カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2017年07月04日 (火)

「メッセージ」

 なにか美味しいモノを食べた時
 あの人にも食べさせてやりたいな、と思う。

 なにかいい映画を観た時
 今度一緒に行こうよ、と誘いたい。

 どこかでいい景色を見た時
 今度連れてってやりたいな、と思う。

 だれかいい人に会った時
 あの人に紹介したら喜ぶだろうな、と思う。

 あの人の笑顔、喜ぶ顔が見たい。
 それだけで生きている価値がある。
 あの人がいるだけで十分。

 あの人が消えてからこの世の光が消えた。
 あの頃と同じように
 笑ったり感動したりはするけど
 伝えたい人がいない。

 この世でいちばん哀しいことは
 こういうことなのかもしれませんね。

 人はだれでもいろんな事情を抱え込んで
 生きています。
 だからプライベートはけっして聞かない。
 
 話す時機が来たら勝手に話すでしょうから。
 聞かないことも優しさではないか、と考えています。
 愛の反対語は憎悪ではなく無関心では?
 いえいえ、哀しみのどん底にいる人には
 無関心がいちばんの優しさなんです。 

 あえての無関心・・・。


10数年前、こんな哀しい質問を原原でしてたんですね。


 「HANNAH」は特別な名前。前から読んでも後から読んでも同じ。
 なぜあの時、HANNAHの宿題を見てあげなかったのか?
 「数学なら別れた夫(HANNAHの父親)のほうが詳しいから、彼に電話して!」と心ない言い方をしてしまった。

 タコの足に似てるから、彼らを「ヘプタポッド」と呼ぶようにしたけど、彼らは図形を吐き出す。これが言葉?
 「ヘプタポッド」の目的は? 地球への攻撃? 中国とロシアは核攻撃の準備に入った?
 
 彼らの言葉を読み解いて真意を探らなくちゃ。



 最愛の娘を失い、これ以上失うものは何もない。だから、どんな危険なことにも乗り出す覚悟がある、という女性言語学者が主人公です。

 人は子どもを持つことで人生観を変える、といいます。しかし、その子どもを喪うことはもっと人生観を変えることに繋がります。
 子どもは男女が愛し合った結果の産物ではありません。わざわざ、この人の元に産まれよう、と明確な計画をもってやってくる「ギフト(贈り物でもあり才能でもあります)」なんです。養子という縁で結ばれた関係もそうですし、人間だけ手に限らず、犬とか猫との関係も同じです。
 
 3000年後の地球も現在と同じ座標軸にある。過去は過去ではなく、未来は未来ではない。いま知った過去が未来に起こる。たとえそれがわかっていても、自分を愛することをやめないし、運命を受け入れよう。
 
 『Arrival』(邦題『メッセージ』)はアカデミー賞8部門にノミネート。まあ、たんなるSFだったら見ないでしょうね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「東芝 大裏面史」(FACTA編集部・1,620円・文藝春秋)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

第4期ぴよこちゃん倶楽部のゲスト講師でーーす。
[2017年11月23日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

11月前半の株価低迷はいつものこと。。。
[2017年11月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年11月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年7月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!