カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年03月17日 (日)

知のインテリジェンス満載です。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。

 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.テキストだけでなく 写真・イラスト等を盛り込んでます。 このサービスは「聴く!通勤快読」ではありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。

 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年03月08日 (金)

目からウロコの「ここだけ情報」満載ですよ。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。

 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.テキストだけでなく 写真・イラスト等を盛り込んでます。 このサービスは「聴く!通勤快読」ではありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。

 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年03月07日 (木)

16日(土)は「ぴよこちゃん倶楽部」「銘柄研究会」です!

 いよいよ来週土曜開催です。「ぴよこちゃん倶楽部」と「銘柄研究会」です。



 3月のテーマは、以前からやりたいやりたいと思っていた「オプション投資」です。相場が上昇しても下落してもなにもなくても勝てるのが「オプション投資」です。
 ゲスト講師は日本でいちばんわかりやすく「オプション投資」を教えてくれる清水先生。



 このスキルを知ると投資のバラエティが一挙に増えます。つまりあの手この手が展開できます。

 けど、多くのオプション投資の勉強会は「数学専攻アナリスト」が解説する、専門的になりすぎて、聴いてる方がついてこられないセミナーがほとんど。私、オプション投資セミナーにあれこれ参加したりDVDや単行本を吟味した上で、清水先生がいちばんわかりやすい、と太鼓判。ご本人は懇切丁寧な教え魔ですから「オプション教師」としてはサイコーです。

 ぜひ短時間でマスターしてしまいましょう。 

□3月16日=清水洋介さん(アルゴナビス代表)
 テーマ:「大混乱だからこんなに儲かる! 公開!オプション取引で勝つ私の全方法」
※大和証券から ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て、14 年5 月、株式会社アルゴナビス代表取締役に就任。投資家ですが、私は投資教育の第一人者と認識しています。「オプション取引」で大きなリターンを得ているだけでなく、日本でいちばんわかりやすく教えてくれる人です。「四季報オンライン」の投資コラムも超人気!


 4月と5月のゲスト講師もご紹介します。

□4月20日=渡部清二さん(複眼経済塾代表)
 テーマ:「会社四季報の達人が教える!10倍株100倍株の見つけ方」
※野村証券に23年間在籍。「21年間で83冊の四季報を読破!」で知られる投資家です。いまや、世界初の四季報を活用した企業分析をビジネス化してます。「四季報オンライン」等で人気コラム連載中。


□5月18日=坂本慎太郎さん(こころトレード研究所代表)
 テーマ:「伝説のトレーダーに学ぶ! 元手150万円を1年半で5000万円にする!」
※投資家の間ではハンドルネーム「Bコミ」で超有名。人気番組「坂本慎太郎のデイトレ・オンライン」でも知られる、超売れっ子ディーラー・ファンドマネジャー・ストラテジスト、そして投資家です。『ダイヤモンドザイ』や『東洋経済』等経済誌でもお馴染み。セミナーを開けば瞬時に満席。第5期に続いてカリスマ投資家再登板となります。


□会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分。

□時間:午後3時〜午後5時頃(いずれも土曜日開催です。遅くとも6時には修了します)


※代理出席可能です。
※備考:当日、会場で講義レジメ(カラー小冊子)を配布します。5日後にレジメと速記録のデータ(いずれもPDF)を配信します。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いません。1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしくです。
※投資本のベストセラー著者ばかりですが、講義では旬のインテリジェンス、本には書けなかったことをご披露頂きます。具体的な銘柄もご指南頂きます。

 第6期も出血大サービス!「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。グリコのオマケです。

■「中島孝志の銘柄研究会」(2019年3月−5月)
◇内 容:使用チャートは平均100枚(講義修了後PDFで差し上げます)。
1 世界経済と日本経済のトレンド解説と未来予測。
2 日経掲載銘柄の動きと今後の予測。
3 銘柄研究=一目均衡表やBB、大循環MACD等でテクニカル分析。
4 わかりやすく解説しながら進めます。
5 スキル習得にも役立ちます。
◇時 間:午後1時〜午後2時30分。
◇開催日&会場:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じです。


