カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年05月16日 (土)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年05月02日 (土)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年04月28日 (火)

「通勤快読」オープン!

 忘れないうちに(その1)・・・ダウ4連騰でようやく半値戻し。



 忘れないうちに(その2)・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信します。



 タイトルは 『慶大・南カリフォルニア大・スタンフォード大の「ウイルス抗体調査」が意味すること!「誤答率30%PCR検査」やればやるほど「致死率」は激減する!』 とします。ご期待ください。

 巣籠のみなさんにプレゼント! 「中島孝志の聴く!読む!見る!通勤快読」をオープンします。直近バックナンバーの中から「知っておきたい和食の秘密 前編」(渡辺望著・990円・勉誠出版)をご紹介します。

・・・・・・引用開始・・・・・
 日本のラーメンが世界で大人気、来日する中国人観光客も日本のラーメン屋で行列。日本のパスタは本場イタリアでも大流行。もちろん、寿司や天ぷらは世界を席巻。

 「和食」がユネスコの世界遺産に登録されました。



 「和食」は世界でも独特の特徴を持ったユニークな文化。でありながら、世界でも好きな外国料理のトップを独走してます。
 
 本書は豊富なエピソードで和食の秘密を興味深く解き明かしながら、豊かな日本の食文化と、その底に流れる精神を探求する一冊です。

 この著者がまさかこういう分野の本を書くとは驚きです。



 しかし内容はというと、料理研究家か一流和食料理人が書いたのか、と思わせる力作。感服です。

 食いしん坊にとってはたまらないですねー。「食」に縁がある作家や文学、歴史など魅力的な脱線がわんさか。これが本書の醍醐味かもしれません。



 漱石の『坊っちゃん』の一こま。
 愛媛は松山中学に赴任した坊ちゃんは暇にまかせて街ぶら。まずは天ぷらそばす。団子屋に団子を食べに。
 
 翌朝、学校に行ってみると行動が詳細に黒板に描かれてる。どこかでだれかに見られてる。プライバシーなどありえない。ああ、田舎は嫌だ。田舎者は嫌だ。生まれも育ちもおいら江戸っ子の坊ちゃんには耐えられない屈辱。

 くっそーー。

 『坊ちゃん』という小説、実は私が人生で最初に買った本なんですね。小学4年。あまりのおかしさにこれ1冊で漱石のとりこ。大学生のときに全集購入。三島の全集も書店勤務の先輩に頼んで25%引きで買っちゃいましたけど。

 いまならキンドルだろうなー。紙の全集なんて場所とって大変だもん。



 『三四郎』のカレーライスも取り上げてますけど、私が夢にまで見た美味しい食べ物は・・・あげまん。漱石の『坑夫』という小説だったかなー。たしか。
 これから炭坑に行く主人公がふと見つけたあげまん。古い饅頭をそのままでは食べられないから油で揚げてある。それをねっとりと食べつくす。美味そうだなー。きっと美味いに違いない。主人公も何回かお代わりしてたと思うな。

 漱石はグルメだったと思いますよ。食いしん坊でなければこんなにあちこち「食いもん」が出てくるはずがありませんもの。

 しかし、あの揚げ饅頭は食べたかったなー。あれから半世紀。いまでも夢見るくらいですから。よっぽど美味そうに思えたんでしょうな。

 さて、当の漱石はというと糖尿病で胃弱。結局、胃潰瘍が命取りになるわけですが、食欲と戦いながら仕事をしていたのではないでしょうか。



『美食倶楽部』に登場するのは5人の紳士。正月から年末まで美食とあれば日本全国を奔走する面々。

 ご存じ、谷崎潤一郎の傑作。

 賭博を打つか女を買うか、美味いものを食うか。なんの仕事も持っちゃいない彼らは、東京中の美味いもん屋はもちろん、大阪では鯛茶漬け、下関では河豚。暇と金に任せて食べ歩く。
 
