カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年10月04日 (木)

ノーベル賞受賞! 京大科学者に連綿と続く遺伝子。。。

 忘れないうちに、明日は博多原理原則研究会です。メンバーはご参集下さい。今回も東京メンバーが大挙して押しかけるんかいなあ。午後6時から「まくら(政治経済投資の話題)」、7時から「本講義」です。今回のテーマは「成功の秘密は”無意識の力”にあった!」です。お楽しみに。。。


 暴風雨と大地震が続く列島に嬉しいニュースが飛び込んできましたね。
 ご存じのように、本庶佑・京大特別教授のノーベル医学生理学章受賞、という快挙です。

 私、2日間にわたってすべてのニュースを録画してじっくり拝見しました。というのも、主宰する原理原則研究会の「独創力の原理原則について語ろう」というテーマがあるんですけど、同じ京大で「物理学賞」を受賞(1965年)している朝永振一郎博士の発言と根底でよく似てるなあ、と感動したからです。

 本庶先生曰く・・・。

 「研究に関して、何か知りたいという好奇心がある。もう1つは、簡単に信じない。それから、よくマスコミの人は、ネイチャー、サイエンスに出ているからどうだ、という話をするが、僕はいつも『Nature』『Science』に出ているものの9割はうそで、10年たったら、残って1割だと思っています。まず論文とか、書いてあることを信じない。自分の目で、確信ができるまでやる。それが僕のサイエンスに対する基本的なやり方。つまり、自分の頭で考えて、納得できるまでやると言うことです」

 「研究者になるということにおいていちばん重要なのは、何か知りたいと思うこと、不思議だなと思う心を大切にすること。教科書に書いてあることを信じない。常に疑いを持って、本当はどうなってるんだ、という心を大切にする。つまり、自分の目でものを見る。そして納得する。そういう若い小中学生にぜひ、研究の道を志してほしい思います」

 朝永振一郎博士がやはり若い人たちに贈る言葉としてこんな発言をされてます。





 不思議だと思うこと。科学の分野だけでなく、仕事でも人生でもすべての出発点なんですよね。で、数年前に『疑問力』(青春出版社)という本まで出版してしまったことがあります。いまでも売れてるらしいです。





 不平不満を愚痴や文句で終わらせてしまえばそれっきり。疑問に感じたら一歩進めて「ならばこうしては?」という「提案」「改善」にもっていけるかどうか。実は、人間力が問われているのだと思うんです。飲み屋で愚痴をいう暇があるなら、提案をまとめて社長や上司に提出すればいいんですよ。


1日1つの小さな疑問も1年続けたら「革新」となりますよ。

 朝永博士の「科学」という言葉を「仕事」とか「経営」と置き換えても違和感なくすんなり通じると思いますよ。それだけ普遍的なフレーズなんでしょうね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ビートたけしのオールナイトニッポン2018 幸せ元年 後編」(ビートたけし・高田文夫著・1,404円・文藝春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年09月30日 (日)

節約と無駄遣い。。。

 かつて、日本経済が不況に落ち込んでいた時、松下幸之助さんはわざと高級車を買い込んだことがあります。
 「不況だから節約する、の一点張りでは経済は上向かない。こういうときこそ消費を積極的にせなあかん」

 昭和5(1930)年のことですね。政府は大蔵省の要望通りに緊縮政策を徹底していました。パナソニックは順風満帆。自動車の営業マンがセールスに来たわけです。

 「不況で車が売れません。助けると思って1台買っていただけないでしょうか?」

 当時のパナは町工場ですよ。幸之助さんはマイカーはもちろん社用車も持ってません。大阪広しといえども自動車を所有してる処はめったにありません。
 「身分不相応では」と幸之助さん自身も思ったようです。贅沢は敵だ、という時代ですからね。
 しかし考え直します。「経済を発展させるには生産と消費を同時に高めなければいけない。買える者が買ってこそ消費が喚起されて生産も高まり、結果、繁栄につながるのではなかろうか」
 「自動車を買ってほしいといってきているのは世間の要請ではないか」



