコーヒーがお勧め。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「戦略がすべて」(瀧本哲史著・新潮社・842円)です。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年04月09日 (土)

「ルースチャーハン」(渋谷・兆楽)

 今日は新潟原原です。メンバーはご参集ください。

 「B級グルメ」とは「格安の値段で超一級の味を提供する料理、すなわち、お買い得、お食べ得の料理」という意味です。高くて美味いのは当たり前。安くても、「こんなに美味いの? こんな値段で食べちゃっていいの?」と腰を抜かしてしまう店。それを紹介するのが本ブログの使命です(ちょっとオーバーか)。

 出ました、これぞ、B級グルメっす。最近はまってるんです。どのくらいはまってるかつうと、この前の「ぴよこちゃん倶楽部」のあと、ちょいと飲みに行きまして、そのあと、やっぱ、ここに寄っちゃうわけ。つまり、飲み屋ではラスト一食分、しっかり抜いてるの。

 兆楽、行くかんね。待っててね。ちゃんと空けとくかんね。。。つうくらい。

 あのね、ここ、宇田川交番の隣なのよ。だから、いつも横通ってたわけ。けど、いつもスルーしてたのよ。
 で、どうして入ったかつうと、毎月、鎌倉行ってるでしょ。つうか、2〜3回は通ってますねん。いまも原節子さんの特集してるしね、川喜多記念館でさ。

 で、いつもの床屋さんで雑誌眺めてたら、ここと浅草の「餃子の王様」つう店が出てきたのよ。へ〜、あそこ、美味いんだ。でもなあ、ヨシカミ行っちゃうよなあ。欽ちゃんにも会えたしなあ。でも今度行ってみよ。


つうわけで兆楽なのよ。

ルースチャーハン。

 ルースチャーハンてのは、早い話が、チャーハン+あんかけ+チンジャオロース−チンジャオ=ルースチャーハンてな感じ? ぜんぜん早くないか。ま、そんなもんす。

・店名:兆楽。
・価格:安い。
・場所:宇田川交番の隣つうか裏つうかその辺。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年03月31日 (木)

「トンカツとんき」(目黒)

 「B級グルメ」とは「格安の値段で超一級の味を提供する料理、すなわち、お買い得、お食べ得の料理」という意味です。高くて美味いのは当たり前。安くても、「こんなに美味いの? こんな値段で食べちゃっていいの?」と腰を抜かしてしまう店。それを紹介するのが本ブログの使命です(ちょっとオーバーか)。

 池波正太郎も名店だと太鼓判を押してますし、おそらく、ほかのブロガーの皆さんも絶賛されてると思います。

 日本で有名なトンカツ屋さんです。

 くたくたの身体と脳みそを調整するために毎月「リンパ・ドレナージュ」をお願いしてまして目黒まで出張りました。「いてっ、いてて、いてて、いてて」の連発。身体中、氣が詰まってるわけね。2時間やってもらったら、あれれ、不思議、ウエストが細くなってる!小顔になってる!

 血液は5分で一周いるけど、リンパは遅いんです。8〜12時間くらいかけてまわってるのね。心臓ポンプがないからね。特別の溶液を吸収させて流してくれるから効くわけでね。

 大阪出張時に毎度お世話になってる先生も「イテ、イテテイテテ」の連発ですけど、エネルギーがフルチャージしてもらえるんで、ランチは抜いても必ず施術してもらっとりまんねん。

 さて、目黒でいつも思い出すのは、いまから25年前、東洋経済つう会社にいたとき、隣の芸能プロダクションによ〜来てました。創業者の本をつくることになりましてね。ゴーストを立てて原稿つくったんですけど、ダダこねまして、「ボクのテイストじゃない」な〜んてね。

 当時(32〜3歳)、めちゃくちゃ生意気。しかもけんかっ早くて、「たかが芸能プロのオヤジのくせにどうのこうのうるさいんだよ!」「もうやんないから!」と言い放ってやめちゃった。で、あとは温厚な編集長が引き取ってくれたんですけどね。。。