■各コース「参加費」のご案内(消費税込)
1「ぴよこちゃん倶楽部」:116.640円
※毎回、会場で講義レジメ(カラー小冊子)をお渡しします。5日後に講義レジメと速記録をデータ配信(いずれもPDF)します。
2「ぴよこちゃん倶楽部+銘柄研究会」:149.040円
※強いリクエストにお応えして、第5期から「銘柄研究会」の講義データ(PDF)も配信することにしました。超貴重な投資情報のオンパレードです。
※「銘柄研究会」のみの参加はできません。

■申込法:「ぴよこちゃん倶楽部」「ぴよこちゃん倶楽部+銘柄研究会」のいずれかをご選択頂き、お名前・お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信ください。メールにてご参加要項をお届けします。nakajima@keymannet.co.jp

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年02月25日 (月)

ようやく発売となりました。

 この本、20万部も売れたんすよ。で、今回、2色刷で復刻。
 10年以上前に出版されてますんで、内容はアップデート。

 早速、メールが届きました。よその大手版元編集長から。
 
 「三笠書房さんの新刊、購入して拝読しました。今の時代の流れにあった内容で、さすがですね。」

 あんがと。ま、この版元でも企画を進めてますけどね。

 どんな内容かというと、ひと言でいうと「働き方革命」の具体的な提案なんすよ。時短にしても生産性アップにしても、重要なのは「やっちゃいけないことはやらない」つうこと。「やるべきことをやらず、やっちゃいけないことばかりやってる」から時間も足りなくなるし、生産性が上がらないわけ。

 「やっちゃいけないことなんかしませんよ!」

 いやいや、ホントに多いんですよ、「not to do list」をやっちゃってる人。


 
 たとえば――
◎必要以上の仕事はしない
◎解決を明日に持ち込まない
◎予定を簡単に動かさない
◎便利屋にならない
◎できない約束をしない
◎会議を30分以上やらない
◎PCを散らかさない
◎人の不平不満につきあわない
 ……あなたの仕事を“根底”から変える! 45の「しないこと」リストです。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年02月02日 (土)

「好奇心」と「感動」こそ生きている証明・・・けっして教えられない2つ。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。

 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.テキストだけでなく 写真・イラスト等を盛り込みよりイメージが湧きやすい と思います。「聴く!通勤快読」ではありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。

 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年01月26日 (土)

「好奇心」と「感動」こそ生きている証明・・・けっして教えられない2つ。

 忘れないうちに(その1)・・・今日はいよいよ第6期「ぴよこちゃん倶楽部」「銘柄研」です。ゲスト講師は塚澤健二先生です。ものすごいデータが届いてます。印刷してますので教室で配布します。お楽しみに・・・。

■午後1時:中島孝志の銘柄研。
■午後3時:ぴよこちゃん倶楽部 ゲスト講師の講義
□会場:新橋ビジネスフォーラム 左欄ブログ(ぴよこちゃん倶楽部)に地図があります。

 全国的に天気があまりよくありません。お気を付けておいで下さい。
 
 忘れないうちに(その2)・・・●「V字反発する“どん底銘柄 定期便”」 は本日深夜に配信します。テーマは「ライバル?「P」「S」の株価研究!関連上場企業の株価研究」です。お楽しみに。。。このコンテンツは「銘柄研」では触れません。


 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。

 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.テキストだけでなく 写真・イラスト等を盛り込みよりイメージが湧きやすい と思います。「聴く!通勤快読」ではありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。

 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年01月23日 (水)

中島孝志の最新刊です。

 昨日のブログに書いた通りでしょ。昨日のダウは上昇。日本市場はどれも下落。為替? 上海株価と同調してるわけ。ここがおもしろい。


日本時間午前2時現在300ドル下げ。ダボスもろくなのが集まってないし。休み明けで材料難。こんだけ上げてきたら下がるわな。





 わすれないうちに(その2)・・・今週末26日(土)からいよいよ投資研究会「ぴよこちゃん倶楽部」がスタートします。月火にばたばた駆け込み参加が続いてます。間に合いますから、ごゆっくりどうぞ。。。

 忘れないうちに(その3)・・・2月1日から月・水・金の週3回「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の得する『経済教室』 というメルマガを発行することにしました。

 いま私たちのまわりで起きている政治、経済、軍事、地政学のあれこれについて世界一わかりやすく解説します。しかも、日本のメディア=大本営情報ではなく「ウラ情報=真実」をお伝えします。

