カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年11月19日 (火)

「YESTERDAY」

♪ハリスンさんも死んだ ジョンさんも死んだ
 今度は私の番なんだ♪
 
 いや、これは「お吉物語」のセリフでした。トホホ・・・。

 全篇ビートルズのヒットナンバーなんで、団塊の世代あたりはご機嫌でしょうね。事実、その世代の観客が多かったみたい。

 監督は『トレインスポッティング』『普通じゃない』『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイルなんだけど、脚本のリチャード・カーティスが好きでして。『ノッテングヒルの恋人』に『ブリジット・ジョーンズの日記』つうか、いちばん好きな群像劇『ラブ・アクチュアリー』の監督・脚本でも知られてますよね。

 テイストがやっぱ似てる。当たり前だけど。



 ご存じ、「ビートルズ」のことを知らない世界に、ビートルズ好きの売れないミュージシャンが現れたら?つう話。

 そりゃ世界的にブレイクすんのわかってんだからね。決まってるっしょ。模範解答見て受験すんのと同じ。『バック・トゥ・ザ・・・』で未来の勝ち馬データ知ってて過去に戻って競馬で百戦百勝。超大金持ちになったつう話と同じ。

 大スターになっちゃう。けど、代償なんてものがありましてね、こんなインチキ・サクセス・ストーリーでさえも。

 主人公はどうすんの? まあ、このあたりの苦悩がテーマかな。どんなに成功してる人でもいいことばかりじゃないよ、ってね。

 でも「毒杯をあおってみないか。大スターになりたきゃ」と勧誘するエド・シーランのやり手女マネジャー。この女優なかなかっす。ケイト・マッキノンね。

 脚本のリチャード・カーティスと仕事がしたくて臆面もなくアタックしたとか。

 「リチャードは私が世界一好きな人になったわ! 本当に面白い人なの。彼の作品も面白いけど、深い心の傷や、ロマン主義、弥沙氏さや人としての喜び、世界との絆などを称える気持ちに深く根差しているから、彼の映画は公開時に人気なだけでなく、時が経っても傑作として残っているのだ、と思う」

 よくわかってるなー。大正解の評価ですよ。

 「アジア系が主役とは考えられなかったが、自然の流れでそうなったんだ」(リチャード・カーティス)
 
 「エド・シーランは多忙の中、俳優として出演してくれた。俳優と一緒のリハーサルもしてくれた」(同)

 けどさ、名曲ぞろいのビートルズで映画でどれを使うか? ま、これがいちばんの問題だったみたい。たしかにあれもないしこれもないし・・・ところで、ビートルスのナンバーっていくつあるかご存じ?

 タイトルにもなってる「♪YESTERDAY」はあり。これってポール・マッカートニーがあまりにも奇跡的な曲だったんで、だれか他人の曲を盗んだかあるいは夢かと思った、つう作品。たしかにねー。クレジットはお約束で「ジョン&ポール」になってるけどね。

 そういえば、エド・サリバンショーに初出演したとき、ポールだけアコースティックでこの歌、披露してたよね。

 でね、最後の最後、エンディングからエンド・ロールまで流れる曲ってなんだと思う? たぶん正答率は2割だろうね。観客は終わるまで立ち上がらなかったな。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『パチンコ』(蛭子能収著・ 1,200円・角川書店) です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年10月21日 (月)

「歌謡曲だよ、人生は」

 忘れないうちに(その1)・・・日本ラグビーチームの皆様、ヘッドコーチ、スタッフの皆様、素晴らしいゲームをありがとうございました。参加チームの皆様、ありがとうございました。そして・・・。
 「この2、3週間で我々は日本に何度も何度も恋に落ちた。彼らは15年にもW杯開幕週に南アフリカをKOする奇跡の一戦で我々の心を勝ち取ったけれども、今や、彼らの目を奪われるラグビーと生来の無私無欲ぶりには、どの国の人々にとっても『2番目』に応援することになったのだ」
 米大手放送局「ESPN」の皆様、感謝感激。誠にありがとうございます。

