カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年08月27日 (火)

昨日配信の「経済教室」を公開します。

 忘れないうちに・・・空売り比率49.2%。裁定売り残1兆6000億円は過去最大。買い戻し期待ですな。

 大騒ぎしてまんなあ。そうそう、「GSOMIA破棄」ですよ。
 韓国と戦争すんじゃね? 日本人女性が韓国に遊びに行くと「強姦」されるから気をつけましょ、みたいな風潮になりつつあります。

 北朝鮮より敵国になってんじゃね? 北は仮想敵、南は真実の敵・・・なんてね。

 ちょっと地球を俯瞰して眺めてみませんか? すると、おかしいことに気づきません?

 まず、トランプさんがなーんにも仲介しなかったこと。
 
 日本と韓国てのはそれぞれが直に結びついてるんじゃなくて、アメリカをリンクピンとして結びついてるわけ。そもそも協定を締結したのもアメリカのごり押しでしたからね。北朝鮮ミサイル乱発という表の問題ではなく中国包囲網という裏の問題(ホントの狙い)があったわけでね。

 アメリカの都合最優先でした。

 ところが、GSOMIA破棄のタイミングでTwitterもない。深く考えてた? ありえませんね。瞬間湯沸かし器を気取りながらきちんと想定して発言内容とタイミングを用意する人ですから(知ってた?)。

 次に、文在寅さんに憑依してみましょ。すると何かが見えてくるかもしれません。

 私、よくトランプさんとか文在寅さんに憑依して考えてみてるんですよ。
   
 ま、そういうわけなんで「日曜深夜配信の経済教室メルマガ」に少し付け加えてブログにアップしたい、と思います。で、来月からトライしてください。

 タイトルは「自壊する文在寅政権! GSOMIA破棄の裏で起きている大変なこと!」ですが、「大変なこと」はホントに大変なことなんですけど、日本政府も役所も公表しませんね。

 で、これは近々、お話します。というのも、今日の深夜は「逆イールドなんか怖くない!リセッションはありえない」というテーマで配信するつもりだからです。お伝えしたいことが多すぎるのよ。投資に関するインテリジェンスは「どん底メルマガ」に掲載してますけどね。

 さて、本文は以下の通り。
 
・・・・・・・・・・掲載・・・・・・・・
 おばんでがんす。中島孝志の「経済教室メルマガ」でがんす。

 さて、「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄」の問題で連日、ワイドショーが取り上げてますね。よっぽどネタがないんでしょうな。

 日本政府は「ノーリアクション」が正解。明日28日に自民党が外交部会と国防会議を合同で開催するみたいですけど、「非難決議」とかしないことです。



この協定は1年更新。マンションと同じで、更新前に破棄を通告するだけで契約解除になる、というもの。韓国が破棄を通告(8/22)してるんですから、「遺憾です」とか「それはダメだ」といえる代物ではないのよ。

 「あっそう」「毎度おおきに」で終わり。 

 そもそもの経緯はご存じのように、アメリカが李明博さんと朴槿恵さんにごり押しして成立した協定ですからね。ホントは12年6月に締結されるはずでしたけど、李さんが1時間前にドタキャン。で、朴さん時代の16年11月に締結したわけ。

 サヨクの文さんがすんなり更新するはずないじゃん。日韓対立を破棄チャンス、とタイミングを図ってたはず。ですから、ホントはかなり前から決めてたと思うよ。


明々白々の憲法違反なんだけどね。ポンペイオとボルトンは非難したけどトランプはスルーだったな。どうして?

 トランプは怒り心頭? 実は怒ってるフリしてるだけ。だって影響ないんだもん。というより、破棄が正解。なぜか?

1韓国の情報は米軍からいくらでも入ります。
2日本への情報提供は「ガセネタ」をわざと混入させてかく乱させるなど、とてもアメリカを介した同盟国とは思えないことばかりでした。
3なにより、日本から提供する「機密情報」が北と中国にダダ洩れ。

 文さんが破棄してくれて、日本政府はホッとしてるはずです。じゃんじゃん。



 文さんはこれから大変ですよ。日本政府による韓国ホワイト国除外に対して、文さんは日本をホワイト国から除外。喧嘩ならこれでおあいこ。ところが、文さんは過剰反応。さらにエスカレートさせました。