 北方領土にしても、レーザー放射事件にしても、米中覇権戦争にしても、ホントのことはテレビや新聞、雑誌、ネットでもわかりませんよ。ホントのインテリジェンスでしか真相はつかめません。

 たとえば、レーザー放射問題にしても、だれが、どうして、命じたの? どうして、いま、公開したの? 原原に参加してればわかりますけどね。これもまた原原ミニ講義です。
 ということで、2月からブログでは政治経済、投資、軍事、地政学はアップしませんのでよろしく。


 英語本もやんなくちゃ。投資本も書かなくちゃ。コンサル本もまとめなくちゃ。
 けど、日々、講義とメルマガ2つにブログに映画に舞台に落語にライブにB級グルメに・・・なかなかねえ。

 その間、あの20万部売れたロングセラーが2色刷カラーで復刻。





 スピード? 効率化? 時短?「仕事の絶対量」を減らさなければ、成果は出ない!
 「あれもこれも」の罠に陥っていては、これからの時代を生き残っていけない。「本当にやるべきこと」に時間とエネルギーを集中投下し、成果を出していくためにも、「やらないこと」を明確に決めて、それを実践していかなければならない。――著者

 へえ、そうなんだ。

 たとえば――
◎必要以上の仕事はしない
◎解決を明日に持ち込まない
◎予定を簡単に動かさない
◎便利屋にならない
◎できない約束をしない
◎会議を30分以上やらない
◎パソコンを散らかさない
◎人の不平不満につきあわない
 ……
 
 なるほどねー。
 
 あなたの仕事を“根底”から変える!45の「しないこと」リスト。

 わかりました。すぐ読んでみます。「しないことリスト」たくさんあるんすよ。いちばん重要なことは「義理をしないこと」かな。でもねえ、ご恩と考えたらんなこたできませんわな。

 そういう時どうするか? 近くにいる人から「幸せ」にしていくこと。会う会わないは無関係。プレゼントを上げる上げないも無関係。♪遠くで 幸せ 祈りーーます♪でいいのよ。念の力がなにより強いんですから。

 祈ってますよ。毎日。ご安心ください。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は スパイ企業ファーウェイと8年間戦ってきたノンフィクション 「日本のIT産業が中国に盗まれている 前編」(深田萌絵著・1,404円・WAC)です。迫力ありますよー。日本人全員に読んでもらいたい!平和呆けしてる場合じゃありません!

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年01月11日 (金)

インテリジェンスの宝庫です。

 忘れないうちに(その1)・・・今日は博多原原、明日は出雲原原。テーマは「2019年、日本と世界はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」です。東京原原のメンバーも来襲するとか。ご安心ください。火曜より格段にバージョンアップしました(同じ話は2度できないので)。

 全編「ま・く・ら」ですから 「投資メルマガ」会員も無料で参加 できますよ。来週は名古屋と大阪でも原原がありますからそちらに参加してもよし。東京原原で参加された方は2時間半の講義でリターンがめちゃあったはず。

 忘れないうちに(その2)・・・金投資専門ブログサイト「夢と希望とサムマネー」に毎週連載しております。来週の月曜火曜、東京・大阪で 新春特別セミナー『ここでしか聞けない! 2019年日本と世界はこうなる!』 を講演します。奥村真吾先生とダブル講演です。「牛之宮会員限定」ですが、私のブログ読者ならウエルカムとのこと。


ダウは5日続伸! 「疫病神」なんてニックネーム嫌だからパウエルさんもヘタなこと言えんわな。

昨日調整してますし為替もおとなしいんで今朝から期待できまんな。


 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。

 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.テキストだけでなく 写真・イラスト等を盛り込みよりイメージが湧きやすい と思います。「聴く!通勤快読」ではありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。


 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年01月07日 (月)

独断と偏見のミニ原原講義なのよねー。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。

 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年11月中旬以降のバックナンバーはすべて無料で視聴できます。



●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでアクセスする必要がありません。
2.ご購読にはクレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.関連データと写真のビジュアルで付加価値たっぷりです。



