カテゴリー:中島孝志のテレビっ子バンザイ!

2016年05月11日 (水)

「ファーゴ」

 ま、コーエン兄弟好きなんですよ。で、高熱を発していた1週間ずっと見てたのが「ファーゴ」。これ、バンコク帰りの機内から見てましたからね。

 コーエン兄弟の良さってのはクールなとこ。『ノーカントリー』もそうだったけどね。

 そこら辺歩いてる人。たとえば、子どもの頃いじめられてた営業マン。やっはうだつがあがんないの。のび太は年をとってものび太か・・・若いのび太、中年ののび太、爺ののび太。本質はかわんない。つまり、いじめられ体質なわけ。どんなに隠してもね。

 そんな男がかつてのいじめ男と遭遇。2人のバカ息子と歩いてた。で、いじめ男はのび太のことをバカ息子に教えるわけ。

 「おまえ、あの女と結婚したのか?」
 「ああ」
 「だれにでもさせる女」
 「そんなことない」
 「おれも世話になった」
 「そうか」
 「みな知ってる」

 バカ息子も大笑い。大笑いされても、のび太は文句一つ言わず、その場をやりすごそうとします。で、いじめ男はのび太を殴ろうと・・・しただけなんだけど、のび太は過剰反応して自分で壁に後頭部をぶつけちゃう。

 で、病院に・・・。



 「オレなら殺してるね」
 「・・・」
 「おまえは世の中にはルールがあると思いこんでる。そんなものはないのさ。好きなようにやりなよ」
 「・・・」
 「なんなら、オレが殺してやってもいいぜ」
 「・・・」
 「イエスかノーか」
 「・・・」

 実話をもとに生存者の了承が得られなかったので名前は変えてあるが、死者に敬意を表して事実に忠実に描いてある・・・と冒頭出てきますが、これはウソ。これは実話じゃないもの。

 で、それからしばらくして、そのいじめ男が殺されます。同じ頃、のび太は妻と口論。

 「あんたはなにやってもダメな男。やってる最中も私の顔すら直視できない男」
 
 このひと言に過剰反応。ハンマーで頭を殴った。一発で死にます。で、殺し屋に相談。

 知人の警官(署長)が訪ねてきた時、犯行がばれます。そこに殺し屋が忍び寄って警官を殺します。
 
 のび太タイプ、ジャイアンタイプ。のび太の優柔不断と保身がどんどん犯行を増やします。

 で、こののび太。妻を殺してから度胸がつきます。少し変わるわけ。で、業績を伸ばしてトップ営業マンになっちゃった。するとますます犯行を隠す。

 殺された署長は、次の署長はおまえだ、と女性警察官におおいに期待してました。

 「副署長がなるのでは?」
 「おんなバカにさらたらおしまいだ」

 このバカものび太タイプですよ。犯罪が大嫌い。町が平和であればいい。凶悪犯罪などなく、警官がバイトで雪かきに駆り出される瞬間を至福と心得ている男。つつがなく恙なく生きてきた男。で、この男ものび太。
 この男のためにどれだれ犯罪をスルーしてきたか。やる気のある優秀な警官が煮え湯を飲まされてきたか。最後の最後にようやく気づきます。

 「これが終わったら警察を辞めるよ」
 
 自分の力量がわかんない。とうにぬるま湯ではなくなった世界にずっとぬるま湯だと思いこんで生きてきた男。

 実は、こんなのび太がたくさん出てきます。自分を見ているようでかえっていらいらしてしまいましたよ。高熱のある時によ〜見てたなあ。

 殺し屋にビリー・ボブ・ソーントン。アンジェリーナ・ジョリーの最初の旦那だったかな。映画のスティーブ・ブシェミつう役者が好きでね。タンティーノにもよく出てるよね。全10作。あっという間。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「酒場詩人の流儀」(吉田類著・中央公論新社・842円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

希望の党? 難民政治家のための「絶望の党」じゃね?
[2017年09月26日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

亡くなった大切な友人=松藤民輔さんのこと。。。
[2017年09月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

政治・経済・ビジネス・歴史をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年09月24日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年5月  >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!