カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年10月21日 (土)

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2

 今日は「ぴよこちゃん倶楽部」です。メンバーはご参集のこと。明日は投票日です。ある意味、日本の帰趨を決することになるかもしれませんので、私もしかと清き1票を投じるつもりでありんす。

 清き1票。売れるもんなら売りたいわ、つう人は多いだろうね。チケ・センターとかで売ってたりして。。。
 
 それにしても、大阪-金沢のサンダーバードは外国人ばっか。私の車両なんて2+1シートなのね。もち、私はシングルシート。で、通路を挟んだ隣が日本人のオヤジ。聞き耳立ててるわけじゃないけど、どうやら韓国人か中国人のホステスと「失楽園」を満喫する旅らしいのよ。で、ほかはすべてアメリカ人。まあ、リタイア組のようですけどね。

 ずいぶんわかりやすい英語のツアーガイドさんだなーと思ったら、日本人でした。

 さて、金沢駅でキム兄とミナミちゃんがウェイティング。Bランチにハントンライスついてむしゃむしゃむしゃむしゃ。食欲は中学生並ですわな。

 「鈴木大拙記念館にしますか? 大乗寺にします?」
 「・・・瀬織津姫神社にしましょう」
 「?」

 実は、前日は大阪原原でしてね。池田整治先生が冒頭、いきなりしゃべり出したのがこの神社についてなのよ。

 元々、池田先生は愛媛生まれ。陸将を直前に退官。天下りも断って「世直し行脚の遊説」に出るわけです。この点、一遍上人とか高野聖みたいなとこがあります。

 で、やばい話のオンパの中で出たのが「瀬織津姫」。というのも、埼玉から去年、西宮に移ったからね。

 西宮。。。幸之助さんも住んでらしたけどね。日本に3500社ある「えびす神社」の総本社(「えびす宮総本社」)。「西宮のえべっさん」ですね。

 平安時代には廣田神社の境外摂社。「梁塵秘抄」には諏訪大社、南宮大社、敢国神社ととも廣田神社の末社が南宮。この南宮が西宮神社のこと。いまも西宮神社の境内にあります。江戸時代、家綱が本殿を再建しています。

 廣田神社といえば、キャンプ直前、阪神タイガース全選手、監督、コーチがそろって参拝するのは創立時からの伝統です。けど、もっと大事なのは、主祭神=「天照大神荒魂」のことです。

 これ、「瀬織津姫」なのね。で、戦前の由緒書きには主祭神と明確に記されてたんです。

 戦後、消えた! どうして? 都合が悪いからでしょ。



 そもそも瀬織津姫ってだれ? どうして「古事記」「日本書紀」に書かれてないの? 都合が悪いからですよね。

 どうして? 『ホツマツタエ』では「日本書紀」神功皇后の段に登場する「撞賢木厳之御魂天疎向津媛命=瀬織津姫」と同一神とし、「天照大神の皇后」として天照大神の名代として活躍された、と記されてるんです。





 「あれれ?」と思う人がいるかもしれませんが、こちらが正しいとずっと思ってましたんで、なんの不思議もありません。 

 瀬織津姫を祀る神社は数少ないんです。祭神は佐久奈度神社(大津市)、池宮神社 (御前崎市)、日比谷神社(港区)、小野神社 (多摩市)、小野神社 (府中市)、建水分神社(千早赤阪村)、宇奈己呂和気神社(郡山市)、井関三神社(たつの市)、槻神社(愛知県)。天照大神の荒魂としての瀬織津姫を祭神とする神社は御霊神社(大阪市)と山口大神宮(山口市)、朝宮神社(徳島県)くらい。
 明治時代になるまで迫害されて主祭神を代えられるか、拒否すれば破壊されてきたからです。

 たまたま金沢の山麓にあったんでね。その後、訪問予定の「シェア金沢」のすぐそばですから、これも何かの縁でしょうな。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年10月20日 (金)

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!

