カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年09月10日 (土)

じゅんいちダビッドソンさんのライブがありまっせ〜。。。

 昨日は重陽の節句。「菊の節句}ともいわれておりまんなあ。
 なんで、菊か。国花だから? いえいえ、それは結果論。菊は不老長寿なんです。

 で、観菊の宴なんて乙なモノを催したりするわけでね。せめて、菊の花弁をぱらぱらとっては盃に入れて呑む。菊酒でんな。せめてそのくらいはせんとね。


 さあて、じゅんいちさん、ですね! 単独ライブやるらしいっすよ。本田ネタを超えた新ネタ披露だとか。期待しまっせ。。。


ゲスト:井上マーほか。一部と二部は少しだけ内容変えるそうっす。

 で、終演後、グッズ購入者にサイン&2ショット会。この24日10時からローソンチケットで発売とのこと。Lコード:31811ですからLoppiで買えばいいわけね。
 
 テレビとラジオでも活躍してます。
◇9月10日(土)13時30分〜14時25分「なんごくバケーション」(KYT) 薩摩川内出身の前園さんと鹿児島の旅巡り番組です。
◇9月13日(火)21時05分〜21時55分 「天使のつくり笑い」(NHKラジオ第一)。サンドウイッチマンの番組にゲスト出演。これは聴きたいっすね。

 ほかに、本田圭佑選手が実質オーナーをつとめる、オーストリアのサッカークラブsvhorn。じゅんいちさん、スペシャルサポーターなのよね。で、深夜abemaTVのSVホルン中継にゲスト出演!

 仕事してまんなあ。「ご招待します!」な〜んてメール頂戴しましたけど、買わないとダメ。期待すればするほどね。

 そういえば、一昨日、神保町をぶらぶらしてまして。神保町シアターで「原節子特集」してたのよ。「東京物語」「晩春」「麦秋」といった紀子3部作はもちろん、「山の音」「めし」「青い山脈」・・・原節子ファンにはたまらんっすよ。鎌倉でも原節子特集は大成功でしたしね。今月で終わりですから、さっさと行かないとね。


9月5日が1周忌でした。


 あの時代、こんな容貌の女性がいたわけでね。つうか、奈良時代も鎌倉時代もいたわけで。おかめだらけの中、醜いアヒルの子で浮いてたかもね。。。

 で、びっくり。なんと吉本興業の小屋「神保町花月」の1Fにあんだよね。つうか、花月が神保町にオープンしてるのは知ってたけど、まさかねえ。。。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年07月19日 (火)

宝塚花組「Me And My Girl」は最高の出来!

 ま、宝塚はなんでも最高なんすけど。なんとも素敵でオシャレな舞台でしたよ。

 定番の「Me And My Girl」 は1930年代のロンドンが舞台。ひと言でいうと、『マイ・フェア・レディ』の男性版を女性が演じる、つう、ややこしいんだけど、めちゃシンプルなミュージカルでして。


今年は花組。明日海りおさんと花乃まりあさん。まりあさん、綾瀬はるかさんに似とるんよ。

 下町ランベスで育った、元もとは名門貴族の御落胤。育ちが悪いからやることなすこと上流階級とはちがうわけ。で、この若者をジェントルマンに仕立てあげる、つう話。

 初演はコメディアンのルピノが主役を演じたらしいっすね。で、大当たり。ロングラン公演。ブロードウェーにも上陸。

 公爵夫人マリア、姪のジャッキー、公爵夫人の甥ジェラルド、親族のバターズビー卿、バターズビー夫人、ジャスパー・トリング卿、そして後見人の男爵ジョン卿・・・。

 パーチェスター弁護士が見つけてきた若者は無教養で下品。まあ、がさつなヤツ。跡継ぎにはとてもとても認められない。この若者にはやっぱ下町娘の恋人がいるんだよね。相思相愛だから、お互いに相手のことを慮るわけさ。で、ちぐはぐちぐはぐ。

 2人を別れさせたい。でも、いまなお、昔の恋人が忘れられず、彼らに負けないほど、一途な愛を捧げるジョン卿はあることを閃くのよね。

 ま、「マイ・フェア・レディ」がベースだかんね。ご想像通りの展開だと思うけどさ。

 さて、宝塚では1987年〜1988年に月組。ビル役涼風真世さん、ジャッキー役剣幸さん。95年〜1996年も月組。天海祐希さんと麻乃佳世さん。08年も月組。博多座ではジェラルド役とジャッキー役を龍真咲さん(いまの月組トップ。9月引退)と明日海りおさん(いまの花組トップ)が役替わり。
 09年は花組。ジョン卿役を壮一帆さんと愛音羽麗さん。ジェラルド役を愛音さんと朝夏まなとさん(いまの宙組トップ)、ジャッキー役を役替わり。
 13年は月組。ジェラルドとジャッキーを美弥るりかさんと凪七瑠海さん。パーチェスターとヘザーセットを星条海斗さんと沙央くらまさんが役替わり。