 そしたら、この人、えらいね。夏休みだかに軽井沢の別荘にこもって自分で書いちゃった。
 「中島さん、風邪引いてたけど頑張って書いたから」
 で、原稿持ってきてくれたのよ。

 読みました。おもしろい! 経営書としてはインタビューしてゴーストにまとめてもらったほうが遙かにいい。けど、やっぱ創業者の息吹とか熱意とか苦悩とか怒りとか感動とか、そんなエネルギーのようなものが伝わってくるのよね。

 ああ、これは売れないな、けど、いい本だな、修羅場を体験してきた創業者でないと書けないな、と素直に感動しましたよ。

 体調の悪い中、休みがとれたから原稿優先してくれたわけでね。若気の至りつうより人間ができてない、と深く深く反省しましたよ(それ以降も短気は損気を繰り返すわけですけど)。

 その隣にあんの、この店。ちいとも気づきませんでした。和田アキ子さんも食べてるんだろうか。


サービス満点。

キャベツ、味噌汁、ご飯食べ放題だけど。ヒレとロースでご飯不要。

いつも混んでます。

・店名:とんき。
・価格:1400円〜。
・場所:目黒駅徒歩5分。 

 どんなに美味くたって好き嫌いはあるわな。長年食べ慣れてる「勝烈庵(横浜馬車道本店)」のほうがずっと好き。熊本の「勝烈亭」も大好き。こればかりは好みだわな。。。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「アドラー”実践”講義 幸せに生きる」(向後千春著・技術評論社・1,706円)です。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年03月17日 (木)

いつも気になっていたラーメン屋さん「天龍(新潟)」

 新潟原原のラスト講義が先週土曜に修了。1年間ありがとうございました。勉強になった? 目からウロコの連続? だといいんだけど。。。

 しかし凄いよね。地元新聞の記者であるIさんから、「東京原原に参加できないのでネットで放送してくれませんか? 録画でもいいですから」つう相談を受けたのが2年前。

 「講義よりも2次会3次会と濃縮されてくんだよ」
 「勉強したいつう人集めてみたら?」

 ま、経営者を中心に医師、会計士、大学教授、コンサルタント、高校、中学の先生・・・10数人の梁山泊。「新潟佐渡ツアー」までやりだしちゃって、全国の原原メンバーが乱入することになりました。

 縁つうのは不可思議ですなあ。いつも言ってるけど。求めても得られないのが縁ですし、求めなくても得られるのも縁ですからね。どうも「運命の見えない糸」ってあるらしいっすよ。

 で、ラスト講義は2次会のバー、3次会のクラブ活動まで続きまして。。。

 今夜のホテルは新潟ナンバーワン繁華街古町のど真ん中。いつも駅そばのホテルなんすけど、酒の陣で満杯。古町泊まりなのよ。どうも気になってる店がありましてね。。。飛び込んでみました。
 

むかし懐かしいラーメン。昭和32年オープンから変わってないらしっす。コショウかけすぎ?


昼はへぎ蕎麦。完璧にパターン化しとります。

 なんつってもこの日は「新潟酒の陣」がありましてね。2日間で13万人てどういうこと? そういえば、新幹線も混んでたなあ。ホテルは数か月前から満杯なんで、SMAPか嵐のコンサートかなと思ってました。そうか、酒の陣か。気づかなかった。去年参加してあまりに長蛇の列にこりごり。

 ま、1回覗けばいいと思うな。

 で、明日は大阪入り。滋賀県。そして京都。明後日は京都。夕方は東京。すごいタイトですけど、こういうの嫌いじゃありません。
 なにしにいくか? はいな。メインは京都三大巨大涅槃図のご開帳がありますんでね。すべて見てこようってわけ。
 新潟から大阪まで1時間、伊丹空港から京都駅まで50分。そっから電車で三井寺(園城寺)、弘文天皇の陵、新羅明神神社、日吉大社、ケーブルカーで比叡山延暦寺、泊まりは京都。

