カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年11月03日 (金)

旅と宿。。。

♪浴衣の君はぁぁぁ ススキのかんざしぃぃ
 熱燗とっくりぃぃの くびつかんでぇぇぇ♪

 これは旅の宿。三連休だそうですね、巷は。こういう時、私は仕事の真っ最中なんすよ。いま取り組んでるのは英会話本。私、自慢じゃないけど、ま、自慢なんすけど、英会話本でミリオンセラーをプロデュースしてますからね。こうつくれば売れる、つうのはわかるんです。

 で、顧問先の版元からは英語本でなんかないですか、といっつも聞かれるわけ。みなさんわかってる。当たるとでかいって。だから、どこも英語本、英会話本の企画に飢えてるわけ。

 けどさ、そんなに簡単に閃きませんよ。しかたなくかつてのミリオンの二番煎じをやってみたけどダメ。そんなに甘くないっす。

 いま、英語本をプロデュースしてましてね。この企画は英語の達人をプロデュースするために仕掛けてるんですけど、なんだかんだといろいろ考えてたら、「あ、これだ!」「これならいける!」とミリオンを仕掛けた時の感触が蘇ってきました。

 これは私がやろう! なんでかつうとふつうの本ではないから。かなりぶっ飛んだ企画なのよ。だから。

 閑話休題。

 旅と宿。つうか、旅の宿。といえば、宮本常一でしょ。かつて、ハマのバーで「読書会」やりましたね。南方熊楠と並ぶ民俗学者宮本常一について2時間では終わらず、焼き肉屋だったか2軒目のバーだったか、結局、6時間ほど講義してしまいましたけどね。

 この人の傑作に「日本の宿」つうのがあるわけ。久しぶりに読みましたよ。

 さすがに面白い! 何度も復刻されてる名著です。「通勤快読」でもいずれご紹介しますけど。やっぱ民俗学者の旅ってのはこうしてるんだ、つうのが自然に伝わってきますね。

 宮本常一の旅をイメージしてもらうなら、芭蕉の旅かもしれません。

 旅の主役は旅人ですけど、それだけでは終わらない。旅人はゲストですから。つまり、受け入れ側=宿の人=キャストもいるわけ。で、ゲストとキャストをリンクさせるのはだれか? エージェントです。

 日本初のキャストは「御師」ですわな。まあ、伊勢とか大山が有名ですけどね。

 宮本常一は面白いこと言ってましてね。「旅に出ろ。旅に学べ。旅に出なければ本を読め」とね。outer tripなのか、それともinner tripなのか。その違いなんでしょうな。

 宮本常一の弟子に神崎宣武つう人がいます。この人が若い頃、宮本常一に叱られてトイレで泣いた、と語ってます。生涯一度の悔し泣きだったそうですけどね。

 実は、これこそ旅の本質なんですよ。いい師匠ですな。弟子は悔しがらなければいかんですよ。「もう君とは二度と仕事しない!」と激怒されたんですからね。

 どういうことかつうと、テーマは「日本の宿研究」。フィールドワークで神崎さんは西日本を担当したわけ。山陽道をひたすら歩いた。何カ月も歩いた。そして本陣等に飛び込んでは話を聞いた。

 本陣つうのは宿は宿でも大名が泊まるとこ。街道でも格式あるとこ。ひたすらフィールドワークをして論文にまとめた。そして激怒された。

 理由? これが旅の本質なんですよ。

 「君はすべて表玄関から入り、すべて表玄関から出て行った。いったいなにを見てきたのか!」

 わかります? 民俗学は行間を読む仕事です。だれも語りたがらないことを聞き出す。見栄とウソと秘密を人間力と洞察力で読み取る。それができなければダメ。エリートではできません。ド田舎の年寄りたちに胸襟を開いてもらえるキャラじゃないと。

 論文を読めばどんなフィールドワークをしてるか透けて見えます。ああ、こついは上っ面しかとらえてない。

 本陣は武士それも大名が泊まるとこです。参勤交代なんぞもそうですね。
 どうして本陣と呼ばれるのか? 旅の途中でも、いざとなれば、そこが戦の基地になる。殿が指揮する処になるから本陣。

 つうことは、本陣となる宿に急襲を仕掛けられたとき、逃げられるルートと手段が必ず講じられてるわけ。裏に堀割があるとか舟がつないであるとかね。こんなことは表玄関では絶対つかめません。

 いちばん大切な情報ってのは表にはないんです。いまも昔も、政治も経済も投資もそう。いちばん大切なことは目には見えない処にあるの。『星の王子様』でもキツネがそう教えてくれたでしょ。

 そこを見落とした。「君とは二度と仕事しない」。ありがたい師匠ですな。

 「同じ話を少なくとも3人から聞け!」
 「じいさんではなくばあさんから聞け」

 男は見栄ばかりで自分が恥になることは絶対しゃべらない。自分の都合がいいように加工しちゃうからね。そんなものを信用するな。真実をつかむには本音で語るばあさんから聞き出せ。こんなことは本人が何度も失敗してつかんだ極意でしょうな。

 旅があるから宿がある。宿があるから旅がある。

 万葉集も旅を詠ったものがたくさんありますよね。芭蕉の「奥の細道」は旅そのものです。

 「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふるものは、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。古人も多く旅に死せるあり」

 さあて、この三連休、私は仕事です。みなさんは旅ですか。。。

 旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る

 芭蕉、死の4日前の句でしてね、「辞世の句」なんて理解されてますけど、違うっしょ。夢見る人は死なんて考えません。生きてるから夢見るわけでね。夢があるから生きてるわけで。ああもしたい、こうもしたい、と次から次へとふくらんでるわけで。まえのめりで生きてるのよ。

 浮かんでは消え、浮かんでは消え、最期の最期は走馬燈のように今世の映像が流れる、と聞きますけど、諦観なんてそんなさっぱりしたものではなくて、生身の人間がもだえる姿が伝わってきますよ。

 思えば遠くに来たもんだ、つう旅をしなくちゃ。せっかく生まれてきたんだから。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

第4期ぴよこちゃん倶楽部のゲスト講師でーーす。
[2017年11月23日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

11月前半の株価低迷はいつものこと。。。
[2017年11月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年11月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!