 で、今年年は花組。ジョン卿役を芹香斗亜さん(巧かったなあ)と瀬戸かずやさん。マリア役を桜咲彩花さんと仙名彩世さん、ジェラルド役を芹香さんと水美舞斗さん、ジャッキー役を柚香光さんと鳳月杏さん、パーチェスター役を役替わり。

 宝塚はいつも最高っす。大阪原原メンバーは初宝塚でこの舞台を満喫されたそうっす。運がいいっすよ。宝塚のいいとこがすべて出てる作品ですからね。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ポイズンドーター、ホーリーマザー」(湊かなえ著・光文社・1512円)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年07月17日 (日)

七月歌舞伎は最高のエンタテイメントっす!

 いまいちばん乗ってる役者、猿之助、海老蔵、中車が勢揃い。チケがなかなかとれないのもムリないっしょ。

 新国劇? 瞼の母? 長谷川伸?
 そんな感じがしますけど、たしかに、原作は真山青果。この「荒川の佐吉」は超売れっ子、長谷川伸へのライバル心で書き上げたとか。

 「最初はみすぼらしくて哀れで、最後に桜の花の咲くような男の芝居」

 15代羽左衛門のために書き、1932年初演だとか。

 澤瀉屋と成田屋では身体も声質もちがうけど、どちらも通りがいいね。久しぶりに泣ける芝居でしたよ。



 「鎌髭」と「景清」は演出が最高。花火大会かと思いましたよ。これなら宝塚もびっくりしてくれるっしょ。ラストの津軽三味線がとてもいい。

 平家再興の野望を持つ不死身の景清。源氏の武者どもが勢揃いの中に乗り込んで、酒合戦や力比べ、牢破り・・・スーパーマンぶりが痛快っす。団十郎ゆかりの歌舞伎十八番。

 「海老蔵が相務めます」と大きく書かれてます。この目、リピーターがたくさんいると思うな。それにしても世の中せまいっすね。なんと出雲原原のメンバーと遭遇。この前は名古屋原原のメンバーと宝塚で、東京のメンバーとは寄席で遭遇。犬も歩けば棒に当たる。どこかで見かけたら声かけてちょ。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年02月06日 (土)

喬太郎・扇辰二人会。。。

 本日は、越後新潟の原原です。ラス前ですね。来月が新潟原原はラストです。なんとか来期は増やしましょう。出雲メンバー並にやれば倍増しちゃいますよ。
 要は、ほんの少し意識するかしないかの違いです。なんちゃって、上から目線ですいません。

 シャープがホンハイ入りするとかしないとか。年末に労組幹部対象に講演してきたとこですよ。みなさん、やる気満々。とくにケータイ部門はこれから先が楽しみなんだけど。

 そうですか、ホンハイですか。あそこ、EMSでしょ。部品会社が総合家電メーカーを飲み込むわけね。付加価値を追求してきた会社と、安けりゃなんでもいい、つう会社では、文化が真逆。ホンハイの代表は「シャープのブランドを守る」なんて宣言してるけど、んなこたいわれなくても守るでしょ。

 ホンハイはOEMメーカーなんだからさ。縁の下の力持ちが縁の下から出てくる、つうことね。

 74年創業。創業者は現会長の郭台銘(テリー・ゴウ)さん。グループ社員は100万人超。99パーが中国大陸の工場(ほかにベトナム工場)。売上は大きいですよ。けど、このところ、中国経済が大きく減速してますから余裕なんかないわな。

 特長はOEMメーカーだわなあ、やっぱ。インテル、AMD社のマザーボード、デル、ヒューレット・パッカードのPC、インクジェットプリンタ、ソニーのプレステ、プレステポータブル、任天堂のニンテンドDS、Wii、マイクロソフト,アップル、携帯電話ではモトローラ、ノキア、ソニーエリクソン、そしてiPhone。ソフトバンク、ソニーのブラビアも製造してますね。

 製造技術かなあ。つっても、アセンブリーメーカーって人件費さえ安けりゃどこでもできるわけでね。

 子会社のフォックスコン中国工場では労働者の飛び降り自殺が相次いでました。「低賃金で長時間労働の冷血工場?」と中国メディアが報道すると、即座に賃金を40パーも引き上げた。
 事実は中国メディアの報道とはちがって、労働環境劣悪で自殺者が相次いだのではなく、待遇がよすぎるために自殺者が増えたわれ。