 ゲーム中は戦争。終わればノーサイド。誠に誠に日本人にふさわしい紳士のスポーツです。

 忘れないうちに(その2)・・・本日深夜零時に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。タイトルは 『がんばれトランプ!「売国奴」が群がるホワイトハウス!こんな国に未来がある?!』 です。お楽しみに・・・。

 先週から、実は今週も「通勤快読」では「蛭子能収さん」の本を取り上げてますが、「映画監督もした」と書いてるんですよ。しかも、それ、観たことあるし、DVD持ってるしぃで、調べたら、07年6月6日 (水)に紹介してるのね。

 てことで、転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・
 「歌謡曲だよ、人生は」

 「日経のBizPlus」に連載中の「社長の愛した数式」が好評で1日5万人を突破するアクセスで日経がびっくり。自慢ではありません。「BizPlus」は20人の執筆者で計18万人の読者がいるんですけど、小生のコラムがダントツ人気なのです。いやいや、けっして自慢ではありませんぞ。



 この映画、横浜ではやってないのね。で、本日、日経新聞等のインタビューがあったんで、これ幸いと、上映時間をスケジューリングして観て来ちゃいました。

 銀座4丁目、和光裏の「シネスイッチ銀座」で上映してんの。銀座のど真ん中にあんの。

 客はオババばかり。見渡すかぎり、オババ、オババ、オババ。オババの佃煮ができまっせ。この人たち、2人揃ったら怖いもの無しだかんね。それが束になっているんだよ。どうなったと思う?

 以下は本日、私が遭遇した上映中のオババたちの会話です。しばらくお楽しみください。

(画面:ボクシングの試合)
「痛そう、おお、痛そう。あれは痛いわ、あれは痛い」
「ホント、役者も大変ねぇ」
(トイレに閉じこめられてエアギター大会に出られない主人公)
「ドジなんだから。さっきからずっと。ばっかみたい」(そういうキャラなんじゃあ!) 

(「女の道」の歌詞がわからなくなった主人公)
「♪うぶな私よ、うぶな私!あんたが唄ったんだから知ってるでしょ」(そういう芝居なんじゃあ!気づけ、こらあ!)
(ラストでとびっきりのいい女が登場)
「あんなのあるわけないよねぇ。釣り合わないわよ」(だから、芝居なんじゃあ!)

(ラブレターが山ほど机から出てきたシーン)
「ストーカーよ、ストーカー。あれ、絶対、ストーカー!」
(歩さんがチャリに乗って五郎丸の車をつかまえる)
「良かったねぇ、パチパチパチ(劇場が揺れたど!)」

 静かに観られんのか! いちいち反応すな! 隣と感想しゃべるな!あとにせぇ、あとに! まだ映画始まったばかりやろが! それに何回も出たり入ったりすな! ピカっと明るくなるから、一瞬、スクリーンが見えなくなるんやど!

 「○○さん、お茶」「ありがと。じゃ、お煎餅ね」「ありがと」
 仲良く会話すな! いま、上映中やろが! まとめて延髄蹴ったろか! 



 これ10話+オープニング+エンディングで、計12の歌謡曲からイメージする映画を作るという、きわめて挑戦的な、けど、もしかすっと「世にも奇妙な物語」になっちゃいそうなトライアルなのね。
 
 なんたって、私ゃ歌謡曲の味方だかんね。そりゃ、お坊ちゃまの頃は、毎朝、母が弾くショパンのピアノ、父が奏でるメンデルスゾーンのバイオリン。これらが私の目覚ましでしたよ。けど、歌謡曲は好きなんです。

 ばらばらの監督が選曲してるわりには、はまりますなぁ。見事にはまります。たぶん世代的には団塊だと思うけど、私にドンピシャの選曲。

 映画的には笑えたのは「女の道」。で、感動したのは「逢いたくて逢いたくて」。

 後者は妻夫木聡くんと伊藤歩さんのコンビ。なかなか、できたショートストーリー。日テレの「泣ける実話」にも登場できそうなレベルですよ。妻夫木くん、歩さん、演技が巧い。

 伊藤歩ちゃんはいい。「東京タワー」「のど自慢」「カーテンコール」にも出てた。



 「逢いたくて逢いたくて」は昭和40年、岩谷時子作詞/宮川泰作曲で大ヒット。
 この歌、大好き。実は園まりさんのベストCD持ってるんです。彼女の曲で好きなのは「なんでもないの」って曲なんだけど、知らない?

