カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年07月24日 (月)

どうしても安倍政権を潰したい勢力。。。

 トランプ、プーチンそして安倍晋三首相・・・トランプは選挙中からずっと攻撃され続け、盤石と思われたプーチンにも反政府デモ。

 そして、ここに来て急に「安倍降ろし」の大合唱。

 でも、あまりにも弱い野党が頑張っても安倍政権は潰せません。ではどうするか?
、自民党の潜在的反安倍勢力を巻き込めばいい。つまり、内部分裂を仕掛ける。かつての派閥争いと同じ。

 安倍政権を潰したいのはだれか? トランプを潰したい、プーチンを潰したい。そういう勢力でしょうね。つまり、国際金融資本左派、軍産複合体、風前の灯火のジャパンハンドラーとか?

 ヤツらの政権転覆脱線謀略=反政府活動てのはワンパターンなんすよ。


ロッキード事件もそうだわな。

 まずはNGOを使って「民主化」「公平化」「格差是正」のためにデモを展開させる。一握りのデモ隊の声を「国民全体の意思」としてメディアに過大評価させ、「規定事実」として吹聴し続ける。
 こうして、テレビと新聞しか見ない人、ワイドショーレベルの情報しか関心のない人、自分の頭で考えない人・・・けど、投票活動けには熱心な暇人を洗脳します。。。

 かつて小泉純一郎さんが登場した時、国民は拍手喝采。郵政民営化を参院が否決したのに衆院を解散したときなど、大フィーバー。「甘いな。バカだ、こいつら」と演出した人はにんまりしたでしょうね。

 不思議だと思いませんか? 「安倍政権=株高」ですよ。株を暴落させてもいいから退陣させたい勢力がいるわけです。それは安倍降ろし=トランプ降ろし=プーチン降ろしを考えている勢力でしょうね。

 鳩山一郎、石橋湛山、田中角栄などを謀略で倒してきた勢力と同じです。日本独立を阻止したい勢力。アメリカの財布として永遠に従属させたい勢力ですよ。
 風見鶏のメディアがここに来て「安倍降ろし」に大きく舵を切ったのはこの勢力の指示命令によるものでしょう。北朝鮮から雨嵐が降り注ぐ中、とっくにケリがついてる「加計・森友問題」をしつこくしつこく追及した野党とメディアの協力体制も「よーわからんけど上の命令なんで」つうことでしょ。

 「安倍政権の支持率30%台に急落!」
 
 支持率30%台? 支持率なんてインチキ信じたらあきまへん。こんなんいくらでも下げられるし上げられるんです。原原では解説済み。
 なんたって安倍政権の支持率なんてホントは20%台なのよ。30%台なんて多すぎまっせ。。。


支持率上げるも下げるもメディア次第。真実なんてけっして伝えてないけど、「でかい声」だけはまだ健在。


 安倍政権てのは株高政権なんすよ。日銀、GPIF総動員で高値を演出してきました。それをフイにして降ろしたいわけです。



 「総選挙は来年末」という人が多いけど、私ゃ年内早い時期に解散総選挙。それができなければ退陣に追い込まれると思います。「自民大敗」という報道は「勝つ」まで続きますから。となれば、陣笠代議士は浮き足立ちます。強い政権下で選挙しないと木から落ちた猿になっちゃいますからね。

 野党が弱すぎます。「国民ファーストの会」ができたところで受け皿にはなりません。でも、弱い野党でも選挙に勝つ方法があります。

 それは民主党が政権を取った時。共産党とも選挙協力して候補を一本化しました。この狂言回しができる人材が、腐っても最大野党の民進党にいればいいけど・・・野田某とか安住某ではできんでしょ。小沢一郎さんを民進党幹事長にさせるくらいでなければダメですよ。

 レンポーさんにできるか? ま、できんでしょ。できなければ民進党はじり貧必至です。

 安倍さんの一発逆転策は「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」です。「新・新自由クラブ」を仕掛けること。橋下徹さんを選挙の顔にして「風」を起こすべし。「消費税5%」と「憲法改正」を掲げて解散総選挙。

 早ければ早いほどいい。8月にはFRB議長にイエレンを再任させるかどうかはっきりします。イエレン再任となればトランプ政権はもちます。結果、「安倍降ろし」も止むかも知れません。その時がチャンス。

 このままだと安倍さんは降ろされますよ。敵は国内ではありません。巨大な外国勢力です。退陣しても角栄さんのように闇将軍になりたいなら、自民党を領袖ではなく外部のサポーターを活用すべきでしょうね。

 いまの状態なら公明党だって逃げ出すかもよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「超老人の壁」(養老孟司・南伸坊著・1,296円・毎日新聞出版)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

いよいよ東京原原が始まりまーーす。。。
[2017年08月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

『ウルトラセブン放送開始50年記念〜モロボシ・ダンの名をかりて〜』(横浜高島屋)
[2017年08月17日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

リスクとチャンス。。。
[2017年08月16日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年7月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!