 元もと中国は自殺率が高いのよ(農村部は世界でもダントツです)。10万人あたり13.9人(99年度。以来統計がない)。労働者40万人で10人はかなり低いっすよ。で、郭台銘さんは自殺者に120万元(台湾元)もの弔慰金を払ったんです。これ、年収20年分すよ。高すぎますよ。で、自殺未遂者の部屋から「弔慰金目当てに死ぬ」つう遺書まで見つかってます。「もう弔慰金を出しません」と発表すると自殺はぱったり止んだんです。

 でもさ、軍資金どうすんだろ? 「ユニット叩き売りはしないし、40歳以下の雇用も確保します」と約束してるみたいですけど、会社をまんま中国に売ったりしてね。

 役員連中がホンハイにしたい理由は簡単。産業革新機構は「全員退任してもらう」ですけど、ホンハイは「そのまま」つう約束だもんね。

 どちらに転んでも茨の道。スイスの農薬最大手シンジェンタも中国に買収されました。ホンハイにしたって実質的には中国企業でしょ。シンジェンタはモンサントに即売却。シャープはハイアールに即売却なんてことにならんように・・・。

 いま、中国では上から下まで人民元の叩き売り。ババ抜き状態です。人民はメイド・イン・ジャパンの炊飯器や化粧品に爆買いならぬ爆両替。崩壊後に食べていくための知恵ですわな。

 大好きなシャープがその一つにならんことを祈ります。 


 さて、恒例の「ぎやまん寄席」。湯島天神参集殿にていつも開催しとるのよね。


前座のわん丈さんは5月から二つ目。楽しみだね、この噺家。

 柳家喬太郎さんと入船亭扇辰さん。扇辰師匠はさすがに巧いね。いつも感心します。越後長岡のご出身でしょ。朝日酒造さんのホールでもよく独演会してますよね。

 喬太郎さんは相変わらず。「猫屏風」ははじめて聴きます。得意のウルトラマンネタまで披露しちゃった。
 古典よし新作よし、で、はちゃめちゃよし。小さん的であり、米丸的であり、柳亭痴楽的であり、幅が広いし深い。「大河への道」レベルの新作古典をてがけてもらいたいなあ。間違っても、文枝さんにはならんのがええわいな。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年02月05日 (金)

「志の輔らくごinパルコ」最後の最後の楽日。。。

 「いえね、地球の大きさを知りたいんです!」

 これだから落語はたまらない。演者と客のコラボ。洒落が通じなけりゃ落語じゃないし、阿吽で通じなきゃこれまた落語じゃないし、解説しなけりゃわからん野暮は落語じゃないし。。。



 今日で最後の最後。楽日だからではなくて、ビルごと工事で閉まるわけ。で、11年間続けてきた「志の輔らくご」もいったん終わり。

 いやあ、力はいってましたなあ。林真理子さんほか、皆さん、大絶賛。けど、長年聴いてきた「耳利き」には、もっと力抜いていつものように・・・と感じたのではないかしらん。

 ま、最後の最後。映像まで入ってればそうなりますわなあ。ガッテンしちゃいました。



 圧巻は伊能忠敬ですよ。「大河への道」ね。大河つうのは大河ドラマにしよ、って企画をなんとか通そうと懸命な役人。で、若い脚本家が四苦八苦。ベースはもちろん伊能忠敬つう桁外れの人物談なわけ。

 なぜ落語にしようと思ったか? 千葉県は佐原を訪れて、もう帰ろうかつうとき、何の気なしで、ホントに空いてなきゃそれでもいいや、ってんで、ちょいと覗いた伊能忠敬記念館。

 入口でとんでもないとこに来たのでは・・・と直感。宇宙からとらえた正確無比なデジタル地図。しばらく経つと、モニターに重なるように現れた「伊能地図」。そうでげすよ、伊能忠敬が日本中を徒歩で測量した地図が寸分違わずピタッと重なる・・・「鳥肌がたちましたよ」とのこと。

 17歳で婿養子に入った店。どん底からみごとピークを乗り越えて再建。天明の大飢饉でも佐原では餓死者が出なかった。伊能家が蔵から米や味噌をすべて配ったからですよ。幕府も感心して名字帯刀を許します。
 「もう安心」というところで隠居。50歳になってましたしね。人生50年の時代の50歳。楽隠居。孫を背中に魚釣り・・・。

