カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年12月22日 (木)

ネオコンの断末魔・・・トランプの大統領就任式までテロは続きます。。。

 年末年始の海外旅行は気をつけなはれや。。。ドイツやトルコで起きたテロはトランプ就任式前後まで続くと思うんだよなあ。
 
 「クリスマス市のテロ事件容疑者はチュニジア人。運転席から身分証が発見された」

 バッカじゃなかろか。そんなドジなテロリストいるわけないっしょ。難民非難、難民迫害、難民との対立をとことん扇動したい勢力のシナリオでしょう。



 テロに関して共通点はいろいろありますよ。

1難民敵視→難民流入を阻止できない現政権(つうかEU体制)に対する民衆の不満を喚起すること。
2トルコVSEU、トルコVSロシアという図式を何とか成立させたい、という執念。
3いずれのテロもプーチン失脚に繋げたい、という深謀遠慮。

 安倍さんが用意周到に準備した「8つの経済プロジェクト」についてもプーチンは諸手をあげて大歓迎。しかし、いかんせん、2018年に選挙を控えてますから、「領土返還」なんてことはおいそれと発言できません。

 プーチンでも? はい、プーチンでも。なぜなら、ネオコンがしつこくプーチン失脚を虎視眈々と狙ってますからね。

 03年からバラ革命、オレンジ革命、チューリップ革命。そして2010年から「アラブの春」を仕掛けてきた連中だかんね。彼らが的にかけてるのは一貫して「プーチン」。ロシアではないの。ロシアを率いるプーチン一匹。なぜ、プーチンだけが狙われるか?
ソ連以上にソ連だから。レーニンのようにユダヤ人じゃないし、かといって、スターリンほど下品じゃないしね。ユダヤから利権を強奪した天敵なわけさ。

 だから狙われる。だから油断大敵。どこで足を引っ張られるか、さらわれるか、わからんからね。

 ま、こういうわけっす。けど、相変わらず、近視眼のメディアは「安倍外交敗北」「進展なし」「やらないほうが良かった」・・・と一斉攻撃ですな。
 ふ〜ん。やっぱネオコンあるいは中国のご用聞きなんだ、とわかっちゃうのよね。戦後70年の大問題が即、解決できるはずないでしょ。でも、「解決に向けて歩み出したんだな」と気づくと思うんだけどねえ。

 「なんで?」
 「だって、外務大臣も追い出してサシで話したでしょ。しかも内容は一切公開しない、ときた」

 ああ、これは密約だね。口約束ですよ。けど、今回の訪日のメインは最初からこの瞬間なのよ。大方針は決まったんですよ。
 領土問題の具体的進展は2018年5月以降。わが国はそれまでプーチンとロシア民衆に「経済協力は本物だ」「領土の食い逃げはしない」と信頼されること。

 ロシアってのは条約の類は一切守らんけど、密約だけは守りますからね。そういうパーソナリティなわけ。

 それとね・・・どうして安倍さんがプーチンと「サシ」で話そうとしたと思う? 全世界の元首の中で「サシで話したい!」「サシで話すに足る人物だ」と思えるのはプーチンしかいませんよ。ほかにあえていえばトランプくらいっしょ。

 この3人には共通点があるからです。

 これは原原の宿題。1月度の講義でたっぷりお話します。最初に質問しますから「正解」を用意しといてね。根拠も訊きますのでよろしく。


プーチンもエルドアンも安倍さんも、そしてトランプも仕掛け人はわかってるはず。


この記事外れまっせ。何年前の話? ウクライナ問題は解決済みですよ。誰のおかげ? 安倍さんのおかげっす。

 オバマも側近を軍産複合体に固められたら何もできんわな。しょせん大統領なんて「操り人形」だかんね。しょうがない。ヒラリーを応援する振りして、裏ではトランプ当選で動いてたのもわかるわなあ。



 オバマも本音ではロシアと融和してIS&アルカイダを殲滅したい。もち、EUはアメリカの対ロシア経済制裁なんぞに付き合いたくない。だからトランプ・ウエルカム。

 実は中国だってトランプ・ウエルカム。なぜなら、アメリカを儲けさせてくれさえすれば文句は言わんからね。正直なもんです。イデオロギー先行でやいのやいのとうるさいオバマとは違うわけ。北朝鮮もトランプに期待してますよ。

 じゃ、だれが困る? サウジとユダヤ。ユダヤの中でもとくに軍産複合体だろうね。サウジは国際金融資本の草刈り場でしょ。「アラブの春」を仕掛けられたら終わりですよ。米軍という傭兵しかいないんだから。米軍が見て見ぬふりしたら終わりでしょ。

 シェール革命でいまやサウジはライバル。サウジ・アラムコがロンドンかニューヨークに上場したら、株価暴落を仕掛けられて安値で買収されますよ。だって中東の石油成金マネーを牛耳ってきたのはウォール街の国際金融資本ですからね。

 豚は太らせてから食べろ、つうこと。中国よりも崩壊は早いですよ。ハゲタカに狙われたらいちころです。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「聖書の起源」(山形孝夫著・1,026円・筑摩書房)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

希望の党? 難民政治家のための「絶望の党」じゃね?
[2017年09月26日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

亡くなった大切な友人=松藤民輔さんのこと。。。
[2017年09月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

政治・経済・ビジネス・歴史をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年09月24日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年12月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!