 あと、映画はイマイチだったけど、「みんな夢の中(昭和44年)」(浜口庫之助作詞作曲)も好きだなぁ。

 今日、高田恭子さんの舞台挨拶があったんだよね。私、インタビュー受けてて観られなかったです、はい。

♪恋はみじかい 夢のようなものだけど
 女心は 夢をみるのが好きなの♪

 高田さんは元々、関西フォーク出身。あの名曲「竹田の子守歌」も最初に唄ったのはこの人。

 12曲の中に実はいちばん好きな曲が入ってて驚いてしまいました。しかも、その映画。私がしょっちゅう行く地元のライブハウス関係者が2人出演してんのよ。あれ、これ、もしかして・・・うわあ、感激! やっぱ、いい曲だなぁ。これは後日、お話しましょうね。



 DVDは映画版と音楽版の2枚組。音楽版はオムニバス出演主役の皆さんへのインタビューと歌謡曲。これ、お得です。なにがいいかって、蛭子さん、ギター抱えてノリノリで歌ってるの・・・「♪愛しのマックス」ですよ。で、サックスは武田さん。

 蛭子さん、微妙にズレてるけど音程は外さず意外と巧い。ぜひ見てほしいっす。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 「死にたくない 一億総終活時代の人生観 後編」(蛭子能収著・924円・KADOKAWA)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年10月05日 (土)

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

 混んでましたな。うーん、面白かったか? そこそこ。どうして見ようとしたか? 原原メンバーのご推奨。結果は? うーん。160分。痛い。ホント痛い。

 でも、こういうチャンスがなければ永遠に見ないかも。『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』『ジャンゴ 繋がれざる者』は見ました。

 けど、これはどうかなー。「ワンス」ならNYでしょ。やっぱねー。



 さーて、時代は60年代のロス。「FBI連邦警察」「タイトロープ」「コンバット」全盛。デカさん演じるのは落ち目の映画スター。ブラッド・ピットは親友でスタントマン役。

 これ、モデルつうかインスパイアされたのは・・・バート・レイノルズですよ。ということは、スタントマンはハル・ニーダムでしょ。



 このコンビ、いいなあ。結婚しちゃうんでね。男の世界が壊れちゃうけど。野郎つうのはこんな関係が大好きなのよ。志村さんと大吾さんてそうでしょ

 タランティーノですから、ファミリーを大切にしてますね。

 「○○する?」
 「塀の外を歩いてきた。未成年一発で逮捕されたくないんでね」



 実は、映画全篇で気になったのがこの女優。プッシーキャット演じるマーガレット・クエリー。ドラマ「Fosse/Verdon」でエミー賞助演女優賞に初ノミネート。まあ、『フォー・ウェディング』のアンディ・マクダウェルが母親とはね。サラブレッドだわな。

 そういえば、ブルース・ウィルスとデミ・ムーアの娘も出演してるし、大好きなティム・ロスの息子も出演。なんやねん、タランティーノ・ファミリー総出演やんけ。ティム・ロスも出演してるしね。

 そうそう、テレビ登場で映画が落ち込むのは日本も同じ。まあ、懐かしい映画がたくさん「入子」で紹介されてるから二重に面白いね。
 
 同時に・・・ロスで起きたシャロン・テート殺人事件が後半の主題。
 チャールズ・マンソンつうカルトの親玉同様、親にも棄てられた信者たちに殺しをそそのかす。妊娠中の彼女が殺されちゃうわけ。

 1969年8月9日のこと。

 ゴミに殺されたわけですけど、人の価値を計るモノサシなんてないからね。

 映画では、デカとピットが襲われるだけ。逆にマンソン一身は火炎放射器で殺されちゃう。

 『レザボア』同様、痛快。音楽サイコー。

 そういう意味では『イエスタデー』は期待できるかも。。。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年08月10日 (土)