 明日は「びよこちゃん倶楽部」です。
■日時:10月21日(土)午後3時〜
■テーマ:「日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」

※だれでもアクセスできるオープン情報から大化け銘柄を見つけ出す方法を具体的に伝授します。とってもいい人です。質問たくさんしてくださいね。
■会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(内幸町駅徒歩2分)です。

※その前に実験メンバーによる「銘柄研究会」を午後1時30分からやります。録音、録画、メモ禁止。記憶力だけで勝負してください。あしからず。

 

10月21日の参考書です。

「通勤快読」は音声・テキストによる原原講義、ぴよこちゃん解説です。むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。コマギレ情報がこんなに広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからないでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「バカ論  後編」(ビートたけし著・778円・新潮社)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年10月19日 (木)

11月度出雲原原はラス前とオーラスでーす。。。

さあ、出雲原原(第4期)は11月で修了です。ラス前はオープン講義。どなたでも参加できます。そして翌日はオーラス講義です。

 主役はメンバー一人一人です。出雲で講義する必要ないよ、と言われるまでは続けたいと思います。メンバーを倍増させまひょ。1人1人のご協力が大切です。
 「貧乏な村が凶作で祭で酒を用意できない。よし、1人1杯ずつ持ち寄ろう。それくらいならできそうだ。やろうやろうと盛り上がった。で、祭の当日、酒盛りで薦被りを破り、みなで飲み干した。水だった」
 俺1人くらい水にしたってわかるまい。みながそう考えた結果です。
 日本を変えるのは1人1人の意識と行動です。出雲原原を変えるのもそうです。



 
■日時:11月18日(土)オープン講演会(無料!)
■テーマ:「松下幸之助さんの経営の原理原則について語ろう」

※講義は午後6時30分〜9時。「まくら」は経済予測、開場は午後6時から。二次会はありません。
□会場(11月18日はこちらです) ビッグハート出雲 茶のスタジオ(出雲市駅となり)
□申込法:参加ご希望の方は「出雲トライアル参加希望」と記し、お名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp


■日時:11月19日(日)メンバー対象。オーラスです!
■テーマ:「あなたの経営力を決めるのは「無意識」の力だった」

※講義は午後4時〜6時。二次会はキング。
□会場(11月19日はこちらです) 「出雲商工会(出雲市大社町杵築南1344。一畑電鉄大社駅から徒歩1分です)」
※一畑電車の最終は午後10時頃まであります。



※いずれも映像をたっぷり駆使した、よりわかりやすく感動的な講義です。パワポを100枚程度使います。データは毎回PDFで差し上げます。
※毎回15〜30分、直近の政治経済の解説をちゃちゃっとします。メディアが報道できないインテリジェンスばかりです。
※2次会では講義内容に関係なくな〜んでもご質問ください。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「バカ論  前編」(ビートたけし著・778円・新潮社)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年10月18日 (水)

今日から共産党大会。。。

 国内では選挙の真っ最中。海外では中国が共産党大会、アメリカはFRB議長人事が決まる頃。

 パウエルならばバブル再来、ウォーシュならば利上げ継続。けど、イエレン留任もあり。政治的思惑で決まるでしょうね。

 利上げありきのデータばかり発表してますけど、トランプノミクスを実行するならQEをやらんとムリでしょ。つまり利上げストップ。いまのFRBの基本スタンスと真逆。来年半ばで利上げもテーパリングもやめちゃうかも。