 いまやテレビはグルメ番組がずらり。食いもんなしに番組は成立しませんよ。「谷崎のころにグルメなんて」と不思議がることなかれ。日本人は古今食いもん好きの民族なんです。
 
 江戸時代にお伊勢参りが盛んになりました。「ディスカバー・ジャパン」で日本人はあちこち旅しています。「るるぶ」みたいな情報誌が自然発生的に生まれています。しかも、旅好きたちがみなで情報を収集して作っちゃう。

 日本人はとっくに「ウイキペディア」をやってたんですよ。そればかりか、旅と言えば「旅籠情報」。宿泊情報満載。そして「食情報」もずらり。
 伊勢にたどり着くまで、どこがどう美味しいかまで編集しちゃう。江戸では美味い店番付までできちゃう。

 日本人はとっくの昔に「ミシュランガイド」までつくってたんです。

 「伯爵はその卓越した嗅覚でもって浙江会館という看板のある木造3階建ての西洋館に辿り着いた」

 浙江省の中国人が食する料理を食べたい。残念ながら食べられなかったけれども、異次元の美食を会員たちに供することには成功します。

 「舌をもって味わうばかりでなく、眼をもって、鼻をもって、耳をもって、ある時は肌膚をもって味わわなければならなかった」



 『春琴抄』の春琴、『痴人の愛』のナオミ。彼女たちは揃ってグルメで健啖家、つまり、大食い。食って実は性欲と比例します。アルコールは反比例してると思いますけどね。下戸は性欲が強いと思うけどなー。食ってエネチャージだもん。

 食の細いヤツが性に強いはずがない。女というか動物のメスも大食いの男・オスに惹かれます。精力が強い、エネルギーが強い。生きるパワーが強い。そういうDNAを残したい、と女性は潜在意識で感じているのでは?

・・・・・・引用終了・・・・・

 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義してます。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『新型肺炎、経済崩壊、軍事クーデターで さよなら習近平 後編』(宮崎正弘著・1,320円・ビジネス社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年04月19日 (日)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年03月02日 (月)

パンデミック直前、いまこそ読むべき「通勤快読」をオープンします。

 忘れないうちに・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。



 タイトルは 『『パンデミック真っ最中!タリバンとの和平を水面下で進めてきたトランプ!「インド訪問は成果なし」と報じるメディアの無知!』 です。ご期待ください。



 さーて、新型コロナのおかげで社会も相場もわやですな。
 
 視聴率ダイイチ、ご商売熱心な「ワイドショー」は朝もはよから「あおり情報」の垂れ流し。統計知識すらない東大医学部出身の医学者を繰り出して、あおることあおること。で、これまた無知なブンヤが輪をかけて拡散。

 ワイドショーの某司会者なんぞ、「ディズニーランド休園で子供たちはどこに行けばいいんですか!」とほざく始末。休校になってるのは遊ぶためではありません。ま、この人ならしょうがない。

 日本のメディアしか知らない、自分の頭で考えない人たちはいちいち踊らされ、今朝もトイレットペーパーとカップ麺の買い占めに走る日々だとか。

 ご苦労様です。

 新型コロナウイルス騒ぎを少し冷静になってとらえなおしてみませんか。格好のサイト「勤務医開業つれづれ日記(https://kaigyou-turezure.hatenablog.jp/)」をご覧ください。


チャートはいずれも同サイトから引用させて頂きました。




 テレビ出演医学者の中にはワイドショー受けを狙った「まず目的ありき」の偏向解説をしている人も少なくありません。無知な司会者、コメンテーターは輪をかけてあおりますから始末に困ります。

 日本政府も日本人も、いかに「公衆衛生」という分野が重要か思い知ったと思います。
 けどね、この分野を志す医学者・医学生なんてほとんどいませんよ。名誉とも金とも無縁の分野ですからね。

 神仏は人のいちばん弱点を突く。これ、私の持論。人でなくても国や地域、民族でも同じです。

 今回のコロナ騒ぎにしても、いかにも中国らしいですよ。そしてあとから韓国が追いかける。そのうち日本が追い越すかもしれません。
 それが嫌なんで、全校休学・自宅待機・宴会休止等々を政府は要請したわけでね。いまや待機児童ならぬ待機サラリーマンがわんさか。