「聴く!通勤快読」「読む!見る!通勤快読」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してるのが「聴く!」のほうです。脱線転覆ミニ講義がお好きな方は「聴く!通勤快読」を、「最初から最後まで聴き続ける時間がない」という方は「読む!見る!通勤快読」をご活用ください。



●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)



 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がっています。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。

 ブログの左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。「通勤快読」を聴けばメディアのウソに騙されなくなります。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年01月02日 (水)

お年玉のつもり!中身公開!本日の「読む!見る!通勤快読」です。

 忘れないうちに・・・●手にとるようにすぐわかる! どん底マスター 中島孝志の「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」という投資メルマガを毎週発行しています(乱高下してますんで臨時便も同じだけ発行してます)。

 メルマガ会員のみなさんには、今年から、私が全国(東京、大阪、名古屋、博多、出雲、新潟)で開催している●原理原則研究会の「ま・く・ら」を聴講できるようにします(「ま・く・ら」だけでゴメンね)。

 まくらでは「経済、投資、政治、地政学=軍事」に関するホットなインテリジェンスを毎回1時間ほどお話しています。メディアでは入手できない第一級情報だと自負しています。

 全国6カ所で開催してますから、ブログの左欄から各原原のスケジュールを確認してください。遅くとも1日前には「どの原原で聴講するか」というレスメールをくださいませ。席を用意してもらいますので・・・。

 週末のメルマガでも少し触れますが、株価は何によって決まるのか、について、複雑な話をわかりやすく、楽しく、おもしろくお伝えするつもりです。

 具体的には、株価の先行指標にはCME先物やラッセル指数等々いろいろありますけど、「原油価格」こそがメインストリームです。いままでの暴落暴騰もそうでした。V字変化するポイントもピッタリそうでした。昨年10月2日3日にNKもダウも高値更新しましたね。それからどん底に転げ落ちていきましたが、この先行指標も原油価格でした。

 どうして経済指標にダウ、為替、金価格、金利そして原油価格が必ずあるのか、目からウロコ、胃の腑にストンと落ちるはずです。

 原原の1月のテーマはいつも「経済、金融、投資」に関する講義です。つまり、全編「ま・く・ら」です。2時間半〜3時間は「原油価格」をメインに今年の政治経済トレンド予測をするつもりです。もち、ミクロ情報=研究材料(銘柄)も取り上げます。「投資メルマガ」とはかぶりませんのでお楽しみに。。。

 いままで聴いたことがないお話になると思います。


 さーーて、話が変わります。こんなコンテンツをほぼ毎日更新してます。本日取り上げた本は・・・『日経新聞と財務省はアホだらけ』(高橋洋一・田村秀男著・産経新聞出版)です。

 政治経済、投資ネタはなぜか超長くなります。新年早々、この傾向は続きそうですね。いつものように最新情報満載の「解説」を「書評」を逸脱しないようにお届けしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・・
 あけましておめでとうございます。初荷はこれにしました。

 なんとも身も蓋もないタイトルですけど、この2人、それぞれ財務省と日経新聞の出身なんですよね。古巣の悪口・・・ではなく、真実をありのままに語り合ったらこうなった、というものです。

 経済関係の「通勤快読」はいつも長くなりがちですが、初っぱなから続きそうです。私の意見と解説をたっぷり入れつつ、書評になるように留意してご案内したいと思います。

 超長いので2回に分けます。

 「財務省、御用学者、日経のアホすぎるトライアングル。日本はこんなバカげた話で動いているのか!デフレ、消費増税、米中貿易戦争…古巣の欺瞞をすべて語る」と版元の宣伝コピーにありますが、この2人は歯に衣着せぬ勢いで古巣をこき下ろします。

 高橋洋一先生は、ただいま嘉悦大学教授ですが、東大の数学科と経済をでてから大蔵省に入った異色官僚。内閣参事官(首相官邸)などを歴任し、小泉内閣・第1次安倍内閣のブレーンとして活躍したことはご存じの通り。著書もたくさん書かれてますよね。

 田村秀男さんは産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員です。こちらは私の先輩です。ワシントン特派員とか香港支局長とかを歴任。現在、早稲田でも教えています。こちらも著者多数です。



 ひと言でいいますと、高橋先生からは財務省というより日銀がなぜダメなのか、とくに前総裁の白川方明さんの批判が出色ですね。なるほど、だからダメなんだ、と金融政策の致命的欠陥とその真因をズバリ解析されてます。