 それが今回の「GSOMIA破棄」ですよね。

 日本政府が絶対に外してはいけないポイントがあります。それは諸外国がどう思うか、どう判断するか、どう映るか、を常に意識しておくこと。

 「たしかに日本が正しいみたいだね。韓国がやってることは嫌がらせ以外の何ものでもないね」

 諸外国にこう思わせないとダメ。そのためには、日本は極めて冷静であること。淡々と言うべきことを言い、やるべきことをやる。ただし、諸外国が、なるほど、そうなんだ、と納得してもらえるようにすること。

 極端なことを言うと、韓国が納得するかどうかなんてどうでもええねん。諸外国が納得するよう、徹底的に懇切丁寧に説明して回ること。

 早い話が「味方づくり」なんですよ。

 日本人て「竹を割ったようなパーソナリティ」ですから面倒くさいこと、ややこしいこと、何度も蒸し返されることが大嫌い、なのよ。ヤッコさんはそこが狙い目。プレイヤーを換えては何度も何度もしつこく議論を蒸し返してきます。「もう疲れた」と日本が投げることを待ってるわけ。だから、バカでもタフな奴に交渉させないといけないわけ。

 「正義は必ず勝つ」「天は正義に味方する」なんて都合のいいこと考えるのも日本人の特徴です。あのね、昔、中国の偉いさんからこんなこと教わったことがあります。

 「天の龍は地の蛇に勝てない」

 痺れましたね。そうそう、正義だとか正論だから勝てるわけじゃないの。周囲のギャラリーを味方につけないとあかんねん。ユダヤ人は得意ですよー。レフェリーを味方にするのがね。途中でルールも変えちゃいますから。

 独りよがりでは負けます。味方を作る。たくさん作る。そのための「工作」を怠りなく。

 戦前の日本が国際連盟から脱退せざるをえなかったのもそう。本来は脱退なんてしなくてもよかった。というか、しちゃいけなかった。当事者の松岡洋右も後悔してたもんね。
 「理由」「根拠」は日本のほうが正論。リットン調査団の報告書なんてインチキでしたから。けど、大切なことは「味方づくり」だったのよ。正義だとか正論とか関係ないの。邪魔なんだよね、実は。

いまの外務省にどれだけできるか不安です。いまだに「鹿鳴館外交」しかできない様子だもん。優秀な人材もいますよ。私の知人友人にもたくさんいます。

 幸いなことに、世界最強のアメリカが日本政府の「味方」と明白に示しています。「韓国」ではなく「文在寅政権は嘘つきだ」と公式に表明しています。

 「文在寅政権に強い懸念と失望を表明する」
 「青瓦台がGSOMIA破棄について、米国が理解を示したと説明しているが、『lie』だ。明確に言って事実ではない。駐米韓国大使館と韓国外交部に抗議した」

 国務省、国防総省はGSOMIA継続を韓国に説得してましたし、日韓対立にも中立でした。どちらもアメリカの同盟国ですからね。しかし、いま、トランプだけでなく国務省と国防省も豹変。

 トランプはまだささやいていませんが、「そうか、文在寅大統領殿は私より金正恩の言うことを聞くんだな」と近々Twitterするのでは?

 しないかなー。しないよなー。GSOMIA破棄はトランプの戦略でもありますからね。こんなこと言うとこんがらがります? でもそうだもの。

 すべて文さんのおかげ。日本政府は黙して語らず。文さんのいうことなすことを傍観していればいいんです。「信用状保証取りやめ」なんてしなくていいの。

 必ず動きがあります。けど、いま、もっと重要なことが起きてるんですけどね。メディアは節穴ですから気づいてませんな。これについては近々お知らせします。

 今回はこのへんでよかろうかい。

・・・・・・以上・・・・・・

 時々、「?」と感じる処もあったと思います。まあ、「経済教室」を読んでればわかってきますよ。世界の動き、トランプの戦略、ホントは日本を、東アジアを、半島、大陸、そして列島を地政学的にどうしようと考えているのか・・・日本政府は拒否するのか受容するのか、もね。

 世界の動きは複雑怪奇なんすよ。いまや平沼騏一郎の時代どころではありませんよ。あの時は「独ソ不可侵条約」がいきなり結ばれたりしてね。けど、複雑でも怪奇でもありませんでした。当然のことでしたよ。

 わかる人にはわかる。わからない人には永遠にわからない。わからなくてもかまわないけど、興味と関心、好奇心を喪っては終わりだわな。つまらんつまらんつまらん。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その2)
[2019年12月11日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その1)
[2019年12月10日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

2020年度「ぴよこちゃん倶楽部(第8期)」新メンバーを熱烈募集します。。。
[2019年12月09日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!