カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2017年11月08日 (水)

「道」

 月曜日の「通勤快読」は『洋子さんの本棚』を取り上げましたが、お二人が学生時代にフェデリコ・フェリーニの『道』をご覧になって、いたく感動した、というお話がありました。この映画大好きなんで、ついつい話すぎてしまいました。

 リスナーの中には奇特な方がいまして、その話が良かった、と木に登らせてくれるんでげすよ。ああ、そういえば、以前、ブログで紹介したなあ、と思い出したら、なんと12年前でしたよ。12年前・・・2005年。何やってたかなあ。

 「好きだなぁ、この映画。学生時代も含めると、たぶん30回以上は見てると思うな。
 連休中に2冊の校正チェック、2冊の書き下ろし。だから、♪時間は大事だよ。アフラック!♪
 にもかかわらず、また見いちゃった。書斎には映画のDVDが山ほどあんだけど、忙しくなればなるほどこういうの引っ張り出しちゃうのよね。クビを絞めることがわかってんのにさ(人間、なかなか変われないもんすね)。

 道。いったいどこにつながってるのやら。イタリア語では「la strada」。そう、パナソニックのカーナビのブランド名よ。ここからとったんだろうな。
 
「同行2人」という言葉をお遍路さんはよく言うよね。
 1人でも2人、3人旅なら4人。弘法大師がついてる道行(みちゆき)。だから「道行2人」でもあんのよ。
 
 さて、主人公ザンパノ(アンソニー・クイン)は「鋼鉄の肺」で売ってる大道芸人。といっても、粗鉄の鎖を力任せに引きちぎる芸ね。粗野で愚かで暴力を奮うことでしか自己表現できない不器用な男。バイクに小さな小屋をつけて、村から村へと歩く貧しい旅芸人。



 ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)は、ザンパノに1万リラで買われた女。ザンパノの手伝いをする天真爛漫な女。
 ザンパノとの旅生活は辛いことばかり。だって、優しさの欠片もない男だもん。何の芸もできないからバカにされ、穀潰し扱いされるんだけど、ほかに頼る人間はいない。嫌いだけど、「ザンパノ、ザンパノ」と頼るしかない。

 それに男と女。一緒に旅を続けていると親愛の情が湧いてくるものさ。

 ザンパノは旅先で女と親しくなる。服をくれたり、食べ物をくれる女とすぐに寝る。それが嫌でジェルソミーナは1人で街を彷徨う。

 その夜、華麗な芸を披露する綱渡りの男と出会った。その男、ザンパノとは犬猿の仲。綱渡り男はザンパノと会うとなぜかからかいたくなる。で、いつも喧嘩。

「私なんかなんの役にも立たないの」
「この世にあるものはすべて何かの役に立ってる。この小石だってそうさ。おまえに芸を教えてあげよう。ね、どうしてザンパノと暮らしてる? 逃げたくないのか?」
「何度も逃げた。そのたびに殴られた」
「どうして、ザンパノはおまえを捨てないんだ? 俺だったら一発で捨てるのに・・・そうか、ザンパノはおまえに惚れてるんだ」
「えっ、この私を?」

 綱渡り芸人はジェルソミーナにラッパを教えます。もの悲しいメロディなんですよね。これが。



 仲のいい2人をやっかんだザンパノはまたまた喧嘩。警察まで来る大騒ぎで2人ともサーカスから追い出されてしまう。
「ザンパノと別れてうちにおいで。食べさせてあげるよ」とみなに言われるジェルソミーナ。けど、彼女は警察の前でザンパノを待つんだよなあ。ここまで送ってくれたのはあの綱渡り男なんだよね。

 男の選択を間違ってるわな。けど、男と女なんてそんなものかもしれませんな。理屈じゃないから。理屈で付き合ってる女いますよ。「あの男のどこが好き?」「う〜ん、カードかな」だって。ウケるわ。

 ザンパノとジェルソミーナは次の村に行く途中、修道女を乗せ、そのまま教会に泊まらせてもらいます。この時、ザンパノは銀製のキリスト像を盗んじゃう。「泥棒はいけないよ」と最後まで彼女は反対するんだけどね。

