カテゴリー:中島孝志のテレビっ子バンザイ!

2017年01月04日 (水)

正月のテレビ番組。。。

 松飾りがとれない内ですけど(7日か15日だわな)、年始のテレビ番組。各局、趣向を凝らしていろいろやってましたなあ。。。

 テレ東。予算のないのを企画力でカバーしてきたテレビ局ですね。
 
 で、2日の太川陽介さんと蛭子さんの「路線バスの旅」。
 これ第1回目から見てますけど、やっぱ、25回目の今回でお2人には「卒業」が大正解ですわな。

 ホントは蛭子さんは残したかったんでしょうなあ。けど、そしたらリーダーとして頑張ってきた太川さんに申し訳ないですもんね。ま、蛭子さんも70歳ですからね。

 1回、お試しにほかの3人で「路線バスの旅」やらせたら、新しいことがいろいろ出てきました。

 視聴者としては、なにがなんでもゴールさせたい、つう思いの人もいるでしょうけど、しょせん、旅なんだから、地方の美味しいもの情報、温泉情報、見所情報なんかも知りたいよねえ、つう気持ちがあるのはたしか。

 リーダーの太川さんはとにかくゴールゴールゴール。3泊4日でゴールインしなくちゃ、つう使命感に燃えてるわけ。悲壮感すら漂ってますよ。

 けど、お試し路線バスを見ていた蛭子さんが思わずこぼしてました。
 「あんな御馳走食べたことないよね」
 「高級旅館に泊まってるね」
 なんとも羨ましい顔してるのよ。で、2人とも。。。
 「あんなんじゃ失敗する」
 ところが成功。自分たちだって18勝7敗なわけで。

 ま、25回もやってるうちに視聴者の気持ちが少しずつ変質してきたわけでね。それに合わせて番組も進化せなあかんわけで。

 そういう意味では10年でここまで人気番組にした2人を切ったプロデューサーは偉いね。
 こういうことができるプロじゃないとダメよ。番組は出演者のためにあるわけじゃありません。すべてはスポンサー。スポンサーのお客さんである視聴者のためにあるわけですから。

 そういう意味では、テレ朝の「ロンドンハーツ」は最低ですね。いつも同じメンバー。お笑い芸人のスケジュールを押さえるためでしょうけど、企画があまりにも陳腐。賞味期限切れの女タレントばっか。よく飽きずに見てる人がいるねえ。不思議。あんだけ手を抜いてるのに、スポンサーはよく怒らんね。不思議。それとも宣伝部は馬鹿なのかな。ま、あまりシャープな人材はいない部署だけどさ。金だけ出して電博にお任せだもんなあ。

 さて、笑ったのが3日フジテレビ「BABA嵐」。ババ抜き最弱王決定戦。

 今年は恒例の麻雀大会がないなあ。マチャアキも徹夜がムリになったんかなあ。で、なんでババ抜きなわけーと思ってたんですけど、意外におもしろいわけ。

 嵐にお笑い芸人、それに綾瀬はるかさんと長澤まさみさんたち。ババ抜きでこんなに盛り上がるかーー。

 考えて見りゃ、いまどきの若い人は麻雀知らんもんなあ。私らでもクラスで4人集まりませんでしたよ。その点、ババ抜きならだれでも知ってるしね。

 さて最後はTBS「イロモネア」。これね、賞金100万円がぶら下がってるけど、お笑い芸人たちの腕とかセンスなんてまったく関係ありません。

 すべては5人の観客審査員で決まります。で、だれが100万円とれるか最初の3秒でわかります。
 なぜか? シャッフルされて審査員が選ばれた瞬間、その人の「笑い顔度」で突破できるかわかっちゃうんだもの。

 最初から笑ってる審査員ばかりなら、どんなにつまんない芸人でも優勝できます。そのかわり、「たてつけ」が悪い審査員だとどんなにおもしろくてもダメ。5人中1人でも笑わなければパーですからね。

 で、なにが面白くないのか最初から終わりまで仏頂面のヤツがいるわけ。笑うために会場に来てると思うんだけどね。ま、「たてつけ」が笑わない顔なんだろね。

 たしかに、笑い顔の人もいますし不機嫌顔もいますしね。始まる前から5人とも笑ってる顔もありましたしね。

 運? そうです。この番組は運だけです。実力は無関係です。ナンシー関がいたらなんつうかなあ。ホント、聞いてみたいね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「野党協力の深層」(平野貞夫著・994円・詩想社)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その4
[2017年10月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その3
[2017年10月22日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年1月  >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!