 錦の御旗を掲げた時の幸之助さんほど強い人はいませんよ。石橋を叩いても渡らないほど慎重な人が、百万人といえどもわれゆかん、に変わります。
 
 その場で購入を決めちゃいます。当時の値段で1万5000円のスチュードベーカーを5800円に負けてくれました。商売上手は買い上手。お買い得でした。

 節約は美徳。たしかにそうです。しかし、1884兆円も抱え込んだ国民が節約に節約を重ね、450兆円の現金+利益剰余金を抱え込んだ企業がこれまた節約に節約を重ねる。

 結果、デフレから抜け出せない。



 雨の日のデパートでは濡れた傘を入れるビニールを用意してる店がたくさんありますね。この時、もったいないよ、捨てられてるビニールを使い回そう、とするお客さんもいます。

 ホテルでも、歯ブラシ、シャンプー、ヘアブラシ、コーヒー等が置かれてたりしますけど、「もったいない」と使わないお客さんもいます。

 私? ぜーんぶ使います。ヘアブラシも電動歯ブラシも持参してますけど、あえて使います。なぜか? 納入業者にしてみればたくさん消費してもらえばたくさん納入できるわけです。ホテルはコストがかかってしょうがないけどね。インバウンド効果でどこのホテルも満室ですよ。

 ここは消費を喚起しなくちゃ。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年09月27日 (木)

新潮45は素晴らしいコンテンツなんだけど。。。

 『新潮45』が休刊だとか。おかげでプレミアがつきまして1冊8000円の大台にのってます。暴騰ですわな。こっち買い占めとけばよかったのー。

 さて、相も変わらずワイドショーの御用コメンテーターたちはやいのやいのと叫んでおりますが、これはしょうがない。ご商売ですから。
 けど、某チョージツ新聞の方が、「おまえが言うなよ」というコメントをされておりました。

 「創業者の発言を聴いて欲しい。良心に背く出版は殺されてもせぬこと、と言ってます。編集者の中にはそう思いながら仕事をしていた人もいると思います。いまこそかみしめて欲しい言葉です」

 へえ、あなた様の新聞社はウソ、それも「国益を損ねるウソ」を捏造、拡散し、このことについてようやく「社長が謝罪」したにもかかわらず、いまだにホームページの英語版では訂正記事を載せていないどころか、アクセスすらできないように工作しているではありませんか。

 良心に背く報道はせんほうがええんちゃう? それとも良心に照らして会社ぐるみでウソを報道したのでしょうか。

 おかげで隣国は鬼のクビをとったようにはしゃいで世界中に「告げ口外交」にまわったではありませんか。だから、「チョージツ新聞」と呼ばれるのではないかしらん。













 『新潮45』は日本国の国益を優先して編集している雑誌であり、中国と韓国、北朝鮮の国益を優先してウソを報道するメディアではありません。

 スタンスがはっきりしているので、嫌いな人は読まなければいいだけのことです。「人民新聞」ではありません。嫌いな道は通らない。嫌いな番組は見ない。同じように、山ほどメディアがある中で『新潮45』が嫌いなら読まなければいいだけの話。
 
 「東スポ」と同じです。チョージツ新聞よりはずっとマシです。

 今回の「LGBT問題」にしても賛成も反対もよーわからん、という意見といろいろあっていいわけで、「絶対賛成しなくちゃいかん」と報道規制すること自体がおかしい。執筆者の意見が気にくわなければ反対意見を表明すればいいだけのこと。

 差別はいかん。こんなことは当たり前です。けど、現実的なことをいうと、赤の他人がLGBTであろうとなかろうとどうでもいいよ、と考えてるのが多くの人々ではないでしょうか。
 「マンションを借りるのも苦労してる」という声がありますが、このアパマン過剰時代に大家が「男同士で住むから」等々の理由で断る、とは思えないのです。大家が拒否したとしたら優先順位のもっと上の拒絶理由があるはずではないでしょうか。

 「私たちの苦しみを理解して欲しい」と願ってるのでしょうか。理解しなくてもいい。共感してほしい。少なくとも「LGBT」だからというだけで拒否らないでほしい、とおっしゃっているのではないかしらん、と思うのです。