 ジェルソミーナは自分たちのしたことが恥ずかしくて、修道女たちには目を向けられないの。

「ここで暮らせるように頼んであげる」
「ううん、できない」
「いつも旅なの?」
「そう、あなたは?」
「2年おきに教会を移るわ」
「なぜ?」
「土地に愛着が湧いたら、神様に仕えられないもの」

 愛着は未練の別名だもんね。

 次の村に急ぐ途中でパンクで困ってる綱渡り男に出会います。
「手伝ってくれよ。いつか手伝うからさ」
 ザンパノはいきなり綱渡りの顔面にパンチをお見舞。打ち所が悪くて綱渡り男は死んじゃうの。

「だれにも見られてない。心配するな。殺す気はなかったんだ」
「彼の様子が変よ変よ」と壊れたように繰り返すジェルソミーナ。

「俺には生きる権利がある。メシ代を稼ぐにはこんなところにはいられないんだ」
「わたしがいなければあなたは独りぽっちよ」
「刑務所なんてまっぴらだ」
「彼の様子が変よ変よ」と、ジェルソミーナは狂ったように泣き出しちゃう。

 ザンパノは壊れたジェルソミーナをここで捨てます。



 それから4〜5年後。初老になったザンパノは相変わらず「鋼鉄の肺」の芸で糊口を凌ぐ大道芸生活をしてます。海水浴場で稼ぐ合間に街を散歩してると、どこからともなくあのメロディが聞こえてきます。

「いったいどこから?」

 耳を凝らすと、村娘が洗濯物を乾しながらハミングしてるわけ。

「そのカンツォーネは?」
「ああ、あなた、サーカスの人でしょ。昔、ある女がよくラッパを吹いてたの」
「その女はどうした?」
「死んだわ。高熱で弱ってたから私の父が家に連れてきてあげたの。ご機嫌のいい時はあの砂浜でラッパを吹いてたわ。昔、旅芸人をしてたとか」

「・・・死んだのか」

 その夜、ザンパノはしたたかに酔っては喧嘩します。「俺は1人でたくさんだ」と呟きながらジェルソミーナが愛した砂浜にやってきます。

 そして、号泣するのよね・・・。

 なぜ泣いたんでしょうねぇ? 悪党らしくもない。悪党なら悪党らしく涙なんか流さず、「バカな女だぜ」と吐き捨てればいいのに。

 罪悪感? 寂寥感? 孤独感?

 ジェルソミーナは、なんの見返りも要求しなかった。いつも殴られ、いつもバカにされ、いつもほかの女と大っぴらに浮気され、いつも物扱いされた。けど、いつも真心を込めて尽くしてくれた。坂田三吉の女房の小春か、中村仲蔵の妻お岸だぜ。

 純愛? 献身? 腐れ縁? たんなるバカ?

 ジェルソミーナに俺は何をしてやっただろ? してやろうと思えばいくらでもできたけど、ジェルソミーナのことなど視野になかった。利用するだけ利用して・・・捨てた。

 懺悔の気持ち?

 ジェルソミーナさえいたら楽しく暮らせた。カネもなにもないけど幸せだった。だって、バカだけど、あの女はいちばん大切なことを知ってるから。ザンパノはいまようやく気づいた。ラッパの音でね。

 罰は死ぬまで孤独と一緒に生きていくこと。

 人間、元気なうちは気づかない。持ってる間は気づかない。恵まれてる時は気づかない。なくしてはじめてわかる。

 なぜ? 「無意識」の前には「意識する力」なんて微々たるものだからですよ。無意識の世界って魂のレベル、神仏の世界ですから。
 「心をコントロールする」なんてのは神をも懼れぬ暴言。せいぜいできて「心を調和すること」くらいっしょ。大宇宙の法則に則って生きているかどうか。平たく言えば、どこから斬ってもジェルソミーナになれるか、ってことかも。

 どこから斬ってもザンパノ・・・そりゃわしのことでっけど。」


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「新しい分かり方」(佐藤雅彦著・2,052円・中央公論新社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

第4期ぴよこちゃん倶楽部のゲスト講師でーーす。
[2017年11月23日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

11月前半の株価低迷はいつものこと。。。
[2017年11月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年11月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!