カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年05月27日 (日)

米朝首脳会談は衆院解散のあとにやるんちゃう。。。

 米朝首脳会談が破断しました。また、やろかつう話も出てるようで。ほんに市場をかき乱すのやめてほしいわーー。

 破談のわりには金価格が上がってませんな。小さすぎます。破談発表3分で10ドル上がっただけ。

 なんで?
 はい、中国がドル確保のために金をこっそり売ってるからです。

 日経平均株価は逆に上げてるしぃ。なんで?
 はい、日銀が720億円分(ETF)市場に流したから。

 まあ、そういうことっす。

 「トランプも堪忍袋の緒が切れたね」
 「金正恩は読み誤ったな」
 「いよいよ戦争か?」
 「でもブンゲリの核工場を破壊したぞ」
 「ポーズだよ、ポーズ」
 「ここでトランプが切れるとはな」
 「北朝鮮お得意の売り言葉に買い言葉がないね、今回は」
 「文在寅はメンツ丸つぶれだぜ」


韓国総合指数に変化なし


あてが外れた土建株だけ急落!

 たしかに韓国大統領のメンツは丸つぶれです。けど、あの人、当事者のくせに「米朝和平を仲介します」なーんて、実に能天気。

 今回の破談はプログラム通り。読み誤ったわけじゃありませんよ。ベストは日本の解散総選挙後まで待ってほしい。今回は、ホワイトハウスと議会の(会談実施)反対が多いんでちょいと「様子見」しただけっしょ。

 会談が潰れるよう潰れるようハードルを上げてましたからね。これからも金正恩は核工場を次々に爆破して、「うちらは誠実に和平を実現すべく動いてまんねん」つう演出を国際世論に見せつけていくはず。

 国会ではちょうどいいタイミングで防衛費2%アップの議論。そう、これなのね。これ。中国は20兆円分アメリカ製品を購入(でないと関税報復されちゃうから)。日本は5億円分武器購入。

 トランプにしたら、牛肉だろうがクルマだろうが、買ってくれたらそれでええねん。アメ車なんかマニアしか欲しがらないしぃ。あんなん押しつけられたら迷惑なだけ。

 政治は必ず経済(金儲け)とコンビで動いてます。軍事も経済と一緒に動きます。影のようにね。 

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年05月26日 (土)

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。

 昨日は博多原原。今日は熊本。明日は宮崎。天孫降臨の地に詣ります。その前に幣立神宮。昨年、松藤民輔兄の通夜で隣にいらっしゃったのが宮司でしたな。
 不思議ですな。いえいえ不思議でもなんでもありません。だって、この世で逢う人はみなあの世で縁のある人ばかり。意外と人脈つうか霊脈は狭いし少ないもんなんよ。

 知らない? ま、たいていの人はあの世を知らんからね。
 私? ちーとも知りません。いいじゃんそれで。


 読書というのは自分との対話ですね。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。どこまでも自分との対話、対決、勝負ということです。

 好奇心の本質とはそういうことだと思うのです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも、彼らは「無知」ではありませんでした。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんですよね。

 そうそう、物心つく頃の子供と同じです。口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタになって寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく「無関心=知ろうとしない」にあります。脳の栄養素は「刺激」です。刺激がいらなくなった瞬間、老化が始まるんでしょうな。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うのです。


●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がってるのよね。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年05月25日 (金)

人はその人に似合いの死に方をする。。。

 忘れないうちに・・・トランプが米朝首脳会談中止を発表!
 ほらね。直後から金価格が3分で10ドル高騰! まいったのー。少しだけ早い。ポジション変えないかんやんけ。

 ま、イラン問題もありいのですから、トランプはやる方向でいると思う。いまは中止。理由は今日の博多原原でお話します。
 そうそう、衆院解散もあり、ですね。それにしてもイギリスは大量人員輸送船をすでに日本に待機させてます。もち、トランプは完全に戦争準備完了。なんたって駐韓大使はあの人ですよ、あの人。
 金正恩が短期間に中国詣りをした理由がこれでわかったでしょ? 命乞いなのよね。次の一手は金正恩の番です。それによってトランプはどちらかの行動に出ます。こんな時に博多かあ。飛行機乗るの嫌だなあ。翌日は熊本、翌々日は宮崎。大丈夫なんかーー?



