カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年01月18日 (水)

さあ、出雲原原が始まります。。。

 さあ、出雲原原(第4期)を開講します! 神話の里で中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひ、ご一緒に勉強しましょう!

 変わらなくても満足しているならあえて参加する必要はありません。けど、よりよく変わりたいなら、ぜひご参加ください。1年後、「ぜんぜん変わらないけど」という方がいれば、「全額」ご返金申し上げますのでご安心ください。

 原理原則とは、ひと言でいえば、「理=型」のことです。型とは成功するために最短距離で到達できるノウハウのこと。スポーツでもバレイ、絵画、楽器でも、型を知っていると上達が早く、型を知らない自己流はロスばかり多くて成長が望めません。型のない人のことを「形無し(かたなし)」といい、型をマスターした上で個性を発揮できた人のことを「型破り」と言います。

 大事なことはここからです。原理原則はそれだけではなんの役にも立ちません。「どう応用するか=工」を考えなければなりません。つまり「エンジニアリング」が必要になってくるんです。「理」と「工」に「センス」と「感動」を添えてビジネスや人生をよりクリエイティブに創造していきましょう。


途中でも質問が飛んできます。

・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。
 原原の魅力はたくさんあります。
1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、本の出版ができると言う奇跡が訪れた事がトピックスです。となると、「原理原則にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。 原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会をプロデュースしよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。

 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)


こんな感じでやってます。

 経営者やビジネスパースンをはじめ多彩なメンバーです。これがなんともいい化学変化を醸し出しております。留年生が95%というのもそのせいでしょう。

 第4期のテーマです。テーマは同じですが講義内容は違います。しかも各地で違います。同じ講義はしません。けど、どうしてテーマを変えないのか? 簡単にはわからないからです。というより、そんなに簡単にわかってもらったら困るんです。
 あれもこれも教えません。とことんご自分の右脳と左脳をフル回転して頂く講義です。「気づきのヒント」を山ほど差し上げます。


■1月28日(土)「2017年 激変する世界と日本の政治経済を読む!」
■3月25日(土)「強運を引き寄せる原理原則について語ろう」
■5月13日(土)「人をつくる、人を動かす原理原則について語ろう」
■7月 8日(土)「アイデアをお金に換える独創力の原理原則について語ろう」
■9月16日(土)「仕事に活かすインテリジェンス脳について語ろう」
■11月18日(土)オープン講演会「松下幸之助さんの経営の原理原則について語ろう」
■11月19日(日)「売上を激増させる超マーケティングについて語ろう」


※基本的に土曜日開催です。講義時間は午後7時〜9時。開場は午後6時からです。
※映像をたっぷり駆使した、よりわかりやすく感動的な講義です。パワポを100枚程度使います。データは毎回PDFで差し上げます。
※毎回15〜30分、直近の政治経済の解説をちゃちゃっとします。メディアが報道できないインテリジェンスばかりです。
※2次会では講義内容に関係なくな〜んでもご質問ください。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※オプションで開催する「日本伝統文化研究会」による体感ツアー(1泊2日〜2泊3日)は自由参加です。いままで「出雲神在月パワースポットツアー」のほか、「京都怨霊&祇園舞妓Haaa〜nツアー」のほか、「新潟古町鍋茶屋・行形亭&芸妓&佐渡島ツアー」「八戸三社祀り&恐山いたこ&青森ねぶたツアー」「東北奥入瀬紅葉ツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「小樽余市ツアー」「金沢白山・闇笛グルメツアー」「能登一周・加賀屋探訪ツアー」「越中おわら風の盆・立山黒部ツアー」「新潟小千谷市片貝花火大会と神社巡りツアー」「タイバンコク・アユタヤ歴史探訪ツアー」等々を開催しました。
※「シャンソン部会」「ゴルフ部会」が頻繁に開催されています。

□定員  25名(最小開催人数15名)。
□受講料 10万円+消費税=108.000円(年間)
□申込法 参加ご希望の方は「出雲原理原則研究会 参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメールアドレスにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場 ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室

※年間会員制のためメンバー募集は年1回今回限りです。途中入会はありません。
※博多メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。2次会は美味しい処ばかりです。これも魅力なのよね。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年01月17日 (火)

人生を決めるのは出逢い運かもしれませんなあ。。。

 「1曲目は歌に歌手がぶら下がり、2曲目は歌と歌手が等しくなり、3曲目は歌手が歌を引っ張る」
 歌手の世界にはこんな言葉があるそうですね。

 歴史に「もしも」という言葉は禁句ですけど、私たちの人生を考えるとき、「もしも出逢えていなかったら」という運が大きくものを言うことに気づきますね。

 五木ひろしさんのヒット曲「千曲川(山口洋子作詞・猪俣公章作曲)」は詞よりも曲が先にできていたそうです。元もとはほかの女性歌手に書いた曲を、作詞の山口さんが聞くや、イメージが湧いてきて、結果、五木さんが歌うことになったとか。

