カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年01月29日 (月)

トランプ一般教書演説直前のポジションやいかに・・・。

 明日はいよいよトランプ大統領の「一般教書演説」がありますね。

 トランプは元もと10年で1兆円という公共事業予算を、ここにきて、1.7兆ドルに激増させると発言し出しています。
 真意は、どうせ議会で削られてしまうんだから、ならば最初に膨らませておこうか、という考えです。なんともトランプらしい発想です。

軍事費については、18年度は10%アップさせると選挙中から発言していましたが、なんと80兆円近くの大幅予算です。敵対する産軍複合体を取り込む意図が見え見えです。

 しかし、このおかげでダウが暴騰しているのです。

 世界でもダウと日経平均株価は算出方法が特殊なんです。時価総額で構成ウェートを算出する「加重平均」ではありません。見た目の株価を単純に平均した「単純平均」なんですね。ということは、時価総額が大きい銘柄よりも見た目の株価の大きい銘柄の構成ウェートが高くなる、ということです。

 しかも銘柄は伝統的というか「成熟企業」ばかりですから、世界をマーケットにビジネスを展開。結果、現地通貨建て売上がとても大きいため、為替換算すると自国通貨安のほうが業績が改善してしまうのです。

 ダウを構成する銘柄はわずか30社。「株価寄与度」の高い銘柄に買いが集中すると「ダウ暴騰」となり、売り込まれれば「ダウ暴落」となります。

この構造は日経平均株価も同じです。ユニクロがなぜか寄与度が高い。となれば、暖冬でフリースが売れなくなれば、なぜか日経平均株価は下落することになります。

 その点、「TOPIX」は「時価総額加重平均」です。市場で投じられている金額が大きな企業ほど影響力が大きくなります。トップ常連はトヨタやソニーあるいはメガバンク。米国S&P500、ドイツDAX、英国FTSE100も時価総額加重平均で算出されてます。

 さーーて、80兆円もの予算が付いた軍事産業の雄が2社ダウに採用されてます。しかも2社を合わせれば10%の影響度。
 17年はダウが年間70回も高値更新を続けましたが、そのうちの何回かは北朝鮮と中東有事のおかげと考えてもいいかも。

 今年もそうなります。

 明日の一般教書演説でどこまで突っ込んだ話をするか不明ですが、インフラ投資となれば必ず注目されるのはキャタピラー社です。日本メーカーも北米で大活躍しています。同じように株価も注目されるでしょう。



 サウジアラムコIPOを前に、このところ原油価格が急騰してます。円安だと目も当てられませんが、幸い円高。WTI原油先物のじり高を反映して原油関連株が注目されています。日本メーカーも当然、大きな恩恵にあずかります。この分野、日本にはいい会社が目白押しです。





 いい銘柄は安くありません。安かろう悪かろうは株式投資の原理原則です。去年マーケットを牽引した銘柄が今年も引き続き牽引するのです。
 ただし、中東リスク、北朝鮮リスク、原油リスク、そして中央銀行テーパリングリスク、さらにいえば、トランプリスクで「円高」に転換しつつあります。とりあえず、トレンドにしっかりシフトしながら、一方で、内需関連銘柄をしっかり手当てしておくことです。

 次回「中島孝志の銘柄研究会」のテーマは「いまいちばん注目すべき内需関連株」にします。講義より実績がいちばん説得力があります。ここが投資のいいところです。

 大きな下げ、大きな上げ。こういう「小さな暴落」をしっかりキャッチすることしかチャンスはありません。すでに「小さな暴落」をスケジューリング化しています。手に取るようにこの動きが見えますよ。

 そういう意味で、トランプという大統領は極めて投資家にはありがたい存在なのだ、と思います。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「名前でよむ天皇の歴史 前編」(遠山美都男著・886円・朝日新聞出版社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

長期金利高騰・米国債価格暴落・株価乱高下の背後で蠢いている政治屋の権力闘争。。。
[2018年02月20日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

次回「ぴよこちゃん倶楽部」と「銘柄研」は今週末の開催です。。。
[2018年02月19日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

またまた伊東先生からメールが届きました。。。
[2018年02月18日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年1月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!