カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年07月20日 (木)

やってます!「タイ〜仏の国の輝き〜」(国立東京博物館)

 今日は大阪原原です。メンバーはご参集のこと。昨日聴けなかった名古屋メンバーも参加するとのこと。。。

 いやあ、混んでますなあ。NHKが放送したらこの混みようですよ。
 「深海2017〜最深研究でせまる“生命”と“地球”」

 深海大好きなんす。基本、水族館好きですから。深海関係の番組も必ずチェックしてます。しかししかししかし、NHKのおかげで超混雑。若冲イベントのラストくらいの混みようですよ。夏休みが終わってからにします。10月1日までやってますからね。

 そのかわりに<つうわけではないんです、これ、九州の太宰府でやってる時に見損なったんです。博多原原で「投資研究会」なるものをリクエストされちゃいましてね。太宰府往復してたら間に合わない。「ま、トーハクでやるからいっか」。切り替えは得意っすから。

 待ちに待ってました。期待を超えてます。


タイの仏陀はとってもスマート(8月27日まで)。

 タイ族の国が興る以前、インド文明、セイロン文明に影響され、北部のドヴァーラヴァティー国とかマレーの方のシュリーヴィジャヤ国、メコンデルタに発展した扶南国、クメール族のアンコール朝、タイ北部モン族のハリプンチャイ国。そしてスコータイ、アユタヤなどに続くわけです。

 オープニングでいきなりノックアウト。これ、欲しい。。。「ナーガ上の仏陀坐像」。オークションに骨董品が出てるんすよ。買っちゃおうかな。


ワット・ウィアン伝来シュリーヴィジャヤ様式(12世紀末〜13世紀・バンコク国立博物館蔵)

 仏陀はネランジャラ川のほとり、菩提樹の下で悟ったことになってますけど、そのまま瞑想してると雨が降ってきたらしいっす。で、竜王ムチリンダが傘となって守った、つう説話があるんです。とぐろを巻いた上に座らせてますからね。

 7頭の大蛇。まったくヤマタノオロチですわな。


数年前の出品に砂岩のものがあります(12世紀前半・カンボジア・アンコールトム)

 「ナーガ」つうのはサンスクリット語で「蛇」なんすね。で、蛇はルシファーでもありますし、釈迦の母親(マヤ)はコーリヤ国ナーガ族の出身ですし、アレキサンドロス大王の母親オリンビュアスも聖獣蛇を信仰する一族です。時代的には仏陀の方が少し早いんですけどね。さらに言えば、もっと昔々、6600年前、タイ東北部バンチェン(青銅器文明)にシュメール人の王国が成立。この王族がナーガ族なんですね。


サーカヤムニー仏(1366年にワット・マハータートに安置)。

 珍しく写真OKつうとこもあんだよ。。。


ラーマ2世王作の大扉(19世紀・ラタナコーシン時代)

 ラタナコーシンつうのは「インドラ神の宝蔵」てこと。現在のバンコク王朝の別名なのよね。ビルマ軍との戦争で灰燼に帰したアユタヤの栄光を復活するぞ、つう意味でしょうな。

 日本とタイの歴史ですからね、山田長政の像とか貿易資料なんぞもありまして。この人、王様からも重用されたけど、どうやら政敵に暗殺されたみたいっすね。優秀なんで嫉妬の対象になったんでしょうな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「『国富』喪失 前編」(植草一秀著・994円・詩想社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月20日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

11月度出雲原原はラス前とオーラスでーす。。。
[2017年10月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年7月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!