カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年03月16日 (木)

「火花」の原点はこれだと思うんだよなあ。。。

 2009年12月02日の「通勤快読」でこんな本を紹介してます・・・と書いてたら、なんと、TBSのゴールデンに本人が出てましてん。内容は「ベイブルース 25歳と364日」(高山トモヒロ著)のオンパ。

 共時性つうかなんつうか。セレンディップなんかなあ。





 で、「通勤快読」でどんなこと書いてたかつうと、一部をご紹介しますと・・・。


 打ちのめされた魂が、もう一度、立ち上がって、前を向いて歩き始めるようになる。そのためにはある程度の「時間」が必要ですね。
 その時間が数日単位、数週間単位で大丈夫という人もいれば、残り時間すべてをかけても癒されない、という人も少なくないでしょう。

 哀しみが深ければ深いほどダメージが強くて時間がかかるかもしれません。

 たとえば、同じ人生を歩む同志。夢を叶えようと苦楽をともにしてきたパートナー。相棒。ある意味、自分の分身。これを失ったとき、人は呆然、愕然、悄然・・・しばし立ち上がれなくなるかもしれません。

 さて、著者は漫才師。漫才はもちろん1人じゃできません。「相方」が必ずいます。

 著者のコンビは、NSC(吉本芸能学院)では「雨上がり決死隊」と同期。
 新人も新人。NSC出身ほやほやコンビだったにもかかわらず、いきなり関西の漫才賞を総なめ。テレビのレギュラー。ダウンタウンのあとはだれが見てもこのコンビが襲うことは目に見えていました・・・けど、94年10月31日、劇症肝炎で相方を失います。

 「明日が26回目の誕生日」という日が命日となってしまいました。

 相方の名は河本栄得さん。桜宮高校、3年間、野球部で血の汗を流した仲(阪神の矢野捕手が同級生)。コンビ名は「ベイブルース」。この伝説の漫才コンビが消えてから15年が経ちます。

 この11月29日。大阪のなんばグランド花月(NGK)でイベントがありました。題して、「25歳と364日 ベイブルースよ、伝説に」。
 雨上がり、千原兄弟、中川家、メッセンジャーなど、同期、後輩、先輩が河本さんの思い出を語るという趣向。820席満席。超人気で立ち見まで出た。


NGKでやりました。行きましたよ。

 みな、よお、覚えてる。このコンビ、一世を風靡したもん。実は、私、このイベントに行ってきたんです。
 
 この本の第1印象・・・文章が巧すぎる。ありとあらゆる漫才師、芸人、芸能人の本の中で、こと、文章についてはいちばん巧い。
 そして大切なことは、技巧も優れているけれども、見栄や外聞など、隠しておきたいことをよくまあここまでさらけ出して書いたなあ・・・と呆れるほど正直で無防備なんすよ。ある意味、アッパレとしか言いようがありません。

 「ご破算で願いましては・・・」という気分なんでしょうな。

 自暴自棄の時代はとっくに終わったと思う。後悔と自責はいまだに引きずっているかもしれません。けど、立ち上がって前を向いた。15年の時間が癒してくれたんでしょう。仲間が癒してくれたんでしょう。けど、やっぱり時間がかかりました。

 当たり前ですよ。

 「ぜひ映画化を」と帯コピーで千原ジュニアさんは訴えています。これ、すばらしい映画になりますよ、きっと。


 こんなこと書いてたのよね。

 サイコーの映画でしたよ。DVDも持ってるもんね。何回も見てるし。
 ただいまNHKドラマ『火花』に出演してる波岡一喜さんが高山さん役。『火花』では先輩芸人役で出てますけど違和感ありません。
 けど、どうしても『ペイブルース』を思い出してしまうのよね。

 『火花』は発売日に読みましたけど、あっ、『ベイブルース』だ・・・と正直感じてしまいました。しかも創作ではなくノンフィクション、ドキュメントでしょ。重みがちがうつうかなんつうか。ま、好みもあるし、氷河期の出版事情もあるでしょうし。大人の世界はいろいろありますわな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「サイコパス 後編」(中野信子著・824円・文藝春秋)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

『ウルトラセブン放送開始50年記念〜モロボシ・ダンの名をかりて〜』(横浜高島屋)
[2017年08月17日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

リスクとチャンス。。。
[2017年08月16日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「聴く!読む!通勤快読」を今日だけ特別オープン! 『保守も知らない靖国神社』(小林よしのり著・ベストセラーズ)
[2017年08月15日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年3月  >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!