カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月31日 (火)

チャイナウイルス危機ではなく「財務省危機」になりそう!突破力が政権に残っているか?

 金投資の有料サイトに連載してましてね。前半の投資にあまり関係ない部分だけ引用させて頂きます。

「チャイナウイルス」のせいで3/29開催「ぴよこちゃん倶楽部(投資研究会)」「銘柄研究会」「ほぼ毎月経済教室講演会」を延期しました。都知事の要請ですから1回は受け容れよう、と判断したからです。

 世間はガラガラ。日曜はデパートもすっからかん。街は閑散、いつも混んでる喫茶店も空席が目立つ・・・これではいけませんね。

「チャイナウイルス」の感染者数、致死者数が毎日毎日テレビ、新聞、ラジオ、ネット等々、すべてのメディアから発表されてますけど、いかに新顔でワクチンがないとはいえ、はるかに感染者数と致死者が多い「インフルエンザ」は完全スルーしてきたのに、おかしいじゃありませんか。

「1日60人に増えました!」とNHKが叫んでますが、インフル流行の注意報は感染者増加数は週4万人。1日6000人レベルです。桁が違います。

 しかもどちらも罹っても治癒する人がほとんどです。感染者=死亡者と間違えてしまうような「報道」です。
 インフル感染者はコンスタントに年1000万人、うち死亡者は3500人。「チャイナウイルス」の死亡者は80代がメイン。65歳超ならば97-98%。肺炎、交通事故、いやいや自殺者のほうが桁違いに多いのです。



 都市封鎖? 東京ロックダウン? そんなことをすれば経済が頓死します。「チャイナウイルス危機」は何度も言ってますが、「金融危機」ではありません。チャイナウイルスが蔓延し、人の動きがストップ。結果として「製造危機」「流通危機」「雇用危機」が発生しました。

 企業は非正規雇用をリストラ。パート・バイトも含めれば2000万人もいるとか。職を失い、職を失うかもしれない、という危機感から何が起きるかと言えば、「節約」です。つまり、「消費危機」です。

 消費がどれくらいGDPに占めているかを考えれば、経済成長が止まるどころか、壊死しかねないと判断すべきでしょうね。

 金融危機ではない。政府も中央銀行も「流動性」はいくらでも供給する、と宣言しています。それがホントだとしても、金券配布ならまだしも、牛肉・鮮魚の商品券配布とは(天下り狙いの役人が考えそうな弥縫策で笑えます)。

 呆れたのは「(1000万世帯程度の)低収入世帯」をターゲットに補填する、というもの。参考までに、アメリカは大人1200ドル、子供500ドルの現金給付。即金ですよ。しかも一律。超資産家もフードスタンパーも同じ。

「センセ、お金持ちにまで現金給付すると非難されますよ」

 無知な政治家を騙すのは楽ちんです。「一時所得」扱いですからお金持ちは納税しなくちゃならんのよ。

 いまだに大東亜戦争で敗北した「戦力の逐次投入」を繰り返すだけ。「失敗の教訓」をまったく活かしていない、さすが、役人発想。役人に依存するしかない政治家の限界が出ています。
おそらくブレーキは財務省でしょう。プライマリーバランス命。徴税のためなら非徴税者(法人含む)を殺してもかまわない。



「リーマンショック並みのことが起きなければ消費増税は断行します」と首相自ら何度も国民に約束していたのですから、「リーマンショック超の不況必至」なのですから、安倍政権が増やした「5%」の消費税を元に戻すべきです。



 システムを改正できない? ということは、はなから一度上げた税率は戻すつもりがない、という意味ではありませんか。財務省のためなら国民を殺してもかまわない、ということではありませんか。

 安倍政権は弱い弱い弱い。ボンクラ野党はもっと弱いからもってますが、財務省に手玉に取られてます。いま、どうしてここで「モリカケ問題」「近畿財務局職員自殺事件」がぶり返しているかわかりますか?
 
 とくに後者ですけど、これって鴻池祥撃先生の事案でしょ。籠池某が鴻池事務所に陳情に行ったことがきっかけで、安倍政権は無関係でしょ。ワイドショーの司会者とか御用コメンテーターが知らないのは理解できますけど、メディアのまともな記者ならご存じのはず。

 それが緩んでる。睨みが効かない。忖度してもらえない。つまり、安倍政権は弱い弱い。

 どうしてか? 20年度予算は修正すべきであって、成立(3/27)させて補正にすると対処できるタイミングがずっと遅れるんです。おそらく、財務省はこの間に安倍政権を潰すつもり。で、操りやすい男を総理に据えるつもりでしょうな。



 油断すると安倍さん、足元すくわれますよ。国民はあの民主党を選択した「狂気(凶器)」を手放してはいないのですから。

  『人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。村西とおる魂の言葉 完結編』(村西とおる著・946円・祥伝社) です。とてもいい本です。





カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月30日 (月)

村西とおるさんの時代。。。

 本日配信「経済教室メルマガ」は3/25配信メルマガの続編です。

 3/25 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 のタイトルは 『トランプは許さない!「サウジ」「アリババ」依存の「SBG」に明日はあるのか?孫さんの賭けに市場は乗らない!』 でした。

 事実は小説よりも奇なり。真実はメルマガよりも奇なり。

 ここに来て「ワンウェブ破綻!」。追証として保有株1010万株を提供とのことですが、2兆円分の自社株買い発表(発表だけ)はこの間行われていたわけね。3/23△18.6%、3/24△18.9%、3/25△9.9%と株価はV字回復。




「割安」かどうかは「経済教室メルマガ」で詳述してます。


 そもそもMoody'sがSBGを2段階格下げ(3/25有効。その後、SBGが取り下げ)に逆切れ。けど日産も2段階、トヨタですら1段階格下げなんですから当然でしょ。
 不思議な株価の動きは「経済教室メルマガ」でお話します。確信犯的に株価を吊り上げてますよ。18/12のソフトバンク上場にしてもサウジ資金リスクのカバーだったのでは、と睨んでます。

