カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年02月21日 (火)

新潟魚沼ツアーと弘前ツアーについて。。。

 忘れないうちに、宝塚月組「グランドホテル観劇ツアー(3月11日昼の部)」のプラチケ送付について、昨夕、参加希望者宛にメールを送っております。送付先について速攻でメルヘンよろしく。届いてないつう場合は超速攻でメールしてね。

 ホント、プラチケでんねん。人数めちゃ多かったので関係者からの入手分ではとてもとても足りませんでした。昔の巨人戦みたいなもんやなあ。。。お楽しみに。


 週末は博多原原です。二次会はいつものあそこです。このシーズンですからフグとかクエかなあ。前半魚、後半肉とかやりますからね。後半はすき焼きとかね。九州サイコーの店だわな。

 で、とうとう博多原原の前に「投資研究会」をやらされることになりました。内緒だったんすけどね。「1時間前には来てるでしょ?」。まあ、来てますけどね。


 さて、来週末は新潟原原のオーラスです。「オープン講義」ですから新メンバー候補の集客をよろしくね。で、長谷川先生より「魚沼雪中ツアー」の提案がありました。いよいよ締め切ります。

■3月4〜5日(土・日)「新潟原原講義&魚沼雪中ツアー」コンテンツは以下の通りです。

□3月4日(土) 16:30〜新潟クロスパルで講義(オープン講義。無料でどなたでも参加できます!)
 テーマ:「松下幸之助に学ぶ経営の神髄
 2次会は古町にて。。。トライアル参加者も2次会参加とのこと。よろしくね。



□3月5日(日) 
 上越新幹線 新潟 9:20発→ 浦佐 9:55着
 浦佐駅前(八海山側・田中角栄像あり)10時出発
・10時半〜トミオカホワイト美術館見学
・11時半〜“鶴齢”の青木酒造見学に続いて三国街道塩沢宿 ひな雪見かざり散策
・13時〜寿司会席「龍寿し@7000-」で寿司ざんまい。コメ処新潟でも南魚沼産。新潟・佐渡はもちろん日本海厳選の肴をご賞味ください→旬はボタンエビ&寒ヒラメ、もち、のどグロとウニもどうぞ!)
・16時前後〜浦佐駅解散。
(浦佐(15:49)→東京)
(浦佐(16:13)→新潟)
・日本酒のお買い求めは浦佐駅前金田屋で!?

 豪華合宿ですがコスト的にはかなりリーズナブルです。


 続いて、東京原原メンバー(兼ぴよこちゃん倶楽部メンバー)のMさんのツアー企画です。さすが某国営放送のアイデアマンでんなあ。。。

■4月29〜30日(土・日)「サクラ満開!そば街道と湯煙ロマン!弘前・花巻・盛岡みちのく愛の横断ツアー」ツアーのコンテンツは以下の通りです。



□4月29日(土):「弘前さくらまつり」(今年は4月22日〜5月7日なのよね。祭り100年目で大混雑必至です)。
・正午頃に弘前駅集合〜(徒歩)〜弘前城・桜〜弘前駅〜(レン
タカー)〜八甲田酸ヶ湯温泉(宿泊?)〜二戸・そば〜浄法寺にある天台寺(瀬戸内寂聴さんの寺)〜安比温泉

□4月30日(日):「盛岡石割桜で花酔い、伝説のバーで酒酔い」
・八幡平温泉(蒸気の湯または後生掛け温泉)〜玉川温泉〜乳頭温泉〜雫石(そば)〜盛岡(冷麺、そば、冷麺、焼肉)レンタカー返却〜。
・18時:「超有名バーS」(ここがメインなのよ)世界中のバーテンダー憧れの聖地です。
・20時:新幹線最終で帰路。。。



□盛岡グルメ・・・
・盛岡の焼き鳥人気店「アサヒ」
・地元食材の激ウマ天ぷら「美乃」
・海の幸激ウマ「いかり」
※市内酒蔵や地ビール醸造所ベアレン、大迫ワイン。わんこそばはパス。

□時間のある人は・・・宮沢賢治資料館〜産直・だあすこ〜蕎麦屋1はらぺこ(機械打ちだが人気)〜蕎麦屋2直利庵〜蕎麦屋3やまや〜やきとん「プロップス」・・・。

□交通経路 JR新幹線:
・東京ー弘前 新幹線はやぶさ(運賃+特急指定)17880円(各自)
・盛岡ー東京 新幹線はやぶさ(運賃+特急指定)14940円(各自)
・レンタカー(弘前〜盛岡2日間、高速・ガソリン代混み1人1.3万円前後)