 納得させるだけのイベントリスクが起こる? 北攻撃とか中東戦争ね。で、超円高リスクもありますな。

 さて、コップの中では想定内、想定外が混在しとりまして。

 数とカネが欲しくて民進党なんぞを入れたからこんなことになっちゃった。


「排除」なんて言わなきゃ良かった? 本音はいつもぽろりと出てしまうもんです。

 「排除」つうか「分別処理」しとかんと後が大変だもんね。右顧左眄。付和雷同。烏合の衆。「排除」で正解です。

 民進党を壊した前原さんは無所属で出馬しとるけど、まだ「代表」なわけ? ならば、解任されるわな。解任される代表が「民進党再結成反対」つうても負け犬の遠吠えでしょ。

 次は参院選なんだから、みなさん、参院民進党にするか立憲民主党へと合流するか。枝野さんはウエルカム。焼け太りでんな。

 いずれにしても、宴の後は、希望と民進は解任解散騒ぎになるでしょうね。比例で当選したセンセはどうするんやろ。

 さてさて、共産党大会が始まりました。トランプと金正恩は待ちに待ってたと思うよ。習近平が独裁政権を確立できるなら話が早いからね。



 ポイントは首相交代人事かな。王岐山が引退せずに李克強の後を襲うようなら、習近平独裁政権確立ですよ。
 11月に訪中予定のトランプ相手に「人民元決済の原油先物市場」を呑ませることができるかどうか。逆鱗に触れるわけですから、交換条件を準備してるはず。



 破談となれば、中国発バブル崩壊が仕掛けられるかもしれません。これが怖いね。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ヒットの崩壊」(柴 那典著・864円・講談社)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年10月17日 (火)

いよいよ今週末ですよ。。。ゲスト講義&中島孝志の銘柄研究会!

10月21日(土)は「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部(第3期)」4回目の勉強会です。メンバーはご参集ください。実戦投資家ばかりの最強布陣です!今回もおおいにご期待ください。 

■日時:10月21日(土)午後3時〜
■テーマ:「日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」
※だれでもアクセスできるオープン情報から大化け銘柄を見つけ出す方法を具体的に伝授します。とってもいい人です。質問たくさんしてくださいね。
■会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(内幸町駅徒歩2分)です。


10月21日の参考書です。

 株主のメリットって3つあるよね。株価が上がること。会社経営にコミットできること。そして配当を得られること。わが『会社四季報』なんて見てますと「配当性向50%」とか載ってるわけ。会社は純利益から自社株買ったり配当増やしたりして株主に還元します。
 で、予想配当28円から38円まで増配した会社があります。ここ、ほんの数か月で株価は2倍になりました。配当金を生み出す「利益」と「伸び率」に注目するとインカムゲインだけでなく株価上昇つうリターンも同時に狙えるわけ。

 なお午後1時30分から「銘柄研究会」をします。年内3回のトライアル。実験メンバーだけでこじんまりと情報交換します。一応、経済予測等々の講義はしますけど、お勧め銘柄等は一切知りませんので期待しないように。それを教えてくれるのはゲスト講師の皆さんですから。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「『昭和』の子役 もう一つの日本映画史」(樋口尚文著・3,025円・国書刊行会)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年10月16日 (月)

「金沢・福井・永平寺ツアー」その1

 てわけで、旅が始まりましたんで、選挙だろうが週明け暴落が起ころうが、関係なくレポをしたいと思います。

 なんたって、ただいま、米原から名古屋に向かう新幹線の中で書いてるわけで。クタクタへとへとの中ようやるわな。

 で、今回の日本伝統文化研究会のメインは「永平寺」なわけ。だけど、せっかくだから「金沢」つけちゃおかてんで、金曜昼に金沢入り。

 前日は大阪原原。前々日は名古屋原原。よーやるわな。大阪駅発が10時くらいちゃう? 1時間前には着いてたもんね。

 さて、車中では9月末から連載を始めたばかりの「松藤民輔の部屋」の原稿執筆。貧乏性なんかね。金沢から福井に向かう車中でも27年くらい連載してる「農業共済」の原稿書いてるんだからね。われながら、意外に責任感つうか真面目じゃんと驚き。そんな人間じゃないんだけどさ。

 で、金沢駅到着。いつものようにキム兄とミナミちゃんのお出迎え。ミナミちゃんゆうても可愛い女性ちゃうねん。早稲田の理工学部出身のばりばりのエンジニアやねん。老舗メーカーの役員やねん。
 キム兄はプロサッカーチーム役員とか広告代理店とか農業も手がけるなど、金沢財界でも、御茶屋の世界でも超有名人なんす。