 月曜日は朝9時から東福寺、泉涌寺、そして本法寺。なにし行くか? はい、年一回の涅槃図のご開帳。日本最大の大きさです。ここまで来たら近くの白峯神社にも詣ります。

 これを午前中にクリアして、正午に新幹線に飛び乗り、いったんオフィスに戻ってから東京に。。。なにしに? はい、落語です。

 この間、4月新刊のゲラチェック。京都のホテルから宅配便に載せました。新幹線の中で原稿執筆。あわてて新横浜駅を乗り過ごすとこでしたよ。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「売れないものを売る ズラしの手法」(殿村美樹著・青春出版社・1440円)です。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年03月10日 (木)

鎌倉の美味しいラーメン「麺好み いまむら」

 日本伝統文化研究会で行く「越中八尾おわら風の盆」ですが、下記参加者で締め切ります。申込は30人くらいありましたんで、「私も行きまっせ〜」つう人は即メルヘンしてね。つうのも、旅館をおさえなあかんねん。ミナミちゃんが人数分ちゃちゃっと振り込んでまんねん。
(敬称略)
1中島孝志
2廣田(幹事長)
3森
4照井夫妻
6鈴木(名古屋)
7竹川
8鎌江
9福田
10大高
11ミナミちゃん(幹事長補佐心得見習い)
12平川(女性)
13井上(女性)
14森田
15若松


 さて、月に1〜2回の鎌倉詣ででおま。今日はなんだかんだで小田急線の藤沢駅つうとこから江ノ電でちんたらちんたら鎌倉駅へ。

 どうして? 車窓から江ノ島を見たかったのよ。学生時代から見慣れたとこですからね。「海街ダイアリー」は綾瀬はるかさんだけのものではありません。

 あの映画には懐かしい風景と想い出がたっぷり。

 「オレは男だ!」という日テレの青春番組。そうそう、あの森田健作知事を有名にしたドラマですけど、あれもリアルタイムで撮影を見てます。

 江ノ電は特別なのよね。

 で、鎌倉。床屋さんにも行っちゃおう。徹夜徹夜で髪を切る暇もなかったもんなあ。髪切る時間があったらマッサージを優先したいわなあ。

 「お知り合いのYさんが来てくれました」
 「へえ、みなに宣伝してるけど、彼、来てくれたんだ」
 「サービスで頭皮のトリートメントしますよ」

 ありがたいこってす。ここの床屋さん、実はKTさんとかAHさんとか俳優、歌手、脚本家、モデルとかがたくさん来てるのよ。高くないの。腕がいいの。本店は青山なんだけどね。いままで七里ガ浜に行ってたんですけど、以前、お話ししたように、鎌倉駅前店がオープンしたんで、こっちに来てるわけ。

 七里ガ浜もいいけどね。たまにしか行かないなあ。帰りは由比ヶ浜のそば屋にするか、いつも青山店は満員で入れないし、その分、川上庵ばかりだしぃ。。。

 そうだ、「いまむら」にしょ。。。鎌倉で半世紀以上続く製麺屋さんなのね。去年か一昨年からラーメン屋さん始めたのよ。

 製麺屋だからいろんな麺をつくってまして、そばもうどんも食べられるのよ。けど、ウリはラーメン。まあ辛麺に辛いスープが人気あんだけど、今日はワンタン麺。ワンタン自家製で肉たっぷり。ワンタンが食べたくなっちゃったわけ。 


平打ち、細麺、太麺、辛麺・・・いろいろあります。スープと一緒に選んでね。

 醤油味の細麺でよろしく。
 
 食べてる間に土砂降りの雨。ここの人、みな優しいからね。

 「止むまでゆっくりしてって」
 「平気。フードついてるから」
 「やったげる」
 
 ちゃんとフード出してくれました。外に出て駅に向かってる間に雨あがっちゃった。ラッキー。つうわけで、店の写真は撮ってません。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「中東複合危機から第三次世界大戦 イスラムの悲劇」(山内昌之著・PHP・886円)です。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2016年02月10日 (水)

中目黒のバーの絶品ラーメン。。。

 昨日は東京原原。まくらは、年初からの暴落・マイナス金利・今後の予測。本講義のテーマは「大陸と半島そして列島2600年の歴史から読み解く! 東アジア情勢」てなお話でした。
 神武天皇から天智天皇までなんとかたどり着きましたが時間切れ。続きはいずれ。。。