 というのも、彼らが真に苦しんでるのは、実は「お身内の不寛容」にあるのではないかと思うからです。身内の拒否こそ最大の苦しみでしょ。そう思えてならんのです。

 虐めで苦しんでいる。教師も助けてくれない。教育委員会は隠蔽している。だから親は必死に守ろうとする。親が気づかなければ子供は苦しみ、最悪、自殺に追い込まれます。ところが親きょうだいといういちばん味方になるべき身内が助けてくれないどころか、先頭に立って拒否する。これがいちばん悲しいのではないでしょうか。

 今回は編集姿勢が糾弾されたのですから、『新潮45』もメディアならば、休刊なんぞせず、徹底抗戦するか、逆に「LGBTの心の叫び」を取り上げて特集すべきでしょうね。一方的な意見のみ垂れ流す。これは「偏見」と判断されてもしかたありません。

 『新潮45』の紙面は好みの合う人には「東スポ」と同じで読んで楽しい娯楽誌です。私も大好きです。しかし悩んでいる人を傷つける紙面をつくっちゃいけません。優しくありません。

 この世で無条件に攻撃していいのは「政治家」だけです。これは国民としての義務ですから。

 『新潮45』が取り組んできたテーマはどれもいまの日本の政治経済社会を鋭くえぐった良質のコンテンツですよ。どこかの国から要求されて紙面をつくってるようなバイアスは見あたりませんもの。リスタートを切に望みたいと思います。休刊はいけません。逃げ出した感がありありですから。

 ご参考までに、新潮社創業者・佐藤義亮による「社則3カ条」は次の通りです。

一、良心に背く出版は、殺されてもせぬ事。
一、どんな場合でも借金をしない事。
一、決して約束手形を書かぬ事。

 くれぐれもチョージツ新聞の記者のみなさんは、上から命令されても良心に背く記事は殺されても書かないことを切に望みます・・・紙面のためには珊瑚だって傷つけて話題にするし、北朝鮮がバラ色の世界だと報道して在日朝鮮人を北に帰すキャンペーンだってしちゃうし、つう記者ばかりじゃないでしょう。

 がんばれ、新潮! 踏ん張れ、チョージツ!


 さてさて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ナナメの夕暮れ 後編」(若林正恭著・1,296円・文芸春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年09月18日 (火)

領土協議なしの日露平和条約交渉が現実的

プーチンにしてみれば、いったん奪った北方四島を返還するのは、いかに豪腕でも無理だなあ。ロシア人は親日家が多いけど、それとこれでは話がちがいます。
領土問題では、日共が主張する千島樺太交換条約に戻すのが正解。けど、ハードルが高すぎて絵にかいた餅で食べられない。領土問題を永遠に封印したいからこんなこと言うんだろね。
ロシアは不凍港が欲しい。国後水道は渡したくない。

なにより日米地位協定が怖い。北方四島に米軍駐留なんて、それだけでプーチンは解任されます。

ということは、日本の領土と認めさせた上で国連統治とか第3国に委任統治というのが正解かも。

いずれにしても、領土協議を始めたらこの問題は終わりです。100年経ってもいまと同じ。ならば、どうするか。
トランプが大統領の間にかたつけないとあかんわな。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年09月13日 (木)

中島孝志の「よろず相談」♪はじめましたーー。

 ♪冷やし中華、はじめましたーー。ってノリです。

 「仕事」に関しては471冊目の本を今月上梓します。で、いろんなことやってきました。で、いろんな人と知り合いました。

 日本でいちばん宗教法人つくってる方、世界のあちこちに事務所をもって、日本人富裕層のためにインタナショナルな情報で貢献してる税理士さん、ネットビジネスの立ち上げからアドバイスして成功されてるコンサルタント、相続と事業承継そしてM&Aを絡ませてオールハッピーにしてる人。つまり、 後継者がいなければ高く売る、会社はチェーン店に売るけど経営者としていやと言うまで残る、とかね。

 人生いろいろ、悩みもいろいろ。

 てなわけで、中島孝志がよろず相談窓口をオープン。私の人脈の中でうってつけの一流専門家を ご紹介しようと思います。

 基本的に私はお金をとりません。著作と投資でボロ儲けしてるからね。税金が増えるだけです(ウッソー!)。

 ま、気楽に真剣に相談してちょ。で、ブログ左欄のコーナーをクリックしてくださいませ。税務、採用、事業承継、経営コンサル、広報、HP、FB、ブログ、インスタの設定管理・宣伝等々、いろんな相談受け付けます。恋愛相談だけはNG。てことで、よろしく。


 さてさて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「小泉放談 前編」(小泉今日子著・842円・宝島社)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年09月01日 (土)

天然最強!

