カテゴリー:笑うリーマン塾

2004年08月16日 (月)

「オリンピック」について考えよう



















































































































































いよいよ始まりましたね。もう寝れませんねぇ。

渡辺オーナーの辞任だろ? 2リーグ制だとか、1リーグ制だとか。話が面倒になってくると、あの人、辞めちゃうの。

そうじゃないって、オリンピック! スポーツの祭典ですよ。クーベルタン男爵だよ。

そうそう、それです、それ! けど、これだけ盛り上がらないオリンピックも珍しいね。

「史上最大のテロ五輪」とか言われちゃって。オリンピックよりも、日本じゃ、ヨン様の追っかけでテレビは忙しい。

まっ、はじまれば報道合戦が続くから、燃え上がってきますよ。それが証拠に野村忠宏選手の金メダル獲得の瞬間は視聴率が跳ね上がった。なんといっても、アテネは近代オリンピック発祥の地でもあるんだからね。

アテネってのは、オリンピックと地中海でもってる国ですよね。

そんなことないよ。まっ、ミコノス島、クレタ、ロドス島など、エーゲ海、地中海には神話と伝説に溢れた魅力的で、風光明媚な島々が多いね。ギリシャではオリーブがイタリアに次いでよく取れる農業国家ですし、ソクラテス、プラトンといった哲学者の国でもある。で、オリンピックの第1回アテネ大会は13カ国295人。8競技42種目しかなかった。

えっ、そんなに少ないの?

うん、陸上、水泳、体操、レスリング、フェンシング、射撃、自転車、テニス。しかも、中身がずいぶん違う。水泳はプールじゃなくて海。たとえば、100メートル潜水という種目もあった。体操競技の中に重量挙げがあったりね。

それが・・・。

それが今年のアテネ大会では28競技301種目。参加選手は201カ国から1万5千人。

出足好調ですね、今回は。

そうだね、前回の柔道は悲惨な成績だったものね。で、今回は男女とも金メダルのラッシュ。野村忠宏選手谷亮子選手の金メダルが勢いづけたね。

やわらちゃんねぇ。いったい、どこがやわらちゃんなんですか? いつも不思議だけど。

それを言っちゃおしまいよ。

競泳の北島康介選手も見事に雪辱を晴らして金メダル。しかも、平泳ぎでは32年ぶりの快挙。

サッカーは負けちゃったけど、野球にソフト、バレーも期待して応援しましょうよ。

メーカーは地力がありますものね。

















































古代オリンピック 紀元前9世紀頃、ギリシアを中心にしたヘレニズム文化圏の宗教行事として始まった。全能の神ゼウスをはじめ多くの神々を崇めるための、神域における体育や芸術の競技祭。4年に1度開かれる理由で、最有力の説は古代ギリシア人が太陰歴を使っていたからというもの。
クーベルタン男爵 近代オリンピックの父ピエール・ド・クーベルタン。フランスの貴族。イギリスのパブリックスクールのスポーツ教育に感銘を受け、フランスで根付かせたいと考えた。各国の状況を視察し、国別の対抗戦形式にするのがベストと判断。1892年、「ルネサンス・オリンピック」と呼ばれる演説を行う。反応がないものの、くじけることなく運動を続け、ついに1894年の国際会議でオリンピック復活が決定された。第1回大会は1896年に古代オリンピック競技会発祥の地アテネで開催。
ギリシャ 国土面積は131,990km2で日本の約3分の1。本土は約80%、残りはイオニア海やエーゲ海に浮かぶ島々の面積。人口は約1,094万人、首都圏は約340万人。首都アテネ、言語はギリシャ語、宗教はギリシャ正教。
野村忠宏選手 柔道男子60キロ級決勝で3連覇の金メダルというとんでもない偉業達成。ミキハウス社員。
谷亮子選手 通称、やわらちゃん。アテネ五輪女子柔道48キロ級で、シドニー五輪に続く2大会連続金メダルの偉業を達成。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t344

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

東京原原。6月は特別ゲスト講義です。。。
[2017年05月23日]
[中島孝志の原理原則研究会]

19日開催の博多原原レポです。。。
[2017年05月22日]
[中島孝志の原理原則研究会]

想像力、連想力、妄想力こそインテリジェンスの源泉です。。。
[2017年05月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2004年8月  >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

電子書籍とPODがアマゾンKindle1位となり、このたび大幅加筆して単行本となりました。さて、180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがきです。戦争=金王朝崩壊の北朝鮮を挑発するのはトランプなんです。なにもできない中国はトランプにいびられ続けるでしょう。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!