 来月は東京メンバー平川さんによる出版記念特別講義です。『パナソニック V字回復の真実』(角川書店)という力作が出ますからね。原原メンバーは事前に購入し、しかと読み込んでご参加ください。

 通勤快読でもご紹介します。現場にいた人にしか書けないインテリジェンス満載の内容です。幸之助さんからいまの津賀社長にいたるまで、間近で経営を見てきた人が、パナのV字回復の道のりを冷静に見つめながら臨場感溢れる感動をもってビビッドに描いてました。

 さて、東京原原のあとは二次会。三次会、四次会と・・・で、いつの間にか、中目黒まで流れてきました。駅前の小じゃれたバー。

 「ここ、ラーメン絶品なんですよ」
 「バーでラーメン?」

 ホント、絶品でした。あっという間になくなるとのこと。2杯分だけありましたので、小丼もらってみなでシェア。スープの焼豚も抜群! 驚いたわいなあ。


ラーメン屋としてもやっていけるレベル。店名はアルファベットで上から読んでも下から読んでも同じ。「ラーメンだけ」はダメよ。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「日本はどれほどいい国か」(日下公人・高山正之著・PHP・1,100円)です。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2015年12月20日 (日)

新宿のカツカレー「王ろじ」

 ようやく終わりましたよ。昨日の真夜中。書き下ろしですからね。また傑作書いちゃった。 
 それはそうと、『パナ本』どうなっとるんやろ。中間報告のない編集者はあかんな。病気やろか。しばらく休んでたいうしな。ぶり返したんやろか。。。K書店からK談社にまわそかな。あちらでも企画通っとるしぃ。。。

 爆発的に売れそなビジネス書。昨日明日でチェック&リライト。電子書籍先行です。著者が本名出せない訳よ。危なすぎて。ペンネームでもね。特定されたらアウト。中身は「極道トップ営業マン」。売れそでしょ。テレビドラマになるわいな。

 新年早々、いろいろ話題になる企画を仕掛けてます。まだあと2冊残ってるけど、今年はよくやったよなあ。人生でいちばんハードだったんちゃう。つくづく思うわ。

 来年はとにかく「暇」をつくること。「ひとりになる時間」を増やすこと。ひとり旅、ひとり禅、ひとり三昧を極めましょ。人恋しくなるまでとことん孤独三昧やなあ。学生時代は日本中世界中ひとり旅してたもんなあ。

 原原であちこちに行くときはひとり旅。楽しいのよね。でも大都市だかんね。辺境だよ、辺境。昔は辺境ばっかし旅してたわけでさ。死にそうになったこともあったけど、いまなら、そのまま消えてもいいしね。

 ウズベク、カザフ、キルギス、トルキスタンな行く予定でしたけど、「誘拐されるぞ」と脅かされたけど、保険しかとかけてきますので、政府は交渉しなくていいっす。家の前歩いても事故るヤツは事故るわけで。IS行っても平気なヤツは平気。でも行くだけで迷惑なんだよなあ。

 遊びじゃねえんだよ。こちとらは、てね。。。毎日がゴルゴ13なんだぜってか。


 さて、伊勢丹本店にちょいぶらり。なんと青木匡光先生ご夫妻にバッタリ。

 「青木先生、こんにちは」
 「ああ中島さん。ほら、中島さん」
 隣は奥さん。奥さんにもホント、お久しぶりです。

 「ヒューマンハーバーにも寄ってね」
 「はい、ありがとうございます」

 そういえば、オフィスが近所だわな。しかししかししかし、先生、いまおいくつ?

 青木先生との出会いは、私がイヤでイヤで1年もたなかった出版社の編集者時代に遡ります。つうことは、34年前? お互い若かったわなあ・・・。あれから30年。感慨深いですなあ。

 それにしても伊勢丹で鉢合わせするとはねえ。

 どうして、こんな処を歩いていたかつうと、紀伊国屋をうろちょろしてたのね。で、映画観るつもりだったのよ。けど、その前にランチ。

 そうだ、カツカレーがいいかな。すると神保町か? 面倒くさいなあ。つうことで、ここに。。。

 1921年創業。もうそろそろ100年?


