カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年07月11日 (木)

「落としどころ」という意味

 死ぬほど暇なときに「ワイドショー」を見ることがあります。
 ほとんどのテレビ局が、タレントがキャスターというか司会というかをつとめています。あまり予算のない番組と局アナに任せているようですが、気になるキーワードが1つ。

 今回の問題で「落としどころ」はどこですか?
 「落としどころ」はあるんですか?

 「落としどころ」というキーワードがとっても気になるんですね。

 たとえば、7/4から施行されている「韓国向け輸出管理優遇措置撤廃」。

 優遇措置を解除・撤廃するのに「落としどころ」なんてあるんでしょうか? 「禁輸」でもなんでもありませんよ。いままでが「特別扱い」だったわけで、元に戻します。ほかの国と同じ扱いにしのす、というだけなのに、どうして、日本が「落としどころ」を考えなくちゃいけないんでしょうか。

 日本が「100」の要求をしている。「100」では嫌だと韓国が答えている。だから「50」に緩める。タレントキャスターは「50」というポイントが「落としどころ」と考えてるんでしょうね。

 「日本製品不買運動で報復する」
 「WTOに訴える」

 いま、韓国がしていること、これから韓国がしようとしていることです。

 やればいいんですよ。「もう特別扱いできない」という理由を世界にさらけ出すことができるんですから。
 
 韓国の要求は、「これからもずっと特別扱いしてほしい」「禁輸なんてしないでしょうね」「まさか信用状の保証を止めるなんて言わないでしょうね」ということかもしれませんが、日本政府・経産省は「日韓間の信頼関係が著しく損なわれた」「韓国に関連する輸出管理で不適切な事案が発生した」からだ、と明々白々に理由を回答しているのです。

 これ以上でもこれ以下でもありません。

 「自称徴用工問題で訴えている日本製鉄の資産を7/15に現金化する」
 「慰安婦問題について日韓が結んだ約束を韓国が一方的に破棄して財団を解散している」
 
 こんなことを理由にしているわけではありません。慰安婦財団の資金も半分が不明、核開発・サリン製造に転用できる材料の半分が不明。この絶望的な管理能力の無さが問題なのだ、とすでに回答しているのです。

 「落としどころ」は管理能力を完璧にすること。日本のみならず世界に約束し、実態を定期的継続的に世界に報告すること。

 「100」の要求にはこたえられないから「50」にしてほしい、という「落としどころ」は昔々の政治家が得意としたことです。もともと「50だ」で妥協するつもりだから、あえて「100」とハードルを高くしておく。セールスの手法では「ドア・イン・ザ・フェイス」というヤツですよね。大きな要求のあとなら小さな要求は通りやすい、というものです。

 今回の問題に「落としどころ」はありません。「不買運動」をしてくれるならちょうどいい。「日本に作れるなら韓国でもつくれる」と豪語しているんですから、つくればいいんです。

 韓国人も眺めていますけど、日本国民も注視しています。そして中国人がニヤニヤしながら眺めています。

 「もっとやれ! 日韓が離反すればするほどわが国の思う壺だ、しめしめ」

 トランプも眺めています。彼は一切この問題で韓国の味方をするつもりはないようです。ほったらかしです。G20以前に安倍首相から報告を受けているからです。

 文在寅大統領もそれがわかっています。そして、トランプに仲介してもらおうとも考えていません。なぜか? 米朝会談設定で完璧にこの2人からコケにされたからです。

 「トランプは韓国の味方はしない。すでに同盟国と考えていない。韓国を捨てて北朝鮮をとるつもりだ」 

 だから言ったでしょ(「経済教室」=日米中露そして北朝鮮は韓国を解体するつもり」)。

 最近驚いたのは、この問題について「中央日報」「朝鮮日報」の記事がいいこと。日本メディアのどの記事よりも正確かつ冷静で視点もいい。ひいき目で見ず俯瞰して眺めてますな。感心しました。詳しくは今日の深夜(金曜日配信)「経済教室」でお話しましょう。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「大幅に値下げしろ!」と言われました・・・。
[2020年08月14日]
[中島孝志の原理原則研究会]

お盆ですね。
[2020年08月13日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

熱中症寸前!かき氷の季節です 西村フルーツのかき氷(渋谷)
[2020年08月12日]
[中島孝志の美食倶楽部]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!