アマゾンキンドルで1位っす。恋愛の神様井上さんの最新刊です。


 今日は博多原原です。午後6時から投資研究会。7時から本講義。9時から二次会(今回はモツ鍋)。
 で、明日は熊本、明後日は宮崎。久しぶりの幣立神宮それから天岩戸神社。いろいろ。馬肉もトンカツも楽しみです。


 さーーて、きわめて個人的にして地域的なことなんすけど、わが町内会で嫌われに嫌われてるジーさんバーさんが往生しました。バーさんが死んでから2週間後にジーさんがお陀仏。

 凄いのは・・・だれも葬式に行かないこと。家族はつうと、1人息子とは20年前に絶縁。つまり、唯一の家族からも嫌われてたわけ。ホントに1回も来ませんでしたからね。

 町内会の多くが「自業自得」としか思ってないのが哀しい処。

 どうしてそこまで嫌われたのか? 

 町内会の奉加帳にまったく協力しない。みなさんボランティアでやってるにもかかわらず、「どうして孫も子もいないオレがお祭りの会費を出さなくちゃいけないんだ?」
 「どうせおまえらの飲み食いに消えるんだろ?」
 1時間も嫌みを言われるから、この家だけはみなさんパス。嫌み言われるだけ時間の無駄だもん。

 アパート賃貸業もしてたみたいすけど、敷金を返さないどころか逆に100万円くらい平気で請求してたそうっす。周辺の不動産も終戦直後に親の代からだまし取って裁判沙汰になってた、つうんだから、骨の髄からがめついんでしょうな。

 でもさ、そんだけ財産あんのに介護ヘルパーすら頼まなかったそうす。結果、だれも介護しないんでどうやら餓死してた、つう話。「カネだけ遺してどうすんだ?」とみなさんあきれ顔。

 でも同時に、「あの夫婦らしいね」とだれも同情しない。

 1人息子はだれも来ない通夜と葬式だけ終えてさっさと帰っちゃった。奥さんはそもそも来ない。当たり前。ジーさんバーさんにいびりにいびられて精神的に不安定になり、奥さんの両親が怒って実家に戻した。で、ご主人も子どもと一緒に家を出た、という曰く付き。

 人間てのは、1人で生まれて1人で死んでくもんすけど、それは死には付き合ってもらえない、ということでね。生死の瞬間、だれかがそばにいるもんすよ(最近、孤独死が増えてますけど)。
 
 たくさんの家族、友達に囲まれて往生したい、愛し愛された人たちに囲まれて・・・夢を見る人がいますけど、死ぬ直前に、いきなり家族や友人、愛してくれる人が増えるわけじゃありません。FBの友達申請じゃないんすから。

 たとえ100人身内がいたって、「あんなジジイの死に際なんぞどうでもいい」「めんどくせー」「忙しい時に死ぬんじゃねえよ」とまーったく悲しんでもらえない。家族親戚たくさんいるのに「無縁仏」じゃ浮かばれないよ。

 死んだらどうでもいいじゃん? そうすかねえ。私は死後の世界つうより死んでもエネルギーは残ると思ってるんでね。

 若い人が年寄りを大切にする時代じゃないの。ジジイババアがはるかに多いんすから。年寄りが若い人を大切にする時代なんすよ。

 どこかのアメフト部の監督さん、いまのうちですよ、いまのうち。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「荷風になりたい 不良老人指南(全4巻・漫画) 前半」(倉科遼・ケン月影著・2,384円・小学館)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年05月24日 (木)

