カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年06月15日 (金)

表の共同声明より裏の約束!

 米朝首脳会談が終わりました。たった1日で。

 結論から言えば、トランプにも金正恩にもメリットがあるように協力しあうこと、が確認できたミーティングだったと思います。

 「米朝首脳会談は破談する!」と予告した通り、5月24日にいったん破談。しかし、その直後に金正恩がトランプに詫びを入れ再開することとなりました。トランプが破談すると怒ったこと、金正恩が詫びを入れて再開することになったこと。いずれもプログラム通りです。

 トランプ自身はいつものように自画自賛に徹していますが、周囲の意見は真逆です。
 「米朝首脳会談はなにも決まらなかった」(日本の多くのメディア)。
 「歴史的に米朝が『初の会談』という以外ないもない」(NYタイムズ)
 「希望を抱かせたが保証がない」(ワシントンポスト)

 安倍首相はといえば、いつもの通り、「成果があった、トランプ大統領を支持する」のひと言。米朝首脳会談中止時も「トランプ大統領の決断を支持する」、首脳会談再開となった時も「トランプ大統領を支持する」と述べてましたからこの回答は予測できました。



 世界中のメディアが「完全な、検証可能な、不可逆的な非核化」という文言がないことに落胆し、「交渉は失敗だ、金正恩の勝ちだ」と報道していますが、トランプは完全非核化まで制裁を続けると述べているのですから、トランプのペースで進んでいると考えていいと思います。

 トランプは騙せません。なぜなら、安倍首相のしつこい説得で、これまで北朝鮮が一度たりとも約束を守ったことなく、嘘をつき続けてきたことを理解しているからです。

 94年、核開発凍結を確約。その見返りに5400億円もの軽水炉をはじめとして、食糧、年間50万トンの重油を支援したにもかかわらず、核開発を継続。嘘をついていたのです。
 05年、6ヵ国共同宣言で核放棄を約束しました。これも嘘でした。

 北朝鮮は嘘八百の国なのです。死に物狂いで嘘をついているのではなく、「知らない」「聞いたことない」「そんなこと言ってない」が彼らの常套句です。

 金正恩の優先順位筆頭は「国体護持」です。体制保証です。そのための核武装です。
 核を離したらリビアのカダフィになると自覚しています。03年、カダフィは核開発を放棄しました。見返りに制裁を解除してもらいました。ところが、そりから8年後(2011年)、反体制派に惨殺されてしまいました。もちろん、反体制派の背後にいたのはアメリカです。カダフィの失敗はアメリカを信じたことです。
 金正恩はアメリカを信じたら殺される、と信じています。アメリカに近づく金正恩を中国も懸念しています。

 そこで、「トランプとなにも決めてはならない」「トランプとなにも約束してはならない」と、習近平が金正恩に釘を刺した通り、金正恩は行動したのです。

 直前に、わざわざ安倍首相がトランプに念押しをした「拉致問題」については、「日朝で協議しろ。門前払いするな!」と金正恩に伝えたに過ぎませんし、それが当たり前です。日本のことは日本が解決しなければならない。ただし、トランプのおかげで金正恩は交渉のテーブルにつくしかありません。

 トランプの頭の中にあるのはあくまでも11月の「中間選挙」です。今回の米朝首脳会談の目的は中間選挙対策です。具体的に決めようとすれば物別れに終わってしまうから、なにも決めなかったのです。中間選挙直前、金正恩にはワシントンに来てもらってトランプを持ち上げてもらわなければならないし、ノーベル平和賞を受賞して有権者の覚えを良くしたいのです。



巷間、共同声明として発表されていることとは違い、「裏の約束」があるはずです。なにごとも表よりも裏が重要なのです。

 西側を巻き込んだ「サンフランシスコ講和条約」より日米間だけで結ばれた「日米安全保障条約」。日米安保よりも「裏の約束」。米軍支配、核の持ち込み等々、歴代内閣は「条約」よりも「裏の約束」に縛られているのはご存じの通り。