「ライオン・キング」

 まあ、ライオンは格好いいですよ。チビちゃんは可愛いしね。百獣の王にふさわしいですわな。



 イボイノシシはちょいと王様にはならんわな。

 けど、やっぱヒールはハイエナなわけだ。色味が汚いし、スタイル悪いし猫背だし、下半身というか後半身が丸まってるし。スマートじゃないの。もんぺ履いた婆さんみたいなのよ。なんつっても地味。

 群れで獲物をしとめるチームワークの良さを褒めるのではなく、狡猾と蔑まされてしまう。損な役回りだわな。動物園でもハイエナなんかだれも見たくないでしょ。

 『トイ・ストーリー』のロッツオみたい? 私、大好きなんすけど。



 さて、吹き替え版(あまり見たことないけど)では、主人公シンバの父親(キング)を殺す弟の声が江口洋介さん。王国を追われたシンバの友達イボイノシシは佐藤二朗さん、同じくミーアキャットをお笑い芸人ミキ(弟の)亜生さん、とのこと。

 へえ、おもしろそうだね。言語版はさすがにいいっす。ビヨンセかー。エルトン・ジョンの映画も公開されるけど音楽はいいわな。アカデミー賞でしょ。この人、歴史に無知で日本公演キャンセルしたことあるよね、たしか。

 『ライオン・キング』は手塚治虫さんの『ジャングル大帝レオ』をバクって製作した作品。本来なら莫大な著作権がかかりそうですが、手塚家はにっこり笑ってクレームなし。いかにも日本人らしいね。

 ディズニーアニメからカウントしたら25年目でしょ。

 アメリカという国は、ノーベル賞レベルの知財を日本人から山ほど盗んできましたが、こういう作品も権利としてきちんと主張すべきではないかなー。アメリカという訴訟社会ならそうするでしょうね。

 最近はアメリカもまともになって日本のように「和解」が増えてますけどね。知財を剽窃に剽窃してきた国でも許せないほど中国てのは「盗人猛々しい」んでしょうな。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年07月13日 (土)

「ハウス・ジャック・ビルト」

 先日『コールドウォー』をご紹介しましたが、同じ映画館で上映。しかも満席。

 えっ、こんな映画が満席? 観るつもりでしたよ、けど、そこまで混んでるとは。あなたも好きねーつう感じですね。



 さて、本作は長い長い長い映画ですよ。けど飽きない。さすがです。

 「殺人」を哲学と美学に高めた、というと語弊がありますけど、たしかに強姦殺人とか強盗殺人、恨み辛みの殺人(たとえば『復習するは我にあり』とか『八墓村』)といった、衝動的動物的殺人事件ではくて、きわめて観念的人間的殺人事件を描いた作品なんすよね。



 1970年代、ワシントン州。シリアルキラー、テッド・バンディをモデルにしたんかな。イケメンで30人超の若い女を殺害。警官を装ったり身障者を気取ったりもバンディの手口と同じ。

 いつの間にか、殺人をアートとして、完成を目指すようになります。自己の中のもう1人の自分から「ハウスはどうした? 建築家じゃなかったのか?」と言われ究極のハウスを造ります。

 アーキテクトでありアーティスト。

 人は誰でも殺人者なれる! 『ドッグヴィル』『メランコリア』『ニンフォマニアック』そして『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で知られるラース・フォン・トリアー監督の弁。



 5年ぶりの制作は、ユダヤ中心の映画業界でヒトラー共感発言をしちゃ干されるのは当たり前。カンヌを追放された男がカンヌに戻ってきた・・・まあ、この映画でもヒトラーは出てきますけどね。
 
 ジャックを演じるのはアカデミー賞『クラッシュ』のマット・ディロン。最初の被害者である高慢女はユマ・サーマン。やっぱ魅力的。『ベルリン・天使の詩』のブルーノ・ガンツは狂言回しとして、彼の哲学を語らせます。

 とんでもない映画を観てしまったわな。R18+指定「無修正完全ノーカット版」。カップルで観る映画でないことはたしか。。。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年07月01日 (月)