□宿泊:藤七温泉彩雲荘=1.5万円(食事、酒、温泉利用料混み)
□食事;蕎麦屋3軒(各自)、焼肉(割り勘)、豪華和食1回(7000円)
□スペシャル;日本一のバーS(各自)

※東京から参加するとトータル8万円かなあ。多く見積もってますけどね。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年02月19日 (日)

渋谷天外さんの喜劇、やっはサイコーっす。。。

 ホントは1月に誘われてたんですよ。けど、2月になってもた。出し物がちゃいまんねん。。。

 ああ、おもろかった。ちょうど終わったばかりなんで、「今ごろ紹介されても」と思うでしょうが、ごめんなさい。

 劇団新派と松竹新喜劇が共演する「二月喜劇名作公演(新橋演舞場)」でしてね。2部構成ですねん。

 1部は「恋の免許皆伝(7場)」です。一堺魚人作「寿祝う 四海波」より。門前光三脚色・演出。



 2部は「江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし(11場)」。北條秀司作・成瀬芳一補綴・演出。

 渋谷天外さんは「狐狸狐狸ばなし」のほうでんねん。妻に間男される旦那さん。で、間男する坊さん役が歌舞伎界から新派に転身した喜多村緑郎さん。で、この坊さんに惚れて牛のように身体中を舐める若い女にテレビでお馴染みの山村紅葉さん、という配役。

 あっという間の90分。1部は宝塚出身の大和悠河さん、中村梅雀さん、波乃久里子さん等のご出演。こちらも大笑いの喜劇です。喜劇はええなあ。疲れが吹っ飛びますわなあ。。。

 で、3月は大阪でやるんかなと思ったら、次回は現代劇のようですね。



 これは松竹お得意のネタでしょ。行かなあかんな。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年02月18日 (土)

天神さんの梅祭り。

 原原では、大阪と名古屋の新メンバー募集が始まりましたけど、嬉しいことが1つ。なんと大学時代の先輩が名古屋原原に入会することになりましたんや。自衛隊の体験入隊、少年の船協会指導員(やるき元気井脇の井脇のぶ子さん主宰)も一緒だった先輩でね。ホント、30年超ぶりでやんすよ。おもしろいでんなあ。縁でんなあ。。。

 もう1つ。大阪では「古稀ですがぜひ勉強したい」という方がいらっしゃいました。とんでもない。勉強に年齢は関係ありません。熱烈歓迎です。しかも大阪原原には古稀超メンバーは5人いらっしゃいます。若いけど動かない。不惑だけど迷ってばかりいる人よりも若いのではないでしょうか。

 青春とは心の若さである
 信念と希望にあふれ
 勇気に満ちて
 日に新たな活動を
 続けるかぎり
 青春は永遠にその人のものである

 幸之助さんが宇野収さん(東洋紡社長・会長歴任)からサムエル・ウルマンの詩を紹介されたとき、「ぼくも同じや」とインスパイアされてつくった詩がこれなのよ。年齢とか性別とか会社とかすべての枠を取っ払ってるのが原原の特長なんですよ。

 こだわらない、とらわれない、かたよらない・・・無為自然。あるがまま。これ、私のスタンスでおまんねん。
 
 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいと願うなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、それで変われたらおかしいでしょ。1年後、「ぜんぜん変わらないけど」という方がいれば、「全額」ご返金申し上げますのでご安心ください。

 さあて、いま、全国的に梅祭りっす。こんだけ温っかいと桜の狂い咲きもありそうですな。
 梅の原産地は中国。古代には日本に伝わってましたんや。昔は日本でも桜ではなく梅がメインだったらしいっすよ。万葉集では萩がいちばん詠まれてるようですけど。。。

 で、梅といえば、天神さん。天満宮では毎月25日に「縁日」があります。

 とくに2月25日は道真の命日ですから「梅花祭」。6月25日は「御誕辰祭」。では1月と12月の25日はなんつうか知っとー? 正解は原原でお話します。


湯島天神も湯島天満宮が正式名称っす。


梅がバラ科サクラ属だとは知りませんでした。

東風ふかば におひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

 太宰府に左遷の日、道真が歌を詠むと、梅が太宰府まで飛んでいったつう伝説がありましてね。北野天満宮には1500本もの梅の木がありますから、3トンくらい梅ができちゃうんで、12月頃になりますと干したのを参拝客に分けてくれるんす。。。これ、「飛梅(とびうめ)」つうネーミングでブランドになっとるんよね。