最近の年寄りは。。。

 「最近の若い者は・・・」という言葉は、古今東西どこでも聞かれます。

 けど、このごろの日本を見てますと、「最近の若い者は凄い!」としか言いようがありません。

 羽生弓弦さん、藤井聡太さん、大谷翔平さん・・・凄い、凄い、凄い。

 それに引き替え、最近の年寄りはどうしようもないね。
 たとえば、日大アメフト部の前監督。選手に責任転嫁するなよ。選手の夢を潰すなよ。というより、選手の身体を潰すなよ。

 「信じてもらえないと思いますが、言ってないと思うんです」

 晩節を汚しましたな。

 記者会見を逃げ回ると思うけど、「社会人」としての存在価値を無くしました。あとは日大つう大学の自浄作用を期待するばかりですが、ここは相撲部監督出身の理事長からして同じ穴の狢なんで、ムリっしょ。

 こういう年寄りにだけはなりたくないね。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「京都がなぜいちばんなのか」(島田裕巳著・864円・筑摩書房)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年05月23日 (水)

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。

 読書というのは自分との対話ですね。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。どこまでも自分との対話、対決、勝負ということです。

 好奇心の本質とはそういうことだと思うのです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも、彼らは「無知」ではありませんでした。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんですよね。

 そうそう、物心つく頃の子供と同じです。口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタになって寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく「無関心=知ろうとしない」にあります。脳の栄養素は「刺激」です。刺激がいらなくなった瞬間、老化が始まるんでしょうな。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うのです。


●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がってるのよね。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「考えないヒント アイデアはこうして生まれる」(小山薫堂著・778円・幻冬舎)です。

カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年05月22日 (火)

電力会社に注目。。。

 「世界中の要人でいちばん外交(「交際」ではなく「交渉」という本来の意味)が巧いのはだれ?」
 「金日成。それから金正日」
 当時、国連NY本部に勤務してた友人への質問。いまなら金正恩というかもしれませんね。

 機を見るに敏というか抜け目ないというか狡猾というか、口先だけで凌いできた連中ですから命懸けです。
 若親分ではなくチンピラの口からですけど、「南北閣僚級会談ドタキャン」に続いて「米朝首脳会談中止」まで囁く始末。

 それにしても、北はアメリカをよく研究しています。このくらいの諜報活動をわが国政府にも期待したいところです。

 イスラエルとサウジのためにイランとの戦争を覚悟しているトランプにとって、中東と北朝鮮の二正面作戦は避けたいところ。はっきりいえば、極東よりも中東のほうがはるかに重要です。だから、とりあえず北朝鮮とは和解しておきたい。
 金正恩はリビアのカダフィの二の舞だけは避けたい。リビア方式だけは受け容れられないと駄々をこね、中国に保険をかけています。

 核査察にも応じているイランが核開発などできるはずがない、とヨーロッパは核合意離脱を決めたトランプと距離を置いていますが、イランとのビジネスよりもアメリカとのそれを優先するのは当然。せっかくイランとのビジネスが動き始めたヨーロッパにとっては痛し痒し。

 トランプは、FRBに対して急激な利上げをセーブするように指示しているのではないか、と思います。





 5月16日に10年物債券が3.09%まで上昇。結果、上げ続けていたダウは191ドルの下落。調整となりました。先週末には長期金利が下がり、ダウは上昇となっています。
 米朝首脳会談と当てた6月12、13日のFOMCは「利上げ」発表があるでしょう。しかし、年内あと2回。トータル4回の利上げとなるかどうかは、インフレ率云々(落ち着きつつあります)というより、やはり、LIBORの上げ次第となるのではないか、と私は考えています。



 アメリカの米国債発行残高は増え続けています。もちろん、1.5兆ドルずつの減税、インフラ投資をするからにはそれだけの負債を膨らませるしかありません。連邦負債残高は2030年には37.8兆ドルまで増える、というのが当局の予測です。
 金利圧力が強くなれば、当然、個人には住宅金利、法人には投融資金利が上昇します。なんのための減税か、となってしまいますから、長期金利をトランプは上げたくないのが本音。トランプの腹づもりを「忖度」したFRBの議長、副議長、理事たちが一斉に利上げトーンを落とし始めています。日本以上の「忖度社会」ですが、「忖度」とは、そもそも権力者に対する役人の「おもてなし」のことですから、昇進意欲の強い人間には本能的に備わっている素質なのです。



