カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年05月22日 (火)

電力会社に注目。。。

 「世界中の要人でいちばん外交(「交際」ではなく「交渉」という本来の意味)が巧いのはだれ?」
 「金日成。それから金正日」
 当時、国連NY本部に勤務してた友人への質問。いまなら金正恩というかもしれませんね。

 機を見るに敏というか抜け目ないというか狡猾というか、口先だけで凌いできた連中ですから命懸けです。
 若親分ではなくチンピラの口からですけど、「南北閣僚級会談ドタキャン」に続いて「米朝首脳会談中止」まで囁く始末。

 それにしても、北はアメリカをよく研究しています。このくらいの諜報活動をわが国政府にも期待したいところです。

 イスラエルとサウジのためにイランとの戦争を覚悟しているトランプにとって、中東と北朝鮮の二正面作戦は避けたいところ。はっきりいえば、極東よりも中東のほうがはるかに重要です。だから、とりあえず北朝鮮とは和解しておきたい。
 金正恩はリビアのカダフィの二の舞だけは避けたい。リビア方式だけは受け容れられないと駄々をこね、中国に保険をかけています。

 核査察にも応じているイランが核開発などできるはずがない、とヨーロッパは核合意離脱を決めたトランプと距離を置いていますが、イランとのビジネスよりもアメリカとのそれを優先するのは当然。せっかくイランとのビジネスが動き始めたヨーロッパにとっては痛し痒し。

 トランプは、FRBに対して急激な利上げをセーブするように指示しているのではないか、と思います。





 5月16日に10年物債券が3.09%まで上昇。結果、上げ続けていたダウは191ドルの下落。調整となりました。先週末には長期金利が下がり、ダウは上昇となっています。
 米朝首脳会談と当てた6月12、13日のFOMCは「利上げ」発表があるでしょう。しかし、年内あと2回。トータル4回の利上げとなるかどうかは、インフレ率云々(落ち着きつつあります)というより、やはり、LIBORの上げ次第となるのではないか、と私は考えています。



 アメリカの米国債発行残高は増え続けています。もちろん、1.5兆ドルずつの減税、インフラ投資をするからにはそれだけの負債を膨らませるしかありません。連邦負債残高は2030年には37.8兆ドルまで増える、というのが当局の予測です。
 金利圧力が強くなれば、当然、個人には住宅金利、法人には投融資金利が上昇します。なんのための減税か、となってしまいますから、長期金利をトランプは上げたくないのが本音。トランプの腹づもりを「忖度」したFRBの議長、副議長、理事たちが一斉に利上げトーンを落とし始めています。日本以上の「忖度社会」ですが、「忖度」とは、そもそも権力者に対する役人の「おもてなし」のことですから、昇進意欲の強い人間には本能的に備わっている素質なのです。



 金価格については、トランプリスクで上昇しなければならないのに、現実には1250ドルから1350ドルのボックス相場。金利が上がれば1200ドルもありえる、という噂も出てくるほど下げ基調で、1300ドルをあっという間に切ってしまいました。原因は、米朝首脳会談の成功予測ではなく、中国が手持ちの金をそっと売っているから、というのが私の予測です。

マーケットにおける地政学的影響度は、北朝鮮よりも圧倒的にイラン問題です。金価格は上がらねばならないにもかかわらず下げ続け、原油価格だけが上がり続けるとはどういうことか? バレル80ドル超ではまさに対極です。



金価格と原油価格はほぼ順相関でしたが、プラザ合意以降のドル高是正を過ぎると、「強いドルが国益」と方針転換したのがクリントン政権の財務長官ロバート・ルービンでした。原油価格も金価格も抑圧された時期です。ブッシュ・ジュニア時代からはじまった湾岸戦争(第二次)からリーマンショックまで一方的に上げ続けます。

 リーマンショックを境に金価格と原油価格が乖離するようになりますが、トランプ政権になると、サウジアラムコの上場、中東の戦争危機、なによりサウジをはじめとした産油国の談合(OPECとロシアの協調減産と急激な在庫の落ち込み)、シェールオイルの生産調整、なによりマーケットが日銀のテーパリング転換可能性を捨てきれないでいますから為替はしばらくドル安が続いていましたからね。原油価格の上昇圧力になりました。



では、金価格はこれからどう動くのか?

