カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年07月14日 (金)

ナスダック暴落と加計学園問題は合わせ鏡ですよ。。。

 今日は博多原原なんすよ。名古屋からもメンバー参加があるらしいっす。
 今回から博多駅前の福岡朝日ビルB1(地下11号室)でやります。博多駅地下街と直結なんで雨が降ろうと槍が降ろうと大丈夫ぃ。地図見て来てちょ。

 で、東京と出雲で時間の都合で触れなかったことが山ほどあります。そのうちの1つだけご紹介しましょ。詳しくは本日の博多、来週の名古屋、大阪で解説します。

 かなりヤバイ話なんで、またまたブログが破壊されるかもしれません。しばらく閉鎖することがあったらどっかから攻撃されたなとご理解ください。

 さて、トランプによるナスダック暴落=IT銘柄潰しってなんのためにしたの? それはIT企業がいままでなにをしてきたかを考えれば気づくと思います。

 すでに今週の「通勤快読」で触れましたけど、どうしてアメリカのベンチャー企業ってシリコンバレーだけなの? おかしいでしょ。ベンチャーてご当地銘柄なの? それとも郷土芸能なの?

 んなわけないでしょ。

 アメリカはベンチャー企業が多い、起業家を育てる制度やインフラが調っている・・・これすべてウソ。

 『ウォール・ストリート・ジャーナル』によれば、30歳以下の起業家比率は90年代を通じて減少あるいは停滞。とくに2010年以降は激減。IT革命以前の方が高かったくらい。タイラー・コーエン先生曰く「70年代からずっと大停滞しとるんじゃーー」。

 人口に占める起業家比率は1910年の方が現在より高い。コロンビアの自営業比率はアメリカの7倍。ギリシャ、トルコ、メキシコでも5倍。日本ですらアメリカ以上。



 グーグル、アップル、Facebookなんてのは例外中の例外なのよ。

 ね、どうして彼らだけが例外になれたのよ? 技術力を持ってたから? ハーバードとかスタンフォードだから? そんなん身内に何人もいるよ。

 正解は・・・あちこちの政府機関のお世話になれたからでしょ。資金、技術、人脈そして海外進出の際の対政府交渉などなど。つまり、特別待遇。

 どうしてそんなに依怙贔屓してくれたん? それもCIAとかNDAとかペンタゴンが・・・。



 これらの機関は予算をたんまりもってますよね。「国益」という大義名分の下、都合の悪い政府は潰す。都合の良い傀儡政府へとひっくり返す。まるで「坊主めくり」のようにね。

 さて、なんの見返りもなく、資金とか技術提供とかをするんかなあ、つう基本的な疑問がありますよね。普通に考えれば、ギブ&テイクちゃうの? したかないけど世話になってるし、怒らせるとややこしい相手だしねえ・・・ま、そういうことじゃないかしらん。

 結論。加計学園、森友学園、面従腹背次官による茶番劇・・・これ、すべて、中央アジア、北アフリカで行われた「カラー革命」と同じです。トランプ降ろし、プーチン降ろし、安倍降ろしはすべて同じ勢力が仕掛けてます。NGOに騒がせ、メディアにカネ出して拡大し、御用評論家を総動員して国民を洗脳する、そして国会で攻撃する。

 これらを波状攻撃するわけね。で、政権の支持率が下がったら、敵対勢力が攻撃します。たとえば、今後、尖閣とか竹島あたりで軍事行動に出るバカが出てくるはず。

 そうそう、パククネ失脚だけは中国の仕掛け。カラー革命のやり口を真似ただけ。

 新聞による支持率30パーなんてプログラムの1つに過ぎません。支持率なんて簡単に上げたり下げたりできるんよー。方法は原原で解説しましょう。

 つうことで、「10月危機」はかなり確率が高くなってきたなあ。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質」(養老孟司・名越康文著・864円・SBクリエイティブ)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。
[2017年11月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす!
[2017年11月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

京都国立博物館「国宝展」に滑り込んできました。。。
[2017年11月17日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年7月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!