カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年10月06日 (金)

小沢・小池シナリオの誤算。。。

 ノーベル文学賞にカズオ・イシグロさん。『日の名残り』『わたしを離さないで』は映画でしか知らないけど、重厚なテーマ、重厚な演技、ゆっくり時を刻む物語でしたよね。日本では綾瀬はるかさん主演ドラマが放送されてました。視聴率女王のはるかさんとしては期待するほど視聴率はとれなかったけど、いいドラマでした。再放送するだろな、きっと。新ドラ「奥様は、取り扱い注意」も見たけどね。視聴率超されるかも。。。


 出る、出ない、出る、出ない・・・この花は私です。やっときれいに咲いたのです。なんつって、淳子ちゃんじゃないんすから。早く決めろやーつう声がほとんどでは? けどさ、ギリギリまで引っ張らなきゃならんわけよ。プロの振付師がいるんやから。投票日までうまく演じないとね。

 でもさ、結局、「希望の党」って「ミシミシ民進」じゃね。悪貨は良貨を駆逐する。この人たち、小池さんのことも簡単に裏切るんだろね。転びバテレンやな。

 筋を通した枝野さんのほうがよっぽどええわな。


 不思議なことに、選挙になると死にそうなジジイが蘇る。「じいちゃんも頑張んべえか」と精力モリモリ。元気リンリン。政治家の性なんすかねー。
 ま、娯楽の少ない地域では夏祭りと盆に正月。それと選挙。国政選挙から村会議員選挙まで、「選挙こそ最大のエンタテイメント」ですからね。ただ酒呑めるしのー、お金も飛び交うしのー、選挙ポスター、チラシ、電話代・・・ま、公共事業っすよ。料理屋や食堂も流行りますよね。

 過疎地に元気とゲンナマをお届けする「ふるさと納税」みたいなもんすな。

 で、巷間、枝野新党は小沢・小池シナリオの誤算、と言われてますが、逆ですね。民進党左派は最初から分別処理することになってました。
 だから「選別」と「排除」なのね。ホントは「淘汰」と「廃棄処分」と言いたいけど、えん曲に表現したのが「選別」と「排除」。メディア対応の巧い小池さんとしてはミスりましたな。

 つうか、風が変わりました。

 首相を目指すには国会議員になるしかないんすから、工程上、「都知事辞任」は当然。ここにきて「無責任!」と一斉批判。梯子を外された感じですな。小池さんもここまで批判されるとは思ってなかったでしょ。背後に小沢さんがいるって気づいたのかな。

 それにしても「しがらみ政治を排除する」つうわりには小沢グループだけは全員公認。なんだかなーー。ま、シナリオ書いたの小沢さんだからね。それに小泉、殿が乗ったつうことでしょ。「安倍潰し」一点突破のために中韓べったり政治家と対米ぺったり政治家が手を組んだ。政治ってのはビジネスですから。

 さてさて、「衆院前に首相候補を決めるべき」(民進党前原さん)。「もう首相はもらった」つう思い込み。ミシミシ民進は小池さんに平身低頭。昔々、宮沢喜一以下、首相になりたい候補たちを小沢さんが面接してましたよね。彼の権力はあの頃がピークだったんかな。それともこれからまた来るんかいな。デジャブつうの。こういうの。



 小池さん、野田聖子さんのほか、小沢さんの仕掛けで殿は息子さんを呼び出したはず。断られたんでしょうな。で、「(おふくろの田中)真紀ちゃんが出たらどうだ? まだまだやれるよ」とそそのかされてたんでしょ。けど、真紀子さんは賢明ですからね、簡単には乗らないと思うよ。すでに終わってるのに今度落選したら恥ですから。



 さて、自民党敗北なら? 希望の党が第1党なら公明あるいは維新と組んで組閣。ホントに山口首班となるかもしれません。山口さんは拒否しても創価学会の命令には逆らえないでしょ。

 自民第1党でも233議席割れなら、安倍首班に希望の党は協力しない。「石破首班ならいいけどね」と逆指名すんだろね。

 いずれにしても、目ざといマダムですから一番高く売れる方法=「閣外協力」でしょ。

 まさかの野田聖子さんが官房長官? そしたら文春砲が轟きますよね。小池、野田、レンホー、真紀子さんのアマゾネス軍団が揃うなんて悪夢っすね。

 けど、石破首班だと次期参院選のあと、おそらく次期解散総選挙は都知事選直前にやると思いますが、この時、都知事から首相に転職できるの? 石破さん続投する気満々でしょ。能力の有無にかかわらず。。。
 
 やっぱ、今回のワンチャンスなんじゃないっすかーー。



 希望の党は票が取れるメニューをすべて揃えるとこうなります、つうコンテンツです。安倍政治に飽きた有権者をごっそり頂きましょう、つう狙いが見え見えです。日本新党を仕掛けた時もそうでした。主義主張の違いなんて後回し。とにかく、いまは「反自民」を結集する時とばかりに邁進したわけね。

 あっという間に空中分解しましたけど、今回も同じ手法です。日本人はよっぽどバカだ、と思われてるんでしょうな。



 消費増税凍結どころか、安倍さんは「段階的廃棄」を提案しなくちゃいかんのよ。けど、森友・加計問題を仕掛けた財務省に嫌がらせされたくないので、いまのとこ、消費税は予定通りと言わざるをえない。

 消費税増税で喜ぶのは輸出企業だけです。

 わかんないすよ。リーマン級の金融危機あると思いますよー。タイミングも2019年10月ならドンピシャじゃね? 地震リスクもある国だしさ。

 好景気で税収を増やしたい。けど、団塊の世代がこの世から消えるまではムリ。消えたら一挙に財政は好転します。それまでの我慢。



 景気のV字回復を殺したのは財務省と旧民主党ですよ。この連中、今回の選挙で息の根を止めないとね。

 今回の選挙のオッズは難しいでしょうね。刻々と風が変わります。これにミサイルと核実験が絡みます。「戦争の声」も聞こえます。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「「男はつらいよ」を旅する」(川本三郎著・1,512・新潮社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月20日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

11月度出雲原原はラス前とオーラスでーす。。。
[2017年10月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年10月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!