 「おまいさん、なにして暮らす?」
 「江戸に出たい」
 「・・・」
 「江戸に弟子入りしたい先生がいる」

 幕府天文方の高橋至時に弟子入りします。地球が丸いのはわかっつている。けど、地球の大きさはだれもわからない。世界中のだれもわからない。子午線1度の長さを実測すればなんとかつかめます。けど、何千ものデータを集めないとこれはつかめない。

 世の中を変えるのは、いつもバカと大物。バカが動いて大物が支援する。

 伊能忠敬は大物でありバカでした。幕府も協力しないや、そんなこと。大丈夫、金はある。蝦夷地の南を正確に実測して幕府を驚かせます。以来、幕府がスポンサーになりました。

 実測ってどうやんの? 1年かけて歩幅が一定になるよう訓練したわけ。で、71歳まで地球1周分を歩きます。

 う〜ん。気が遠くなるような・・・。人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くがごとし。この話を噺にするまで、志の輔師匠もそんな気持ちだったでしょうね。
 見えないゴールを前にして、目端の利くヤツははなからやりません。ダメなヤツは少し進んで、こりゃいけるえ、とやめちまいます。で、バカなヤツだけが脇目もふらずに淡々と歩いていくんです。

 バカは気づきませんからね。好きでやってんだから。世界を変えるのはいつもバカだけです。

 志の輔師匠、まる4年かかったと言います。噺は、伊能忠敬没後200年の2018年にブームを起こしたい、なんの人物も出していない千葉県に大河ドラマを呼びこむプロジェクト。

 けど、明日がプレゼンの日という直前に、あの脚本家が問題が起きた、と告げに来ます。
 いったい、どんな問題なのよ? ま、こっから先は野暮なんで・・・。

 「大日本沿海輿地全図」、通称、「伊能図」は3万6000分の1大図214枚、21万6000分の1中図8枚、43万2000分の1小図3枚。開国後(1861年)、イギリス海軍の測量艦アクテオン号が幕府を無視して日本沿岸測量を強行します。そのとき、役人が所有する伊能小図の写しを見せられて驚嘆。測量計画を中止して幕府から写しを入手して引き下がります。衛星写真と比べても遜色ないはずだわな。

 え、もう3時間? へえ、早いもんだねえ。あのね、志の輔さん、人間国宝になるね。


 東京原原の5月度(5月24日)は特別ゲスト講師の登場です。もう知らせちゃうけど、ダメじゃん小出さん、寒空はだかさん、つう2人の天才芸人による「競演!人の心を揺さぶる表現力」です。

 漫才ではなく、ピンのトークショーで人気を博しています。ライブはテーマもネタも豊富なんで、どの回もインパクトサプライズの連続なのよね(この2人に2時間フルに演ってもらえるなんてありませんよ)。才能ってのはこういうことを言うんだな、とわかりますよ。ミモノです。外部から視聴申込殺到です。もち、原原のみの公演つうか口演です。東京原原でしかやらないので予定いれといてね。

 爆笑は当たり前。トークのネタ満載。なにより号泣するのではないかしらん。ほらほら、15期がスタートして、いきなり宅間孝行さんの舞台『口づけ』を仕掛けたでしょ。感動よ、もう一度です。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「日本共産党と中韓 左から右へ大転換してわかったこと」(筆坂秀世著・ワニブックス・896円)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年01月12日 (火)

宝塚月組Musical『舞音-MANON-』&グランドカーニバル。。。

 こんにちは。ディーン・フジオカです。

 新年早々のぴよこちゃん倶楽部。「新年あけまして・・・」と言われてもピンと来ないのよ。大晦日からずっと籠もりきりだったからね。
 で、手帖でチェックしますと・・・大晦日も元旦もお墓参りしてるのね。そうか、そういうことか。6日には宝塚観てたし。ご存じのように、出版社てのは、年末年始は2か月分の仕事が同時進行するわけね。で、4社同時に原稿のやりとりしてたから時間の感覚が消えてたんでしょうな。。。

 9日にぴよこちゃん倶楽部しまして、ようやく、現実感が出てまいりました。

 つうことで、明後日は大阪で講演です。ちょいと早めに出かけまして、京都で「初詣」に詣ろうかと思います。

 年末に出かけた伏見のお稲荷さんは、お正月3が日でなんと270万人の参拝客だとか。ここはもち商売繁盛の神さんですからね。上向きつつある景気がちょいとうなだれてまいりましたんで、神頼みつうこともあるんでしょ。

