カテゴリー:中島孝志の日曜読書倶楽部

2013年07月22日 (月)

読書会レポート。。。

 昨日は参院選。皆さん、予想通り、民主惨敗でございました。
 自公圧勝? 共産躍進? どこが? 投票率があまりにも低かったんで浮いてきたってことだけでしょ。

 今回の選挙の結論は・・・「野党消滅」つうことよ。

 東京複数区で候補者を一本化して失敗。で、細野幹事長が責任をとる、海江田代表が責任をとる、とかゆうてはりますけど、そういう問題ではありませんな。マーケティング的には1人に絞って正解。ただ、この逆風下、あのタマでは勝てません。1人区にしたって、ふつう、1人くらいは当選すんでしょ。それが当選・・・なしよ(鈞ちゃん風に)。
 東京選挙区で無所属にならはった候補者はかわいそうでしたな。わざわざカンチョクトはんが応援演説にきたとか。逆効果でしたな。

 繰り返しますが、執行部は責任なんぞとる必要はありません。

 そうそう、先の参院選でボロ負けした民主党で、執行部のどなたか責任とらはりました? 代表してたカンチョクトはん、幹事長してた耳地蔵はん。この2人、そのまんま居座ってたんとちゃうかなあ? しかも、このおバカコンビがいたがために東日本大震災と原発事故で取り返しのつかない「人災」を引き起こしたわけっしょ。
 すべての責任は、ええかっこしいで解散した前代表のドジョウはん。カンチョクトはん。そして耳地蔵はんにあるんとちゃうかない。

 民主党はすっかり減った両院議員総会を開いて、この3人を即刻除名したらええのんとちゃう。「解党的出直し」をするつもりなら最低でもそうせんとね。民主党は少数野党になることを怖れてはいけませんな。かえって、このほうが未来はあると思います。

 それにしても、健全野党が不在のいま、日本は大変なことになりまっせ。しかしそれは今後、国民が身をもって味わうことになります。民主主義というのはそういうことです。

 先の戦争でも、売文業の新聞屋が垂れ流す大本営発表など、国民は信じていませんでしたよ。こりゃ負けとるな、と直感で気づいていました。けど、景気のいい話を求めていたんですよ。軍部も政治屋も新聞屋は国民の期待通りに動いたにに過ぎません。民主主義でしたからね、日本は。

 さて、昨日は「中島孝志の日曜読書倶楽部」がありました。テーマは「宮本常一を読む」。おもな内容は以下の通り。。。

1宮本常一のまなざし
2周防山口を中心としたる海の生活誌
3二人の師との出会い
4フィールドワーク
5後ろめたい話は外の人間には漏らさない
6なぜ人は彼には語ってしまうのか?
7無学な父の教え
8なぜか渋沢敬三と共通する教訓
9先を急ぐ必要はない
10見逃していることは多い
11渋沢敬三の教え
12「年寄りたち」連載開始
13部落、芸能、女性史
14村崎太郎「橋はかかる」
15司馬遼太郎の激励
16『なつかしい話』を読む
17『忘れられた日本人』を読む
18『日本人を考える』を読む
19『日本文化の形成』を読む
20『庶民の発見』を読む
21日本の神様は宗教ではない
22逢魔が刻
23好奇心と情報
24子殺しと賽の河原
25民俗学の巨人



 彼が民俗学者として大成したのはそのパーソナリティにあったような気がします。だれが調査しても明かさない。地域の秘密などはよそ者には教えませんよ。けど、この人は「仲間」と思わせるなにかがありました。
 それは人を区別しない、差別しない、上下関係にしない、フラットな人間つきあいをするキャラクターにもありました。人が住む400島のうち300を旅し、1200軒もの家に上がり込んで年寄りの話を聞き、古文書を拝見するなど、人懐こい性格でなければとてもとてもフィールドワークはできません。

 未開部族を旅する人類学者も同じですね。「仲間」と思わせる何かがなければ仕事にはなりません。人間通でないとね。

 さて「中島孝志の 聴く!通勤快読」でご紹介する本は『城南信用金庫の「脱原発」宣言』(吉原毅著・クレヨンハウス)です。詳細はこちらからどうぞ。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t3459

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

大阪原原(第6期)新入生を熱烈募集いたします。。。
[2017年02月26日]
[中島孝志の原理原則研究会]

今日は全国的に梅花祭です。。。
[2017年02月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

トランプの心変わり。。。
[2017年02月24日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2013年7月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!