 金価格については、トランプリスクで上昇しなければならないのに、現実には1250ドルから1350ドルのボックス相場。金利が上がれば1200ドルもありえる、という噂も出てくるほど下げ基調で、1300ドルをあっという間に切ってしまいました。原因は、米朝首脳会談の成功予測ではなく、中国が手持ちの金をそっと売っているから、というのが私の予測です。

マーケットにおける地政学的影響度は、北朝鮮よりも圧倒的にイラン問題です。金価格は上がらねばならないにもかかわらず下げ続け、原油価格だけが上がり続けるとはどういうことか? バレル80ドル超ではまさに対極です。



金価格と原油価格はほぼ順相関でしたが、プラザ合意以降のドル高是正を過ぎると、「強いドルが国益」と方針転換したのがクリントン政権の財務長官ロバート・ルービンでした。原油価格も金価格も抑圧された時期です。ブッシュ・ジュニア時代からはじまった湾岸戦争(第二次)からリーマンショックまで一方的に上げ続けます。

 リーマンショックを境に金価格と原油価格が乖離するようになりますが、トランプ政権になると、サウジアラムコの上場、中東の戦争危機、なによりサウジをはじめとした産油国の談合(OPECとロシアの協調減産と急激な在庫の落ち込み)、シェールオイルの生産調整、なによりマーケットが日銀のテーパリング転換可能性を捨てきれないでいますから為替はしばらくドル安が続いていましたからね。原油価格の上昇圧力になりました。



では、金価格はこれからどう動くのか?

 長期金利は上げ基調。中国が金を売ってまでドルを猛烈に欲しがっています。となれば、ドル安からドル高への転換。そもそも、去年の10月からFRBはテーパリング。日銀は相変わらず長期金利にはふたをしています。日米金利差が広がる一方ですからドル高円安になるのが理屈。ようやく理屈通りになりつつありますが、「イベント」1つであっという間に円高に逆戻り。つまり、金価格上昇となります。

 「米朝首脳会談は破談する」という予測を前回お話しました。金正恩が決めるのではなく、これはトランプが決めるのです。金正恩は破談に追い込まれる、という立場です。
 トランプは、半島から核と長距離弾道弾を廃絶するつもりでいます。完全に従うなら黄金のキャデラック。従わないなら消えていなくなります。「会談キャンセルもありうる」というのは国内向けのパフォーマンスにすぎません。金正恩に選択肢はありません。

 さてさて、原則は金現物をベースにしておいて、遊休資産で乱高下する株式投資で儲ける、です。
 私は今年は為替で大きく左右される輸出株より内需株(為替鈍感株)を勧めています。この7月から「ぴよこちゃん倶楽部(第5期)」をあらたにスタートさせますが、内需株銘柄のオンパレードになるかもしれませんね。

 早ければ米朝首脳会談直後、遅くとも9月あたりから為替が大きく変化します。それまでは鈍感株でいく。これが基本です。



 中でも、「95シリーズの電力株」が注目です。戻り相場を牽引した銘柄も少なくありません。



 先週の「銘柄研究会」でチラッとお話しましたけど、とくに福島原発でミソを付けた東電の潜在的実力がようやく注目されてきました。

 元もと、スペアの電源が津波に呑み込まれたのが炉心溶融を引き起こしました。地震には耐えられる設計なんですよ、日本の原発は。 
 岩を削って海までの高さを大幅に削ったのが失敗の元。欠陥商品をアメリカから売りつけられ、しかも事故が起きても設計部分はブラックボックス。使い物にならない原発を東芝等の技術屋がなんとか改善してここまで育ててきたのです。