 「紅白歌合戦のトリにふさわしい歌ができた」と喜んだそうですが、女性歌手の身になれば、まいったなあ、と残念がっていたでしょうね。

 運不運は紙一重。この世界には、努力や才能だけでは通用しない次元があることに怖さを覚えます。

 「努力もしましたがやっぱり出逢い運が良かったからです」
 成功する人は謙虚なのではなくて、事実を語ってるにすぎないと思うんですね。
 
 けど、「出逢い運」を呼び込む資質てのはやはりあるようで、その人に備わった天分ではないかしらん。つまり、出逢い運がすり寄ってくる「何か」を持ってるわけですよ。

 いま、実は神保町の喫茶店でピコピコ書いてるわけですが、目の前は岩波書店です。
 創業者は岩波茂雄。信州諏訪の男ですよね。この版元、「初代に名門無し」という通り、元もとは吹けば飛ぶような古本屋だったんですよ。

 当時も今も大スター作家の夏目漱石との「出逢い運」で急成長するわけです。

 漱石門下には多くの天才、秀才、異才がいましたが、最古参格の門下生に安倍能成という人間がいました。後の学習院院長ですよ。で、彼の縁で漱石とのお目通りがかなうようになりますと、思い切って、いま新聞に連載している小説を出版させてくれないか、と頼みこむわけね。

 もちろん漱石ですから大手から引く手数多ですよ。なにより古本屋に任せるなんてしませんよ・・・普通はね。

 けど、あまりにもしつこいのでとうとう許しちゃうわけ。話を聴くと、金がないので出版費用まで漱石に貸して欲しい、というんですから、厚かましいにもほどがありますよね。

 おもしろいのは漱石です。
 「全額出そう。装幀も自分でやろう。ただし売上は折半だ」
 これね、なかなか凄い判断ですよ。というのも、どんな文豪でも印税は売上の1割なんです。ところが折半なら5倍儲かるわけでしょ。

 たいした商売人です。

 で、この記念すべき初刊行本が名作『こころ』なんですね。「1冊目は作家にぶら下がり」の典型かもしれませんな。

漱石が岩波をエコ贔屓したのは、岩波が誇れるものは熱意しかない若造だったからではないか、と思うんですね。
「この若いヤツ、おもしろいから育ててやるか」
 大物にはそんな気概がありますから。

 私ごとで恐縮ですけど、大昔、会社に勤めながら、26歳のときから一流企業の経営者たちをゲストに、毎月、手弁当で勉強会を開催してきたんですね。
 ゲストはご縁だけでお招きしましたが、講演料は一度も支払いませんでした。だって、お金ないもん。でも、引き受けてくれるわけですから、こちらも不思議で不思議でなりません。で、まじまじと訊いたことがあるんです。

 「先にいる人は後から来る人に教えてあげる義務がある」
 「お礼するなら君の後から来る人にすることだ」

 かっこいいじゃないの。ああ、そうか、漱石と岩波の関係なのか、と感じ入ったことを覚えています。

 大切なことは、若さが武器になると自覚することですよ。そして若さというのは年齢ではなくて精神的な若さ、ということではないかなあ。
 物怖じせず、ダメ元で挑戦してこその若さ・・・かな。

 「Take a leap of faith.」

 いざとなったら、目をつぶって跳ぶしかないんです。計算尽くで人生が動くはずがありませんもの。
 「出逢い運」の女神てのは、じっとしてる人より、失敗続きであちこち頭をぶつけながら汗を流して走り回ってる人が好きなのかもしれません。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「京女の嘘 後編」(井上章一著・864円・PHP研究所)です。 

カテゴリー:黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部

2017年01月16日 (月)

ほんの少しだけご紹介。

 先週土曜日の「ぴよこちゃん倶楽部」の話はぶっ飛んだと思います。

 「ホントはヒラリーが勝ちだった。けど、それでは将来の米国の国益にはならない。だからマシンを操作してトランプを勝たせた」

 まんまとやられました。「んなことあるわけないだろ?」とは思いません。ありますよ。

 アメリカはユダヤ左派からユダヤ右派への大転換。政治はもち、経済も戦争も大きく変わります。で、プレイヤーがトランプに交代したわけですね。

 これからは「逆回転」します。

 ロシアがアメリカの味方になり、中国が仮想敵国になります。で、中国、日本、メキシコ、カナダが邪魔になります。「○○同盟なんて信じない!」となります。

 ここで声を大きく上げて話したいことがありますけど、ムリですね、やっぱ原原、ぴよこちゃん、その次にブログメンバーに忠誠を尽くしているわけで。。。

 年内、株価も為替も激動の乱高下ですよ。大方針は・・・。だから面白い。だから儲かる。 

 「ぴよこちゃん倶楽部」のゲスト講師ですが、「中国の近接未来以外はほとんど同じですよ」と言われた通りでした。

 しっかし、株価がこうなるとはさすがに想像すらしませんでしたけどねえ。

 ま、信じるも信じないもあなた次第ですけど。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「京女の嘘 前編」(井上章一著・864円・PHP研究所)です。 

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年01月15日 (日)

いよいよ博多原原がスタートします。。。

 さあ、博多原原(第5期)を開講します! 中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です!