金沢名物ハントンライス。文句なしに美味いっす。なんつうか、チキンライスが絶妙。家庭では出せませんな。

実はAランチを頼んだの。ハンバとキスとエビフライ。ハントンライスは3人でシェアしました。

並べるとこうなります。

グリルオーツカ。地元では老若男女で繁盛。

あれれ、東急ホテルと北國新聞社が目の前なんだ。

 金沢ツアーは何回もやってるけど、意外と食べ損なってるのが多いのよ。前から食べたかったのよ。ま、前哨戦ですな。

 これからたんとたんとたんと食べることになります。いや、呑むことになります。いやいや、歌うことになります。

 福井のバー(VIPルームでカラオケ三昧)では、ビジネス書書き終わって新たに英語本やらなくちゃいかんのだけど、閃いちゃったもんね。

 トンデモ本。

 ホントはいちばん得意なヤツ。けど、本名ではちょっとやめとこか、つうコンテンツ。ま、書くだけ書くかな。で、ほかの著者に振るかも。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「日本に仕掛けられた最後のバブル 後編」(ベンジャミン・フルフォード著・1,543円・青春出版社)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年10月15日 (日)

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!

 「通勤快読」は音声・テキストによる原原講義、ぴよこちゃん解説です。むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。コマギレ情報がこんなに広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからないでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2017年10月14日 (土)

「わたしを離さないで」

 わたしたちと、わたしたちが救った人々になんの違いがあるの?
 みな終了する。生を理解することなく命は尽きる。

 空海ですな。

 三界の狂人は狂せることを知らず、四生の盲者は盲なることを識らず。
 生まれ生まれ生まれ生まれて生のはじめに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥し。(『秘蔵宝鑰』)



 命にはオリジナルがあって、そのクローンまでできて、クローンたちはオリジナルのためにいつか臓器を提供しなきゃならない。だから、クローンたちの使命は「健康に生きること」。

 スペアの部品なわけさ。

 クローンの子供たちは教育で洗脳され、自分の宿命を「覚悟」するんだけどね、2ー3回も提供すると心身ともに疲労困憊。免疫不全、合併症を併発して「終了」することが多い。
 万が一、4回目でも「終了」しないと果てしなく部品として扱われ、回復治療もなし。

 クローンは人間じゃない? いえ、人間です。夢だって見られる。永遠に叶えられないけどね。

 若くして死なねばならないからさ。

 「提供」が猶予されるのは愛し愛される2人、と証明された場合のみ、いう噂が流れます。やっぱ人間じゃないですか?

 「終了」が怖いんですよ。3回提供して「終了」できなかったら? 強制終了してあげる。

 かつて、もっと若くして「終了」を余儀なくされた人たちがいたと思います。

 特攻兵士たちですね。彼らの夢は日本の平和と家族の笑顔だったと思いますよ。戦争はだれだって嫌ですよ。前線に送られる兵士はとくにそうでしょう。古今東西、軍人がいちばん戦争が嫌いです。

 戦争利権に与る連中だけが戦争好きなんでしょう。

 クローンで生まれようとオリジナルで生まれようと、心と魂を持った人間です。片や生きるために生き、片や死ぬために死ぬ。

 どちらも生とはなにかを知らず、死とは何かを知らない。生きている時は生きることだけ、死んだら死だけ。死ぬ瞬間に生と死は存在しません。「前後裁断」ですな。

 生を生ききる、死を死にきる、と言い換えてもいいかもしれません。

 空海も道元もありとあらゆる祖師もここを極めようとしてきたんでしょうな。

 カズオ・イシグロさん原作。綾瀬はるかさん主演でドラマ化しましたけど、重たいわなあ。週末に再放送するらしいっす。永平寺にいるから録画しとかなあかん。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年10月13日 (金)

FRB議長人事で投資が変わる?