 けどさ、よく考えたら、北野に残っとるんは飛ばなかった梅でないかい。「飛梅」でええんか。。。あまり突っ込んだらあかんやろなあ。


北野と太宰府の梅は迫力がちゃいまんな。

「春の訪れ」を知らせる「梅の使節」。首相表敬など、いまや立派な使命を担っとりますんや。

 太宰府ええとこですよ。去年は3回参拝させて頂きました。女性の宮司さんに特別参拝させてもらいました。


天神さんの系図。

 宇多天皇に重用されて右大臣に上り詰めるんだけど、後継の醍醐天皇に左大臣時平があることないこと讒訴するわけよ。「天皇位を娘婿に奪わせようと画策してます」とかね。
 策略は藤原氏の専売特許ですから、人物を見ればわかるでしょうけどね。異母弟がライバルだから疑心暗鬼に駆られたんでしょうな。金兄弟と同じ構図かな。

 藤原氏はさすが策士の家系ですな。まんまと罠にはまって左遷されちゃうわけ。

 天神さんはなんたって「天満大自在天神」ですからね。天皇のご子息が次々と夭逝します。時平のみならず、藤原氏も疫病で死んじゃうし、清涼殿には雷が落ちて火事になっちゃうし・・・。

 「触らぬ神に祟りなし」なんだけど、怨霊は怖いんで、死後に官位を次々とあげるわ、地方に飛ばした子孫を都に呼び戻して復位させるわ、ご機嫌取りに懸命。

 で、北野天満宮をつくっちゃう。

 強烈な怨霊ほど味方にしたら頼もしいのはありません。少し落ち着いてくると、道真は元もと文章博士の家系でお勉強が得意。学問を志す人たちが御利益に預かろうってんで参拝、崇拝の対象になっていくのもわかりますわな。


文子(あやこ)天満宮。拝殿本殿に詣る観光客はたくさんいましたけどね。。。

 どうしてこの地に天満宮ができたのか? 「われを右近馬場に祀れ!」と道真の乳母(多治比文子)が夢でお告げを聞くんですね。
 醍醐天皇は慌てて神社を建てます。それがいまの場所なわけ。


元もと神社がありました。それが地主神社。

 だから一の鳥居の真北に位置してるわけ。天満宮は後からできたんだもん。だからいったん左に折れてから真北に進んで三光門をくぐって拝殿本殿に参拝するようになってるわけ。


星かけの三光門にある三日月。



 ところで、北野だけでなく、このあたりは「野」が付く地名が少なくありません。すぐお隣は平野神社でしょ。紫野、内野(聚楽第の後ね)、蓮台野とか、船岡山の北で低い場所なんでしょう。化野とか鳥辺野と同じでしょう。

 紫野には淳和天皇の離宮「雲林亭」がありました。紫式部(紫野に住んでたんでこう呼ばれたわけ)の墓があります。いま寺になってる「雲林院」は大徳寺。大徳寺には原原メンバーは何度も参拝してると思うけど、大燈国師つながりで今度は妙心寺に参拝しまひょ。

 6月の沙羅双樹の頃がいいかなあ。。。

 北野天満宮から平野神社、そして大報恩寺(千本釈迦堂)は散歩コース。めちゃ近いわけ。大報恩寺も何回も参拝しましたよね。で、今回は迎賓館、梨木神社の東にある廬山寺(紫式部邸跡なのよ)まで足を伸ばしてきました。隣がただいま話題の京都府立医大でね。ざわざわしとりましたなあ。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年02月12日 (日)

昨日のツアー企画のスケジュールが決まりました。

 昨日ご案内した企画 「サクラ満開!そば街道と湯煙ロマン!弘前・花巻・盛岡みちのく愛の横断ツアー」のスケジュールが決まりました。

 4月29日、30日です。

 円高期待の海外旅行をご予定の向きも多いでしょう。いまのところ参加すんだかんね、つう方はメールよろしく。


「一昨年行きまんしたんや」と大阪原原のTさんから写真が届きました。





後生掛温泉。

新玉川温泉。

蔵王山頂。日本は雪国なんだよなあ。

 「オブションでスタッドレス用意してもらいました」と幹事のMさん。スタッドレスってなんのこと? この写真見て氷解。ノーマルじゃムリなのよ、4月末でも。♪追いかけてーーゆきぐーーに。