 NK225でも高構成比率銘柄であるSBGが下落したら影響は少なくないわなー。

 さて、ただいま「通勤快読」でご紹介中の著者は村西とおるさんです。

 「監督と言えば野村だ長嶋だ、黒澤だなんて、片腹痛いというの。監督ならば、村西とおる。」なんですよ。

 実は、村西さんには東京原理原則研究会で講義していただいたことがあります。爆笑爆笑大爆笑・・・はもちろんですが、目から鱗が何枚落ちたか。実に深い言葉でした。

 とんでもない人生経験から吐かれた絹にも勝る箴言だったのでは、と思います。 









  『人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。村西とおる魂の言葉  中編』(村西とおる著・946円・祥伝社) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月29日 (日)

本日開催予定の「ぴよこちゃん倶楽部」「銘柄研究会」「ほぼ毎月経済教室講演会」は4/26に延期となりました。

 忘れないうちに(その1)・・・午後2時半に “ほぼ毎月経済教室講演会”の音声データと講義レジメ(100枚くらいあるかも)を配信しました。「ぴよこちゃん倶楽部」「ほぼ毎月経済教室講演会」の会員様はご確認ください。出血大サービスです。

 なお、3/29(日)は4/26(日)に延期にしました。4月は2回=4/11(土)と4/26(日)と開催します。

 忘れないうちに(その2)・・・土日深夜 “どん底銘柄 特急便” 定期便を配信しています。会員はご確認ください。



 タイトルは 『「乱高下相場こそ価値あるインテリジェンス!超リバウンドT・P・A」「年4回配当10銘柄・うねり取り10銘柄」「原油暴落こそチャンス!N投信」チャート解析大研究!』 です。ご期待ください。


円高転換? 日経新聞は108-109円で推移する、とか。ホンマかいな。今週は米指標発表連発でっせ。大きく揺れますよ。

配当落180円から始まるけど日銀マシンガンでカバーだわな。

 昨日と今日は東京で「外出禁止」要請。東京だけのはずがありませんから、神奈川、千葉、埼玉も続いて自粛。

 さすがにスカスカですな。デパも食品売場以外は臨時休業。街中もシーン・・・けど、レストランは繁盛してるとこはしてますね。ダメなとこはダメ。

 不況はチャンスでもありますね。ダイナミックに転換させるチャンスですよ。ダメなとこはがらり変えないと。実は、私自身、事業展開を変えつつありますし、そこそこ変えてきました。

 たとえば、いままで履いて捨てるほど単行本を執筆し、いまもそうですが、プロデュースもいまだに依頼されています。版元とのマッチング等もしています。
 けど、この媒体は期待していません。「もうお前は死んでいる!」とすら感じています。

 ならば、電子書籍? かつて、半沢直樹大ブームのとき、実は、ベスト10に3-4冊ランクインしてたのは半沢直樹と私の本でした。電子書籍も終わりです。というか、自分で電子書籍の発行人になっています。

 電子書籍の印税は20-30%ですから、紙媒体(普通の単行本とか新書)の2-3倍。下手するともっと差があります。つまり、いま、書店も版元も減少してますし、紙媒体の出版点数は激減していますが、著者も紙媒体では書かなくなっているんです。

 自分で発行人になってしまう。つまり、出版ビジネスをしてしまえばいいんです。ノーリスク・ハイリターンですから。アマゾンを使えばいくらでもできます。

 YouTuberも「オワコン」です。いま、新しい活用法を企画してます。近々、打ち出します。

 昔、幸之助さんが「景気がいいと、ダメな経営でもそこそこ儲けられるんや。不況になるとそうはいかん」と言ってました。優れた経営者にとって、不況こそ真価がわかるチャンスなんです。

 チャイナウイルスで日本人だけでなく世界が「俯き加減」になっています。張本人は「習近平様が偉大だから世界はこの程度で済んでるんだ」と、相も変わらず、我田引水、自画自賛、牽強付会、厚顔無恥そして傍若無人です。

 加害者がでかい面して、被害者が落ち込むなんざ、おかしいじゃないですか。





 おかしいといえば、「外出自粛」もおかしいと思いませんか? インフルのほうがはるかに危険なんですよ。桁違いです。
 どうしておかしいのに「当たり前」と受け容れてしまってるんですか? 実は、カラクリがあるんです。詳しくは「経済教室メルマガ」でお話します。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月26日 (木)

マスクを自分でつくりましょう。。。

  緊急連絡です。すでにメーリングリストでご連絡していますが、3/29開催予定の『ぴよこちゃん倶楽部』『中島孝志の銘柄研究会』『中島孝志のほぼ毎月講演会』は延期とします。都知事の要請(法律上ギリギリ。実質的に禁止命令)を受け容れたいと思います。
 6月に延期します。スケジュールはゲスト講師と相談した上で近々ご連絡します。

  ※「中島孝志のほぼ毎月経済教室講演会」ですが、3/29に講義するコンテンツにいちばん近い内容を3/21出雲原理原則研究会でしておりますので、3/29午後1時に「講義データ」「音声データ」を会員様に配信させて頂きます。もち、6月も講義しますのでお楽しみに・・・。

 いよいよ東京でも都知事より「外出自粛要請」が出ましたね。自粛自粛自粛ではありますが、感染症の蔓延予防に一番効くのは「ロックダウン」です。

 ワクチンは安心剤、そして個別対処の方策です。ロックダウンは予防医学政策としてはベストです。



 今週、東京原原で講義した通り、聖武天皇も「平城京ロックダウン」をされてたほどです。



 アホな野党のセンセ方はなんの提案もできないくせに、与党・行政・自衛隊を批判、非難、攻撃し、足を引っ張るだけ。野党がいなければもっとスピーディに進むでしょうね。健全野党とはほど遠い「頓珍漢野党」。