 バカ言ってちゃいかんわけでね。

 このコロナ騒ぎで1冊の本を思い出しました。『維新前夜』(鈴木明著)。原原では15年くらい前に講義したことあるかも。『毒書会』で鈴木さんの本をオンパしたことありましたよね。あの時の1冊ですよ。

 超長くなりますけど重要なので、当時の「通勤快読」を引っ張り出します。

・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・
 1864年4月4日。日本の暦でいうと、元治元年2月28日、エジプト現地時間で午後2時から2時半の間。
 通信網のなかったエジプトにいた34人の日本武士たち(池田使節団一行)は、この日のことを「文久4年2月28日」と思っていたらしい。

 この写真を見て、ある種の感動に打たれない日本人はいないと思う。傑作です。量感溢れる力作といってもいいでしょう。
 人によってはスフィンクスの前で日本刀を差し、ちょんまげ姿で映された日本武士の写真を単純に「珍妙」と受け取ったかもしれません。



 元治元年と言えば、「明治維新」と時代が変わった1868年のわずか4年前。徳川家の家臣だった一行は、このヨーロッパ旅行から帰ると、すぐに天地がさかさまになったような激動の渦の中に巻き込まれます。

 一行の中には政治家もいたし、国際法を学んだ法律家もいました。科学者、医者、それに両手で2つのそろばんをこなす男や兵学の大家もいました。一行の中でフランス語をほぼ完全に解した者1人、そのほかに7人の男が英語を読むばかりか、かなりの実力で英会話を行うこともできたんです。

 身分、年齢も大名から小使いまで、44歳から17歳まで実に多彩。
 使節団一行の間で一つ共通する意識があった。それは、「これからの日本はいったいどうなっていくのか?」という危機感と「われわれはどこに行っても間違いなく日本人である」という強い自負心です。

 「34人のサムライ」のうち、実に10人もの男が「日記」ないし「思い出話」を後世に残していました。

 三宅秀という人物も登場します。

 世渡り上手で立身出世タイプとは対極にある人で、「みなは私を医学博士と呼ぶが、風邪ひとつ治せないんだ」と語り、生涯を「公衆衛生」の研究に捧げた人でした。

 この三宅が、時代を読み過ぎて事業に失敗して零落していた名倉予可人(なくら・あなと)を訪ねます。

 「たった17年間で、パリ行きの33人のうち、ある者は大金持ちになり、ある者は立身出世し、ある者は維新の世に随いていけなくなった。その中であなたは右顧左眄することなく、あのとき私に言った通りの道を歩んだ。私は嬉しいです」
 「いえ、不器用なだけです」

 名倉も偉大な魂の人物でした。生まれて初めてのパリでの洞察力。
 「木を見ればその国の富がわかる。パリの木は痩せている。フランスは貧しいから強国になったのだ。日本の参考にはならん」

 年は21歳でも三宅は英語、数学の教師として人の上に立つだけの力量と人柄を身に着けていた。明治3年10月、三宅は「東京大学校」の「中教授」に任命されます。多くの友人が、政治に、実業にと走る中、三宅だけは学問から目をそらせませんでした。

 明治14年、三宅は東京大学医学部長になりますが、その時、まだ34歳。明治21年、日本で「博士号」が誕生すると、三宅は「医学博士1号」となります。

 貴族院議員として法案もたくさん提出しています。しかし意外なことに、医学に関することは貧民のための医療施設、学校の保健衛生などを除いては、あまり積極的にはやらなかったようです。
・・・・・・・・引用・・・・・・・
 
 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『ヒマつぶしの作法』(東海林さだお著・957円・SBクリエイティブ) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年01月02日 (木)