 また宝塚のプラチケですが、ブログですでに漏らしたかもしれませんが、月組『グランドホテル』(3月11日昼の部)にします。『エリザベート』同様、あちこちの組で演じられてる定番中の定番ですね。宝塚お初がこれなら超ラッキー。もう虜になること確実です。

 1928年。ベルリン。高級ホテルを訪れた人々がわずか36時間のうちに繰り広げる人生模様。1989年トミー・チューン氏演出・振付によりブロードウェイで幕を開けました。圧倒的評価でトニー賞5部門受賞、ロンドンやベルリンでも上演されました。宝塚では93年、大好きな涼風真世さんがトップスターの月組で上演したのよね。

 トニー賞特別功労賞受賞トミー・チューンを特別監修に迎え、月組の新たなトップスター珠城りょうさんお披露目公演です。

 これ、見ないと人生おおいに損すると思います。この表現、ぜんぜんオーバーではありません。

 で、満喫したあとは、日比谷から内幸町の『ぴよこちゃん倶楽部』の会場までゆっくり歩いても5-7分。メンバーはご参集のこと。

 ホームページをご覧になるとわかりますが、とっくの昔にチケは完売っす。ヤフオクでどこまで跳ね上がってるか確認してみてください。


カルーセル(carouselってmerry‐go‐roundのことでしょ。

 映画ではグレタ・ガルボ。アカデミー最優秀作品賞ですな。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年02月11日 (土)

「サクラ満開!そば街道と湯煙ロマン!弘前・花巻・盛岡みちのく愛の横断ツアー」やりまっせーーー。

 紀元節でございます。神武天皇が即位された日でございますな。私、橿原神宮崇敬会会員でございまして、毎回、ご案内を頂戴しておりまする。




そういえば、都内の初詣は明治神宮に詣りましたが、原原メンバーのために銅板を奉納してまいりました。



ここもB29の爆撃で焼失したんですよ。


 で、東京原原メンバー(兼ぴよこちゃん倶楽部メンバー)のMさんがこんなイベントを提案してくれました。さすが某国営放送のアイデアマンでんなあ。。。

 スケをいつにすっかはこれからなんだけど。旅先はみちのくでおま。題して「サクラ満開!そば街道と湯煙ロマン!弘前・花巻・盛岡みちのく愛の横断ツアー」どすえ。どこもサクラの名所ですわな。

■初日:「弘前さくらまつり」・・・今年は4月22日(土)〜5月7日(日)と発表されました!祭り100年目で大混雑必至でんねん。
・正午に弘前集合〜(徒歩)〜弘前城・桜〜弘前駅〜(レン
タカー)〜八甲田・酸ヶ湯温泉(宿泊?)〜二戸・そば〜浄法寺にある天台寺(瀬戸内寂聴さんの寺)〜安比温泉(宿泊?)
□お宿
・宿は弘前市内はNG(代理店が占領。ハイシーズンで高い高い)。酸ヶ湯から安比等で探せばOK。八幡平なら大儲け。寒いけどね。
・乳頭温泉…東北の秘湯鶴の湯または黒湯。
・玉川温泉…日本一の強酸性湯。
・八幡平温泉…高原の湯、蒸けの湯または後生がけ温泉。


弘前の天守。

美しい花筏。花の下にて春死なむ・・・わかるなあ。

■2日目:「盛岡石割桜で花酔い、伝説のバーで酒酔い」
・八幡平温泉(蒸気の湯または後生掛け温泉)〜玉川温泉〜乳頭温泉〜雫石(そば)〜盛岡(冷麺、そば、冷麺、焼肉)レンタカー返却〜。
・18時:「超有名バーS」(ここがメインなのよ)世界中のバーテンダー憧れの聖地です。
・20時:新幹線最終で帰路。。。



□盛岡グルメ・・・
・盛岡の焼き鳥人気店「アサヒ」
・地元食材の激ウマ天ぷら「美乃」
・海の幸激ウマ「いかり」
※市内酒蔵や地ビール醸造所ベアレン、大迫ワイン。わんこそばはもちパス。







