カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年04月13日 (木)

仕事覚えるより大切なこと。。。

 ようやく脱稿。正味3日間だったなあ。つうのも、元もと、原稿は2年前に渡してたから。この間、ほかの企画が進んじゃって後回し。
 となりますと、古い内容はカット。で、新原稿を入れる。150頁は新原稿。トータル280頁もありそうです。編集者に削ってもらつたほうがええわな。こんなに多いとストレスかかりますから。

 どうするか? 2冊にしちゃえばいいわけ。手練れならばそう思いつくはず。20年以上付き合ってるからね。あうんの呼吸でしょうな。

 テーマは「数字」なんだけどさ。経営者、ビジネスパースンだけでなく、投資家が読んでも役立つ内容になってるんだけど、幅広げ過ぎかも。やっぱ分冊だわな。


 そうそう、先週土曜日は「ぴよこちゃん倶楽部」直前に新潟日報のIさんからインタビュー。場所は帝国ホテル。ここは楽だからねえ。都内ならいつもここ。

 で、4月だから新人向けの企画があるらしくてね、いろいろ、必要なスキルとか仕事術についてお話しましたけど、まず大切なことは次のことなんだよなあ。

「新人は早く実力をつけて戦力になりたい、貢献したい、と焦る必要はありません。いまのいまは、優先順位の筆頭は「エンプロイアビリティ」です。平たく言うと、仲間に入れてあげよう、と周囲の人たちから受け容れてもらえる能力のことです。
 個を磨いても、それはチームのため。この基本の基本を忘れるとダイナミックな仕事はできません」

「ついつい手助けしてあげたくなるキャラの人っていますよね。他部門からも、あいつならしょうがないな、助けてやるか、と可愛がられるキャラの人いますよね。まずは周囲から可愛がられる人になってください」

「女は愛嬌とゆうけど、男も愛嬌なんや」と幸之助さんはよく言ってました。たしかに有権者から1票入れてもらえるかどうか。立派な学歴、毛並み、容姿等がモノを言うことはあるでしょう。けど、最後の最後、いや最初の最初に潜在意識が決めることは「応援したくなる人かどうか」なんです。

 なんとなく信頼できそう、なんとなく誠実そう、なんとなくかわいげがある・・・「なんとなく」が人を動かすんです。数値には表れませんよ。けど、人は生きてきた時間、経験した数だけ、キャリアを積んできてるわけでね。直感力を身につけてるんですよ。この直感力が「なんとなく」を決めるわけ。その判断基準は「愛嬌」なのよね。

 人間はおもしろいよね。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「はじめての人のための 3000円投資生活」(横山光昭著・1,188円・アスコム)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

北朝鮮攻撃はトランプの都合で決まる!
[2017年04月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「サクラ満開!そば街道と湯煙ロマン!弘前・盛岡みちのく愛の横断ツアー」はここに行きまっせ。。。
[2017年04月24日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その4 知恩院から天智天皇陵へとまいりました。。
[2017年04月23日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年4月  

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!