 お賽銭は世相を反映して、円だけではないんですよ。人民元とか香港ドル等々いろいろです。たぶんメインバンクは京都銀行でしょうから、行員が出張って1週間かけて賽銭をカウントしとるわけでね。

 270万人の参拝客。一人1円でも270万円。10円なら2700万円、100円なら2億7000万円、1000円なら・・・どこまでいくねん。けどね、中には小切手もあるんです。
 アメリカ社会では家賃とか電気代に小切手使うのは当たり前ですけどね。日本の商売人はこういう時にわざわざ小切手を使います。
 たとえば「¥2951」とか「¥3181」とか書き込んで洒落るわけです。今年は大台に乗りました、「¥11104」という小切手もあったそうどすえ。

 つうことで、お正月に行き損ねた初詣。ちょっと寄ってさっと大阪に入ろうかと思います。出雲の帰りは飛行機ですが、これを取りやめて大阪に入ろうかとも思ってます(蓮華王院は1年にこの日しかやりませんからね)。 

 つうことで、今日は東京原原があります。テーマ通りです。木曜日は大阪で新年講演会(有名な税理士さんの団体)です。金曜は博多原原、土曜は出雲原原。来週は名古屋原原、大阪原原と続きます。

 そうか、年末年始、なにもしてなかったんじゃなくて、本だけは200冊ほど読破しましたからね。段ボール1箱は処理できました。小説もあれこれありました。いずれ「通勤快読」でご紹介しましょ。

 いきなりトップスピードで走らねばなりません。宝塚月組の「Musical『舞音-MANON-』でエネルギーをチャージしなくちゃ。


先週土曜に名古屋原原のSさんが日比谷で観劇したらしいっす。

 いいよねえ。フランス恋愛文学の最高峰。バレエやオペラ作品として人気の高い「マノン・レスコー」です。

 物語は、将来を嘱望されるエリート青年が自由奔放に生きる美少女マノンに魅せられちゃう。で、翻弄されるつうラブストーリーです。カトリーヌ・ドヌーブもそうでしたけど舞台はインドシナに転換。
 熱帯のけだるい空気に包まれ、運命が未知の世界に引きずり込むような感覚。映画『ミス・トンプソン(雨)』とか『赤道』みたいな雰囲気なんだよね。

 踊子は金持ちをとっかえひっかえ。自由気儘な暮らしをエンジョイ。だ、“舞音(マノン)”と呼ばれるわけ。悪い女ほど一目惚れしちゃう。で、マノンと避暑地に向かうけど、結局、マノンは華僑の元に行っちゃう。

 忘れようとしてインドシナ総督の一人娘と婚約すんだけど、ある日、マノンが目の前に・・・。

 グランドカーニバル『GOLDEN JAZZ』はアフリカ音楽からコンテンポラリーまでジャズのAtoZをカバー。♪シングシングシング♪はええなあ。。。

 古くは轟夕起子、淡島千景、大地真央さん、黒木瞳さん、剣幸さん、涼風真世さん、天海祐希さん、真琴つばささん、紫吹淳さん、檀れいさんを輩出した月組です。
 引退が決まった龍真咲さん(9月4日退団予定)。華麗なステージが楽しみです。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「京都ぎらい」(井上章一著・朝日新聞出版・821円)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年01月08日 (金)

宝塚星組「Love & Dream」初日公演。。。

 「黄金の卵を産む! ピーピーぴよこちゃん倶楽部」の第1回勉強会がいよいよ明日開催されます。「投資リテラシー」を磨きましょう。幸い、株価は大幅下落中。ゲスト講師は「売り」が得意な投資家ですから、いま頃、笑いが止まらないはず。谷深ければ山高し。メンバーはご参集のこと。1回で元が取れるはずです。代理出席もありですからね。。。


 忘れないうちに。。。来月の「和倉温泉加賀屋&真冬の金沢しっぽりツアー」について、昨日、幹事の大阪原原ミナミちゃんの最終案内をメーリングリストにて流しております。確認してね。。。


簡単にタイムテーブルです。金沢に前乗りする人もチラホラ。N寿司かなあ。。。行きたい人はミナミちゃんにメルヘンよろしく。

 お正月あったのね。いつものようにまったく正月気分なし。つうか、だれかと話したかなあ。。。だれもいないし、一人ぽっちだったしぃ。。。

 大晦日に志の輔さんの落語いっただけ。かなり昔のことのように思えるなあ。。。

 てなわけで、仕事に一区切りつきましたんで、行ってきました。東京フォーラム。日比谷の東京宝塚劇場の隣みたいなもんだけどね。


初日です。あと2週間やるらしいっす。

 ロビーには前回の「Guys & Dolls 」の衣装展示もありました。これ、見たなあ。

 今回はちと趣向が変わっていて、全編、歌ばっかし。一部はディズニーソング。二部は宝塚ソング。

 ま、私、ディズニー嫌いなのよね。だれがネズミなんかかわいいと思いますか。♪リーダーはミッキミッキミッキミッキマウス♪だって。
♪卵の鄙じゃ、ぴ〜よこちゃんじゃ。ピーピーぴ〜よこちゃんじゃ、アヒルじゃガーガー♪のほうが好きだわな。