 困ったものです。

 さて、マスクありませんねー。シャープも通販で販売するらしいですが、急いでもらいたいですね。

 そこで・・・大阪原原・ぴよこちゃん倶楽部のメンバーがこんな提案をしています。
 
「マスクがなかったら、長持ちさせるよう一寸発想の転換をして、不織布袋をハサミで加工して使ったらよろしいのでは?
 家にCDの入った不織布の袋とか衣料品の入った袋とかあるのでは? ガーゼを買い込んだら、ガーゼが必要な人に回らなくなるし・・・。

 ここ1-2週間、私の会社から顧客50社に日本製不織布袋を無償でお送りしました。各社及び学校の先生方からお礼の言葉を頂いております。

 視点を変えて身の回りのものを使えれば、不安も解消しストレスも少なくなり、免疫力もキープできるのではと思っております。

<ご案内>
 突然ですが、本日「マスク長持ち対策用」として「日本製不織布袋」を100枚ほど、お役に立てばと思い宅急便にてお送りしました。
 現在外出時にはマスクが必需品になっておりますが、当方買い置きマスクが残り5枚ほどになりましたが追加のマスクが全く手に入りません。そこでマスクを長く使えるよう、手に入りにくくなったガーゼの代わりに不織布袋の「不織布」をカットして中にセットして使いましたところ、使い勝手がいいので、我が家の娘、弊社の事務の女性や協力会社のスタッフに薦めたところ、非常に好評でした。

 女性はファンデーションや口紅がマスクに付いて、洗ってもマスクの再使用ができずに困っていたということで、マスクが全く手に入らない今、定期的に交換するのに助かりますとのことでした。
*台湾製の不織布袋に使用されている不織布は、しっかりしていますが、一寸堅くて肌が擦れるので、日本製のこの不織布がいいようです。もちろん、日本製不織布袋も各種あり、今回お送りする分が弊社が使用している不織布袋の中では一番肌にやさしいとおもわれます。

1)透明PPを外し、マスクサイズにカット
2)マスクにセットしてテープ止め。(テープ止めしていないと、すぐあらぬところに移動して対面者から見えますので)
*切り貼りが一寸手間ですが、背に腹は代えられないので、自作しております。
*普通のセロテープは剥がれ易いので、粘着力の強い医療用テープがお勧めです。
*今流行の「手作り布(又はガーゼ)マスク」の中にセットすると不織布がガードしてくれるので化粧品等が付着せずマスクの洗濯が便利と思われます。

 マスクの増産の効果が出て従来通り普通に購入できる時期は、4月初め頃になると思われますので、それまで、もしよろしければ、
皆様でお試しください。
*万が一の「お肌荒れ」の場合、責任を持ちかねますのでその点はご了承ください。」・・・とのこと。

 ユザワ屋には材料がたくさん売ってました。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『悪の脳科学』(中野信子著・858円・集英社) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月22日 (日)

安倍さん、オリンピック延期発表と同時に「解散総選挙」に打って出るべし!

 忘れないうちに・・・深夜 “どん底銘柄 特急便” 定期便を配信しています。
 タイトルは 『「彼岸底」でいったん底打ち反発と読む理由!「3連騰逆行高R・M・N」「超割安銘柄T」「四半期配当銘柄A」「好決算期待E・R・I」「うねり取りM・K」チャート解析大研究!』です。ご確認ください。

 羽田-出雲便、ガラガラでしたね。この便は意外に1日5-6便もある、いわば、ドル箱なんですよ。

 空いてますなー。1人30席くらい使えます。大昔、ブラジルに行ったとき、27時間もあんだけど、映画見るにしても、あちらこちらに移ってみたりして、寝る時は横になって寝てました。

 楽ちん楽ちん。復路も空いてるかと思いきや、混みこみ。まいりました。

 さーて、巷では「現金給付」が1万なのか10万なのか15万なのかと騒いでますね。「消費税減税」はどこに行ったんでしょ? まるで猿並みですな。朝三暮四ですわな。バカが作って、バカが出演して、バカが見てるワイドショーはしょうがないけど、すっかり財務省の筋書きに乗せられてますな。

 現金給付もいいけど、ここは「消費税5%」に戻せばいいのよ。キャッシュレス決済も延期させれば「実質10%減税」となりますよね。

 「消費税10%下げたらどうでしょ?」という人もいると思うけど、安倍政権が上げたのは「5%」なんでね。ほかの政権分まで下げるのは「やり過ぎ」。すべて党内で潰されるリスクがあります。

 オリンピックは延期で決まり。トランプが発言するのは考えてのこと。米メディアの意向を代弁しつつ、安倍さんに「助け船」を出したわけでね。

 株価が少し落ち着けば発表すると思うな。いま発表すると家電の買い控えもありそうだしね。



 詳しくは今夜配信の「経済教室メルマガ」でお話しますけど、「オリンピック延期」発表と同時に「解散総選挙」に打って出るべきですね。

 「チャイナウイルス対策」に真剣に取り組んでたのは安倍さんだけじゃないですか。野党がなにかしました? いまだに昔々の「モリカケ」の掘り起こし。平成のことをまだしつこくやろうってわけですからね。

 何回、選挙がありました? そのつど負けてる理由に気づいてない。つまり、野党は手詰まり。なんの方策もなし。「チャイナウイルス対策」のアイデアもなし。批判と非難だけは一人前。つまり、傍観者。

 国民は野党の実態を見抜いてますから支持率は地に堕ちてます。

 労組が支持団体の政党にしても低空飛行。労組自体なんの役にも立ってませんからね。組合員の職を守ってますか? 攻めの労組なんてどこにあるんですか?