 またまたマラソンさせたんですね。このくそ暑い中。しかも、放送枠に入れたいからゴールしてるのにまた走らせたとか。

 視聴率のためならなんでもやる。これが「テレビ屋」の美学。やらせなんて気にしない。目の前で殺人が行われそうでも止めない。映像に撮ろうとする。それがテレビ屋の美学。

 そして、そういうテレビが大好き。私のこと。

 みやぞん好きなんです。癒し系とは言われてるけどね。いまどき、珍しい「性格の良さ」。正直の上にバカがつく。だから憎めないのよね。

 自分とは対極だから。


最強の2人。

 みやぞんが大好きなのがウド鈴木さん。私も大好きです。性格いいんだよねえ。

 会ったことあんの? ありません。けどね、こんだけテレビ見てるとわかりますよ。演技なのか、素なのか。たとえば、「マイウー」のあの人、あの人の性格もよーわかります。いつも愛想ふりまいてるけど疲れていそう。ホントは不機嫌なんじゃないかなー。

 みやぞん、ウド鈴木さん。根っからの善人。演技する必要ないもんね。

 天然は最強なのよー。まわりがいじってくれますから。

 そういう意味で人類最強はこの人。ジミー大西画伯。



 総裁選に嵐を呼ぶか、風前の灯火となるか。石破茂さん、ジミーちゃん相手に対談したことあんのよ。
 
 「ところで、現在の総理大臣をご存じですか?」
 「シッテルシッテル!」
 「・・・」
 「カンチョクト!」
 
 飲みかけのビール思わず噴き出したね。



 ありえない面白さ。笑いの飛び道具ですね。

 「お笑い」というシビアな戦いの場ですけど、生き抜いているのは「性格の良さ」なんだと思う。一発屋で消えた連中は、芸いんぬんというより性格に問題があって出番がなくなっていったのではないか、と私は思ってるわけ。

 芸もないのに残ってるのって、スタッフ受けスポンサー受けがいい人ばっかだもんね。あの人もこの人も。芸があるから自信満々。これ、危ないっすよ。芸がないから八方美人。これもダメ。疲れちゃうもん。

 最強は天然です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年08月31日 (金)

夏の終わりは絵になる・・・。

 忘れないうちに・・・いよいよ東京原原が始まります。来週9月4日の火曜日です。
 新入生15名、復学生1名(第5期メンバー)。二次会は会場のほぼ隣の地下レストラン貸し切りでやります。
 二次会参加の新入生・復学生は少しだけ自己紹介してもらいますので「名刺+ひとことスピーチ」をよろぴくね。


 「残暑厳しき折、まだまだ真夏ですよ」
 「朝晩は少し秋めいてきたんじゃない?」
 「朝晩だけですね。かなり残暑は引きずるみたいっすよ」

 季節は秋。けど、まだまだ夏のクセが凄いんじゃ。いつの間にか、夏の終わり。晩夏。小津安二郎の映画に「晩秋」てのがあったなあ。

 あききぬと めにはさやかに みえねども かぜのおとにぞ おどろかれぬる

♪いまはもう秋 だれもいない海♪

 真夏も空いてますからね。最近は。鎌倉、江ノ島、茅ヶ崎もそう。昼間の海水浴は火傷か熱中症になっちゃう。だからナイトプールが大流行。

 ♪夏の日の想い出。昔、ハワイアンの日野てる子さんが歌ってたなあ。

♪きれいな月が 海をてらし たたずむ影は 砂にうかび
 あなたの熱い くちづけが つめたい頬に よみがえるの
 夏の想い出 恋しくて ただひとりだけで来てみたのよ♪

 センチメンタルでロマンティックな歌詞なのよね。ムーディなのよ。ユーチューブで聴いてみて。

♪絵日記 つけてたー 夏休みぃ♪

 そういえば、絵日記すらつけてなかったなあ。だから、いつも8月31日に隣の子から「天気」とかぜんぶ写させてもらってたなあ。「なにをしたか」の欄は「とくになし」「昨日と同じ」「それほどのことはなかった」で終わり。これも夏休み分書くのって大変なんだよね。コピペできる時代じゃなかったもんね。

