カテゴリー:価値ある情報

2004年03月01日 (月)

麻原裁判の枝葉末節

ヨーイドンの報道合戦

 オウム事件の張本人。麻原に死刑判決が下されました。

 まっ、当然でしょう。

 アメリカなら、死刑十回、終身刑二十回、懲役二千年というような判決が出たかもしれません。

 日本の場合、死刑は一回しかできませんものね。

 さて、今回、そんな決まり切った判決よりも、わたしが注目していたのは報道各社がどう伝えるのだろうかという一点にありました。

 こういう全局一斉にヨーイドンという番組はそうありません。当然、各社ともそれぞれライバル社の動き内容をチェックしているはずです。

 各社が鎬(しのぎ)を削って番組作りをする。いったい、どう伝えるのか、関心があったのです。

 たとえば、飄々と書いたメモを読み上げる局、キャスターや記者がスラスラ覚えた科白で伝える局、あるいは、「とっちらかって何言ってるかわかんない」という局・・・いろいろあるのではないか、と思っていたのです。




もっと説明力を鍛えよう!

 やっぱり、NHKですな。あとは日テレか。テレビ東京はまったく関係ない番組を放送してたし・・・。

 それにしても、フジとTBS、テレ朝はどうしたんでしょうかねぇ。キャスタークラスの報道記者は説明力、伝達力があるのに、現場はまったくダメですね。

 某局では、判決直前に裁判長の様子、麻原の様子を横から飛び込んできた記者に語らせ、続いて、間髪を入れずにどんどん記者を横っ飛びさせて語らせる。まるで、駅伝型放送スタイルでしたが、見事に空回り。

 「死刑、死刑です、死刑です、死刑!」

 「裁判長は閉廷です! 閉廷、閉廷、閉廷を宣言しましたぁ!」

 百メートル競走をした後みたいに呼吸が乱れて聞きづらい。緊迫感だけは演出できていたけど、そんなに一秒を争うような報道なのでしょうか。視聴者はじっくりどんな裁判だったのかを知りたかったのではないでしょうか。

 スタジオにいる報道デスクについても、質問しても、理路整然と話せない。いったい、どんな教育してるんでしょうかね。『巧みな説明ができる人できない人』『伝える技術わからせる技術』(ともに三笠書房)を読んで勉強したほうがいいぞ、と言いたくなりました(たいして役に立たないけど)。

 記者はインタビュー、ヒアリングするだけが仕事ではありません。事実、真実を第三者、とくに視聴者にきちんと伝える。これが大事なんですね。

 けど、それができていたのはNHKだけ。せいぜい日テレか。

 民放ではとかく女子アナばかりが批判の対象になってますけど、報道記者も同じようなものではないか、と感じたのはわたしだけではないでしょう。

 横町のご隠居の愚痴みたいになってしまいましたが、ホントに困ったものです。



 ところで、オウム、アレフにかぶれてる人って、要は「酔っぱらい」でしょ。何に酔っぱらうか、人生はそれで決まります。自分の頭で考えることの放棄。楽そうだけど、わたしゃ嫌だね、そんな「引きこもり」。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t365

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

最悪の危機こそ政権浮上のチャンス!
[2017年08月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

バノン辞任(失脚)でトランプ政権は強くなる!
[2017年08月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

来週末は「ぴよこちゃん倶楽部」ですよーー!
[2017年08月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2004年3月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!