 安倍さん、支持率伸ばしてるんですから、この勢いで解散総選挙に打って出ればいいんです。

 緊急経済対策は、64兆円使えばいいじゃないですか? なんのために「枠」があるんですか? 税金が欲しい財務省は大反対するでしょうけね。



 いまやらないと、日本経済はじり貧になります。ドカ貧を怖れてじり貧になる。危機の時にいままで財務省がしてきたことはこれです。



 詳しくは、深夜の「経済教室メルマガ」でお話します。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月21日 (土)

花見にスタバ10連休は大正解!

 忘れないうちに・・・本日深夜 “どん底銘柄 特急便” 定期便を配信します。会員はご確認ください。


日本時間午前2時。CME日経先物急騰中! 上がれ上がれ上がれ! 天まで上がれ!

 タイトルは 『「彼岸底」でいったん底打ち反発と読む理由!「3連騰逆行高R・M・N」「超割安銘柄T」「四半期配当銘柄A」「好決算期待E・R・I」「うねり取りM・K」チャート解析大研究!』です。ご期待ください。







 3連休ですが、書斎のマンションから国道246を見下ろしますと混んでますなー。
 どこに行くん? 行楽地? わざわざ混雑に紛れ込んで「チャイナウイルス」に感染しに行くんかいな? ま、感染率は低いから気にしないんやろなー。

 ワイドショーでは御用記者たちがいまにも地球が崩壊しそうな悲壮な顔して議論してますけど、あの方々も、スタジオ出たらニコニコ。寿司でも食べに行こうよ、とやってるんでしょうな。

 「モリカケ」で自殺した役人の件で政府を糾弾するつもりが、質問者の隣ですグーグー居眠りしてるおばさんがいますからね。

 この世は三文芝居なんでしょうな。

 ところで、いまいちばん空いてる処どこか知ってます? ガラガラなんすよ。

 病院です。もうだれもいません。休診なのか、というくらい。
 シニアが来ませんからね。

 あの人たち、喫茶店がわりでしょ。「チャイナウイルス」騒ぎで病院がいちばん感染リスクが高い、と虫の知らせなんかな。パタッと来なくなったそうです。
 「病院行ったらどう? 家でゴロゴロしててもね。車で送っておげますから」なんてね。「嫁に殺される」と戦々恐々らしいね。
 そのくらい空いてるわけ。

 今日は出雲原理原則研究会があります。メンバーはご参集ください。午後6時からの投資研究会は自由参加です。

 3/24は東京原原なんすけど、会議室から電話。
 「3月は90%キャンセルになりました」
 やっぱりリスクが高いんですね・・・。

 会議室じゃメシ食えなくなりそうなんで、急遽「テレワーク」に仕立て直す。死に物狂いで創意工夫しなくちゃホントに破綻しちゃいます。

 「チャイナウイルス」は「金融危機」ではありません。「製造危機」「流通危機」「消費危機」なんです。結果、「金融危機」に火がつくかどうかの瀬戸際。

 だから、世界の政府・中銀が一致団結して対処してるわけですが、いまできているのは「金融政策」ですね。同時に「財政」に取り組まないと効果はまーーたくありません。

 しかも、昨日配信の「経済教室メルマガ」に書いた通り、「戦力の逐次投入」はダメです。ドカーンとやらないと。財務省・日銀は失敗を認めたくないから「消費税減税」は絶対にしたくないでしょうが、このままでは死に体の安倍政権は「消費税減税」を断行すべきですよ。



 巷間噂されてるような「ガキのお年玉」では消費は戻りません。アメリカは1人1000$でしょ。ホントは乞食じゃないから現金配布は不要です。フリーランスにまで補償する、というんですから。
 しょぼいカネの使い方してたら死に金になります。出した途端に溶けます。80兆円の国債購入を日銀にさせたらいいんですよ。これなら浮上できます。

 このままでは「チャイナウイルス危機」ではなく「財務省ウイルス危機」必至です。

 もともと「リーマンショック並みの不況にならなければ増税する」と言ってたんでしょ。リーマンショック並みの危機なんですから、「消費税なしよ!」をすべきです。総辞職するなら5%に戻してからすべきです。

 「チャイナウイルス」対策については支持率が上昇してるんです、国民は合格点をつけてます。多くの日本人のインテリジェンスはワイドショー・レベルではありません。愚かなメディアの情報は馬耳東風です。



 解散するなら「争点は消費税減税」です。東京オリンピックは延期となります。延期発表と同時に「解散総選挙」です。私はオリンピック直前に解散がある、とずっと言ってきましたけど、いまだに「モリカケ」しか頭にない周回遅れの低能野党なら勝てますよ。

 いつもいつも前振りが長いんです。講義をすれば脱線ときどき転覆ですからね。

 目黒川のスタパ。10日間お休み。正解です。「スタバで感染!」なんてネガ宣伝になっちゃうもの。感染しそうだし。めちゃ混んでますからね。

 今、マイブームの喫茶はスタバではなく「神戸珈琲物語」かな。

 サンドめちゃいいです。BLTもいい。紅茶はいつもポット。あっという間に飲みほして、唯一飲めるコーヒー「モカ・マタリ」をこれまたポットでもらいます。

 イエメンのコーヒーですね。モカは「水」という意味なんだよね。あそこは中東というより東南ですね。海上自衛隊が出張ってるとこ。アラビア海つうかアデン湾つうか。雨がたくさん降るとこ。残念ながら油井がない。で、サウジとイランの代理戦争してるとこ。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月17日 (火)

マスクがどうして不足するのか?