■時間のある人は・・・宮沢賢治資料館〜産直・だあすこ〜蕎麦屋1はらぺこ(機械打ちだが人気)〜蕎麦屋2直利庵〜蕎麦屋3やまや〜やきとん「プロップス」・・・。
□お宿
・花巻=大沢温泉…東北ならではの風情ある湯治場。
・盛岡つなぎ温泉湖山荘…盛岡の奥座敷的温泉(高級)
・市内ビジネスホテル…お勧めは朝食激ウマのホテルエース

 弘前のサクラ満開つうと4月末から5月でしょうか。原原でスケ等含めていろいろご意見よろしく。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2016年11月09日 (水)

「北海道最強グルメ三昧(旬の柳葉魚寿司&焼き&天ぷら+ニッカ余市工場美酒堪能+小樽蕎麦&寿司&美味い酒+札幌美味い酒&和食ツアー)」 その4(最終回)

 小樽「藪半」もサイコーでしたが、ここ「またつ」は期待以上だったんじゃないかしらん。

 完全予約制。四角いテーブルが広い広い。10人がけでぴったり。
 いいっすねえ。場所は札幌駅の西南にあります。すすき野ではこの値段では呑めない、と思いますよ。いくら? たぶん想像の半値以下だと思います。








呑んだ呑んだ。料理を超える酒代。。。

面倒な食べ物は苦手。カニは食べない。けどミソは大好き。

甲羅に熱燗を注いで。。。美味いっす。








 北海道の海の幸がてんこ盛り。まさにゴージャス。明日から一汁一菜にしよ。でないと痛風になります。26歳からのつきあいだかんね。

 さあて、まだ午後8時前ですよ。すすき野に出張りますか。いいえ、ホテルに戻って原稿書きます。すすき野のバー忘れちゃったのよ。ブログをチェックしてたのに見あたらない。ホテルで調べてゆうやく判明。。。

 そうそう、オールドファッションド。ま、今度にしよっかな。

 さっぷーーーいすねえ。小樽で耳あてとフライトキャップを購入したから、そこそこの寒さには大丈夫ぃ。。。似合う? だれが「紅の豚」やねん。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2016年11月06日 (日)

「北海道最強グルメ三昧(旬の柳葉魚寿司&焼き&天ぷら+ニッカ余市工場美酒堪能+小樽蕎麦&寿司&美味い酒+札幌美味い酒&和食ツアー)」 その3

 さて、小樽から余市です。昨日の夜中、ざっぶーーーい風の中、小樽を散歩。駅ですね。 


夜の小樽駅です。

 構内にはまだ裕ちゃん等身大のパネルがあるはず。顔部分が空いてて、間抜けな私の顔を突き出すようになってたか、隣で一緒に撮れるようになってたか、覚えてないなあ。

 電車で余市に行くならホームの端にありますからね。便利なんですけど。

 いよいよ来年3月には裕次郎記念館も無くなるわけでね。私、裕次郎世代じゃないのよね。団塊の世代の連中がどんぴしゃじゃないかなあ。映画最盛期に青春をおくった世代ですよね。歌って、踊って、恋をして・・・さあ、みなさん、団結しましょ、なんて時代ね。

 余市に行く時はたいてい新千歳から特急で小樽、そしてとことこ各駅で余市まで行くわけ。ずっと海を見てるから飽きないのよ。健さんの映画『駅 STATION』の舞台になった銭函も通ります。車でも通るんだけどね。

 そういえば、今月中旬から東京ステーションで「健さんギャラリー」開催しますね。楽しみっす。網走番外地も昭和残侠伝もやっぱ団塊の世代かな。

 人数だけは多かった連中ですから、受験だって超競争世代。いまみたいに東大受験も楽ーーな時代とはちゃいますからね。

 さて、30分で余市に入ります。札幌駅からバスで行ったこともあるし、小樽駅からバスで行ったこともあるし。30回は行ってるなあ。つうか、学生時代からだと北海道は数え切れないなあ。


ニッカ余市工場も晴天でした。







1杯300円でいい酒が呑めますよ。

 大きな試飲コーナーは別棟なのね。即、サービスできるよう、ピカビカのグラスにそれぞれウイスキー別にワンショットずつ注がれています。で、炭酸でわるもよし、水割り、オンザロック、好きなようにセルフでいくらでも呑めます。もち、試飲コーナーは無料ですよ。