「COLD WAR あの歌、2つの心」

 いい女だなー。ポスターの段階でほれ込んでしまいましたよ。
 意外と小柄なのか、相手役がでかすぎるのか・・・。







 冷戦下のポーランド、ユーゴ、ベルリンそしてパリ。東へ西へ、別れと再会、愛と・・・命をかけた愛。

 魅惑的な少女ズーラ(ヨアンナ・クーリグ)はピアニストのヴィクトルが教官と指揮をつとめる音楽舞踊団を受験。

 男は歌唱力よりもエネルギーに魅惑されてしまう。早い話が一目ぼれ。男と女の仲になるのは時間の問題。

 スターリン賛歌を要求されて見事に応えますが、西側の音楽を愛する男は監視され、自由を欲しがった。「地球の果てまでついていく」と誓った女は約束の場所に来ない。しかたなく1人で亡命。

 パリのジャズクラブで再会。

♪あなた お変わりなくて? これはシャンソンの「再会」か。

 どうして来なかったの? 
 未熟であなたと差がありすぎて。

 ズーラはパリでレコード制作。いいバラードなんだよねー(全篇サイコーの選曲なんだわ)。
 パリで音楽的成功を手にしても虚無感に苛まれてしまう。愛が欲しいから。「♪ロック・アラウンド・ザ・クロック」でテーブルに飛び乗ってスカートを翻してスイング。酔っぱらって現実から逃げたい。BGMは「24000回のキッス」。

 もっと愛して! そこにあるのは虚無感だけ。

 共産主義という不自由な体制下で「人を愛する」って大変なことなんだわな。引き裂かれては求め合う。男はズーラを追ってボーランドに戻りますが、スパイ容疑で15年の刑。

 必ず出してあげる。ズーラがやったこと・・・野暮だわな。やめときましょう。 

 モノクロにバラード。映像がとってもシック。

 男と女の間というのは、磁石の惹かれあうプラスマイナスという場合もあるし、反発しあうプラス同士、冷えてしまうマイナス同士の時もあるわな。けど、離れ離れになると一瞬で元のプラスマイナス状態に戻れるわけ。

♪会えない時間が愛育てるのさ♪ 郷ひろみさんもそんな歌うたってたわな。

 監督はパヴェウ・パヴリコフスキ(『イーダ』(第87回アカデミー賞外国語映画賞受賞)。ラストシーンに「本作を両親に捧げる」というメッセージが出てきますけど、その理由はいずれわかりますよ。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年04月27日 (土)

「ちいさな独裁者」

 10連休突入という人も少なくない、と思います。忘れないうちに・・・ 4/24配信『どん底メルマガ』 で取り上げた 「N」5.09% 「J」2.8%と平成最後の逆行高。

 本日深夜『どん底メルマガ』 を配信します。お楽しみに。

 「もう上映する映画館がなくなる!」
 気づいたのは1日前。ま、毎日毎日ブログやメルマガをいろいろ書いてますし、さらにイレギュラーで単行本の執筆依頼や原稿依頼もあったりするから、いくら気を付けてもダメ。メモして貼り付けても忘れっぽいからダメ。

 いちばんいいのは即やってしまうこと。雑誌の原稿なんて依頼があったら1時間以内に書き上げることにしてます。忘れてもかまわないようにさっさと終わらせるわけ。昨日もそうしました。「5月7日までに」なんて言われてもスケジュール自体覚えないで済むからね、さっさとやれば。

 そういえば、昔、『さっさとやれば何でもできる!』(東洋経済新報社)つう本出したことあるなあ。

 ホントはYEBISU GARDEN CINEMAで観る予定だったのよ。気づいた時には関東では1カ所だけ。渋谷の奥の奥の奥。「アップリンク渋谷」つう映画館でしか観られない。
 


 映画館つうより映画サロンだね。椅子つうかなんつうか、ハンモックが吊されていても驚かないね。そういう映画館つうか映画部屋。

 とても気に入りました。

 さて『ちいさな独裁者』は17年ドイツ映画。原題は「Hauptmann」=「大尉」つう意味。ところで、この「大尉」ってどう読むか知ってる?
  
 第2次大戦の実話ですからね。20歳の上等兵がたまたま拾った「大尉の軍服」を身にまとって・・・つう話。こうなればこの先の展開はご想像の通り。

 戦争なんて極限状態で人間がすることは?
 バカが権力を握ったらなにをするか?
 