 忘れないうちに(その1)・・・週末3/21(土)は出雲原原です。メンバーはご参集くださいませ。なんと連休の2日目なんですね。気づきませんでした。

 忘れないうちに(そ2)・・・ダウ史上最大の下げ幅。原油28ドル台突入!ダウ下落に相反して金ゴールドのみが上昇。「恐慌」とはすべての価値が一斉に下落すること。金価格も大幅下落します。ということは?



 かつて、パウエルの前任者=ジャネット・イエレン曰く「FRBが株式や社債を購入できれば、景気悪化時の刺激策として有益になるんだけど」と述べたことがありました(16/9/29カンザスシティ地区連銀主催の会合)。

 いまからやれば?



 米国株で言えば、週末は先物市場のトリプルウィッチングデー(株式先物取引、株価指数オプション取引、個別株オプション取引の取引期限満了日(SQ)が重なる日のこと)。ここで落ち着かなければ「まさかの恐慌」入り必至。金価格まで暴落してもおかしくありません。いずれにしても要注目。







 暴落自体は企業経営にはノックアウト効果はありません。けど、こういう事態で投資家・経営者は「現金オリエンテッド」となりますから、現金化できるものはしとこう、と一斉に動きます。

 「買い占め、買いだめはあかんやろ!」と言いながらしてしまうのと同じ。

 いま、スーパーや量販店ではマスクとか食品をはじめとした生活必需品の「買い占め」「買いだめ」行列で3-4月はかなり売上が見込めるんじゃないですか。「外出回避」で消費の縮小と拡大。業界では明暗がくっきり。 

 さーて、マスクが足りないんですね。どこにあるんでしょうね。コンビニはないし、近くの薬局には「マスクありません」といきなり入口に立て看があるし。

 ほかの薬局ではたまにマスクがあるらしくて、それ目当てに朝6時半から行列。いつもあるわけではなくて、1週間に1回くらいらしいけどね。

 凄いのは外資系量販店C。たしか10時オープンだったと思うけど、6時半には200人くらいのお客さんが行列つくってます。


オイルショック時代はトイレットペーパー目当ての行列。笑えますか?

 なんなんだ、これは? やっぱマスク目当ての行列なのね。なんでも150枚入りケース売りらしい。
 いつも商品があるわけじゃないんですよ。あるかないかは開いてみないとわからない。ま、並ばなくちゃ買えないからね。ほとんど宝くじ感覚なんでしょうね。

 で、行列のお客さんはたいてい同じ人。散歩のついでに並んでるのかな。で、買えればラッキー。宝くじというより商店街の抽選みたいなもんかいな。

 一方、売る側にしてみると、マスクさえあれば集客できるってんでね。知人の商社経営者のとこには九州の量販店の人が買い付けに来たのよ。深夜まで粘られてマスク120万枚を売ってあげたらしいけど、「身内とか従業員で使う」とか言ってたらしい。けど、やっぱ店頭で売ってた。

 商売人だもん、当たり前。そんなのに売るなよ、といってもねー。マスク目当てにこんだけ行列つくるんですから、マスクさえあれば儲かる、なんとか仕入れよう、と必死になるのは当然ですよ。

 商売人は儲けてナンボ。「儲けたいから」と正直に言ったら、売ってくれない、と思ったのかね。

 でも、いま、流通してるマスクなんて、SARSとかMERS、鳥インフル時代の「売れ残り」ちゃうかな? そんなんでも欲しいのよ。いまプレゼントでいちばん喜ばれるのが「マスク」ですからね。桐箱に入れて献上してはどうかな。

 みなが欲しいから価値が高騰するわけでね。希少価値というヤツですな。

 「どうですか? マスク10枚で」
 「おぬしもワルよのー」

 賄賂のネタにマスク。マスク10枚で金1キロとか。そのうち落ち目のドルに代わって「マスク」が通貨単位になるかも。

 「チューリップバブル」もこういう構造だったんだわな。

 さーて、どうしてマスクがないんでしょ? 考えたことありますか? 人気で製造が間に合わない? 家電メーカーのシャープまで作り始めました。では流通の問題?

 いえいえ。本質的な問題は「政府のスタンス」にあります。一言で言えば、「人間通ではない」ということです。「人」というものを理解してない「殿上人」の政策にあります。

 説明する前に、松下幸之助さんのお話をしましょう。終戦直後ですから、大昔のことです。当時、公職追放されてましてね。あちこちに出かけていっては「辻説法」みたいなことをしてたんです。
 ある時、大阪地裁で判事さん50人を集めて懇話会みたいなものがありました。そこで、若い判事さんから質問がありました。





 何が言いたいかというと、マスクですね。石炭じゃありません。けど、同じことです。政府はマスクを「高く売ってはいけない」「転売してはいけない」、一方で「たくさんつくってほしい」「安くしてほしい」というわけですね。

 一見、国民目線に立った正義の味方。だから始末に悪い。正論ほど使えないものはありませんからね。マスクが市場に出ないのは「高く売りたい」「転売したい」「安く作りたくない」と現場は思ってるからですよ。

 大量生産のために懸命に工場を動かす。そのためには、労賃がかかります。従業員をたくさん雇わなくちゃ。となりますと、ただでさえ人手不足なのにリクルーティングにさらにお金がかかります。
 原材料を確保する。たくさん輸入したい。相手先は長い取引先との商売を優先しますよね。
 設備投資をする。生産性を上げるために機械を導入したい。
 
 さて、製造者は投下したコストをいつ回収できるんでしょうか。特効薬開発に邁進している製薬会社もしかりです。

 こういう状況ですから、たくさん作りたい、安く販売したい。だれもがそう思ってますよ。中国人じゃないんですから。

 政府がやっていることは70年前と変わりません。マスクを市場にあふれるほど供給したければ、製造者と販売業者が喜んで作りたくなる、売りたくなる施策を考えなくちゃね。

 「高く売ってもかまわない」
 「転売ノープロブレム」
 「美味しい商売だ」

 儲かるようにしてやればいいんですよ。一時的に高額になるかもしれませんけどね、あっという間に落ちつきます。競争が出てきますから。

 たとえば、設備投資の投融資には補助金を出す、在庫が残ったら全量買い上げしてやる。とくに政府ができることは税の一括処理(即時償却)ですよ。そうしたら関係ない設備投資も含めて始める経営者が出てきます。国策に協力した貢献者として、政府は税務署に命じて「緩く処理」させればいいんです。 
 
