カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年01月17日 (水)

なぜトランプは北朝鮮にコミットするのか! アメリカが隠しておきたい「裏の顔」その1

 12月は日銀が708億円×7回もETFを突っ込んだにもかかわらず、株価は下落しましたが、1週間後に新年を迎えるや、4、5、6日の3日間で1000円超もの高騰。

 投資のみなさんはウハウハだったでしょう。その後は反落続き。そして調整。ここに来て円高。予測通りになってきましたね。


今年も日銀は月間5000億円の巡航速度を守り、年間6兆円の「PKO」を継続します。


日銀の初競りは1月12日735億円のETF買いでした。今年もPKOまっしぐら。ちぇすとーーー。



 もちろん、仕掛けは外国人です。アベノミクス絶頂期(2013年)には年間15兆円もの日本買いしてたのに、去年(17年)は年間わずか7500億円。それが松の内の2日間で4800億円も突っ込んだんですから株価が高騰しないわけがなかとーー。

 今年も、引き続き好調な企業業績を背景にしながら、外国人の行動に一喜一憂せざるをえない相場になりそうです。

 ところで、アメリカを見ていて、ここに来て急に目立つのは、いずれの新聞も「米国の雇用増加」「米国の失業率低下」「米国消費改善!」「米国のインフレ」「米国の長期金利低下」というキーワードで溢れていることです。国内メディアもお先棒を担いで提灯をつけて歩いています。

 さらさら拝見しなかったキーワードのオンパ。あれ、そんなこと言ってた? とんと拝見しませんでした。これだけ報道されますとあと1カ月もすれば、「ああ、アメリカは消費が回復したんだ」「インフレ率が2%超えたんだ」とだれもが信じることになるでしょうね。

私は性格は素直ですが、物の見方・考え方はひねくれてますんで単純に信じるわけにはいかんとです。「ああ、原因と結果を入れ替えてるんだな」と思えてならんとです。西郷どん。早い話が「消費が改善している」「雇用が回復している」「失業率は低い」そして「インフレの方向に向かっている」・・・だから利上げしまんねん、少なくとも3回。できれば4回いい?。

 まず利上げありきの統計づくりではなかと?

 トランプの経済政策に影響を与えちょるんはムニューチン財務長官ではなかと。ティラーソン国務長官でもなか。4人組が決めちょる。



1ラリー・クドロー
レーガン政権を支えたニューヨーク連銀エコノミスト。
2スティーブン・ムーア
トランプと会った時、「私は自由貿易主義者。あなたは保護主義者」としてチーム入りを拒否。「意見を異にしていることで意見は一致している」とトランプが対応。
3アーサー・B・ラッファー
 南カリフォルニア大学教授。レーガンの経済政策アドバイザリーボードのメンバー。ラッファー曲線で知られるエコノミスト。お馴染みの書に『増税が国を滅ぼす』(日経BP社)
4スティーブ・フォーブス
『フォーブス』会長兼編集長です。

 共通点はFFレート4%引き上げと大型減税。オバマが積み上げた巨額の財政赤字・貿易赤字を「サプライサイド・エコノミストで改善する(サプライサイダー)」とつうこと。

 来年は少なくとも計3回。つうことは、再来年には4%に到達します。それまでアメリカ経済がもつかどうか。株価は上がりますよ。FRBは日銀をパクリますから。QEを止めたFRBにとって通貨発行権で儲ける方法は終わりました。これからは利上げで儲けるしかありません。

 トランプは百も承知で乗らざるを得ない。あるいは、4人組に洗脳されて宗旨替えをしたのかもしれませんが、根っからの不動産屋ですから、やはり、DNAは低金利愛好家でしょう。



 トランプを取り込み、アメリカを牛耳る国際資本はいま、日本の憲法改正ビジネス、金正恩体制潰しビジネスを展開しています。これを書くとまたまたまた(3回あります)このブログがハッカーに狙われてフリーズしてしまうかもしれませんが、おしゃべりなので少しずつ漏らしておきたいと思います。

 王様の耳はロバの耳ーー。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「誰がアパレルを殺すのか 前編」(杉原淳一・染原睦美著・1,620円・日経BP社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

長期金利高騰・米国債価格暴落・株価乱高下の背後で蠢いている政治屋の権力闘争。。。
[2018年02月20日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

次回「ぴよこちゃん倶楽部」と「銘柄研」は今週末の開催です。。。
[2018年02月19日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

またまた伊東先生からメールが届きました。。。
[2018年02月18日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年1月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!