カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年03月06日 (火)

金利乱高下に思うこと。

 ようやくCME先物がいい数字出ましたね。前場はいいでしょうな。続落で損してた投資家はプラマイゼロでほいほい手仕舞うから、後場までもたんかもしれませんな。

 米国長期金利の乱高下に株価が振り回されています。
 日本企業の業績は絶好調。あれやこれやのインデックスは下げても、新高値を更新し続けている銘柄は少なくありません。
 いまやインデックス投資が主流ですけれども、やはり、優秀な企業を応援しなければ未来はありません。

 景気拡大と低金利が共存する「適温相場=インフレなき経済成長」はいまや昔・・・と思いきや、先進国の中でインフレはアメリカのみ。



 日本はいまだデフレから抜け出せず。
 ヨーロッパはといえば、インフレに見せかけてますけど、アメリカの利上げスピードについていけずいずれ落ちこぼれは必至。となれば、体力がめちゃ弱い金融機関ばかりですから、リストラが始まります。行員のリストラではありません。銀行のリストラです。

 結果、デフレに突入するはずです。



 しかし、アメリカ一国のみが繁栄を謳歌できるはずもありません。

 そもそも財政赤字、貿易赤字を払拭するには「ドル高」へと転換しなければならんのですが、不動産屋気質が抜けないトランプはドル安志向。何回も言ってきましたが、ロバート・ルービンの登場を待つしかありません。あるいは安倍さんが説明するしかありません。

 というのも、もはや、「製造業の明るい未来」などアメリカにはありえないからです。

 日本は製造業と第一次所得収支の二刀流ですが、アメリカは海外投資、著作権、特許料等々で儲けるビジネスモデルしか残っちゃいないのです。ならばドル高にしたほうが投資メリットがあります。

 ここに気づくのが年後半でしょう。とすれば、そこから円安転換となります。

 実は、アメリカだけでなく、「製造業は永遠です」つうタイトル本がベストセラーになった時代から30年。企業の寿命30年つう通り、製造業は全消費の18%(アメリカはせいぜい13%)。つまり、サービス業に比重がとうの昔に移っているのです。

 ですから、設備投資が落ち込んでいる云々、GDPが伸びない云々・・・これってナンセンスなんすよ。経済指標ではなくなっているのです。

 日本企業はトランプの減税政策をしかと享受できます。連邦法人税35%は21%に、実効税率も40.75%から27.98に大幅削減。となれば、いわゆる、「内部留保」は増えるでしょ。

 この資金をどう使うか? これが日米ではまったく異なります。この点についてはいずれ原原でお話しまひょ。

 対米進出済みの日本企業はいまや上場企業の倍(6814社、16年末)もあります。今後、高齢社会でロボットしかいない日本からまたまた対米進出することになるかもしれません。そうすれば、ますます企業業績は向上するはずです。といっても、製造業は期待薄。これをしかと認識しておきまひょ。


 
 さて、リーマンショック以降、年金基金等は「リスクパリティ戦略」をプログラミングしてきました。株式、債券、商品等々、複数の資産を組み込んだポートフォリオで、それぞれのリスク(=変動性)を管理し、組み入れ比率がパリティ(=均等量)になるようマネジメントする投資法でおます。



 今回のように、株式の変動が大きくなれば資金を株式から債券へとシフトしたり、債券の変動が大きくなれば債券の配分比率を減らしたりして、リスクに凸凹をつくらず平準化させる、つうものです。

 「リスク」をクローズアップさせて投資を考える、という視点がユニークで、新しい投資手法を開発して見事なプレゼンで煙に巻く、ヘッジファンドお得意のやり口です。なんといっても、運用資産が半端なく大きいので市場におけるインパクトも少なくありません。

 ヒートアップする株式市場、限りなく低位のVIX。トランプ当選以来、株価の調整もほとんどなく、右肩上がりの相場にHFTの高速取引がフル稼働すれば、ピークかボトム(暴騰暴落)まで瞬時に到達してしまうでしょう。



 ところで、金価格もドル高を嫌って下落したり、イランと北朝鮮情勢で乱高下。かといって円高傾向ですから日本の投資家には金は魅力半減と感じる人は少なくないっしょ。しかし年半ばからドル高へと転じるのではないか、と私は考えてまんねん。

 根拠は・・・
1テーパリングは宣言通りに進んでいませんが、FRBの資産は確実に縮小している。
2年3回あるいは4回の利上げが確実。
3賃金上昇がインフレを加速する結果、FRBは利上げに動く。
4海外企業の資産環流ベース(2.5兆ドル)という「含みドル資産」。
5減税効果で対米進出企業が増える。

 いずれにしても、今回の株価下落は「1日の下げ幅としては過去最大」といいながらも、下落率(4.23%)はそれほどでもありません。ダウ2000ドル時代で下落幅508ドル。下落率22.6%つうブラックマンデー(1987年10月19日)とは違うのです。

 そうそう、詳しくはいずれ近々。いよいよトランプが北爆に出そうですな。韓国の文在寅大統領など、トランプは期待してません。習近平にしても安倍さんにしてもそうです。彼がやってることは時間稼ぎというより時間のムダでしょ。





 トランプは習近平に北朝鮮問題を任せてる振りをして、実は圧力を掛け続け、結局、「おまえが役に立たないからオレが出るしかないやんけ!」「不公平貿易はきっちり落とし前つけてもらうからのー」と政経分離ではなく政経一体。「まさかの時の米国債売却」というウルトラCをしたくても、米国債価格が暴落すれば長期金利が跳ね上がり、人民元が乱高下したら中国経済はタダでは済みません。

 「重篤な海外投資依存症」で破綻間近ですから、そんなことができるはずありません。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「コックリさんの父 中岡俊哉のオカルト人生 中編」(岡本和明・辻堂真理著・1,620円・新潮社)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

PAC3撤収は時期尚早です!
[2018年08月15日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

金価格の本格的反転はいつか?
[2018年08月14日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

今月の「ぴよこちゃん倶楽部」&「中島孝志の銘柄研究会」は8月25日(土)開催です・・・。
[2018年08月13日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年3月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!