 主人公ヘロルトは43年に徴兵されてドイツ国防軍空挺兵となります。終戦直前、部隊からはぐれてしまい、結果、「脱走兵」となります。無人地帯をさまよう中、車輌の中から勲章が散りばめられた大尉の軍服を見つけます。

 この男、大尉になろうと決めちゃう。バカというか小利口というか、まあ、結果オーライなんすけど。



 私の大好きな『兵隊やくざ』でも、終戦直前、大宮二等兵と有田上等兵のコンビは将校の服を仕込んでなりすまします。そこに腐れ縁の憲兵(成田三樹夫さん)と遭遇。

 「おまえらバカか!敗戦国の将校に何の価値がある。裁かれて処刑されるかリンチで殺されるかだ」

 その通りです。ま、ドイツの若僧は一時80人ほどのボスとして君臨したらしいけどね。

 たまたま犯罪者を集めた収容所で、「総統からの特殊任務を帯びている」と偉そうに独断専行。酷いのは勝手に即決裁判で30人単位で処刑をおっはじめたこと。けど、これで一目置かれるわけ。いかに戦争てのは人間の思考を麻痺させるかがわかりますな。

 狂気の沙汰? たしかに。けど、本能だけで生きるということは「狂気の沙汰」になるのかも。これでも実際のほうが酷かったんですからね。

 「ヴィリー・ヘロルト」という1人の普通のドイツ人青年を忠実に描いたドキュメンタリーですから。

 最後の最後、化けの皮が剥がれて裁判にかけられます。極刑ですよ、ふつうはね。でも、「厳しい戦局を見るにつけ、良かれ悪しかれ、こういうリーダーシップのある若者が第一線では重要なのだ」という鶴の一声で助かっちゃう。

 やはり戦争は人の心がおかしくなる? いえいえ、本音で考えるようになります。 

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年04月26日 (金)

「VICE」

 政治家には「悪党」が多いけど、というか、「悪党」と言われるくらいの人物でなければ政治なんぞやっちゃいけませんよね。

 「国益」を死守するには命がけで「悪」に徹して欲しいもんすよ。でなければ、国民はまくらを高くして寝られません。

 悪いヤツほどよく眠る、といいますけど、悪党が高鼾で寝られちゃ困るわけでね。

 ディック・チェイニーのように心臓が何回も止まるほどストレスを感じて政治をしてもらいたいわけ。



 平和? 不戦? 平和を死守、維持するために戦争するわけでね。

 「戦争を放棄します」
 「中国の属国になってもかまいません」
 「沖縄を盗られてもいいです」

 平和でありさえすれば・・・。バカなコメンテーターがTVで話してました。この人、歴史を知らんまだなあ。中国がどういうことしてきたか。

 中国だけじゃなくて、蒙古襲来の時もそうでしたけど、戦争するとき、いちばんキツイ最前線に送られるのは「隷属した国の男たち」ですよ。大切な自国民は兵隊にしません。いちばん裏切りそうなヤツら、いてもいなくてもいいヤツら、自分の国を売る根性なし・・・いのいちばんに送ります。

 粛清する手間が省けますからね。



 「いま現在良ければいい」とする国民の言うことなんぞ聞くより、未来を見据えて国益を全うする視点を持ってもらいたいわけ。

 悪党ニクソン、悪党ディック、女好きケネディは、少なくともただの女好きクリントン、ただの強欲婆ヒラリーとは違って「国益」を最優先しましたよ。おかげでくだらないことで失脚しましたけどね。



 映画の中にこの2人の名前が出てきます。実は12年9月21日 (金)のブログでこの『フェア・ゲーム』紹介してんのよね。ついでなんで紹介しておきます。

・・・・・引用開始・・・・・・
 ショーン・ペンとナオミ・ワッツという2人のオスカー受賞者が共演した映画『フェア・ゲーム』(2010年公開)。フェア・ゲームつうのは「公平な闘い」なんて意味ではありません。「格好の標的(攻撃目標)という意味。

