カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月09日 (火)

「ほぼ完全就業」なのにトランプが雇用を気にするのはなぜか?

 トランプのおかげで決勝に進出できて、トランプのおかげでボロ負けしちゃいましたね。フランス大統領選ですよ、ルペンさんね。罪な男だよなあ、トランプは。。。


 明日は名古屋原原。明後日は大阪原原(2次会は適当に近場でやりまひょ)。週末は出雲原原です。出雲では投資のお話もさせて頂くことになりましたが、投資顧問業の登録はしてませんからね。そのおつもりで・・・。

 さて、久しぶりにトランプについて・・・。選挙中から「雇用!雇用!雇用!」とアピールしてましたよね。で、データを見ればほぼ完全就業といってもいいレベルでしょ。GMやフォードなど海外逃避企業をアメとムチで米国回帰ざせたり、日本を含む外資企業の工場誘致など、さらに雇用を増やそうと画策してますよね。

 なんでかなあ? どうしてなの?




ヘタしたら労働需要と供給のインバランスが発生しちゃうんでないの?

 実は、トランプが懸命に雇用雇用と言ってるのには事情がありましてね。大きくは3つ。。。





 1つは「米国経済絶好調」つうけど幻だから。アメリカってGDPの8割が個人消費でしょ。これがシュリンクしてますよね。家計も厳しい。やっぱリーマンショックは家計を破壊しましたよね。健全な中間層を絶滅させてしまいましたもん。

 2つめ。トランプに投票した白人貧困層の問題。製造業がカムバックするには時間がかかります。この間、新しい職種に慣れたり、新しい仕事を訓練するにしても「熟練労働時間」がかかりますよ。新しいものについてけない労働者を採用するには時間がかかりますよ。その間、失業手当とかフードスタンプ等々の手当が必要かも。

 白人貧困層はトランプ政策の恩恵は受けられないかも。まあ、トランプに投票した層は母親たちが多く、「亭主はどうでもいい。子供たちに未来を与えて欲しい」という動機が強かったと思うのよ。



 そして3つめ。なんといっても失業がドカンと増えるのは、世界800カ所に駐屯駐留派兵している米軍を本格的に手仕舞うからですよ。ここだけの話、在日駐留米軍はグアムとインドネシア北部に移ります。結局、辺野古には移転しないと思う。



 「雇用雇用」と言っているのは最初から米軍撤収が頭にあるからです。日本も協力を求められます。つまり、自衛隊の国軍としての位置づけですね。東アジアの平和は日本が独力でやりなさい、ということですよ。



 THAADも導入せざるをえなくなるかもしれません。在日米軍に見合う防衛予算は20兆円分ですからね。

 大統領就任後からトランプは大きく変化しました。いま過渡期なんだと思うな。ユダヤ左派=ネオコン、FRB、ウォール街、軍産複合体等々、とくに共和党主流派を押さえ込んでませんからね。

 積み上がった経常赤字の削減等でも、「アメリカ・ファースト」を二国間協定でごり押ししてくるはず。その時、かつての日米繊維交渉における角栄さんのような交渉ができるかどうか・・・。そこがいちばん問題です。

 ま、近々、お話しますよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「平成日本タブー大全2017 都議会抗争と山口組と百田尚樹の聖域」(西岡研介+伊藤博敏+森功+寺澤有著・972円・宝島社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月20日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

11月度出雲原原はラス前とオーラスでーす。。。
[2017年10月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年5月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!