カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年04月12日 (木)

高いテンションをキープする。。。

 鋭さよりも鈍さ、速さよりも鈍さ、賢さよりも鈍さ・・・このところ、「鈍さ」という言葉に目が奪われています。心も魅せられている、といってもいいでしょうね。

 「鈍色」と書いて「にびいろ」と読むそうですね。平安時代はねずみ色が盛んだったようで、「濃いねずみ色」のことなんですね。ま、「四十八茶百鼠」という言葉もあります。以前、「♪利休ねずみの雨が降ーーるぅ」という唄を紹介したことがあると思いますが、ねずみ色はバラエティな富んでるわけです。

 タクシーに乗る機会があります。出張がめちゃ多いもんですからね。で、運転手さんと話を必ずします。地元のことはとくに聞きやすいし、いろんなこと知ってますからね。聞かなきゃソンソンと思ってます。

 で、この前、東映か新東宝(古いね。宇津井健とか吉田輝雄に代表される当時のイケメン)の役者か、と思うほど。ひとしきり誉めてると、「なにも出ませんよ」とニコニコ。

 「映画スターなんて言われたことないなあ。この道30年ですから。そりゃ、その前には小さな会社を経営してましたよ」
 「あまりにも居心地がいいんで。こんなに長く勤務してしまいました」
 「若ければ転職しようとか独立しようと考えるでしょうけど」
 「この年になると無理しなくなりますね。失敗したら終わりですから。またゼロから始めればいいや、という気持ちにはなれませんから」

 捨てる勇気ですな。無くしてもかまわない勇気。人生棒に振ってもかまわない勇気・・・とも言えますが、「高いテンション」をキープするってのは、やはり、「少しばかり狂気」が必要なのかもしれません。損得勘定、論理思考ではとてもとてもできゃしません。机上の空論止まりですわな。

 論理や理屈を超えてしまう。すべてを捨てても後悔しない、と思いこめる、ってのは、「使命感」とか「責任感」「義務感」だけではムリです。やっぱ、「やりたくてたまんない!」という「夢」なんでしょう。

 止めてくれるな、おっかさん。背中のイチョウが泣いている。男東大どこへ行く。

 全共闘じゃありませんけど、こんな狂気を駆り立てる「夢」がなけりゃムリです。

 加藤一二三さんの棋士引退に関して、羽生善治さんがインタビューに回答してました。
 「長期間、将棋を続けることはできるかもしれませんが、(63年間も高いテンションをキープした加藤先生ほどの)高いテンションを持ち続けることは難しいと思います」

 昔、世界の王貞治さんが現役を引退した時、打率こそ低くなりましたけど、ホームランは30本! まだまだ現役続行でしょう。ところが、王さん曰く、「体力には自信あり。しかしモチベーションがついてこない」。

 「魂魄」という言葉があります。「魂」と「魄」とはぜんぜん違いまして、音読みではなく訓読み(やまとことば)では「魂=みたま」「魄=みかげ」と読みます。平たく言うと、「魂」とは精神エネルギーをコントロールする氣のこと。「魄」とは身体エネルギーを司る氣のこと。つまり、体力はあってもモチベーションが低いと「あいつ、やる気あんのか! この腑抜けめ!」と怒鳴られるわけですよ。

 腑抜けとは「魂」の抜け殻のことなんすよ。

 どんなことにも「やる氣」「元氣」「氣迫」がないとあかんですよね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「人類99%を支配する寡頭権力者たちの次なる工作 日本の未来はこう決まった! 後編」(ベンジャミン・フルフォード・板垣英憲著・1,960円・ヒカルランド)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

トランプだから勝てる投資!
[2018年04月24日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

マルチ人間わぐりたかしさんの最新刊です。
[2018年04月23日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

ここはどこ? 私はだれ? 明日のスケジュール、どなたか知りませんか? 
[2018年04月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年4月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!