カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年09月25日 (日)

宝塚宙組「エリザベート 愛と死の輪舞」

 「戦争という殺し合いは他家に任せ、わがハプスブルグ家は結婚で領土をかちとるんだ」

 700年間、政略結婚で世界を征してきたのがオーストリア・ハンガリー帝国ですわな。

 第一次世界大戦を引き起こした「サラエボ事件」にしても、この帝国の次期皇位継承者フランツ・フェルディナンド夫妻の暗殺から始まったわけでね。

 暗殺はつき物なのよ、この帝国は。。。

 さて、このミュージカル。主役はエリザベートではありません。黄泉の帝王トートなの。だって宝塚なんだもん。

 時代はハプスブルク家末期。ま、大戦で消えちゃいますが。。。

 煉獄ではいまだに100年前の殺人事件で裁判やってます。被告はルキーニ。罪名は皇后エリザベート殺害。

 「望まれて殺ったんだ。エリザベートはトートと恋仲だった」

 証明のためにハプスブルク家の霊魂が呼び寄せられます。

 1853年、バイエルン王国のおてんば娘は綱渡りに失敗して意識不明。臨死体験で冥界に迷い込んだエリザベートにトートは一目惚れしてしまいます。

 「生命を返してやろう」

 以来、トートはエリザベートを追いかける「愛と死のロンド」。

 ところが、姉と結ばれるはずだった皇帝と結婚。エリザベートは皇后になってしまうわけ。つっても、宮廷は皇太后にすべて仕切られていて、子供たちもとられてしまう。

 子供の頃から「自由」を生き甲斐としてきただけに、息もできない窮屈な世界で精神的に追いつめられてしまうけど、トートに唆されても「死」に逃げることだけはしなかった。

 絶世の美貌に気づくと、彼女はそれを武器に世界を動かしていきますが、女の権力争いは熾烈ですな。美女には美女を・・・皇太后は美女を山ほど侍らして皇帝との仲を裂こうとします。

 権力争いに勝ち、子供を取り戻したものの、顧みる時間なんてありえず、結果、孤独に苛まれた皇太子は革命に荷担。事件は隠蔽されたものの王位継承権を失ってしまいピストル自殺。

 宮廷生活にすっかり関心を失ってしまったエリザベート。

 「死にたい」
 「まだ俺を愛していない」

 黒服をまとったエリザベートは彷徨い続けるなか、レマン湖で暴漢に襲われます。いったん振り切ったものの、トートの叫びを聞くや、自ら刃物に向かっていきます。

 エリザベートはトートの愛を信じて空に舞う、ラストは愛と死のロンド。やっぱりタカラヅカ。


92年ウィーン初演以来、各国で上演。96年、雪組(一路真輝さんのサヨナラ公演!)。

 宝塚では・・・星組(96年・男役トップ麻路さきさん)、宙組(98年・姿月あさとさん)、花組(02年・春野寿美礼さん)、月組(05年・彩輝直さん)、雪組(07年・水夏希さん)、月組(09年・瀬奈じゅんさん)、花組(14年・明日海りおさん)・・・ただいま、宙組(朝夏まなとさん)で再演中でございまして。。。

 これまた、さすがタカラヅカつう舞台ですわな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

バノン辞任(失脚)でトランプ政権は強くなる!
[2017年08月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

来週末は「ぴよこちゃん倶楽部」ですよーー!
[2017年08月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

じゅんいちダビッドソンさんのイベントです。。。
[2017年08月19日]
[中島孝志の演劇バンザイ!]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年9月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!