 もちろん、今回もアメリカは金正恩に「裏の約束」呑み込ませたと思います。すなわち、会談1回目で核放棄を約束すること、でなければ戦争も辞さないこと。

 わが家は横浜ですが、近くには米軍がありますし、米軍幹部のハウスもあります。米朝首脳会談当日は朝からヘリコプターがたくさん飛び交うだけでなく、戦艦から病院船まで米軍は動員していたのです。
 金正恩にしてみれば、トランプには交渉は通じない。いきなり最後通牒=戦争となる、と悟りました。同時にトランプはアメを与えました。すなわち、「経済支援」「在韓米軍撤退」です。そして、「朝鮮戦争の終結」です。


14センチのシークレットシューズで臨んだ会談。笑えるわー。

 わが国と北朝鮮との間には経済支援云々という商売の話題とは別次元で「拉致問題」があります。
 金正恩がすでに「解決済み」と主張する真意は、蒸し返すには「手数料が必要だ!」ということです。

 日本という世界一の金持ち相手に、いくら先代の金正日が指示した国家的犯罪だとしても、戦争能力はあれども、戦争できない日本は完全に足下を見られていますし、金持ちらしく「金」で解決するしかありません。

 1960年の日韓基本条約で北朝鮮分まで賠償金は支払い済みですが、南北朝鮮を相手に交渉をいくら続けても、慰安婦問題と同じで何世紀経とうと何度も蒸し返されて解決できるはずがありません。
 古今の歴史をさかのぼっても、半島を黙らせるには「力」か「金」しかありません。(軍事)力を持ち出せなければ、(金の)力で押すしかないのです。後日、中国よりも高品質の資源を確保するか、世界一安い労働力を活用するなど、北朝鮮ビジネスで回収すればいいのです。



 さて、「米朝首脳会談中止」という「やらせ」も含めて、トランプと金正恩が協力した動機はなにか? それはお互いの共通の敵を欺くため。では、共通の敵とはだれか?
 それは軍産複合体であり国際金融資本です。すなわち、大統領選挙選時から、大統領当選、大統領就任、さらには最近のロシアゲート問題にいたるまで、トランプを邪魔してきた勢力です。
 米朝首脳会談が不首尾に終われば、北朝鮮と、韓国そして日本は相変わらず敵対関係にあり、在韓米軍も在日米軍も撤退せずに居座り続けられます。かつて、「シリアから米軍撤退」とトランプが発表するや、シリアは化学兵器を使用したとして、米軍は攻撃を始めました。アフガン撤退を発表したときも同じです。理由をつけてアフガン軍を攻撃し、4000名の米兵増員までトランプは認めざるをえなかったのです。

 私は首脳会談中にも軍産複合体は北朝鮮でなにか仕掛けるかと思っていました。たとえば、「クーデター」です。トランプに脅かされて、金正恩はあまりにも性急に軍部から党へと権力移行を早めました。軍部のメンツは丸つぶれです。金正恩がわざわざ大連を訪れたり理由は、のんがいちのクーデター阻止を中国(北部戦区)に依頼するためです。

 だれがクーデターを演出するのか? それは北朝鮮ではありません。軍産複合体であり、国際金融資本です。
 中東も極東もいつ火がつくかわからない「火薬庫」である限り、彼らは双方に武器を売って儲かります。しかし、半島が統一されたり、南北朝鮮が和解などしたら、武器商人は商売あがったりです。

 国際政治を動かしているのは「マネー」なのです。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「名セリフ! 後編」(鴻上尚史著・842円・文芸春秋)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

東京原原の打ち上げは「隠れ里 車屋」に決まりました。。。
[2018年06月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

京都人が選ぶお中元の定番「小松こんぶ」。。。
[2018年06月18日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

7月開講!第5期メンバーを熱烈募集します!
[2018年06月17日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年6月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!