 ああ、昔、幸之助さんが石炭問題で義憤にかられていたことがあったな、と思い出した次第です。

 実は一時期のトレペみたいに「買い占め」が進んでいるのは「マスク」だけではありません。近々、お話します。

 さて今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『女子と鉄道』(酒井順子著・545円・光文社) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月12日 (木)

中国忖度のエチオピア人がようやく「パンデミック」宣言。今ごろ? 習近平からお許しが出たのかな。

 忘れないうちに・・・3/29開催「ほぼ毎月経済教室講演会」のテーマは「トランプは対中軍事戦争を決めた!再選後、米国を裏切った国と企業への報復が始まる!S社S社長はこうなる!」とします。



 80分ではまーーたく足りませんけどしょうがない。3/21開催の出雲原原、3/24開催の東京原原。それぞれの「ま・く・ら」では「さ・わ・り」をお話します(「さ・わ・り」の意味はわかりますよね? ほとんどの人が誤用してますんでご注意)。

 重要なことをわかりやすく、おもしろく、深くお話しよう、といつも「努力」だけはしてますが、今回はきわめて重要なお話です。投資家にはとくにね。

 さて、エチオピア人が「パンデミック宣言」しましたので、ブログを差し替えました。
 習近平の許可が出たんでしょうか。エチは4兆円くらい投資してもらってますから、そりゃ「忖度」しますわな(どうせこのお金もポッポに入れてるんでしようけど)。



 ここに来てようやく「パンデミック宣言」? いままで頑として認めなかったのにね。緊急事態宣言はしてたけど、どうして?

 実は、エボラ流行時を教訓に、日独がカネを出して「CATボンド(カタストロフ債)」(4億2500万ドル)を発行してるんです。知ってました? いわゆる「Pandemic Emergency Financing Facility (PEF)」ですね。

 もちろん、世界中の投資家から資金調達しています。この満期が7月。この時まで「カタ」がなければ丸儲け(たしか金利3%)。けどなにかあったら? 大変なことになります。いよいよ債券マーケットまで崩壊します。

 「世界恐慌」ですよ。金価格も暴落してもおかしくありません。現金だけが頼り。

 だれが、いつ、何を根拠に? WHOが、いま、新型コロナウイルスを「Pandemic」と認めた瞬間、「デフォルト」。つまり、投資資金はパー。紙くずになります。
 そういう約束なんだもん。「PEF」には契約書(正確には目論見書といいます)があります。「特定国で死者2500人以上」と定義してます。今回はドンピシャ。いくらなんでも7月までもたない。ごまかせない。このままいくと桁違いになりそうだ。ホントの数字は押さえているはずですよ、エチ人も。

 「ぴよこちゃん倶楽部」のゲスト講師(2回)大井幸子さんは「満期まで認定しないのでは?」とお話されてますが、たぶん、○○の圧力で宣言せざるを得なくなったのではないでしょうか。
 なんでも投資商品にする狡猾さ。嫌いじゃないけどね。けど、天罰かもしれませんな。

 ダウ暴落どころの話ではありません。米国債デフォルト騒ぎの時と酷似してますな。

 この話、やばいので、原原、ぴよこちゃん倶楽部、ほぼ毎月経済教室講演会で詳しくお話します。

 さて、治療法がないのに検査をし過ぎて医療崩壊。韓国とイタリアになっちゃいけませんよ。

 両国に共通するのは「中国の手下」ということ。イタリアなんて今ごろ「一帯一路」にのめり込んでるんてすからね。よっぽど経済が落ち込んでたんでしょうな。

 韓国はご存じの通り。今も昔も中国はご主人様。



 日本は習近平に振り回されました。
「♪来る来ない 来ない来る どっちなのー♪」
 アグネス・チャンじゃあるましい。古いね、どうも。


社員を出張させるならまずは財界首脳からどうぞ・・・。

 商売熱心な財界と中国べったりの幹事長から懇願されて「国賓」なんてバカなことした報いでしょうな。国民は大迷惑ですよ。ODAで何兆円ももしりとって、いまなお尖閣と沖縄狙ってるヤツを「国賓」とはね。

 天皇陛下が利用されるとこでした。

 新型コロナウイルス唯一のメリット・・・習近平来日がドタキャンとなったことです。野党は安倍さんばかり攻撃してるけど、習近平とか中国にはなにも言わないのね。「おまえらのせいでこんなになった」と議会決議したらいいのに。遅ればせながらでも中韓、イタリアを拒否するのは正解です。

 これから安倍さんは緊急事態宣言もできます。

 メディアもそうですね。よっぽどいえない事情があるんでしょうな。あのエチオピア人と同じですな。



 ようやくパンデミック宣言。こりゃ株も下がりますわな。さっさと発言してたら「とことん暴落」して回復も早かったと思うけどね。

 MSQ直前というタイミング。市場を殺すつもりでしょうか。

 さて、新型コロナウイルスですけど、治療法はありませんけど、「経済教室メルマガ」になにが有効と考えられるか、信頼すべき専門家の提案をスクリーニングしてまとめています。ご確認ください。