 熊はかわいいけどさ。プーさんとクリストファー・ロビン大好きだから。

 一部も二部も宝塚のヒットソングで良かったんじゃね。100年の歴史があるんだからさ。なんでディズニーとコラボっちゃったんだろ。
 
 お目当ては七海ひろきさん。今回はみっさま(北翔海莉さん)に続く男役二番手。出番も多いし、良かったなあ。どうしても女性に見えるの。当たり前なんだけど。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「大世界史 後編」( 池上彰&佐藤優著・文藝春秋・896円)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2015年12月17日 (木)

やっぱり最高!宝塚!

 利上げですね。深夜のニュース速報。予想通りです。去年末には「できない」と発言しました。ブログをお読みの方は、6月から「ホントはできないけどやるに決まってる!」と転換したことにお気づきでしょう。理由は原原でお話した通りっす。

 オバマは熱い戦争は大嫌い。上院議員時代から一貫しています。けど、冷たい戦争=情報戦は大好きです。

 これでロシアと手を結び、まずは中国つぶしが始まります。ついでに中国サイドに立つドイツも合わせてつぶしにかかるんでしょうねえ。VWスキャンダルはその布石ですから。これで金融スキャンダルが噴出したらちょっと立ち直れないんじゃない。

 イギリス? 風見鶏などあてにはできません。

 株価に注目。具体的数字はブログでは書きませんが、早く、原原&ぴよこちゃん倶楽部が始まらんかなあ。黒田バズーガ第3弾あるんじゃね? 花木か花金の夜か。ちょいと早いクリスマス・プレゼント。。。

  
 なんとか原稿が完成。とはいっても、4冊しなければならないうちの1冊ですからね。先はまだ長いし遠いのです。

 けど、なにか自分にご褒美をあげなくちゃ。モチベーションつうもんがありますからね。

 で、花組です。大好きな大好きな摩矢ミキさんも花組出身ですね。ダンスの花組とか言われてるようですが、男役トップスター輩出の花組でもあるようです。
 越路吹雪、淀かほる、甲にしき、安奈淳、松あきら、榛名由梨、大浦みずき、蘭寿とむ(敬称略。とむさん、帝劇にご出演区されますね)・・・で、いま、明日海りおさんがトップスターです。

 たまたま大阪から原原メンバーが上京。「宝塚観たい〜〜。昨晩の段階で立ち見席あった〜〜」とのこと。けど、朝から並んでるのよ。全国から立ち見席めがけて集まってるのよ。「完売しました」と書かれてました。

 大阪なんだから、大劇場でも梅田シアター・ドラマシティでも行けますわな。


宝塚グランド・ロマン『新源氏物語』。ご存じ、光源氏。モデルは源融ですね。王朝文学の傑作です。グランド・レビューは『Melodia』。これ、最高でんがな。

 田辺聖子さんの原作をベースに榛名由梨さん(榛名さんはいま宝塚で指導されてますなあ)主演で初演。1989年の剣幸さんで再演。好きなんだよね。野川由美子さんに似てない?

 ホント、ストレス解消には宝塚が一番、落語が二番、大衆演劇、漫才、シャンソンもいいよね。つまらん舞台は苦痛で寝ることもできません。いい舞台ってうつらうつら半覚醒でアルファ波がたっぷり出てるみたい。気分最高、肩こりも治っちゃう。免疫力アップの最高の薬でんがな。。。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「がん治療の95%は間違い 前編」(近藤誠著・幻冬舎・864円)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2015年12月16日 (水)

今年の忠臣蔵も大傑作でした。。。

 いろいろご報告することばかりで政治経済についてのコメントが減っとりまして、ごめんちゃい。詳しくは後日。で、日経平均株価の下落、どうとらえてます?

 アメリカの利上げを契機にマネーはウォール街に向かう? 円安で日本の株価が上がる?

