カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年12月08日 (木)

おかしな風景。。。

 ちょっと違うんじゃないか、と思うことがあります。

 たとえば、千葉大医学部の研修医と医学生たちが女性をぐてんぐてんに酔わせたあげく、集団暴行した事件。真相はどうなっとるかわからんけど。

 「頭のいい人たちがこんなことするとは?」
 「もったいないねえ。エリートなのに」
 「これで一生棒に振ったな」
 「指導する側の人間がこれではねえ」
 「人命を助けるべき人がこんなことでいいの?」

 呆れるやら怒るやら、感想は人それぞれでしょ。

 で、私がちょっと違うんじゃないかな、と奇異に感じたのは・・・大学の学部長とかが謝罪会見してること。なんつうか、いつもそうなんすよね。極端なこというと、いじめ等々の問題にしてもそうなんすけど。

 本人の問題なんじゃね?

 こういう犯罪って偏差値の高低は関係ないっしょ。医師とか医学生とか一流大学生だからびっくりしたけど、暴走族とかヤンキーなら当たり前、ぜんぜん不思議じゃない、あいつらならやるだろな、つうこと? ヤンキーじゃニュースにもなんない?

 それはないわなあ。

 基本、暴走族とかヤンキーってカノジョいるしぃ。スケに不足してねえしぃ。わざわざ強姦する必要ないわけ。なにしろすぐ逮捕されちゃうからそもそもやんない。

 で、いつもこの手の事件では学長、校長、学部長あたりが謝罪会見するわけよ。でないと、メディアは許さんわけね。「謝罪会見のリハやらんとあきまへんでーー」ゆうてね、リスクマネジメント会社が儲かりまんねん。

 けど、相手はいい大人っすよ。成人してるし。精神的にはガキ? いやいや、大人でしょ。学長とか校長とか学部長なんて関係なし。

 親の顔が見たい? 親の教育云々も関係なし。一緒に暮らしてようが暮らしてなかろうが、親の教育貢献度なんて、いまの時代、ほとんどありません。親の意見なんかそもそも聞きません。小遣いもらう時だけ聞いてるフリはするけどね。だって若者だもん。

 人間てのは広い意味で「環境」に育てられるわけ。そういう意味で友達とかバイト仲間のほうが影響は大きいわな。。。では、そういう友達とかバイト仲間が「加害者」として扱われるんかいな?
 学校関係者も病院関係者も、もちろん、親も家族も親戚も「被害者」なわけでね。「環境」にも迷惑をかけてるわけさ。

 酒の勢い? アルコールが理性を失わせた? んなこた関係なし。バカな女によくいるよね。「お酒がそういう気分にさせたのよ」ってね。んなこたありません。やる気満々、理性を失って・・・「言い訳づくり」を待ってたのよ。ホントはね。

 すべては本人の責任。だれのせいでもありません。親の教育が悪いせいでもないっす。

 いつものように、「正義」にはいちばんほど遠いおバカなメディアが正義漢面して学校に押しかけたんだろうね。

 「あなた方の責任は?」
 「知らねえよ。こっちも迷惑してんだよ」
 「教育者として指導訓育する責任があるんじゃない?」
 「小中学生じゃあるまいし。われわれが教育してるのは医療スキルだけだかんね」
 「でも大学は教育の場でもあるわけでしょ?」
 「わが校には修身のカリキュラムなんかねえんだよ」
 「とても教育者の言葉とは思えませんね」
 「だから教育者じゃないんだって」
 
 勝手に理想像を描くなよ。企業の不祥事でもそう。本人が悪いのに社長とか副社長が謝罪したり、役員が3人くらい一斉に頭下げたり。

 「すべて本人が悪い。こちらに聞いてもお門違いっす」
 「当然、退学ですよね?」
 「服役して出所するまで停学扱いっす」

 こういうもんじゃねえの。一応、ムショで服役したら罪を償ったつうことじゃないの?
 
 「そういうわけにはいきません。死ぬまで罪を償ってもらいます」
 「日本は罪刑法定主義じゃないの?」
 「それでもあなたは人の親ですか? 被害者の身になってください」
 「するってえと、加害者はいつになったら許されるの?」
 「永遠に許されません!」

 「精神的な罪と罰」と「刑法としての罪と罰」を分離せずごっちゃに考える。「sin」と「crime」はちゃうねんで(「not guilty」と「innocent」もちゃうけど)。だれがなんの権利で学長や経営トップに謝罪させるねん。親も追い込む。
 なるほど、日本人の精神構造は「儒教」に支配されていることがわかります。ここを脱却できんと「阿Q」と同じ。ま、認識もしてないと思うけど。だから怖いんだよね。

 私の方がおかしいんかいな?


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン」(川口マーン惠美著・907円・講談社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「新潟酒の陣」もいいけど「横浜カクテルのJIN」があんじゃん!
[2017年06月29日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本」
[2017年06月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「安倍降ろし」に見る木っ端役人たちの奸計
[2017年06月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年12月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!