カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年12月20日 (水)

「2018年 本格的なバブルが始まる!」その1

 毎年恒例の「来年はこうなる!」ですが、「中島孝志の銘柄研究会」にてチラッと触れてみました。ま、きちんとした講義は来年1月の原原でするとして、「まさか!」「ホントに?」つう評判でしたので、あえてブログでもお話しておきたいと思います。

 嫌らしい言い方ですけど、ホントのことなんで書いておきますが、今日と明日のブログ内容は実は有料サイトと会員制有料情報誌に連載しとるコンテンツがベースなんすよ。つまり、無料公開する内容ではないわけ。「原原メンバー」「ぴよこちゃんメンバー」だけにお話してる内容なのね。

 危ない話がわんさか。価値があるかどうかはわからんけど。ま、いいかなと思って公開してみましょう。



 2018年はひと言で言えば、「戦争の年」です。

 戦争たって2種類あります。米朝衝突つう「フェイクの戦争」とサウジ・イスラエル・イラン三つ巴の衝突つう「ガチンコの戦争」です。

 金正恩もトランプもバカではありません。徹底的に計算づくで動いています。とくに金正恩のほうから最終手段に訴えることはありません。だって、戦争にエスカレートした瞬間、親子2代(金日成は核武装を「最期」まで反対してたもん)にわたる悲願は水泡に帰してしまうから。

 あくまでも米朝戦争はトランプの都合で始まるわけです。

 一方、中東の衝突はガチンコです。大統領当選後、外遊先としてトランプが最初に選んだのはサウジ。そしてイスラエルにバチカン。つまり、世界3大聖地を行脚したわけ。女婿であり大統領上級顧問クシュナーをサウジに派遣してサルマン皇太子と交渉させました。

 2018年はサウジ・アラムコのIPO。建国以来、英米の金融機関がサウジを指導(利用)してきましたけど、リーマンショックでサウジの財政はヘロヘロになってます。
 まる2年前の2016年。新年早々から日本株が暴落しましたよね。原油安だーとか中国市場暴落が原因だーとか噂されたけど、なんのことはない、資金難のサウジが泣く泣く日本国債と日本株を売却してたのよ。

 原油安で生産調整なんぞしたら経済破綻するのがオチ。今ごろ、「原油に依存しない国造り!」なんて言ってるんですからね。大ばか者ですよ。
 国の経営は原油頼み。資産運用は英米の金融機関頼み。そして防衛はエジプト傭兵と米軍頼み。人の褌で相撲をとってる国なのよ。

 王家という血筋でいえばヨルダンには敵わず。たまたま英国の言うことを何でも聞く連中だから「王家」に取り立てられただけでね。その点はリビアのカダフィと一緒。運命も一緒。

 万世一系のわが天皇家とはてんで違うわけ。
 
 ま、英米のハゲタカ金融機関にとことん吸い尽くされ、最後の最後にサウジ・アラムコまで乗っ取られて、「砂漠の民」に逆戻りしますよ。



 せっかくサウジと仲直りしたトランプがここに来て、「イスラエルの首都はエルサレムだかんね」「テルアビブから大使館移転すんだかんね」と公式発表。トランプさん、「公約」をただ果たしてるだけですからね。
 けど、いままで安全保障上の問題から歴代大統領は先送りにしてきました。



 わざわざ、このタイミングでやるわけ? はい、計算尽くですから。


束になってもイスラエルの軍事力には敵いません。核兵器だって持ってんだから。だれが供与したの? アメリカじゃないよ。

 この入植ぶりは中国なんて問題じゃないね。有史以来、迫害されてきたユダヤ人。「神に約束された土地」と暗殺されたラビンはPLOとの約束を反故。次のネタニヤフ大統領はさらに強硬。で、トランプとクシュナーはこの人と親密なのよ。

 「アラブの盟主」なんて自画自賛してますけど、サルマン皇太子はパレスチナを見捨てますよ。「いままで通り支援してほしいならエルサレムじゃなくヨルダン川沿いで建国しなよ。なんならヨルダンと合併したら?」なーんてね。

 アラブを敵に回してでもアメリカ=イスラエルと組む狙いは「利権独裁政権」を確立したいからでしょ。


 2018年。もう1つのキーワードは「大減税」です。大減税ってなに? 「これからがんがん株価を上げていきますよ」つう宣言です。



 議会とメディアの反トランプ・キャンペーンでエンストしてた「トランポノミクス(インフラ投資と大減税で10年間で少なくとも7兆ドル)」がここに来てようやく発進! 反トランプの連中も財界から政治資金を恵んでもらえなくなるから賛成するっきゃない。で、ぎりぎりで大減税が通りました。


 
 アメリカだけでなく日本も大減税。たって、法人税だけ。しょぼいね。850万円超のサラリーマンは増税すんだかんね。「連合」はなにしとるんやろ。賃上げは労働組合より安倍さんのほうが一所懸命。これから組合費は自民党に振り込んだらどやねん?

 さて、法人税大減税となりますと、「浮いたカネ=利益剰余金」はどないなりまんねん? 設備投資する? 賃上げする?
 しないでしょ。だっていままでもしてこなかったんですから。じゃ、どうする? 内部留保(現金預金+利益剰余金)は株と不動産にまわります。法人税大減税で「浮いたマネー」はすべてここに流れます。

 浮いたカネ? そう、バブルマネーっす。いままでは政府と中央銀行が人為的につくってきた「ミニバブル」でしたけど、2018年からは大減税に踊らされた企業がつくる「本格的なバブル復活」なのよ。

 言ったでしょ。2018年はダウ3万ドル、日経平均株価3万円だって。2019年はそれぞれ4万ドルに4万円。「遅れてきたトランプ相場!」はこれから始まるんです。投資家としては笑いが止まりまへんで。それだけに暴落待ってたんすよ。日銀・GPIF・郵貯マネー・・・なりふり構わぬPKOですな。上値も重いけど下値も重いっす。

 ダウも日本株もがんがん上昇? 好事魔多し。「罠」があるんで要注意。えっ罠? それってなーに? 詳しくは明日お話しまひょ。

 信じるか信じないかはあなた次第です。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「世界最古にして、最先端 和の国・日本の民主主義  「日本再発見」講座 後編」(馬渕睦夫著・1,296円・ベストセラーズ)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「銘柄研」のデータも送りました。
[2018年07月16日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

横浜のLA「ムーン・カフェ」
[2018年07月15日]
[中島孝志の美食倶楽部]

「通勤快読」を聴いてみませんか?
[2018年07月14日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年12月  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!