公開!「見る!読む!通勤快読」です。

 本日の「通勤快読」を公開します。お休みは土日と祝祭日そして2/28の公休日のみ。平日毎日更新してます。よーやりまんなー。
 まあ、こんな感じなんですよ。「聴く!通勤快読」は私が吹きこんでますけどね。「読む・見る」のほうはデータとか写真がいろいろ。どちらを選ぶかはあなた次第です。参考までに、もともと「聴く!」サービスしかありませんでしから、こちらのほうが圧倒的に多いですけどね。料金は同じです。

・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・
 「年寄嗤うな、明日の自分。最初で最後、最強の人生論!」
 青年、中年からやがて老年へ。人生100年時代にあっても、「老い」は誰にとっても最初にして最後の道行きなのだ。
 自分の居場所を見定めながら、社会の中でどう自らを律すればいいのか。周囲との付き合い方から孤独との向き合い方、いつか訪れる最期を意識しての心の構えまで――85歳を迎えた巨匠・筒井康隆が書き下ろす、斬新にして痛快、リアルな知恵にあふれた最強の老年論!・・・なんだと。



「昼間っからずっと酔っぱらい。脳に1枚薄い膜がかかっているようでMRI検査をすると脳はそれなりに委縮。海馬は立派なものだと言われて一安心」(3頁)

 記憶力はまだ大丈夫、ということですね。作家商売では大切な部分ですよ。創造力、想像力。この源泉が記憶力ですから。



『敵』という長編が出版されたとき、数学者の森毅さんと対談。で、刺激的な話を頂戴します。

「30歳までは学習の時代、60歳までは労働の時代。それ以降は収穫の時代。そして『人生忠臣蔵』説なるものを展開、すなわち、11の自乗は121歳。それが寿命。
 まずは1段目は1x1で1歳。2段目は2x2で4歳」(13-15頁)

 そうなりますと3x3が9歳で小学3年生。
 4x4で16歳までの青春期。
 5段目は「お軽と勘平」のドラマですよね。5x5=25歳で青春期のピーク。
 6x6=36歳までが自分のスタイルを作る時代。
 7段目は「祇園一力茶屋の場面」ですから7x7=49歳。壮年期ですよね。

 8x8=64歳までは、事件や不始末があった時に頭を下げる役。そういう役回りがありますね。
 9段目は「山科閑居の場」。9x9=81歳というシルバーの時代です。男の平均寿命がそんなものでしょう。認知症とかなんらかの事故にでも遭っていなければ、自分でなんでもできる年寄りです。

 さて10段目以降はなにか? 「余録」つまり「おまけ」とのこと。たしかに「おまけ」ですね。

 なにもできなくなる。動物なら自然と死にます。けど医療がこれほど発達してしまったわが国では、死ねません。インドのジャイナ教徒なら餓死を選択するかもしれません。

 ひたすら「死」を待つなんてつまらない。老人の共同体、たとえば、老人会だとかホーム主催の○○会といった「つくられた老人社会」ではなく、さまざまな人たちとの社会とつながる現役感覚を満喫しなくちゃ。

 ボランティア。

 される側ではなくする側。なんと幸福でしょう。される側が悲惨でどうしようもない存在というわけではありませんよ。しかし、「する側にいる」ということはある意味、特権でしょうね。

 金で介護保険を買うのもいいですが、「これだけ介護した」というボランティアの積立として介護の権利を勝ち取りたい。日本の年寄りは金持ちというより元気なんですからそういう制度があってもいい。

 老人は病院に通って医療費を浪費。呑まないクスリをやまほどもらって帰る。
 元気なうちは動いたらいいんです。動けなくなれば病院にも来られません。





 著者が『敵』を書いたとき、「63歳」という年齢も「老人」という自覚もなかったそうです。ですから「75歳」という設定にしたそうですが、ある時、中村真一郎さんにこんなことを言われます。

「筒井君、人間は70を過ぎると途端にガクンと体力が落ちてしまいます。あなたはまだ60になったばかり。とても想像はつかないと思います。主人公を75歳にしたのなら、80歳の老人のつもりで書いたほうがいい。いや、85歳でもいい」(24-25頁)