♪Hello my friend 君に恋した夏があったね
 みじかくて 気まぐれな夏だった
 Destiny 君はとっくに知っていたよね
 戻れない安らぎもあることを♪

 アイルトン・セナが亡くなって何年だろ? 悲しくて悲しくて、君のこと思うよ。もう2度と会えなくても、友達と呼ばせて。友達でいるから。友達でいさせて・・・挽歌ですな、これは。

♪岩影に まぼろしが 見えりゃ 虹が出る
 江ノ島が 遠くにボンヤリ寝てる
 このまま君と あきらめの夏♪

 少年が大人に、少女が大人の女に・・・夏に期待してもダメ。人と出逢わなくちゃ。この夏、いい出逢いしました? 「生きてる」ってのはそういうことでしょ。


お勧めです。JUJUさんと研ナオコさん。2人が同じ歌カバーしとるんだわさ。これがええんだわさ。

なんだと思う?


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「泣くのはいやだ、笑っちゃおう 「ひょうたん島」航海記 後編」(武井博著・1,944円・アルテスパブリッシング)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年08月24日 (金)

金足農のパンケーキ復活だとか。。。

 忘れないうちに・・・明日は「ぴよこちゃん倶楽部」「中島孝志の銘柄研究会」です。メンバーはよろしくご参集くださいませ。ちゃんちゃん。


 高校野球。みなよー見てまんなあ。秋田の県立高校が103年ぶりに決勝進出だとかで、敗けたけど優勝校よりメディアの露出が多いんすからね。

 優秀校は甲子園球場から徒歩15分。春夏連覇したちゅうのに話題にもならんて、どうゆうこと。

 しょうゆうこと。さんまか!


こういう歌い方も注目されました。

 ま、メディアはすぐに飽きますから、そのうち、消えますよ。自民党の総裁選もありますしね。トランプもいますし、なにが起こるかわかりませんもん。

 で、コンビニのローソンがフィーバーしてるうちにってんで、こんなもん売るらしいっす。


話題性は? 間に合うんかな。緊急発売するらしいけど。

 
 夏の甲子園では、わが横浜(神奈川県)から2校出場、東京も千葉もそうでした。

 神奈川県て180校以上で予選を戦うのよね。で、今回だけ特別に2校出られた? 30校程度で予選戦うとこもあるらしいね。やっぱ比例代表制にしたらどうかね? 東京は5校くらい出しちゃうとか。神奈川だって3校くらい出場させてもバチあたらんと思うけどね。

 いまのうちですよ、増やすのは。

 秋田県て人口減少率と少子高齢化率は全国ワーストらしいね。金足農にしても9人集まらんかもしれんしぃ、と心配しても始まらんわな。日本全体が少子高齢社会なんすから。

 高校野球てのは高校生がいるから成立するわけでね。30年も経ったら、全校生徒で9人しかいないとかね。大学が潰れるんですから高校だって潰れるでしょ。生徒集まらなくて。

 金足農の投手はプロも認める一流の素材らしいですね。けど、あれだけ投げさせたらクタクタのヘロヘロですよ。スカウトは早く敗けてほしい、と祈ってたと思うな。
 肩は消耗品。予選から連投連投で肩もおかしくなりますよ。で、大学野球なんてやってたら、プロになる頃にはかつてのスピードもキレもなくなって打者転向。そんな投手なんにんも見てきましたから。

 やっぱ野球は投手で決まりますな。横浜高校の怪物松坂投手。PLとの死闘は有名ですけど、私にとって「怪物」はやはり「江川投手」ですよ。作新学院(栃木県)のね。リアルに見てましたからね。あのふてぶてしいピッチング。予選から完全試合、パーフェクトゲームの連続。けど、優勝できませんでしたね。
 
 野球ってのはそういうもんなんでしょうな。このくそ暑い中、おそらく、報道されない「熱中症の事故」はたくさんあったんじゃないかな。

 そうそう、高校野球が少子高齢のせいでなくなるより前に、後援してる新聞屋が無くなる方が早いでしょ。どちらも酷い偏向新聞ですからね。購読率は野党の支持率とどっこいではないかしらん。

 ま、正直なところ、私、高校野球、ぜんぜん見てなかったんすけど。歩いて数分のとこにある横浜スタジアムでも、ここしばらく、野球観戦してないなあ。球団名が大洋ホエールズから換わってたのね。ぜんぜん知らんかったわ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「異形の大国を操る 習近平の真意 前編」(長谷川慶太郎著・1,620円・徳間書店)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年08月19日 (日)

「羽生結弦選手!」の展示会は明日まで!