 高橋さんはいつもデータとか理論的にアプローチしますから、人間そのものを攻撃することがありません。

 田村さんは、高橋さんから突っ込まれると日経擁護の弁明をしがちですが、同僚、先輩後輩の中に優秀で勉強もし、きちんと仕事をしている記者もいる、と、すべてが悪いというスタンスではありません。ダメなモノはダメ、という是々非々であることは共通してますね。

 どこの世界、業界にもあることですが、財務省がこうでは日本の未来が危うくなります。日経がこうでは読者を危うくさせてしまいます。つまり、影響力という点で財務省と日経新聞はかなり大きい。

 だから、きちんと批判して軌道を修正せよ、ときつく要求しているわけです。

 「こんなにしゃべっていいんですか?」という身内でなければ知り得ない情報がそこそこありますし、やはり、正しい政策、正しい仕事はなにかと、自分の仕事、周囲の仕事、トップの仕事を顧みて指摘してくれてるのは、ビジネスパースンにも役に立つ、と思いますね。

 日経の田村さんが尊敬し、高橋さんが唯一、勉強になった、といわせた記者がいますが、さっさと日経を辞めて実家を継いでるというのは残念な話ですよ。詳しくは明日ね。 

 では、中身を少し紹介しておきましょうか。



 日銀前総裁の白川方明さんが去年、5年半の沈黙を破って本を出版しました。なんと700頁にもなる大作で私の古巣の東洋経済から出したんです。題して『中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年』。

 こり力作に対して高橋さん曰く・・・。「この人がデフレ脱却を妨げた戦犯だ」(4頁)

 おもしろいものですね。白川さんはデフレ経済を凌ぎきった金融通で、この人だからこそ日銀は正しい道を歩んでいた、とばかりにいまでも高く評価する声をよく聞きます。しかし高橋さんはデフレ脱却ができるのにぜんぜん動かなかった「戦犯」だとまで言い切ってるんですね。

 たしかに、この人は現総裁の黒田さんと同じく「量的緩和」もしてるんですよ。これは私の本でも詳しく書いてます。けど、違うんです。ボリュームが。黒田さんは思いっきり緩和しましたが、白川さんはチョロチョロとまるでアリバイづくりかのように試しただけなんです。

 ここなんですよ。財政政策が効くのは金融政策あればこそですが、ボリュームとスピードが足りませんと溶けて消えてだけです。

 「2%のインフレ目標が達成できなかったのは、2014年4月からの消費増税が原因だ。消費増税までは白川氏が反対していた異次元金融緩和政策によってインフレ率はいい感じで上昇していた。14年5月には1・6%まで上昇。14年内にも2%達成は確実だった」(5頁)

 せっかくデフレ脱却のめどがついてるのに、どうしてこのタイミングで「消費税増税」なんがするのか、ということです。
  
 旧民主党の野田政権。ありましたよね。経済、外交、防衛、すべてを致命的なまで破壊し尽くした売国政権です。前任はカンチョクト、その前がハトポッポ。♪ドジョーが出てきてこんにちは。坊ちゃん一緒に沈みましょ♪



 「売国奴トリオ」と言っていいでしょうね。いまだに政治家やってるんですから笑えます。

 去年、国会で安倍さんに対した時、消費税増税については言及できなかったんです。野党なんですから、普通は反対するはずですができない。なぜなら、野田佳彦という政治家は国会に諮ることなく、消費税増税します、と勝手に海外で公表しまくっていた張本人ですから。これでは安倍さんが停止したくても国際公約ですからいまさら止められませんよ。

 財務省はそれを狙って「海外で発表させて雁字搦めにしよう」としたんでしょうね。事実、民主党の野田佳彦さんは財務省に骨の髄までしゃぶられました。

 前任のカンチョクトさんもそう。「通訳は自分で雇え!」と高橋さんは政治家にアドバイスしてますけど、ケチなのか、財務省の通訳をいつも使いました。語学がダメですから、G7等々の海外首脳との集まりでも唯一イヤホンが離せませんでした。