 基本は免疫力ですよ。つまり、免疫力を上げるモノ、そして加齢でどうしても不足するモノ。それは補填しなくちゃ。

 生活改善も必須でしょ。一言で言えば、無理をしないこと。睡眠と栄養そしてストレスのないスローライフ。そして疑わしきは自己隔離。
 
 キモは・・・
1重篤者のみ検査そして入院
2専門医療機関の設置
3還暦未満とくに若年層は基本的に拒絶
3あくまでも既存患者を優先すること

 日本の一大事にいちばん邪魔なのは「メディア=ワイドショー」でしょうね。メリットとデメリットを天秤にかけたらデメリットのほうがはるかに大きいでしょうね。

 司会者とコメンテーターたちは現場を知らず、「全検査だ!」と大合唱してます。韓国とイタリアの現実をご覧になれば一目瞭然。取り返しのつかないことをしました。

 韓国てのはついてない国ですな。2011年、わが国も最悪の政治家が首相でした。韓国はこれからもっと悪化しますよ。

 自分たちで「偽感染者」を増やしておいて振り回されている。結果、60歳超には人工呼吸器は諦めてください、とはね。

 医療システムが崩壊しています。

 考えてみれば当たり前。「検査しろ!全検査するって約束だろ!」が医療機関と保健所に殺到したら? 「偽者」が「本物」と出合ってホントに感染してしまいます。だって、いま地球上でいちばんハイリスクなのは医療機関と保健所ですもの。

 日本政府が要請してたのは「君子危うきに近寄らず」です。

 100人中1割感染の母集団では、陽性7人。偽陽性が9人。ホントに治療すべきは1人せいぜい2人。非感染16人を入院させたら癌や心臓病、事故の救急患者は入院できなくなります。



 韓国とイタリアはこれで崩壊しました。既存患者の死亡者も激増するはず。

 60歳未満の致死率は0.38%なんすから、この層は「咳が出る」「熱がある」くらいで駆け込むな。4日間は様子を見てくれ。日本施フの行動指針が正解。

 韓国とイタリアは軽症の若者を優先。老人切り捨て。結果、死亡者激増。

 「パンデミック」とはそういうことです。

 まいったなー、今夜の「経済教室メルマガ」に書けばよかった。いま気づいても遅いってーの。3回もアップデートしたら増えちゃったのね。差し替えもしたし・・・。ホント、参った。けど、深夜の配信もちゃんとしますよ。言いたりないことたくさんありますから。

 今日配信の「通勤快読」は 『生物はウイルスが進化させた 巨大なウイルスが語る新たな生命像』(武村政春著・1,617円・講談社) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月11日 (水)

新型コロナウイルス!パンデミック驀進中!個人レベルの水際作戦できることすべきこと。

 忘れないうちに・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。



 略歴だけはゴージャスな「専門家」の発言には呆れてしまいます。ウイルスと細菌の違いもわからず、恐怖とデマで国民を踊らせるばかり。そこで今回は正しい情報と対処法についてお話しします。


 
 タイトルは 『メディアを鵜呑みにすると命取り!どうする?新型コロナウイルス!役に立つのは修羅場で解決してきたこの3人のアドバイスだけ!--その3完結編』 です。

 世界中のてんやわんやは相変わらずですね。株価はリーマンショックを超える下げ幅。大暴落。ま、詳しくは「どん底メルマガ」に書きますけど。

 ほんに中共という国はとんでもない厄介者ですね。近々、地球儀から消えてなくなるでしょうね。
 日本から兆円単位の金を何年もせしめてきたくせに、恩知らずどころか、尖閣諸島を飲み込もうとしています。「武漢ウイルス」を「日本ウイルス」にしようと画策しています。とんでもない犯罪国家です。





 新型コロナウイルスがパンデミックになりつつある2月28日、著名な中国人キャスター(中国中央テレビ崔永元氏・トップ女優范冰冰(ファン・ビンビン)氏の巨額脱税疑惑を暴露した人)がツイッターで世論調査を行いました。有名な話ですから人口に膾炙していると思います。

 調査内容は・・・新型コロナウイルスは・・・。

1天然ウイルス・自然感染
2天然ウイルス・過失漏れ
3人工ウイルス・過失漏れ
4人工ウイルス・悪意ある拡散

 これらのうちいずれと思うか? という質問。中国人ネットユーザーから1日で1万人以上の回答が寄せられました。

 結果は・・・。

3人工ウイルス・過失漏れ=51.1%
3人工ウイルス・悪意ある拡散=23.8%
2天然ウイルス・過失漏れ=13%
1天然ウイルス・自然感染=12%

 75%は「人工ウイルスやんかー」と見抜いてます。さすが中国人。その歴史から教訓として「為政者」のことは信じません。身内の口コミしか信じないのよ。華人・華僑(客家)なんてこれが掟ですから。

 発生源にしても「中国科学院 武漢病毒研究所 武漢P4研究室」と判断(とっくの昔に「経済教室メルマガ」で指摘したとおり)。SARSやエボラ出血熱等の危険病原体を研究する、中国で唯一の研究室ですよね。

 こんな国の親玉を国賓として天皇陛下に会わせようしましたね。安倍政権はそれだけで総辞職に値しますよ。けどね、実は・・・続きは 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 でご覧ください。

 今日配信の「通勤快読」も 『免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ 完結編』(宮坂昌之著・1,210円・講談社) です。ウイルスにどう立ち向かえばいいかがとてもよくわかります。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年03月10日 (火)

いますぐ消費税率を5%に戻しましょう!