 呑めない人にはアップルジュースとかウーロン茶とかもあります。炭酸でわると美味いっすよ。


マッサンが愛用したコルネット。
 
 大好きな原酒(60度)は製造終了。がっくり。けど、余市工場製造のウイスキーは買えました。美味いんだよねえ。『マッサン』が放送されてた頃は常に売り切れでした。3年ぶりですよ。ここでしか買えません。通販もダメ。となれば、大人買いするしかないわな。

 次回がラストっす。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2016年11月05日 (土)

「北海道最強グルメ三昧(旬の柳葉魚寿司&焼き&天ぷら+ニッカ余市工場美酒堪能+小樽蕎麦&寿司&美味い酒+札幌美味い酒&和食ツアー)」 その2

 寒いっすねえ。北海道は寒い。鵡川つうのは苫小牧のほうですから、寒いといってもたかがしれてるわけ。
 けど、これから行くのは小樽。明日は余市。そして札幌ですよ。
 
 小樽は天気も良くて、どうやら、私らが北海道を出る夜から雪とのこと。おかげで3日間晴天に恵まれました。天下向こうの張れ男。面目躍如でございます。

 さて、小樽。晴天だけど風が強い。体感温度はとってもさっぶーー。ドントぽちぃ。。。

 ランチで柳葉魚寿司を満喫。しかも、都心のランチの半額なんだよねえ。地の利なんだろね。明日のランチは小樽の回転寿司なんだけど、レヘル高いっすよ。

 そうそう、忘れてたけど、あの有名な回転寿司屋チェーン「すしざんまい」ですけど、金沢近江町市場の店は撤退したそうっす。当たり前だわなあ。だれがわざわざ金沢まで来てチェーン店の寿司食べるのよ。
 この店。横浜中華街にもあんだよね。修学旅行生が食べんのかな。それとも中国人か。わけわからん。参考までに、私は中華街では食べません。あそこは観光客が行くとこ。地元民はもっと美味しくて安い店行くのよ。

 で、今回は幹事のTさんがフル展開であちこち予約してくれました。とくに小樽の夜と明晩の札幌はめちゃ美味かったっす。感動しました。美味いし、なんつっても安いなあ。高くて美味いの当たり前だもんね。

 今回つくづく感じたのは北海道の酒の美味さ。ウイスキーじゃないよ。サッポロクラシックでもないよ。日本酒なのよ。地酒のレベルがめちゃ高いのよ。

 いま、北海道の米が注目されてるでしょ。日本酒も時間の問題だな、と思ってたんすけど、過去完了でした。
 

小樽の名店「藪半」。雰囲気のある店ですな。2Fで静かに呑んでました。

「タコ」と「イカ」の天ぷら。「いたわさ」は口に入れたら溶けるほど。

四天王寺「はやうち」で食べてからはまってる「ニシン」。

「ネギ」のミソ焼き。

はい、みなさん大好きな「玉子焼き」。

「湯豆腐」のみぞれ。

カイワレじゃなくて「蕎麦」なのよ、これ。

自家製の「しおから」っす。

 久しぶりに飲みましたね。とっかえひっかえ。酒処新潟もうかうかしとられまへんでーー。

 〆は蕎麦。


人気のカレーつけ蕎麦。

ざるそばだな、やっぱ。

 札幌医大病院のそばにダルマさんの弟子がやってる蕎麦屋さんがありましてね。札幌に来るたびに通いました。高橋流とはちがう打ち方ですな。どちらも美味い。

 さっぶいなか、リタバーでウイスキー。「マッサン」の放送中には来てないから、ほぼ3年ぶり。相変わらず親切。可愛い女性バーテンダーも新戦力のようです。昔、「竹鶴25年」はワンショット7000円がいまは8000円。希少価値だもんなあ。あぶく銭が入ったら飲もうっと。。。夢は簡単に叶ったらつまらんもんなあ。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2016年11月04日 (金)

「北海道最強グルメ三昧(旬の柳葉魚寿司&焼き&天ぷら+ニッカ余市工場美酒堪能+小樽蕎麦&寿司&美味い酒+札幌美味い酒&和食ツアー)」 その1

 忘れないうちに・・・。新潟原原の長谷川先生からのご連絡です。


 「11/5(土) の新潟原原はクロスパル301号です(16時半〜19時)。2次会は「新潟の焼き鳥が食べたい!」という熱烈なリクエストで『串焼きとこころ 克』です。クロスパルからチョット距離がありましてタクシー利用になります(日本酒(新潟以外も含めて)が結構そろってます)。焼き鳥にしては料金が高級です。