 原発を廃棄させ、小型原発まで日本から取り上げることがアメリカのエネルギー戦略です。あのジジイ首相2人はその手先です。

 この先、EVが主流になるでしょう。そのとき、電源はどうするのでしょうか。夜間電力が安いのはいまだけです。だれもがEVを使うようになれば、夜間電力価格は昼間と変わらなくなるでしょう。
 重要なことは、EV時代は電力消費激増が予想されることです。使えば使うほど安くなるのではなく、「原発を減らす」と政府が計画書で発表したのですから、エネルギー源は確実に減ります。10万キロワット程度の超小型原子炉(東芝製)が華々しくデビューできればいいですが、福島原発大事故のおかげで日本人は原発を信頼していません。まさにアメリカの戦略にしてやられた、というわけです。





 電力会社の株価をチェックしますと、ボリンジャーバンドでみると、いまのところ、偏差値70の優等生といえます。上がりすぎた中部電力がいったん調整かしらん、と見られますが、電事連の中でも商売上手と決断、動きの早さでは定評がありますから要注目でしょう。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「 人は死ぬとき何を後悔するのか  2500人を看取った医師が知る『間際の心』」(小野寺時夫著・823円・宝島社)です。

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2018年05月21日 (月)

「濹東綺譚」

 忘れないうちに・・・先週土曜開催の「ぴよこちゃん倶楽部」ですが、データ・速記録を午前3時半に一斉送信しています。メンバーはご確認ください。添付ではなくダウンロード方式ですから、極めてボリュームが軽量です。届いてないよ、つう方はまずはスパムメールに分類されてないかご確認ください。


 ええっと、DVDなんすけどね。「荷風になりたい」をご紹介したと思うけど、映画は山本富士子バージョンと、津川雅彦さん・墨田ユキさんバージョンがあるわけ。



 山本富士子バージョンという意味は、荷風役はどうでもいいんでしょう。あくまでもおゆきが主役なんすよね。けど、津川・墨田バージョンはあくまでも「荷風」が主役。どこまでも荷風が主役。そういう意味では「荷風になりたい」チックでいい。


墨田ユキさんは沢尻えりかさんによく似てます。もっと女優続ければよかったのにね。相も変わらずつまらんメディアが潰してしまいましたな。

 墨田ユキという女優名は「墨東のユキ」という意味なんでしょうな。

 墨東。かつての玉ノ井。いまの東向島あたりかな。

 『濹東綺譚』は朝日新聞の連載なんだよね。舞台となった玉ノ井にしても荷風が住んでいた偏奇館にしても、3月10日の東京大空襲ですべて消え失せました。荷風曰く、「万巻の書も焼き尽くされた」。

 「ぬけられます」で知られる玉ノ井は私娼街。荷風が歩いた麻布、銀座、三田、浅草、玉の井・・・。新藤兼人監督は原作に忠実ですけど、偏奇館のロケ地は鎌倉じゃないかなあ。御成町のあの屋敷じゃないか、と思うんだよね。



 好きなように生きた男。荷風のような男が生きられたんですから、日本は戦前も戦中も自由なお国柄だったんですよ。

 ああ、荷風になりたい。 


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ 後編」(高橋洋一著・1,512円・KADOKAWA)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2018年05月20日 (日)

「ぴよこちゃん倶楽部(第5期)」メンバーを熱烈募集します。。。

「第5期ぴよこちゃん倶楽部」そして「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)を開催します。ご一緒に勉強するメンバーを熱烈募集します。

 いまま23名(おまけ3回含む)のゲストをお招きしましたが、「1回で元とれたんちゃう」と確信しております。というより、「銘柄研」の最初の5分で元はとれたのではないでしょうか?
 目から鱗。やはり儲けてる投資家は違いますよ。さすがのインテリジェンスです。
 今期も独自の投資法、投資視点で儲けに儲けてる投資家たちにご登場頂きます。御用とお急ぎでない方は一緒に遊んでください。いえいえ、儲けてください。