 ナオミ・ワッツ演じるヴァレリー・プレイムの名前から「プレイム事件」として全米では知られてます。ウォーターゲート事件など吹っ飛んでしまう空前のスキャンダル=大統領の犯罪。ブッシュはじめ、逮捕された政府高官や委員会でのプレイムの発言など実際のシーンを効果的に映像に取り入れてます。

 03年にブッシュ・ジュニアが「大量破壊兵器の保持」を理由にイラクに宣戦しました。終わってみたらそんなものどこにもない。完全な言いがかり。ただ石油が欲しかっただけ。

 で、ジョーはイラクの核兵器開発疑惑についてニジェールで調査。なんの証拠も出てこない。プレイムもCIA工作員としてイラク内外の科学者を調査、やはり核や大量破壊兵器の開発計画はなんにもない。そりゃそうですよ。91年にパパ・ブッシュがイラクを攻撃して工場は破壊し尽くされ、開発しようにもできないわけ。経済破綻に経済制裁。資金もない。

 ホワイトハウスは知ってました。けど、どうしても戦争したい。もうおっぱじめちゃった。大量破壊兵器がないと困る。でも、どこにもない。いつもの手ですね。

 国民? バカなメディアを使えばどうにでもなります。

 アメリカの凄いとこは、共和党に反対する民主党びいきの記者やメディアもいるから情報操作を徹底できない。大本営発表メディアしかない日本とはそこが違う。

 ホワイトハウスはジョーの報告書を徹底的に握りつぶします。ジョーはNYタイムズに大統領の嘘を弾劾する文章を載せちゃう。
 ホワイトハウスを向こうにまわして全面戦争。ホワイトハウスはメディアを使ってジョー・プレイム夫妻を徹底攻撃します。

 国民の関心を逸らすため法律で禁止されてるけど、プレイムがCIA工作員(公務員)だ、という秘密情報をメディアにリークします(後にリチャード・アーミテージ国務副長官は自分がやったと告白)。

 『VICE』では、「リークしろ」とディックが指示してますよ。

 このニュースは即刻、世界中に流れます。非難囂々。CIAの評判悪いから。殺し屋と思われてるから。世界中で工作してた彼女の作戦はすべてご破算。

 ジョーは記者会見を開いて、ホワイトハウスの違法性を訴えます。

 03年、CIAは司法省に機密情報漏洩に関する調査を依頼します。ウォーターゲート事件でニクソンは辞任しましたからね。政府も捜査を支持するしかない。

 パトリック・フィッツジェラルド特別検察官はディック・チェイニー副大統領の首席補佐官ルイス・リビーを偽証と嘘誓、司法妨害で起訴します。リビーは辞任。ブッシュは巧く逃げ切りましたけど史上最悪のバカ大統領という烙印を押されました。
 07年、リビーは有罪で実刑判決、けどブッシュが大統領権限で執行猶予に減刑。もちろん世論の反発を招きます。
 ディックについては「暗雲(cloud)」という表現を使いましてね。これが流行語になりました。

 大統領の嘘でイラクは戦争に巻き込まれ、フセインは処刑され、無辜のイラク国民は殺害され、騙された若い米兵には犠牲者続出。

 ブッシュが得たものはなにか? 大量の原油を奪えた? とんでもない。イラク原油に対するメジャーの取り分はそんなにありませんでした。

 いったいなんのための戦争? ボロ儲けしたのは武器商人、その背後にいる大統領も含めた政府高官だけ。

 基本、アメリカという国はこういう国です。ヤンキーは人がいいけどね。
・・・・・引用終了・・・・・



 ところで、映画館はkino cinema。4/12、横浜みなとみらいにオープンしたこじんまりとしたとこ。55席しかないんす。小さい小さい小さいハコです。

 とてもいいのは1階がそこそこ広いTSUTAYA。カフェが広いんだわ。本読みながらスタバでお茶してまんねん。
 
 ついつい買っちゃうんだよね。アマゾンで買えば荷物にならんのにね。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年04月22日 (月)

「男はつらいよ」第18作「寅次郎純情詩集」

 今日の通勤快読は聴く方も、読む見る方も、どちらもテーマは「京マチ子」さん。

 紹介していて思い出し、DVDを引っ張り出そうとしたら見つからない。イライラするよりネットで見ればいいわけでね。いつもは「ながら鑑賞」ですけど、今回は集中しちゃいました。