 ただいま選挙中。自公優勢つうもっぱらの評判ですけど、わからんですよ、投票だけは。この世界、いくらでもインチキありますからね。だれも数えてないんやから。

 アメリカの失業率と同じ。はい雇用、はい失業。だれがカウントしとるん? 方程式で計算された概数でしょ。

 それにさ、サイバー攻撃いくらでもできるんだもん。小池さん地滑り的勝利! そういうこともあるかもしれませんよ。Brexit大外れっしょ? トランプ当選どないしたん? 

 ま、小池さん、安倍さん、どちらが勝とうと大差ありません。ヒラリーは酷すぎました。だから消されたわけでね。
 あんな酷いタマはしょうがないけど、だれが大統領になってもいいように二大政党制になっとるわけよ。二大政党制って本質はそういうこと。

 さて、すったもんだはFRB議長人事ですよ。大統領選より大変ちゃう。
 本命、対抗ともに金融機関規制緩和に賛成。けど、片や利上げ積極的。片や利上げ反対=QE復活。

 ウォーシュとパウエル。トランプ政策に親和性があるのはパウエル。けど、わからんな。利上げ速度を遅くするからウォーシュに、つう取引もあり。

 アメリカつう国はすべて「取引」。

 パウエルになったらバブル再びでやんすよ。ダウは40000ドルに向かって一直線やろね。日銀とECBは量的緩和継続を強いられてるから。ざけんなよ、とメルケルは言っとるけど、アメリカには逆らえない。


ちょっと前までは下馬評にものってなかった。





 イエレン2月、黒田さん4月。日銀人事は全員、量的緩和賛成派になりました。ここまではトランプとFRBは同じ。問題はそっから先やねん。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「日本に仕掛けられた最後のバブル 前編」(ベンジャミン・フルフォード著・1,543円・青春出版社)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年10月12日 (木)

「金沢・福井・永平寺ツアー」永平寺参禅について

 今日は大阪原原。明日から金沢・福井・永平寺。早いもんすなー。

 大阪は池田整治先生がゲスト。2次会も久しぶりの新地。ホテルも新地にとりましたんでじっくりとっぷり呑みまひょ。「6時からまくらはあるんですか?」と質問が届いてますけど、やりません。池田先生をお迎えしなくちゃならんからね。。。

 昨日の名古屋にしたって、30分前に「まくら」ガラッと変えちゃった。年末の日経22000円? そんなに巧くいくかいなー。去年末、ブログに書き、原原でお話した予測では「23000円」、6月に「17000円」へと宗旨替え。いまどちらなのって訊かれたら、後者に近いっす。17000円まではいかんけどね。

 ま、いずれお話しますよ。

 で、永平寺ですけど、この土日は寺務で参禅がないとか。メンバーはほとんど参禅希望つうことなんで、日曜午後2時から参禅させて頂くこととなりました。

 てことで、スケが少しだけ変更となります。以下の通り。お楽しみに。。。



 実は、いま(深夜零時過ぎ)ホテルに戻ったとこ。「銘柄研究会」についていろいろ訊かれけど、別に推奨銘柄を紹介するよなことはしません。つうか、できません。アマもいいとこだもん。
 メンバーがどんな投資してるか、どんな銘柄に注目してるか、情報交換する場。投資つうより、「生きた経済」を学べればいいかなと考えてます。

 投資なんてそんなに甘いもんではないと思うんですよね。

 凄い先生方のご託宣を信じるのもいいけど、まずは自分たちでも知恵を出してみようよ。ああじゃないかこうじゃないかと考えてみようよ。そうする中で、「投資センス」なんてものが少しは磨かれてくんじゃね、と思うんです。

 まずは13人で実験。「これはいいね!」と自信を持てたら広げていきたいと考えてます。私は聞き役つうか引き出し役。「教える」なんておこがましい。そんな情報あったらこっそり1人でやるっしょ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「山口組 顧問弁護士」(山之内幸夫著・864円・角川書店)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月20日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

11月度出雲原原はラス前とオーラスでーす。。。
[2017年10月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年10月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!