 長期金利は上げ基調。中国が金を売ってまでドルを猛烈に欲しがっています。となれば、ドル安からドル高への転換。そもそも、去年の10月からFRBはテーパリング。日銀は相変わらず長期金利にはふたをしています。日米金利差が広がる一方ですからドル高円安になるのが理屈。ようやく理屈通りになりつつありますが、「イベント」1つであっという間に円高に逆戻り。つまり、金価格上昇となります。

 「米朝首脳会談は破談する」という予測を前回お話しました。金正恩が決めるのではなく、これはトランプが決めるのです。金正恩は破談に追い込まれる、という立場です。
 トランプは、半島から核と長距離弾道弾を廃絶するつもりでいます。完全に従うなら黄金のキャデラック。従わないなら消えていなくなります。「会談キャンセルもありうる」というのは国内向けのパフォーマンスにすぎません。金正恩に選択肢はありません。

 さてさて、原則は金現物をベースにしておいて、遊休資産で乱高下する株式投資で儲ける、です。
 私は今年は為替で大きく左右される輸出株より内需株(為替鈍感株)を勧めています。この7月から「ぴよこちゃん倶楽部(第5期)」をあらたにスタートさせますが、内需株銘柄のオンパレードになるかもしれませんね。

 早ければ米朝首脳会談直後、遅くとも9月あたりから為替が大きく変化します。それまでは鈍感株でいく。これが基本です。



 中でも、「95シリーズの電力株」が注目です。戻り相場を牽引した銘柄も少なくありません。



 先週の「銘柄研究会」でチラッとお話しましたけど、とくに福島原発でミソを付けた東電の潜在的実力がようやく注目されてきました。

 元もと、スペアの電源が津波に呑み込まれたのが炉心溶融を引き起こしました。地震には耐えられる設計なんですよ、日本の原発は。 
 岩を削って海までの高さを大幅に削ったのが失敗の元。欠陥商品をアメリカから売りつけられ、しかも事故が起きても設計部分はブラックボックス。使い物にならない原発を東芝等の技術屋がなんとか改善してここまで育ててきたのです。

 原発を廃棄させ、小型原発まで日本から取り上げることがアメリカのエネルギー戦略です。あのジジイ首相2人はその手先です。

 この先、EVが主流になるでしょう。そのとき、電源はどうするのでしょうか。夜間電力が安いのはいまだけです。だれもがEVを使うようになれば、夜間電力価格は昼間と変わらなくなるでしょう。
 重要なことは、EV時代は電力消費激増が予想されることです。使えば使うほど安くなるのではなく、「原発を減らす」と政府が計画書で発表したのですから、エネルギー源は確実に減ります。10万キロワット程度の超小型原子炉(東芝製)が華々しくデビューできればいいですが、福島原発大事故のおかげで日本人は原発を信頼していません。まさにアメリカの戦略にしてやられた、というわけです。





 電力会社の株価をチェックしますと、ボリンジャーバンドでみると、いまのところ、偏差値70の優等生といえます。上がりすぎた中部電力がいったん調整かしらん、と見られますが、電事連の中でも商売上手と決断、動きの早さでは定評がありますから要注目でしょう。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「 人は死ぬとき何を後悔するのか  2500人を看取った医師が知る『間際の心』」(小野寺時夫著・823円・宝島社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

東京原原の打ち上げは「隠れ里 車屋」に決まりました。。。
[2018年06月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

京都人が選ぶお中元の定番「小松こんぶ」。。。
[2018年06月18日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

7月開講!第5期メンバーを熱烈募集します!
[2018年06月17日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年5月  >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!