 老化というのは少しずつ近づいてくるわけではなく、突然の出来事。「ああ年取ったなー」と気づいた時にはすでに老境というわけです。





『わたしのグランパ』は発表4年目に東映で映画化されたそうですね。
 主演の五代謙三役は菅原文太さん。珠子役は映画初出身の石原さとみさん。

 文太さんは14年、肝癌による肝不全で永眠。享年81歳。『仁義なき戦い』『トラック野郎』の大ファンでしたからね。よーーく観てました。

 山田洋次監督『東京家族』に出演されることになってましたが、クランクイン直前に東日本大震災。「映画を撮ってる時じゃない」と降板してしまいました。被災地仙台の出身ですからね。

「交通事故で1人息子を亡くしている。70歳近くだったからずいぶんつらかっただろう。たいていの老人にとって伴侶さえいれば孤独ではないし、社会的な孤独にも耐えることができる」(105頁)

 70歳近くでなくてもつらいですよ。70歳なら逆に、近いうちに会えるさ、と思えるかもしれません。奥様にもパーティで同じテーブルでお話したことがありますが、そうだったんですね。

「どうしてそんなに仲がいいんですか? わたしども夫婦は顔を合わせれば口喧嘩だし、まして一緒に外出したことなんか一度もありません いつも一緒という夫婦は見たことがありません」

 某一流ホテルの日本料理店店主にいわれたそうです。
 
 皆さん、どうですか? 奥様、ご主人、ご家族とご一緒にお出かけされてますか? 「定年後、うちの宿六が付いてきて困るのよ」なーんて言われてませんか?
 いやいや、定年と同時に離婚してください、とか、離婚とは言わないけど、もう一緒には住みませんから、と別居されちゃったとか、ありませんよね。

 老後の夫婦ってのは、若いうちからどういう関係を築いてきたかで決まります。


リチャード・ギアさん70歳、奥様36歳。こんな嫁はんならいくらでも愚痴ききまんがな。

 そうそう、ギアさんはダライ・ラマ14世の熱心な信者で、「中国のチベット民族迫害はナチスに等しい」と激しく非難してきました。おかげで中国入国禁止。中国の圧力でハリウッドからも干されちゃった。ハリウッドも落ちたもんです。

 そんなギアさん曰く、「妻の愚痴に付き合いなさい。とことん聞いてやりなさい。その時に、こうしたらいいとか、自分ならどうするとか言った、自分の意見は絶対言わないように」(106頁)

 名言ですね・・・できませんけど。 

 今日の「通勤快読」は 『老人の美学』(筒井康隆著・770円・新潮社) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年08月13日 (火)

今日からしばし「歴史もの」を特集します。。。

 昨日は「山の日」の振替休日だったとか。で、金融機関がようやくオープン。やっぱ銀行ないと不便だわな。ネット銀行も外国銀行も口座あるけど通帳ないからね。

 さーて、「通勤快感」ではいつも夏休みは「歴史もの」を特集してます。かなりのリスナー・ビューアーに視聴頂いておりまして誠にありがとうございます。

 書評と錯覚されますが「普通の書評」の枠を超えてる、と思います。というのも、かなりの脱線転覆してますからね。1割しか紹介してないかも。9割は本に語られていないインテリジェンスですし、「見る!読む!」はデータと写真をたっぷり。二重三重にわかりやすくなってると思います。

 知的好奇心の強い人、仕事のできる人、感覚の若い人、終わってない人、自分に飽きてない人、明日の自分が楽しみな人・・・はぜひご視聴くださいませませ。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年08月03日 (土)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年07月21日 (日)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2019年06月30日 (日)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

真木ひでとさん。。。
[2020年06月05日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

天安門事件31周年・・・。
[2020年06月04日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「中島孝志のインテリジェンス!時事放談」を「ニコニコ動画」にアップしました。
[2020年06月03日]
[価値ある情報]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■(有)時代開発工房代表取締役。
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を25年以上続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!