カテゴリー:笑うリーマン塾

2004年09月27日 (月)

「プロ野球問題」について考えよう



















































































































































プロ野球の歴史はじまって以来のストがありましたね。これからもストがあるんでしょうか。

渡辺オーナーは辞任しちゃうし、古田敦也選手会代表は泣いちゃうし、来年は一応、2リーグ制の継続だとか、これで一件落着?

一件落着じゃなくて、これから一波乱、二波乱あると思うよ。でも、それでいいの。

どうしてですか? 波瀾万丈じゃ、選手は不安じゃないですか?

私が総合プロデューサーなら喜ぶな。だって、この一連の騒動のおかげでプロ野球の話題が尽きないでしょ。スト中止になった翌日の「横浜−阪神戦」は超満員。翌日も8割は入ってた。私、見に行ってたからね。つまり、「ストがあるかないか」で大騒ぎになったことがいい宣伝効果になったわけ。吉野家の牛丼販売中止カウントダウンの時と構図は同じ。

どういう意味ですか? 牛が食べられたくないって、ストやったんですか?

そういう「笑点レベル」のジョークはやめなさい!

「現品限りで販売中止!」とマスコミが騒ぎ出した瞬間から、売上が急激に上がったのよ。露出度が増えれば、いくらでもブームは作れるってわけ。「あっ、野球か? そういえば、最近、行ってないな」と目ざめた客が多かった。休火山が活火山になった。いわゆる、「プロ野球の浅間山現象」ってこと。

じゃ、そのうち噴火するんだ。

噴火するかどうかわからないけど。選手会とオーナー側の対立点は単純でしょ。ファンがどうのこうのと、双方ともに大義名分はあるけど、選手会は「雇用確保」。オーナー側は「経営改善」。これしかない。縮小均衡で業界が伸びるわけがない。銀行がどんどん合併した理由は、不良債権が多すぎて単独では経営ができないから。それと、海外の巨大銀行と戦っていくには中途半端に数が多すぎた。メジャーと戦うつもりなら、オールスター軍団を一つ作っちゃえばいい。選手側の話では、雇用確保っていったって、プロ野球なんだからね。二流選手が一軍に上がっちゃいけないよ。いずれにしても、日本球界はもうダメかもね。

どうしてですか?

ひと言で言えば、スター不在。選手自体、日本球界よりもメジャー志向。一流になればなるほど、メジャーを目指す。ということは、いま、日本にいる選手は一流半から二流ってことか。観客も薄々感じてるから見ない、行かない、(新聞も)読まない。結果として球場はがらがら。いま、横浜スタジアムなら、巨人戦でも試合開始寸前に行っても、チケット、簡単に買えるもの。野球チームが儲ける源泉はこの事業収入でしょ。じり貧になるよ、これじゃ。

構造的にじり貧なんだ。

オーナーはじり貧を怖れて合併を目論んだわけだけど、一挙にドカ貧。基本的に選手層が薄いという少子化も影響してます、年金問題と抱えてる構造は同じです。プロ野球というシステム全体が話題性、革新性を持たなければ愛想を尽かされちゃう。「古い体質」的なものをすべて払拭しないといけません。

全体的にレベルダウンしちゃうかもしれないけど、新チームなんか、どんどん認めちゃえばいいんだよ。で、どうすればいいの?


「冬ソナ現象」を応用しましょう。いまの韓国語ブームは、韓国語学校の経営努力でも、韓国大使館の努力でもありません。ひとえに「冬ソナ」のおかげです。テニス流行のかげに「エースを狙え」、野球ブームのかげに「巨人の星」

ということは、もう一度、「巨人の星」を復刊しろってことですか?
そういうこと。けど、二番煎じはダメだから、今度は「阪神の星」。花形満が主役で、彼の自動車会社が倒産してどん底からはい上がってくる・・・ってどう?

真面目に聞いて損しました。そういういい加減なこと考える暇があるなら、ちゃんと更新してくださいね!

















































ストライキ 選手会は1985年に、東京地方労働委員会から労働組合として承認されている。労働組合法は労働者を、「職業の種類を問わず、賃金、給料に準ずる収入で生活する者」と定義している。2球団統合は、雇用機会、労働条件に影響するため、団体交渉事項であることは間違いない。
吉野家 アメリカの狂牛病を原因とした輸入禁止は、牛丼をメインとする同社の経営を直撃。松屋、神戸らんぷ亭などが牛丼を販売するのに対して、同社は「牛鉄鍋膳」を開発。吉野家ファンとしては健闘を祈るばかり。他社には行かないで、いつまでも待ってますからね。
笑点 日本テレビを代表する番組。1966年放送開始。元々は立川談志師匠が企画したが、喧嘩別れで、前田武彦、三波伸介、そして円楽師匠などが司会を歴任。一貫して登場しているのは桂歌丸師匠だけ。
浅間山 日本でも有数な活火山。天明3年(1783年)の大噴火で、現、群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原(かんばら)地区を村落、住民ともども火砕流によって埋没させた。浅間山麓は島崎藤村、堀辰雄など、小説家、芸術家が集まる地域で、とくに軽井沢では詩的集団、建築家、画家、彫刻家がたくさんの文化と作品を残している。美術館、文学館、歴史的建築物が多くある。
巨人の星 「少年マガジン」に連載された梶原一騎原作の大ヒット作品。主人公星飛遊馬の目がいつも炎で燃えているのが印象的。ライバルに名門自動車メーカーの御曹司花形満、トラックメーカーの伴宙太、熊本出身の左門豊作など、多数。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t343

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。
[2017年11月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす!
[2017年11月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

京都国立博物館「国宝展」に滑り込んできました。。。
[2017年11月17日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2004年9月  >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!