 翌6日(日)は小千谷の闘牛=“越後 牛の角突き”の千秋楽です。
“日本伝統文化研究会”(片貝花火同様、小千谷地区)相当の企画内容です・・・。
 タイムテーブルは以下の通りです。
・9時=新潟駅万代橋口集合→高速道経由(90分)→買い出し(寄り道)⇒小千谷・闘牛場に11時過ぎ着〜会場にはたくさん屋台が出ています。へぎそば、ツマミで腹ごしらえ+お酒も少々。で、観戦(入場料:屋根付き座席\2000。屋根(座席)なし自由席¥1000。
・カメラ、ビデオ撮りには屋根なし自由席の方がベター。
・序の口から横綱登場まで20番ほどの取り組み。千秋楽なので種々のご挨拶もあり、15時過ぎまで。臙脂色の闘牛など中島先生のご贔屓になりそうです。
・時間があれば隣の小栗山木喰観音堂に参拝⇒長岡駅に送迎(闘牛場から1時間)。
※魚沼の山々は“色づきはじめ”です。観覧席は冷えます。ダウンジャケ、コート+座布団等をご用意ください」
 つうことで、参加者はよろしくね。


 さて、北海道最強グルメ三昧のレポ第1弾です。

 午前11時30分。レンタカー店に全員集合。8人乗り2台借りて、いざ、出発。まずは鵡川へ。1時間もあれば到着しちゃうもんね。ですんで、高速道路は使わずに下の道でゆっくり。。。それにしても牧場が多いでんなあ。

 北海道は交通取締のメッカ。私のゴールドカードが消えたのもここのネズミ捕り。人がいない。見渡す限り大平原。いるのはパトカーのみけ。飛んで火にいるレンタカー。。。

 みちみち、パトカーに止められてるレンタカーがたっくさん。道警もレンタカーより砂川でひき逃げ事故を繰り返したような暴走族を取り締まったらどうなんかね。


柳葉魚寿司っす。生で食べられるのは鵡川だけ。1個100円。安いっしょ。

焼いても美味い。

なんとホッキ貝カレー。

突然混んできました。

 寿司屋のほうが美味いけど、3巻しか食べさせてくれないのよ。で、いくらでも食べられるここに来たんだけど。

 お土産はこちらがベター。ここは地元客しか相手にしてないから量が限られてるわけ。けど、モノは最高っす。
 

見ればわかるわな。

食べたらもっとわかります。


 卵がある雌もいいけど、味は雄のほうがずっと美味い。

 ランチか済んだら、いざ、小樽に。ま、2時間足らずかな。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「私の遺言  前編」(佐藤愛子著・562円・新潮社)です。30年間、「霊」と戦った佐藤さんの体験談。世にも不思議な物語。。。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2016年10月29日 (土)

禅のイベントが次々開催!

 このところ、禅のイベントがあちこちでありまして。つうか、京都では半年前に開催されてたんすけどね。

 まずは丸の内の出光美術館。いつもは空いてるのに驚きました。混み混み。私が乗った時には私1人だけだったのに、帰りにエレベーターを見たら超満員。

 う〜ん。そういうことか。どういうことかわからんけどね。


「大仙がい展」ですね。待ってました。

 東の白隠、西の仙がい。3度も紫衣を賜る栄華を断って墨衣を貫いた天の邪鬼。ま、そんな人間でなければ禅僧なんぞつとまりませんよね。一休がそうでしたし、一休が憧れた宗峰妙超(大燈国師)もまたしかり。。。

 
 仙がい義梵(せんがいぎぼん)は江戸時代の人。美濃国武儀郡生まれですから、いまの関市に小作農の子として生まれたわけです。天変地異と政情不安の寛政から文化文政の爛熟期そして天保の初年まで生き抜いた人です。

 臨済宗古月派。日本最古の禅寺=博多聖福寺の住職として活躍しましたが、元祖「ヘタウマ」の書画家でもあったと思います。

 で、出光美術館の初代館長出光佐三は高校時代、博多で遭遇して「一目惚れ」。以来、コレクションは1000点。その代表的なモノが今回披露されてます。佐三は宗像の生まれで、代々、宗像大社の信仰厚い家柄ですよね。

