カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2016年10月23日 (日)

「太陽の蓋」は国民必見の映画です。。。

 「5年前、テレビにかじりついていた人たちは、いまどんな気持ちなんだろう・・」

 あれから5年ですか。早いもんです。この間、政界は素人民主党から玄人自民党へと政権再交代。で、原発再稼働、いや停止。裁判。選挙・・・。

 この映画、めちゃ民主党寄りに描かれてます。まさに民主党、民進党のプロパそのもの。けど、観るべきでしょう。いまだからこそ観るべきだと思います。

 当時の首相カンチョクトさんほか、実名で登場してます。そんななか、東京電力をどうして仮名にするのかね。わからんなあ。実名にしたら裁判沙汰になるからか。いまおな巨大な権力を持つ電事連から横やりが入るから?


官房副長官の福山哲郎さんが必要以上にかっこよく描かれてます。

 
 「海水注入を止めたのは私ではない!」とカンチョクトさんは言いたいんでしょうな。映画のなかでも手下がはっきりセリフを言ってましたから。で、みなに観てくれ観てくれ、と上映会まで展開しとるんでしょうな。

 それにしても、東電はよっほど信用してなかったんですな。カンチョクトさんのことを。すべての情報を独占して、最後の最後に官邸に届く有様。テレビで情報をはじめて知る有様。情けないねえ。

 官僚。官僚以上に官僚だった東電本店の人たち。専門家と称する素人たち。いくらなんでもこんなに酷くはないだろう、つう描き方。映画とはいえ、すべて他人事つう無責任体質より無能ぶりが際だってますな。

 対極的なのは福島1Fの現場。「命をかける覚悟で臨んで欲しい」と言われる前から、決死隊を組織して対処していたほど。いつの時代も現場の士気が高いのが日本企業の特徴で、これがなくなったら終わりです。

 「特攻隊」はいまもしかといるわけで。

 同時に、冷静に考える現実派も必要なわけでね。「官邸が民間に指示を出すのであれば、法的根拠はどこにあるのか?」と官房長官に詰め寄る補佐官も見識がありますわな。異常事態といえども、超法規的行動は最大限慎むべきでね。でなければ、のちのち禍根を残しますわな。

 「撤退!」は原発事故解決放棄を意味するわけですが、こんなメッセージを出したのは東電本店だけのようです。首相も危機監理官も「決死の覚悟」で臨む、と一致していたようで、映画ではそこの処が誤解されるかもしれません。

 ホントに民主党、民進党寄りの映画です。けど、素人政権が人類初の大事故に情報ゼロで当たらなければならなかったわけでね。たとえプロでもたいして変わらなかったかもしれません。当時のことを思えばね。 

 5年経ち、少しは情報武装もできていると思います。そういう意味で、いまこそ、必見の映画ではないか、と思います。

 収束宣言? まだなんにも終わっちゃいないわけで。首都圏はいまなお木っ端みじんになる可能性を秘めたままなわけで。ぜんぜん解決していないわけです。
 末期状態にあるにもかかわらず、小康状態を保っているんで、「健康じゃん!」と自他ともに思い込んでるにすぎないわけでね。

 知ってる人、知らない人、気づいているのに気づかてないふりをしてる人・・・いろいろです。ただ1つ明らかになったことは原発が無くたってエネルギー需要を100パー満たせる、つうことです。

 代替エネルギーの輸入、開発等でコストはかかるでしょうが、こうなると、よりすごい節電技術が開発されて輸入量は激減。円高で原油価格も下落。

 いますべきことは「段階的廃炉プログラム」の作成。以前、なにかの本に書きましたけど、原発は原発でも安全で操作しやすい「トリウム原発」へと転換すべきではないでしょうか。

 代替エネルギーについて、コスト感覚ゼロで導入したカンチョクトさんは大嫌い。けど、この映画は嫌いにならないでください!

 で、こういう映画を観た後は喫茶店でしばし思索。。。どこの茶店か? 映画観ると割引になるとこがあんの。明日ご紹介しましょ。コーヒー苦手だけどね。ここのが呑めないとなると日本中どこも呑めませんわな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。
[2017年12月11日]
[中島孝志の原理原則研究会]

出雲原原の二次会はB級グルメ三昧だった。。。
[2017年12月10日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年10月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!