「第5期ぴよこちゃん倶楽部」も最強布陣です。ご期待ください。

■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第5期)
■統一テーマ:「100万円週3%利回りで3年後には『億り人』!(ま、『10億り人』とか『100億り人』でもいいけど)」



■スケジュール:下記の通り

□7月14日(土)=「30億稼いだ伝説の証券ディーラーが説く!日経平均値動きのルール」
※日経平均株価を指数売買。1日6000万円超の利益をはじめ、24年間でざっと30億円を稼ぎ出し、「レジェンド」と呼ばれています。日経平均株価はどう動くのか? 戦争、政争、災害、事件など、その時に見えた「日経平均のクセ」をつかめば怖いモノなし! 株式や先物からFX、仮想通貨、オプションなど、短期売買で利益をだせるすべての投資に通じるスキルです。


□8月25日(土)=「1日100万円も夢じゃない! いつでも何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資の全方法」
※年間で獲得できるIPO数は年10回も入手できれば幸運です。しかし、実は「IPOセカンダリー投資=新規公開後に自由に売買されるようになってからの投資」は値動きが大きく、スピードも急激。無秩序に動いているかに見えますが、「こういう場合は上昇確率が高い」「こういう場合は値下がりする!」と値動きが予想できたら? ボラの大きなIPOセカンダリーは「宝の山」に大変身です。実はいくつものノウハウがありますし、みなさんが思っているよりパターン化されているんです。


□9月22日(土)=「大学教授が実践する! 上昇期も下落期も勝率8割!堅実で科学的な株式投資法」
※青学のビジネススクールで解説すると何名かの学生が実践。1年分の授業料を回収できたとか。「嬉しいやら恥ずかしいやら・・・」。決算直後の増益銘柄を狙うアクティブ投資、低PBR銘柄を狙う割安株投資、安定高配当銘柄を狙うパッシブ投資。年率10--20%を確実に稼ぎ出す投資法です。


□10月13日(土)=「海外ETFはもう卒業! 置いておくだけで自然と殖やす海外銘柄投資で儲ける私の方法」
※本はまだ出してないけど、投資ブログの世界では超有名な公認会計士です。「米国ETF投資」についてセミナーを開催しようと思ってましたが、それだけではおもしろくありません。バフェット推奨のバンガードETFも整理して米国株の銘柄投資等にシフト。米国ETFを超えるリターンをかなえる投資法を解説してもらいます。


□11月17日(土)=「金利を見れば投資はうまくいく! 2019年、日本と世界の経済はこう動く」
※アメリカの利上げが続きます。金利は表面化していない景気の大転換を教えてくれます。金利を知れば投資の成功確率は格段にアップします。投資家にとってこれほど強い味方はありません。金利をもっと知っていれば失敗しません。もっと儲けられます。
 25年超もの間、運用の世界に身を置いて日々、金融市場と格闘してきたプロフェッショナルが経済と投資の世界を予測します。


■時間:午後3時〜午後5時頃(遅くとも6時には修了します)
※いずれも代理出席可能です。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いません。1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしくです。
※投資本のベストセラー著者ばかりですが、もちろん、講義では旬のインテリジェンス、本には書けなかったことを披露して頂きます。具体的な銘柄もご指南頂きます。

 今回も出血大サービスで「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。ゲスト講義以上に即効性があると大好評。

□「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)
◇開催日:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じです。
◇時 間:午後1時〜午後2時30分。

               記
□投資関連研究会のコースと参加費:
◇「ぴよこちゃん倶楽部」:参加費194.400円(消費税込)。
◇「中島孝志の銘柄研究会」:参加費54.000円(消費税込)
◇「ぴよこちゃん倶楽部」のみの参加はできますが「銘柄研究会」のみの参加はできません。

□申込法:「ぴよこちゃん倶楽部」または「ぴよこちゃん+銘柄研究会」のいずれかをご選択頂き、お名前・お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信ください。メールにてご参加要項をお届けします。nakajima@keymannet.co.jp

□会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年05月19日 (土)

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。

 読書というのは自分との対話ですね。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。どこまでも自分との対話、対決、勝負ということです。

 好奇心の本質とはそういうことだと思うのです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも、彼らは「無知」ではありませんでした。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんですよね。

 そうそう、物心つく頃の子供と同じです。口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタになって寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく「無関心=知ろうとしない」にあります。脳の栄養素は「刺激」です。刺激がいらなくなった瞬間、老化が始まるんでしょうな。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うのです。


●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がってるのよね。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2018年05月18日 (金)

いよいよ明日でオーラス。ぴよこメンバーのみなさま、お疲れ様でした!

