カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年05月08日 (火)

トランプ、パフェット、ティム・クックの華麗なるインサイダー?

 野党のセンセ方、有権者より先に長い長いGWに突入。なにもすることないから飽きたらしく、今日からお仕事に戻るらしいっす。
 せいぜいお気張りやす。けどね、来月はいよいよ「米朝会談」つうのに、相も変わらずアタマの中は「モリカケ」でフリーズしてるようで、こんな連中に政治なんて任せられませんな。
 どさくさ紛れに支持率1%同士の政党が合流したらしいけど、1×1は1ではなく0。1+1でも0。なぜか? この連中、「政治稼業で食べていきたい」だけですもん。なにより「共同代表」ってなんなのよ。アホらし。
 安倍さん、解散したらいいのよ。まあ、「米朝会談」を直前にいますべきことはなにか、明日か明後日のブログでお話したいと思います。北の演技と戦略、アメリカの選挙対策用の外交、どさくさ紛れの中国の覇権誇示・・・いまのうちに用意しとかないと間に合わない課題が山積みなんすよ。


 1日遅れで有料サイトの記事を転載します。ま、早くお知らせしたいけど、あちらは莫大な原稿料頂戴してるわけで。。。下記コンテンツの続きは明日からの名古屋、大阪、出雲の原原でお話します。銘柄研は来週末なんでもうネタは古くなってるからね。

 さて・・・。

 ゴールデンウイークが終わりました。連休前の日経平均株価は下がったような、それほど下がらなかったような「様子見」の相場でした。せっかくの好業績も「バカがつく正直さ」で株価が奮わなかったのは日米ともに同じ。

 直前のFOMCは「6月利上げ」を織り込んだもの「年4回の利上げはない」と市場は判断したようです。ドル高懸念のトランプに対して、インフレ懸念のFRBが年4回の利上げを決断する、というよりも、いままで述べてきたように「LIBOR急騰」を追いかけるようにFFレートを上げてくるのではないか、すなわち、年4回の利上げはあり、と私は考えています。

 さて、連休中のトピックスから見えてくる投資について透視してみましょう。

 ダウ平均株価は連休中、5月2日23924ドル(▼174ドル)、3日23930ドル(▲5ドル)そして4日24262ドル(▲332ドル)と推移しています。下げて、ほんの少し上げて、大幅に上げています。



 もちろん、大幅上昇の原因はウォーレン・バフェットが米経済専門局(CNBC)にしたインタビュー内容にあります。すなわち、「アップルは信じられないほど素晴らしい企業だ。iPhoneXやその他の機種が3カ月で何台売れそうか、という推測に時間をかけることなど完全に的外れだ」という発言です。一方、「IBM株はもはや保有していないと確信する」は売り材料となりました。

 「ああ、やっぱりそうだ」とピンときた人は多いと思います。去年のいまごろもバフェットはアップル株を大幅に買い増していることをご記憶の方は少なくないでしょう。




 
 なにが言いたいか? バフェットはトランプ政策でどの企業がいちばん恩恵を受けるかを熟知しているのです。おそらく仲間内でしかやりとりしない、もちろん、SECなどにはアンタッチャブルの「インサイダー情報」でしょうか? かなりの確率でそのほかの名だたる投資家もアップル株を買い増しているかも。

 トランプ政策の眼目は「金融政策」から「財政政策」にシフトしています(何度もいうてるけど)。これをきちんと読めばバフェットの決断も理解できるはずです。どういうことか?

1量的金融緩和等の金融政策の役目は終わった。
2減税、インフラ投資等の積極的財政政策に切り替える。
3対米貿易黒字国には関税政策で対処する。



 そして企業が海外に持つ利益の本国還流(レパトリエーション)について減税する、というトランプ政策に敏感に反応したのがアップル社です。

 1月17日、アップルは納税額380億ドル(4兆2290億円)と発表しています。ン末に成立した税制改革法=レパトリ減税を受けての発言です。アップルの海外滞留資金は2500億ドルです。今後5年間でアメリカ経済に3500億ドル超の貢献をすると表明しました。

 アップルがどうしてこんな潔い決断をしたのでしょうか? トランプ減税では法人税率35%が21%に引き下げられ、海外利益の本国還流には優遇税制が1回限りで適用されますから、いまがチャンスだ、という判断でしょうか。

 CEOのティム・クックはそんなに善人なのでしょうか。いいえ、アップルが先鞭を付けてくれたら見返りが必ずある、というトランプとの「ディール」があったはずです。

 翌月、アップルの記者会見に呼応するかのように、CIA、FBI、NSA(国家安全保障局)、DIA(国防情報局)高官は米上院情報委員会で「中国製スマホは米国人ユーザーの安全を脅かす」と証言させていますし、トランプ自ら、「全世界の米軍では中国のファーウェイ(華為技術)とZTE製スマホは売らせない。使わせない。私的にもなるべく持たせない」とも発言しています。





アップルのスマホの売上が今後も伸びるとはとうてい思えません。もし儲けるとしたらアップルストア等々のコンテンツ配信くらいでしょう。独占的修理ビジネスも穴が開き始めました。

 トランプと組んでいちばん利益を受ける企業・・・それがアップルだとバフェットは気づいたのです。


 
 バフェットというかバークシャー・ハサウェー社はアップル株買い増しのために現金を積み上げてきていたのだ、と思います。大暴落で株価が下がった好銘柄をこれからも買い進めていくのでしょう。外国株やETFに投資するよりバークシャー投資が賢明かもしれません。

以前お話した通り、ダウが乱高下するとき、日経平均株価と同じく、構成率に注目してほしいのです。ボーイングの構成率は1割です。ユニクロの構成率・寄与率は日経225で最大です。
 米中貿易摩擦で大騒ぎしたボーイングとキャタピラの株価も戻りました。この2つでダウは15%が乱高下します。



 日米貿易摩擦が激しくなるといっても、すでに日本の製造業はとことん北米で展開しています。自動車では逆摩擦です。トランプのほうがツッコミ所満載でしょう。農業が摩擦のマトとして取り上げられたら、アメリカはオーストラリアには適いません。

 日米金利差が開くことが株価に影響する度合いも薄まってきました。ダウ平均株価と日経平均株価の相関関係も薄まりつつあります。もう騙されない。トランプ発言にダウの反応度も鈍くなりました。米朝会談が破談になると下落暴落すると踏んでいるなら、あるいは逆に成功したら暴騰するかもしれないというなら「ロング・ストラドル」や「ロング・ストラングル」も対策に入れておくべきでしょう。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ルポ 中国『潜入バイト』日記」( 西谷格著・864円・小学館)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム


「一流のプロをご紹介します!経営・採用・税務・事業承継・相続・節税・法務等なんでも相談窓口」

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「ぴよこちゃん倶楽部」はあなたを裏切りません!
[2018年09月25日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

宝塚星組ミュージカル『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』&ショー『KillerRouge星秀☆煌紅』
[2018年09月24日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

「通勤快読」を聴いてフェイクニュースに騙されないようにしよう。
[2018年09月23日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年5月  >>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!