 いいなあ、この映画は・・・いつもの通り、善人しか出てこないからね。



 「寅さん、お母様を愛してくれてました?」
 「冗談じゃねえや、オレが」
 「お母様はそう思ってたわよ、きっと」
 「・・・」
 「早く良くなって寅さんに会いに行きましょうね、と言ったら嬉しそうにこっくり頷いたわ」
 「・・・」
 「だれにも愛されたことのない生涯だったけど、最後に、ひと月だけでも寅さんていう人がそばにいてくれて、お母様がどんなに幸せだったか、私にはわかるの」

 「サクラ、あの人にピッタリの商売あったぞ」
 「なーに?」
 「花屋よ、あの奥さんが花の中に座っていたら似合うぞ」
 「そうね、とってもいい考えだわ」
 「仕込みとか配達とか掃除は、みな、オレがやるんだよ。奥さんはただ座ってりゃいいんだ。花束をもってお客さんに、どうもありがとうございましたって渡してくれりゃいいんだ。流行るぞ、この店は」
 「・・・」
 「本当になってたら、オレも渡世人稼業プッツリ足洗ってよ、おまえが言うように、とらやでゆっくり正月過ごすことができたんだよな」
 「そんなこと考えてたの、おにいちゃん。あのお母さんに、その話聞かせてあげたかったわね」
 「墓参りの時にでも話するさ。じゃあ、行くぞ」

 寅さん、優しくて素敵ですよ。けど、無銭飲食でサクラに信州までお金を届けさせたり。近くにいたらめんどくさい人。遠くで見てるのがベスト。まあ、私もそう言われてますけど。

 生きてるうちが花。生きてさえいればなんでもできます。いつまでも生きられる、と勘違いしてる人が多すぎるわな。油断大敵。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年03月22日 (金)

「まく子」

 「サイセー、サイセー、サイセー!」
 祭りのかけ声。どうしてサイセーなのか? 再生だから。祭りのためにつくった御輿も河原で壊して燃やす。再生するために。

 シュンペーターの創造的破壊? 幸之助さんに言わせたら、死もまた生成発展やで、ということになりそうです。大徳寺の立花大亀住持の受け売りでしょうけど、合点がいくからそう発言してるわけでね。

 生き続けるから再生なのではなくて、死があるから再生があるわけ。再誕生。生まれ変わり、蘇りですからね。

 みなが顔見知りの小さな温泉街。映画では群馬の四万温泉にしてますね。



 小学5年の慧(サトシ)は大人になりたくない。大人になると、女好きで母親を哀しませるオヤジみたいになっちゃうから。ただでさえ、「最近よく似てきた」と言われるからよけい気になってるみたい。

 「ボクのキンタマきもい」

 美人転校生コズエは宇宙人だと言う。母親同様、変わっていて、なんでも「まく」。原作では小銭や砂利、ホースの水も「まく」んだけど、映画では「落ち葉をまく」だけ。

 コズエの秘密がサトシの世界を塗り替えます。信じること、与えること、受け入れること、変わっていくこと。誰もに訪れること。怖いことではないよ。



 原作は「通天閣」の西加奈子さん。監督脚本は鶴岡慧子さん。「感涙決壊」というほどではないと思うけど、すっきりとさわやかで美しい。

 草なぎ剛さん。SMAP解散後、初仕事だったようです。「なんでもやんなきちゃ」と必死だったらしい。大スターでも板子一枚下は地獄なんですね。独立するということはそういうことです。

 実は、肉体は瞬間瞬間、細胞が死んでは生まれ変わる、という新陳代謝を続けています。けど、精神も新陳代謝してることを知らない人が少なくありません。

 人は変われる! いつでもね。仮り船の肉体ですら変われるんですから、水主である精神が変われないわけがありませんわな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その2)
[2019年12月11日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その1)
[2019年12月10日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

2020年度「ぴよこちゃん倶楽部(第8期)」新メンバーを熱烈募集します。。。
[2019年12月09日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!