■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第4期コンテンツ)



 明日19日(土)がオーラス。あっという間でしたね。

■中島孝志の銘柄研究会=5月19日(土)午後1時〜午後2時30分。
■ぴよこちゃん倶楽部「ゲスト講義」=午後3時〜5時30分頃。

■「中島孝志の銘柄研究会」
※いつものように○○研究と、今回も注目銘柄をケースに「いつ買うか」「いつ売るか」「いつまでホールドするか」ベストタイミングを見つけるスキルを解説します。前回は「ボリバン」「ストキャス」「RSI」でしたが、今回は「大循環MACD」で分析するとどれだけ的中するか、実際にやってみましょう。



■「ぴよこちゃん倶楽部」
□テーマ=「あなたの資産が倍になる! 金融動乱に打ち勝つ常勝投資術ーーいまのうちに資産を倍増しておきなさい!」


ゲストからメールが届いてます。「中島先生、大変ご無沙汰申し上げております。諸事項、了解申し上げました。どうぞよろしくお願い申し上げます。」とのこと。完璧なテキストを用意して講義に臨みます。

※超一流のエコノミストです。政権を敵に回してスキャンダルを仕掛けられました。経済予測、投資指南の目利きは相変わらずです。意外と一押し銘柄教えてくれるんですよ。今回もご期待ください。

■会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第5期)
■統一テーマ:「100万円・週3%利回りで3年後には『億り人』!(ま、『10億り人』とか『100億り人』でもいいけど)」


「第5期ぴよこちゃん倶楽部」も最強布陣です。ご期待ください。

 「飛行機の予約があるのでスケジュールだけ早めに教えて」というご要望がありました。たしかにそうですよ。夏休みも関係なくやりますから。いまのうちに交通機関は押さえておかないとね。
 つうことで、最終部分に第5期=7月-11月までのスケをアップしておきます。

■スケジュール(ゲストとテーマは5月20日にブログでご案内します)。

□7月14日(土)
□8月25日(土)
□9月22日(土)
□10月13日(土)
□11月17日(土)
※午後3時スタートです。遅くとも午後6時には完全修了します。
※代理出席可能です。

 実はいまゲスト講師のみなさんといろいろ打ち合わせてましてね。これまでで「最強チーム」になりそうなんすよ。本はまだ出してないけど投資ブログの世界では超有名な会計士さんとか。「米国ETF投資」について1回やろうと思ってたんすけど、すべて整理して米国株の銘柄投資等にシフトされたそうです。なぜか? リターンを考えると説得力たっぷり。「米国ETF」の長短所もすべてわかります。

 今回も特別出血大サービスで「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。ゲストの講義前1時間、貴重な投資インテリジェンスをシェアする情報交換会です。はっきり言いまして、翌営業日から即効性があると大好評です。

■「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)
◇開催日:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じ日。
◇時 間:午後1時〜午後2時30分。
◇会 場:新橋ビジネスフォーラム・特別会議室
◇これも代理出席可能です。

※「ぴよこちゃん倶楽部」だけの参加はできますが「銘柄研究会」のみの参加はできません。ホント、これ、「グリコのおまけ」なのよ。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いませんし、1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしく。

 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部 代表世話人 中島孝志

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

米朝首脳会談は衆院解散のあとにやるんちゃう。。。
[2018年05月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。
[2018年05月26日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

人はその人に似合いの死に方をする。。。
[2018年05月25日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年5月  

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!