 2ヵ月くらい前、名古屋原原の翌日。JR名古屋駅にものすごい女性たちの行列。「なんなんだ、これは?」と思ったら、羽生結弦さん関係のイベントでした。



 名古屋の翌日は大阪ですんで、高島屋なんば店でもなんかやってるのかチェックしましたら、とっくに終わってました。

 高島屋のイベントは日本橋とかなんばから始まるのね。で、ラストは夏の横浜高島屋だとか。

 なるほど、これか・・・。でもあの行列に並びたくないな。1000人くらいいたもんな。
 まあ、ついでがあったんで、横浜高島屋で打ち合わせしてから、ひょいとギャラリーを覗いてみますと、空いてるーー、無料なのにぃ?
 どして あの行列つうかビルを取り囲んでマダムの集団はなんだったのでしょうか?

 「応援ありがとうございます!羽生結弦展 in 横浜?島屋」でやんす。

 羽生結弦選手のフィギュアスケート競技人生を振り返る初の大規模展覧会だとか。

 日本橋高島屋を皮切りに全国6都市で開催。

 読売新聞社が撮影してきた08年全日本ジュニア選手権初優勝の時から現在まで100点超の写真。
 写真家篠山紀信さんが撮影した高校の制服姿の羽生選手とか。
 スポーツフォトグラファー田中宣明氏、能登直氏が撮影したオフショットの写真のほか、衣装やスケート靴、メダルなどが展示されてます。


8階特設会場では限定オリジナルグッズ販売。ファイル5枚購入しました。

 写真集、ポストカードセット、クリアファイル他。売上の1部は東日本大震災復興支援への寄付にするとか。


羽生選手の演技姿を象ったアクリル組み立てグッズもありまーす。

 18年8月8日(水)〜8月20日(月)。早い話が明日午後5時半まで。横浜高島屋ギャラリー8階でーす。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年08月16日 (木)

お盆ですな。

 関西と関東ではお盆も日が違うようですが、私は関東流ではなく、8月(旧盆)にしてます。やっぱ暑い暑い暑い陽気じゃないとね。いまは7月(新盆)も暑いけどね。

お盆の入りは8月13日。で、明けは16日。


◇人に言えない 仏があって 秋の彼岸の 回り道

 以前、都々逸を少しご紹介したことがありましたね。今年の秋の彼岸は9月20日から26日までですが、この都々逸、元もとは名古屋熱田の遊里で謳われたものでして、それが都々逸坊扇歌が流行させたみたいっすね。

 もち江戸時代後半、ま、幕末まではいかない程度。7775調ですよね。

◇恋に焦がれて 鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が 身を焦がす

 ほらね。

◇鬢のほつれは 枕のとがよ 顔のやつれは 主のとが

 とかね。

◇いやなお客の 親切よりも 好いた貴方の 無理がいい

 言われてみたいね、こんなこと。

◇あきらめましょと どうあきらめた あきらめきれぬと あきらめた
 
 罪な人だね、ったく。

 妄想ばかり膨らんで、あっという間に歳をとるってか。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ココ・シャネルの言葉」(山口路子著・734円・大和書房)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便




ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

緊急連絡! 次回大阪原原はオーラスですが、奥村眞吾先生の講演にします。
[2019年01月20日]
[中島孝志の原理原則研究会]

板前焼き肉「一斗」(大阪の天下茶屋)
[2019年01月19日]
[中島孝志の美食倶楽部]

いよいよ始まります! 「乱高下」必至です。リスクヘッジ+一攫千金の王手飛車とりを仕掛けましょ。
[2019年01月18日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間で5日でハイリターンを狙う!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!