 カンチョクトさんは鳩山政権の財務大臣、野田佳彦さんはカンチョクト政権の財務大臣。洗脳された2人が突き進んだのが「消費税増税」です。おかげで選挙はボロ負け。

 私は、安倍さんは3月末までは「消費税やるぞやるぞポーズ」を徹底し、予算が成立したら、「消費税? やりませんよ」と宣言すると思います。
 ベストは「永久債の導入」です。これさえやってしまえば、財務省の謀略を気にすることもなくなります。

 財務省にとって政権なんて自民党だろうが民主党だろうが共産党だろうが、どうでもいいんですよ。とにかく増税させてくれるならどうでもいいんです。

 「プライマリー・バランス」を死守する、と決めさせられたのもカンチョクト政権ですよ。この経済音痴政権は財務省のカモになりました。史上最悪最低の政権でしょうね。



 この「プライマリー・バランス」は「基礎的財政収支」と呼ばれるモノですけど、「これを黒字化せよ!」というのが財務省の悲願なんです。「黒字化」とはなにか? 国債を発行することなく、税金だけでやりくりできるようにせよ、というわけですよ。

 「なるほど財政健全化の財務省や、なかなかええことゆうな」と思ったら、カンチョクトさんと同レベルです。考えても見てください。国家財政は家計とは違います。家計なら借金はしないほうがいい。けど、国家は景気を良くするならどんどん借金してもいいんですよ。

 家計は1年で借金を返す。国家は何世紀と続くんです。「だから、孫子の代に借金を残したくない!」という説得に、これまた、「財務省はなかなかええことゆうな。その通りやで」と思ったら、これまたカンチョクトさんと同じです。

 節約に節約を続け、借金を返しましょう。早く返すために税金をもっと上げましょう。消費税の税率をどんどん高くしましょう。これが財務省の本音です。

 しかし、そんなことしたらどうなります? 不況のどん底に落ちて企業は倒産、家計は破綻、借金はさらに増えますよ。一時的に財務省の懐に増税で搾り取った血税がわんさと入りますけど、しばらくすると、経済が死んで税収が激減します。

 逆に、量的金融緩和や政府のインフラ投資というカンフル剤で市況を改善する。そして法人税、所得税、住民税を結果、たくさん納税してもらえる、という形にしなければならないんです。

 安倍さんの敵は野党ではなく財務省なんですよ。ご本人はそれがわかっているから騙されないように、財務省の方も騙されないように、騙しやすい首相に入れ替えたいんでしょうね。安倍降ろしの仕掛け人は財務省です。

 さて、いったいなにが足りないんでしょうね? 「デフレ体質」が国民にも企業経営者にもどっふり染みついていることでしょう。

 高橋さんの白川さん批判はまだまだ続きますよ。

 「金融政策だけでインフレ目標2%は実施できた。何のために金融政策をやっているのか、本人もきちんと理解していない」(5頁)
 「致命的である。白川氏の著作や発言には雇用の話はまず出てこない。著作では『インフレ目標2%の意味がわからない』と書かれている」(同)
 「正直であるが、そういう人が中央銀行総裁だったとは空恐ろしい」(同)

 呆れるばかりですが、これが真相です。思った通り。
 日銀はこんな体たらくだから、財務省からなんと言われているか。「財務省本石町出張所」ですよ。

 この話、明日も続きます。
・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・・

 ま、こんなコンテンツです。長い? しかたない。脱線が多いし、たまに転覆しちゃうからね。小説はやぼですから結末は書きませんけど、やはり、脱線しちゃう。なぜか? その人のほかの小説等も紹介しちゃうから。年に3000冊も読んでるとたいていカバーしちゃうのよ。で、あれこれしゃべりたくなっちゃうわけです。
 「聴く!通勤快読」は音声+テキスト、「読む!見る!通勤快読」はチャート・写真+テキスト。どちらを選ぶかはあなた次第です。

 ところで、年賀状に「札幌原原を再開してちょ」つう相談が来てるんすけど、100万都市のわりに私の読者が少ないからねー。当方の営業不足ですけど。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

祝!感謝!七海ひろきさん(かいちゃん)宝塚歌劇団ご卒業。
[2019年03月27日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

上がるのは「金価格」と「VIX」だけ?
[2019年03月26日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

来週、いよいよ始まります。新潟で1年間、中島孝志と一緒に勉強しませんか。
[2019年03月25日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間で5日でハイリターンを狙う!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!