 さあて、どうでしょうか。原油が下落したから株価が下がるとか、持ち直したから上昇するとか、小さなジェットコースターに乗ってるようなもんです。

 利上げにしても、イエレンつう人はとことん優柔不断な性格ですから、下手すっと見送り三振すっかも。

 ま、いずれにしても、ここ数日の株価下落はめっちゃウエルカム。もっと下がってくんないかなあ。ちょいと中長期で見ればそうなりますわな。

 質問がメールでありましたので少しただけ。アメリカが利上げすっと、金利↑で国債価格↓。国債買わずに運用先を探すでしょう。で、どこに投資すんの? ジャンク債、原油債でやられてヘッジファンドが手仕舞ってるアメリカ? 破綻寸前の中国? まさかヨーロッパ? 消去法ですと日本しかないんじゃね?

 円安で株価が上昇してますけど、株高のいちばんの理由って、リスクマネーが世界中から集まるからでしょ。

 じゃ、どうして、いま、日経平均株価は↓なの? 持ち続けたいのは山々だけど、原油がここまで暴落すっと、マネーに換えられるもんはすべて換えとりまんねん、つうサウジの事情も理解せんとね。もっと出してくれんかなあ。18000円を切るようだとおっちょこちょいは怖くなって売り始めますよ。そこがまたチャンスだと思うんだけど。

 日本のリスクは地震だけ。国債破綻? その前に中国がバンザイします。金主はGPIFだけじゃないの。厚生年金も新たな金主じゃけんのお。

 詳細は「ピーピーぴよこちゃん倶楽部」か原原でお話しましょ。びよこちゃんは私が信頼する専門家たちを招聘しますのでウルトラCのアドバイスがあると思うよ。


 空海本が売れてます。総合ベストテンにまたまたランクインです。
 電子書籍3部作の1冊ですね。深くて、易しく、おもしろくて、ためになる。空海さんの哲学を現代に生きる人々にかみ砕いて伝えた好著です。



 
 さてさて、今年もやってきました12月14日。♪ときに元禄十五年十二月十四日。江戸の夜風をふるわせて、響くは山鹿流儀の陣太鼓〜〜♪とくれば、忠臣蔵でございます。

 例年とちとちがうとこがあるとすれば、柳亭市馬師匠(落語協会会長)がいないこと。別に亡くなったわけではありません。どうせ「俵星玄蕃」をうなるならもっとギャラのいいとこに行く、つうことでご卒業とあいなりました。

 サプライズで登場するかとも思ったんすが、なかったっすね。けど、倍旧しておもしろかったでげすよ。


 昇太さんの浪曲「春風亭昇太出世物語」に引き続いて、三題噺。これを白鳥さん、喬太郎さん、彦いちさんで演じるわけですが、何回もまわってくるんで、噺が入り組んではちゃめちゃ。けど、それを最後にまとめたなんざ、さすが喬太郎師匠でございます。



 国本武春さん欠場。玉川奈々福さんの「浪曲俵星玄蕃」はたっぷり。三味の沢村豊子師匠78歳がおちゃめで良かったねえ。。。

 寒空はだかさんがMCやるとは・・・大当たり。

 噺家は落語だけしてればいい、つう時代はとっくに終わってましたな。かつての三平、かつての志ん朝。彼らを超える才能豊かな噺家がたくさんでてきましたね。「噺家」の枠に収まらない。収まらないから噺がますますおもしろい。

 核は落語なんだろうけど、すべてが自己表現ですからね。

 それにしても、昇太さんはどうしてあんなに志の輔、談春さんを目の敵にするんでしょうか。。。NHKの番組MC、そしてドラマで二枚目として出演したいのでしょうか。そうでしょうな。
 
 つうわけで、今年の忠臣蔵も最高でした。あとは来年のホワイトデーかな。この日、何の日?


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「老化はなぜ進むのか」(近藤祥司著・講談社・886円)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2015年11月09日 (月)

帝劇『ダンス・オブ・ヴァンパイア』で歌姫(ディーバ)と遭遇。。。

 久しぶりの帝劇。『エリザベート』以来かな。再演するってんだからかなりご無沙汰つうことですな。



 『ダンス・オブ・ヴァンパイア』(Tanz der Vampire)観てまいりました。原原歌舞伎部長Sさんのお誘い。手広く仕事しとるよなあ。歌舞伎座に帝劇でしょ。ええよなあ。

 で。これ、1967年、ロマン・ポランスキーの映画『吸血鬼』(The Fearless Vampire Killers)を舞台化したもの。

 ヴァンパイアってアンパイアとちゃうねん。で゛、ふつう、「狼男」と思うわな。手塚治虫さんの漫画でもそうでしたし。けど、これ、ドラキュラ伯爵=クロロック伯爵のことなのよ。ヴァンパイアが吸血鬼でして、ドラキュラは龍の息子つう意味らしいよ。

