カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年05月16日 (水)

名古屋、大阪、出雲の原理原則研究会レポート

 ありがたいことに、われらがハタ坊(名古屋原原の鈴木メンバー)が先週の原原講義の「まくら」と「本講義」をFBにアップしてくれてまして。それを参考にレポしたいと思います。

 テーマは「人をつくる、人を活かす、人を動かす原理原則について語ろう」でした。

【まくら】
・米国のイラン核合意離脱の実態。
・ウラン濃縮のための遠心分離機は米国がいくらでもハッキングできる。
・経済制裁撤廃は国連が決めたもので米国は続けている。
・サウジとイスラエルはイランの核を潰して欲しいとトランプに依頼。
・イランのミサイルは北朝鮮が売っている。
・米朝会談とイラン核合意離脱は1セット。
・合意離脱後に北朝鮮は中国訪問→米国主導ではなく6か国協議に戻りたい。
・中国も利権に食い込みたいから一枚噛みたい。
・米国とロシアで北朝鮮利権を山分け。
・北朝鮮は資源豊富。ウランは世界の半分、金も豊富。金採掘の副産物コバルト(EV素材)も豊富。
・ダウ上昇理由。
・バフェットがアップル株(ダウ構成率4.5%)を7500万株追加で買い占め。
・核合意破棄で防衛株ボーイング(ダウ構成率9.5%)、ユナイテッド・テクノロジーズ(ダウ構成率3.6%)が上昇。
・トランプとアップルのバーター取引。
・アメリカに資金還流(レパトリ減税)。中国スマホを米軍は締め出し。
・トランプ政策→財務省が債券発行→LIBOR急騰→FFレートをさらに上げる→利上げは4回になる。
・為替のステージが変わる。円高株高。早ければ6月から。遅くとも9月。金利のプロも9月から転換予想。
・日本は内需国家(輸出依存度は11〜14%)
・韓国は輸出依存国→ウォン高になると経済が止まる
・武田薬品、ブロンコビリー、すかいらーくの株価研究。
・インカムゲインとキャピタルゲイン。
・・・などなど。



【本講義】人をつくる、人を活かす、人を動かす原理原則について語ろう!
・「ローマの休日」とフランケンシュタイン」の共通テーマ
・自分の思うように人をつくる。
・人は自分が思ったような人にしかなれない。
・リーダーに必須の表現能力。
・リーダーのための心理学。
・個性は他人が見つけてくれるもの。
・leaderとmanagerの違い ノーマン・シュワルツコフ
・事例研究1オリエンタルランドのモチベーション経営
・事例研究2キリンビールの営業術
・やる気、感動、好きなことは教えられない。
・刺激を継続的、計画的、積極的に与え続ける。
・努力→遊び。夢中で遊んでいるから止められない、創意工夫できる。
・努力しても失敗する。
・努力は「掛け捨て保険」。
・能力×やる気=成果 
・能力満点×やる気零点→宝の持ち腐れ→スピンアウトの勧め
・能力零点×やる気満点→大器晩成→優秀なleaderやmanager候補。
・最強のモチベーションとは?
1好きで好きでたまらない(自己満足)
2仕事とともに成長している実感(自己成長)
3認められている(自己存在感→仲間意識)
4お役に立っている(自己重視、社会性)
・居場所をつくる=勤め人でも一国一城の主感覚
・使命感は経営者がもて。部下や従業員に強要するな。
・部下は好きで好きでたまらないが重要。
・売上高(ご奉仕高)、利益(付加価値高)、赤字(殺生高)
・事例研究3 村山聖(棋士)
・遊び(仕事)とは→人生棒に振っても後悔しないもの、だから瞬間瞬間目いっぱい遊ぶ。
・あるキャリアウーマンの死(『立派な死』・正木晃著)
・事例研究4 スティーブ・ジョブズ名言集
・自信とはなにか? 自分への信仰のこと。
・リーダーの仕事とは?
1目標を設定させる
2天才、才能を評価する
3邪魔をしない(教えすぎない)
4達成感、成功体験を味わわせる
5気づかせる
6刺激を与える
7自己実現をサポートする
8とことん待つ(時間がかかる)
・事例研究5 松下幸之助
・リーダーとは方向指示器付きお茶くみ業。
・事例研究6 松本晃さんの経営(前カルビー会長)
 ・経営者とは・圧倒的な実績・理論・人徳
・リー・クァンユー「国家経営ができる人材に必須の要件」
1分析力(自他のトレンド、マーケットなど)
2想像力(グランドデザイン=「この国のかたち」をイメージ)
3現実感覚(現実をみる、足元をみる)
4俯瞰能力(ゴールからバックキャスティング)
・・・などなど。

 2時間半、短いね。あと3時間は欲しいところ。ま、いつか続きはどこかでお話しします。
 ハタ坊さん、すっかり忘れてたことばかりなんで、メモとっても助かりました。あんがと!


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「無名仮名人名簿」(向田邦子著・702円・文藝春秋)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

米朝首脳会談は衆院解散のあとにやるんちゃう。。。
[2018年05月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。
[2018年05月26日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

人はその人に似合いの死に方をする。。。
[2018年05月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年5月  

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!