カテゴリー:中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!

2019年03月10日 (日)

三遊亭歌之介師匠、大名跡「圓歌」ご襲名!

 ♪やまのあなあなあな、で大爆笑をとった3代目圓歌。「こんなのが行くから戦争に負けるんだよ」と先代三平との掛け合いはサイコーに面白かったっすよね。

 1978年(昭和53年)、この圓歌に弟子入り。滞納してるアパートの家賃を廊下で落語会をやって払った貧乏噺家がこのたび「圓歌」の大名跡を継ぐことになりました。

 襲名披露は来週から上野鈴本を皮切りに催されますけど、記者会見と関係者が集まるパーティがありまして、歌之介いや当代圓歌師匠とは数回しか会ったことがないけど、義兄が長年支援してる関係でご招待頂きました。


鹿児島弁丸出し落語。はじめて聴いたのは「B型人間」だったなあ。


まずご挨拶は落語協会会長・柳亭市馬師匠から。「♪俵星玄蕃」は季節外れなんでなし。「3年前、先代からくれぐれも歌之介を頼むとこの場(帝国ホテル)でいわれた」と打ち上げ話。ユーモアたっぷり。さすがにしゃべりのプロだわな。


続いてのご挨拶は落語芸術協会副会長兼会長代行の三遊亭小遊左師匠。笑点でお馴染みです。


40年来の友人」武蔵川親方(第67代横綱武蔵丸)が大阪から駆け付けてくれました。席は私の隣でしたけどすぐに大阪に戻られました。


縁起物の看板贈呈。実は噺家たちが制作費を積み立ててるらしい。


乾杯のご発声は最高顧問の金馬師匠。めちゃお元気。凄いね、これは。


歌之介さんも出演してんのよ。三國蓮太郎さん主演・神山征二郎監督。映画上映のプレイベントとして師匠の公演とかありましたね。



 帝国ホテル富士の間に500人。見事な襲名パーティでしたよ。よくまあ、これだけぎっしり集めましたな。予定より100人多かったとか。落語仲間、色物もたくさん。舞台で芸を披露してました。

 歌之介さんも偉いけど、先代圓歌師匠は落語協会会長もやり、昭和を代表する噺家でしたからね。

 こういう師匠を選んだのも偉い。師匠と弟子の関係というのは、師匠は弟子をとるかとらないか決定権がありますけど、実は、弟子のほうでもだれの弟子になるか、決定権があるわけですよ。弟子を取らない、自分の芸を極めたい、という人もいるでしょうが、弟子が増え、隆々と一門が栄えていく、というのは師匠冥利に尽きる、と思うわけですよ。

 70、80と齢を重ねていく時、落語ってーのはそもそも枯れた芸だね、名人だね、といわれる個人芸ですけど、「おたくの○○、最近、腕あげたね」といわれる喜びは別次元ではないか、と思うんですよ。

 ま、いたずらに弟子ばかりとってる噺家もいますけど、会社組織にして老後の生活も安泰盤石。「年金」みたいなもんなんでしょうな。

 そうそう、私のテーブルには席が1つだけ空いてましてね。舞台挨拶も乾杯も済んだ頃、縫うように入ってきた人がそこに座りました。

 鶴瓶やないか! 人気者ですな、写真写真写真。会場中から記念撮影頼む客で行列になりましたがな。


鶴瓶さんの隣がギョロ目の高田文夫さん。高田さんの隣がおお懐かしの佐々木信也さんじゃないですか。

 それにしても鶴瓶師匠の人気は凄いですな。なにが凄いかというと素人の関係者ばかりが記念撮影に押し寄せるだけじゃなくて、噺家仲間しかも大御所たちが挨拶に来るのよね。小遊左、圓楽、喜久扇、昇太、たい平とかね。

 私が大好きな噺家たちは奥のテーブルなんで姿も形も見えませんでした。

 こういう商売は売れてナンボですな。売れなくちゃあかんなー。つくづく思うわ。

 鶴瓶師匠で感心したのは心配り。相撲取りでもないしタレントでもないし。でもテーブルを和ませようと話を振ってくれるわけ。残念ながら話そうとすると「写真お願いします」で遮断。それがずっと続きました。

 料理のうち、魚介を特別担当したの日本のフランス料理を牽引したシェフの一人、上柿元勝さん。帝国ホテル総料理長の田中さんと一緒に挨拶されました。鹿児島の鯛を料理。美味でしたよー。

 引き出物も凄かった。洒落て粋でした。お客さん、贔屓あっての芸人? いえいえ、すべてがお客さん、贔屓あって成立してるんですよ。お客さん、贔屓を大切にしなくちゃ。「道行く人もお客様」と幸之助さんはよく言ってましたけど、釣瓶さん見てて、ああ、たしかになあと再認識させて頂きました。

 お客さん、贔屓のために尽くすことが自分を育ててくれるんです。感謝合掌でんな。

 明日も続きます。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

テレ東「『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』2年5カ月ぶり復活!
[2019年05月20日]
[中島孝志のテレビっ子バンザイ!]

最新刊です。どうぞよろしく!
[2019年05月19日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「西城秀樹さん一周忌追悼イベント」
[2019年05月18日]
[中島孝志の「行ってみたらこうだった!」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!