 舞台はトランシルパニア。ヴァンパイアを探して、雪の森の中で遭難したヴァンパイヤハンター。教授とその助手。迷い込んだ村では♪ニンニク、ニンニク♪と飲めや歌えの大騒ぎ。

 奇妙なとこです。

 で、助手は美しい娘サラに一目惚れ。彼女は宿屋を営むオヤジの娘。で、オヤジは女中マグダといい仲。

 みな、伯爵のこと、城のことは内緒にしてるんだけど・・・好奇心満々で調査に乗り出しちゃう。なによりサラが伯爵に惹かれて城に囚われちゃう。

 娘は伯爵に誘惑されてましてね。ある夜、夜の森を抜けて伯爵の城へといざなわれてしまいます。教授たちもサラを追います。伯爵は彼らをゲストとして迎えます。

 吸血鬼軍団の舞踏会から脱出して朝を迎えることができたけど・・・…。

 ホラーつうよりコメディ? 笑いどころたっぷりなんだもん。
 「おれ、ユダヤ人だから十字架平気なんだよ〜」
 たしかに。ゲイの吸血鬼が助手を追いかけたり。教授とせむし男は会場を沸かすキャラだしぃ。もち音楽最高。ダンスはコンテンポラリーで、ぶっ飛んでます。さすが。。。

 会場を巻き込んでの大団円は最近、流行なんかなあ。「くちづけ」の宅間孝行さんの芝居でもそうでしたけど。

 伯爵は山口祐一郎さん。教授は初演は市村正親さんでしたね。今回は前回に引き続いて石川禅さん。巧し。

 娘サラと助手アルフレートはダブルキャスト。松田聖子さんの娘さん神田沙也加さんと、宝塚雪組元娘役トップスターの舞羽美海さん。助手は浦井健治さんと平方元基さん。




写真よりはるかにいいっす。

 美海さんええわあ。すみれのような雰囲気で、可憐でチャーミング。アルフレートの気持ちがわかります。歌めちゃ巧し。エトワールしとったんかなあ。娘役トップだからちがうか。

 なになに、2007年、宝塚歌劇団入団(93期)。星組公演『さくら/シークレット・ハンター』で初舞台。雪組に配属。同期は芹香斗亜さん? へえ、私、大好きです。プロ野球選手の娘さんだよね、彼女。
 08年『ソロモンの指輪/マリポーサの花』で後に相手役となる音月桂さん演じるリナレスの恋人役。新人公演で初ヒロインに抜擢されてますな。
 09年『忘れ雪』でバウホール公演初ヒロイン。09年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGE第8期スカイフェアリーズ。11年1月、音月桂さんのトップお披露目公演『ロミオとジュリエット』でジュリエット役。

 11年3月24日、雪組トップ娘役に就任。お披露目公演は『黒い瞳/ロック・オン!』。これで新人賞受賞。

 2012年のクリスマスイブ。『JIN-仁/GOLD SPARK!-一瞬を永遠に-』東京宝塚劇場公演千秋楽で退団。音月さんと同時退団とのこと。

 そうか、そうなのか〜。もったいないような気がしますけど、可能性を外に求める人っていますからねえ。映画『超高速!参勤交代』『マザー』に出演してましたわな。


プレゼントもらっちゃった。。。

 終演後、マネジャーさんが楽屋に連れてってくれました。たくさん並んでるファンの皆様をさしおいて申し訳ないっす。。。

 こんな華奢な体のどこからあんなパワフルな舞台が生まれるのか、しばし感動に打ち震えておりました。なんとサービス精神が旺盛な美海さんなんでしょ。お客様第一はヅカ仕込みなんでしょうなあ。笑顔でずっと見送って頂きました。

 ファンクラブ入ろうっと。原原、スピ研、ぴよこちゃん、のメンバーにも相談して、集団で入信しちゃおうかな〜。なんちゃって。。。

 帝劇はロビーから天井に蝙蝠が飛び回っておりました。あれ欲しいなあ。


 さて、今日のメルマガでご紹介する本は「習近平よ、「反日」は朝日を見倣え 後半」(高山正之著・新潮社・1512円)です。  

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

東京原原メンバー熱烈募集します!
[2017年07月27日]
[中島孝志の原理原則研究会]

「安倍降ろし」で利害が一致する売国奴たち。。。
[2017年07月26日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

名古屋原原レポ・・・。
[2017年07月25日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年7月  

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!