 11歳で地元の清泰寺で得度しますと、19歳のとき、憧れていた白隠の寺をスルーして横浜の東輝庵に一目散に駆けつけます。月船禅慧の下で修行を重ね、32歳、師の遷化を契機に諸国行脚の旅に出ます。

 で、博多に下って、40歳で扶桑最初禅窟聖福寺(ふそうさいしょぜんくつしょうふくじ)の住持になるわけ。この寺は去年、訪れました。さすがに日本初の禅寺だけのことはあります。風雪流れ旅そのまんまの寺。渋いこと渋いこと。


博多の聖福寺仏殿。ここで生涯「博多の仙がいさん」として生き抜いたんだなあ。

山門です。



いちばんポピュラーな書はこれでしょう。

 シンプルな図形を組み合わせただけのもの。「賛」がないんで解釈が難解。つまり、どうとでもとれるわけ。「○△□」とそのまま呼ばれる書なんだけど、墨の濃さとか流れからすると「□」「△」「○」の順に描かれているように理解されてますね。

 図録によれば、「○が禅宗、△が真言宗、□が天台宗」「仏教、儒教、神道の三教一致を示している」「密教でいう 地、火、識の象徴である」そして「△は修行途中、○が修行を完成させた状態、ならば□は修行以前の状態」・・・いろいろです。出光佐三本人は「宇宙=universe」としてますね。
 「紫衣勧奨へのことわりを妙心寺の大通和尚にしたためた手紙では、自身を未熟者で△の身であり、修行が成就して○となる一歩手前である」と述べられているそうです。「□」についてはノーコメント。ならば、修行以前の状態と読むべきでしょう。


 さてさて、東京国立博物館では「臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展『禅 心をかたちに』」が熱烈開催中です。
 見応えがありますよ。つうか、ありすぎ。とても1日では見終わりません。飽きないのよねえ。
 本山から末寺から、よくまあこんだけ名宝を集めたもんすねえ。禅の歴史、美術、文化を通覧できますよ。肖像と墨蹟、仏像仏画、工芸、障壁画などなど。外国人も懸命に鑑賞してましたよ。あまりにも展示物が多いんで、前半は臨済禅と黄檗禅、後半は曹洞禅とするのでしょう。
 前期展示=10月18日(火)--11月6日(日)、後期展示=11月8日(火)--11月27日(日)です。


見所は・・・原原でお話しましょう。菩提達磨の後継者に関する絵が発見されました。それでしょうなあ。雪舟筆もいいけどね。


禅宗の系譜。。。原原でとくと説明します。直近は新潟原原だなあ。

 どちらも図録が充実してます。いつも思うんだけど、見るだけでええんかなあ。どうして図録を買わんのかわからん。貴重なデータですし、ネットでもチェックできませんからね。アマゾンでも売らないし。すでに2冊読破しましたが、よーここまでまとめたな、というレベルです。
 
 参考までにいままで最高レベルの図録はバチカン神秘図書館オープン時に配布された(買わされた)図録です。
 昭和天皇がローマ法王に贈られたサインも掲載されてますからね。

 さて、原原ではただでさえテーマがたくさんありますし、同じテーマでも講義内容がいつも違いますし、で、まれに「商道の哲理について語ろう」というテーマを取り上げることがあります。たいていは商道は商道でも「超最新マーケティング」のほうを優先的に紹介解説することにしてますが、前者の場合、どういうわけか、「禅」について知ったかぶりでたっぷりお話しております。
 というのも、映像で紹介する経営者が仏教とくに禅の心をベースに「人間経営」を実践しているからです。

 「六祖壇経」で知られる大鑑慧能禅師を六祖に指名した弘忍は、二祖に慧可を選んだ達磨とまったく同じ価値観が貫かれていることに気づきます。そして、この価値観は「本物の経営」「本物の商売」「本物のファンづくり」を展開している経営者には共通していることに合点がいきます。ま、詳しくは原原でとくとお話したいと思います。

 わかる人にはわかる。わからん人には永遠にわからない。ご縁があるかどうか。縁無き衆生は度し難し、というもんね。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

総混乱、総混迷、総不安の政治と経済、投資を読み解く「インテリジェンス=知の宝庫」です。。。
[2017年02月22日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

新潟魚沼ツアーと弘前ツアーについて。。。
[2017年02月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

金正恩が考えていること。。。
[2017年02月20日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年2月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!