名物トン丼。カツカレーちゃうねん。

これまた名物みそ汁。ベーコンのみそスープてな感じかな。

こんな店。

・店名:王ろじ。
・値段:1000円。
・場所:伊勢丹パーキングの真ん前。 

 あのね。ここのトンカツはヘルシーっす。つうのも、脂落としてますから。トンカツというより、肉巻きなのよ。ミルフィユなわけ。どっかそういうトンカツで売った店あるよね。あそこはここのパクリ。うんにゃ、ジェネリックと言いましょうか。

 う〜ん、エンブレム。。。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2015年12月04日 (金)

本日「孤独のグルメ」で放送されるそうっす。中華料理「菜苑の純レバ丼」(錦糸町)

 錦糸町は4回くらい乗り換えたことがあるなあ。たしか原原の忘年会を亀戸でやったとき、市川だかどこかで宝塚観たとき、地下鉄東西線沿線のどっかで落語会あったり、たしかここで乗り換えたような。。。気がするんですよ。

 で、今回は某万年筆メーカーのトップとお会いすることになりましてね。この近くに本社があるとのこと。
 話に花が咲きまして。まんざら縁がないわけでもないようで。パンフ見たら、あれれ、この万年筆の開発者よく知ってる。一度訪ねてこられたっけ。TBSでドキュメント番組が放送されたっけ。

 縁というのはどっかでつながってるわけね。

 それにしても錦糸町・・・いい意味で「いかがわしさ」がプンプン。B級グルメのにおいがプンプン。昔、ヒット曲連発した演歌歌手がホストやってたとこだよね。ここ。

 で、ちょいと早めに到着して街をぶらぶら。へえ、こんなとこに中華料理? 外にメニューが立てかけられてましてね。

 あれれ、純レバ丼? 「純レバ」なんて久しぶり。昔むかしその昔、新宿御苑でよく呑んでまして。このへん男好きの男が多いからやばい店が多いわけ。もち私が通ってたのは「TonKing(東京)」つう創作中華の店。

 ここは主人夫婦が6月あたりから2カ月休んでスペインに行っちゃうのよね。お客に芸能人も多くて何人も会いました。

 人気料理が純レバなの。美味いからひとり一皿ずつ。シェアなんかしません。ケンカにならんよう一皿ずつ。以来、たぶん7年は食べてない。

 よし、決めた、ここ、入ろう。注文はもち純レバ丼。ラーメンのセット。カウンターとテーブル1つくらい。街の小さなラーメン屋さん。

 そしたらね。。。

 「この前、貸し切り?」
 「いつ?」
 「灯りはついてるけどドア閉めてた」
 「あれね。テレビ」
 「取材?」
 「ドラマ。松重なんとかゆう俳優が来てさ」
 「どこのテレビ」
 「テレビ東京」

 テレビ東京で松重・・・松重豊さんでしょ。つうことは「孤独のグルメ」じゃね?

 「夜中の番組?」
 「らしい」
 「放送した?」
 「12月4日」
 「間に合うね」

 いったいどんなメニューが気に入ったのか。どの料理が気に入られたのか?

 たぶん、この純レバ丼じゃね? ちがうかな。オヤジさんも言わないし、常連客も聞かないし。私ゃたまたま居合わせただけで、そんな展開になるとはちーとも知らんかったしぃ。5分早く来ても、5分遅く来ても、そんなことになってるとはわからんわけで。。。

 世の中、タイミングですな、大切なのは。

 つうことで、たぶん、この料理が紹介されると思うのよ。ちがってたらゴメン。


甘辛い味付け。ラーメンいらんかった。これだけ大盛で食べたかった。


・店名:菜苑。
・値段:安い。
・場所:天神橋・亀戸3丁目。


スカイツリー。こんな高いとこ、よく上がりたがるね。 


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「地球の履歴書」(大河内直彦著・新潮社・1,296円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。
[2017年11月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす!
[2017年11月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

京都国立博物館「国宝展」に滑り込んできました。。。
[2017年11月17日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!