 忘れないうちに(その1)・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信します。
 略歴だけはゴージャスな「専門家」の発言には呆れてしまいます。ウイルスと細菌の違いもわからず、恐怖とデマで国民を踊らせるばかり。そこで今回は正しい情報と対処法についてお話しします。
 タイトルは 『メディアを鵜呑みにすると命取り!どうする?新型コロナウイルス!役に立つのは修羅場で解決してきたこの3人のアドバイスだけ!--その3』 です。ご期待ください。

 忘れないうちに(その2)・・・知人の著名投資家は3/10下落するなら「底値で買い進む」と断言。
 なるほど、「強気相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」というジョン・テンプルトンの投資哲学の通りに行動するというわけですな。

 実はこれにはステージがあります。

1市場が総悲観となった局面が強気相場の出発点になりやすい
2先行きに警戒感や疑いが残るうちは徐々に回復する
3警戒感が薄れて楽観的になった頃には相場も天井圏が近い
4市場が総強気や幸福感に浸っているときは上昇相場が終わることが多い

 さて、エル・エラリアン曰く「この下落局面で買ってはいけない。テクニカルを無視してはいけない。いずれ落ち着きを取り戻すだろうが、その前にもっと悲惨な局面を迎える。パニック買いは賢明ではない」とね。

 消費が激減してますね。今年前半は回復できないでしょうな。
 消費の敵はなにか? マインドですよ。消費者の心が冷えこんでしまうとあきまへんな。

 新型コロナウイルスは収束します。「早ければ月内」「遅ければ? 5月」・・・甘いかな。

 突然変異がありますからね。

 けどね、突然変異てのはネガな現象ばかりではありません。いやいや、ポジのほうが圧倒的なんです。だからSARSもMERSも収束したわけでしょ。彼らは死んだふりして「へーんしん!」して機会をうかがってるわけですけどね・・・。

 消費が回復しなければどうなるか? 在庫は古くなる。賞味期限が切れる。その前に叩き売らなくちゃ。で、バーゲンセールが始まる。価格破壊=安売りとなれば、デフレに振れますね。

 設備投資は? 消費が戻らないのにできます? 設備投資が激減する。銅価格、鉄価格は暴落してます。中国は在庫の山が錆びつき始めています。





 人の移動がこれまた激減。出張費が浮く? 交通機関の売上は激減しますね。ホテル等もそうでしょ。ただでさえ、あてにしてた中国人が空振なんすから。
 うるさい連中が消えたから旅行に行こう、なんて考えるのは私くらい。人気の安いバスツアーも自粛傾向。デパートはふるわない。

 量販店はPCが売れ始めた。子供たちが自宅待機なんで知育ゲームがバカ売れ。実は自宅待機のお父さんも楽しんでるとか。







 コロナ騒ぎで増収増益に転換してるのはほかにもたくさんあります。これは「どん底メルマガ」で取り上げます。

 いずれにしても「1億総うつむき加減」なんですよ。

 いまこそ政府は「消費税率」を5%に戻すべきですね。ポイント還元と合わせて10%オフ。つまり、消費税ゼロ!

 財務省が大反対! そりゃそうでしょ。けど、そうしないと消費はもちませんよ。株価は上がりませんよ。日銀とGPIFは含み資産が吹っ飛ぶどころか債務超過必至ですよ。

 いまやるべきです。もしオリンピックを延期するとしたら、同時発表すべきです。

 V字回復する? 必ずします。もともと武漢コロナは収束することになってるんです。タイミングを合わせたら「V字」どころの回復ではありません。株価は一挙に3万円台を突破します。

 「税率を下げる」というのはそのくらいサプライズとインパクトがあるんです。

 またレジを交換するんですか? したらいいじゃないですか? 「危機」なんですから。自宅待機の労賃までもつんでしょ。レジ交換ソフト変更でソフト会社の売上が増えます。

 10%も税率下げたら「高級車」「高級家具」等々、高価なモノから売れます。「グリーン車」で旅行しよ、とかね。

 日本人は貧乏人じやありません。大金持ちです。コロナで狙い撃ちされたシニア層ほどお金を握って離さないんです。今回の大騒ぎで「生きてるうちに遣おうか」と宗旨替えしてるかもしれませんよ。

 そうなんです。お金持ちほどお金を遣わなくちゃいかんのですよ。

 1930年、ウォール街から端を発した「世界恐慌」の時、松下幸之助さんはあえて高級車を購入しました。



 ホントは自家用車なんぞ買うつもりがなかったんですけどね。あまりに政府が緊縮緊縮緊縮財政とうるさいんで、モノが売れない。

 消費は心理的側面が大きいんです。だから率先して高級車を購入したんですよ。誰かが始めないとね。これは見識だと思います。ケチではできません。活きた金を遣いました。

 日本人ならだれでもできますよ。金持ちシニアはたくさんいるんてす。彼らが握って離さないからデフレなんです。

 いまこそ遣い時です。政府は背中を押してやる政策を考えなくちゃ。年内のみの時限立法でもいいでしょ。数値目標を織り込んでもいいでしょ。野党のセンセ方のように頑迷固陋にならず、フレキシブルに考えなくちゃ。

 そういうわけで、不肖、私も高級車とはいきませんが、赤坂の高級店「会津料理 鶴我」で今月の東京原原は二次会をやります。少し早く終わらせます。青山からタクで近いけどね。

 飛露喜、泉川・・・など40種類の高級酒、飲み放題にしてもらいました。そうそう、宴会自粛とかなんとかなんで、今回は原原としての二次会はありません。ですんで「物好き」のみご参加ください。〆は手打ちそばになるか釜飯になるか・・・。

 少し写真をアップしておきましょうか。


盃、器、箸はすべて会津塗。囲炉裏には鮎、岩魚。頭からガブリいけます。

リキマンションのそばです。


  

 予算は幹事マサさんのメーリングリストにある通りです。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『免疫力を強くする 最新科学が語るワクチンと免疫のしくみ 中編』(宮坂昌之著・1,210円・講談社) です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

明日のデータを配信しています。
[2020年04月10日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

「経済教室」のバックナンバーがすべて読めるようになりました。
[2020年04月09日]
[中島孝志の経済教室]

今週末開催しますが、無理しないでください。データはすべてメーリングリストで配信しますから。 
[2020年04月08日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を25年以上続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!