カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年12月13日 (火)

お腹が痛いほどちゃっぷい。。。

 いやあ、寒い寒い寒い・・・なんつってると、東北や北海道の人からは、なんのなんのと笑われるでしょうね。
 私寒いの好きなんすよ。けど、この急な低温下現象には身体がついてけないっすよね。

 ワイハから突然、シベリアに連れてかれたようなもんで。ま、んなこたないけど。

 こういう時なんだろね、あ、気持ちは若いけど身体は確実に老化しとるんだ、と自覚すんの。

 精神と肉体。古代ギリシャ・ローマの時代から、このアンビな関係を両立させようと踏ん張ってきたわけでね。宣言なる精神を健全なる肉体に宿らしめよ、なんてね。

 ま、肉体は肉体。精神は精神。これは別個。ヘラクレスだってハートブレイクしちゃうわけでさ。サムソンだって髪の毛切ったら終わりなんでね。デリラは寝ているサムソンの髪の毛を切ってペリシテ人に売り渡したわけでさ。

 古今東西、女には注意しろ。寝首をかかれたのはアッチラ大王だけじゃないんだよ、つうこと。

 女心と秋の空? 女心と冬の水。こんなに冷たいものない? 男は過去を引きずり、女はいまに生きる? 

 そういう意味で・・・ヒラリー、離婚すんじゃね?

 女子大生の時からいまのレン○○みたいな女でね。出しゃばり、目立ちたがり、こき下ろし大好き、で、同性からいちばん嫌われるタイプでね。
 講演会にわざわざスター級のゲストを呼んでコネをつける。批判する。まあ、自分が合衆国初の女性大統領になる、つうモチベーションだけでここまで突っ走ってきた女。
  
 そのために一つ一つ計画してました。

 女漁りのビルのことなど先刻承知。つうか、この男の「依存症」をだれよりも早く見抜いてたのよ。それでも引き受けたのは、自分が大統領になるには必須のパートナー。お互いに利用できると踏んだ。

 いわば、「事業」なわけでね。

 当然、女とのトラブルは税金みたいなもん。ヒラリーは渋々引き受けてきたわけ。ホワイトハウスで奉仕させたモニカなんとかとかフアニタなんとかつう女にしても、「たまたま在任中」のお相手、トラブル解決も「たまたま在任中」だったにすぎないわけ。

 「大統領になる!」

 そのためにはきっちり事業計画を立ててきたわけでね。根底から頓挫したいま、こんなバカと一緒にいる必要がない。クリントン財団という仕組みにしたって、政治資金規正法の網の目をくぐるためにこしらえたわけでね。外国からの寄付は政治資金としては受け取れない。だから、財団扱いにしたわけ。しかも、自分たちは「代表」にはならずダミーを置いたわけ。

 ヒラリー主人公の映画がいくつも作られています。いちばん観るべき「ヒラリーのアメリカ」だろうね。バククネさんよりも政治家としては厳しい立場におかれた女。今ごろだれが観るか、と思うでしょうけど、注目すべきは「ヒラリー」というゾンビよりも「民主党」というモンスターだろうね。



 ロンドン・パリのユダヤ人たちから自国通貨発行権を奪ったアンドリュー・ジャクソン(第7代大統領)が民主党をつくった男。
 この男については原原で「世界の中央銀行の秘密について語ろう」つう特別講義つうか、「まくら」が延びに延びて結局2時間過ぎちゃったつうか。合衆国ではじめて暗殺(未遂だったけど)の的になった大統領。で、強烈な人種差別主義者。300人もの奴隷をプランテーションで牛馬のように働かせてね、ま、牛馬は殺されないけど、黒人奴隷はたくさん殺されたしぃ、美形の黒人女は毎晩ベッドに招待されてたしぃ。

 FDR(こいつも民主党)とどっこいどっこいかしらん。

 民主党の歴史が正しく学べます。たぶん日本人が抱いてきたイメージとは真逆だろうね。

 民主党本部にはリンカーンの肖像が飾ってある? んなもん、肖像がなんてどこでも手に入りますよ。参考までに、共和党をつくったのがリンカーンです。

 ま、これ以上は原原で講義します。「戦後封印された、日本の正しい歴史」で講義しまひょ。お楽しみに。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ビジネスエリートの新論語」(司馬遼太郎著・929円・文藝春秋)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。
[2017年11月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす!
[2017年11月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

京都国立博物館「国宝展」に滑り込んできました。。。
[2017年11月17日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年12月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!