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はありません。けど、よりよく変わりたいなら、ぜひご参加ください。1年後、「ぜんぜん変わらなかった」という方には「全額ご返金」しますのでご安心ください。参加しないとめちゃ損すると思うな。


途中でも質問が飛んできます。

・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。
 原原の魅力はたくさんあります。
1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、本の出版ができると言う奇跡が訪れた事がトピックスです。となると、「原理原則にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。 原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会をプロデュースしよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいなあ。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)


こんな感じでやってます。

 経営者やビジネスパースンをはじめ多彩なメンバーです。これがなんともいい化学変化を醸し出しております。留年生が95%というのもそのせいでしょう。

 第5期のテーマです。

■1月20日 「2017年 激変する世界と日本の政治経済を読む!」
■2月24日 「強運を引き寄せる!」
■3月17日 「人をつくる、人を動かす!」
■5月19日 「アイデアをお金に換える!」
■7月14日 「仕事に活かすインテリジェンス脳!」
■9月 8日 「売上を激増させる超マーケティング!」
■10月6日 ゲスト講師「特別講話」     
■11月10日 「松下幸之助の経営道について語ろう!」


※金曜日開催。講義時間は午後7時〜9時。開場は午後6時。
※映像をたっぷり駆使した、よりわかりやすく感動的な講義です。パワポを100枚程度使います。データは毎回PDFで差し上げます。
※毎回15〜30分、直近の政治経済の解説をちゃちゃっとします。メディアが報道できないインテリジェンスばかりです。
※2次会では講義内容に関係なくな〜んでもご質問ください。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※オプションで開催する「日本伝統文化研究会」による体感ツアー(1泊2日〜2泊3日)は自由参加です。いままで「出雲神在月パワースポットツアー」のほか、「京都怨霊&祇園舞妓Haaa〜nツアー」のほか、「新潟古町鍋茶屋・行形亭&芸妓&佐渡島ツアー」「八戸三社祀り&恐山いたこ&青森ねぶたツアー」「東北奥入瀬紅葉ツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「小樽余市ツアー」「金沢白山・闇笛グルメツアー」「能登一周・加賀屋探訪ツアー」「越中おわら風の盆・立山黒部ツアー」「新潟小千谷市片貝花火大会と神社巡りツアー」「タイバンコク・アユタヤ歴史探訪ツアー」等々を開催しました。
※「シャンソン部会」「ゴルフ部会」が頻繁に開催されています。

□定 員:30名(最小開催人数15名)。
□受講料:12万円+消費税=129.600円(年間)
□申込法:参加ご希望の方は「博多原理原則研究会 参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメールアドレスにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
会場:福岡センタービル10F特別会議室(博多駅博多口徒歩3分)


※年間会員制のためメンバー募集は年1回今回限りです。途中入会はありません。
※博多メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。2次会は美味しい処ばかりです。これも魅力なのよね。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年01月14日 (土)

今週の原原レポ。

 今日は午後から「ぴよこちゃん倶楽部」ですから、メンバーはご参加ください。
 「めちゃくちゃ楽しみにしてたけど、大雪で飛行機が飛ばない!」という声も聴きます。全国的に厳しい天気のようですが、なんとか駆けつけられますよう。。。
 つぶやき1つでトヨタの株価が3%も下落するなど、「嵐を呼ぶ男トランプ」登場で世界中が振り回されています。株価、為替、債券、商品が今後どうなるか、とくと投資ネタをご披露頂きますんでご期待ください。。。


 さて、博多と出雲の原理原則研究会が来週からいよいよ新規スタートします。で、新潟はラス前(今月は名古屋と東京のメンバーが7人乱入とのこと。翌日は会津若松から喜多方へと足を伸ばして麺三昧だそうです。わしも行こうかのー)。

 テーマは「2017年 日本と世界はこう変わる」。で、コンテンツは以下の通り。
1「トランプショックで世界はこう変わる!」
2「トランプショックで日本経済はこう変わる!」
3「9月デフォルト? マネー流出で自己崩壊する中国」
4「だれも知らない金(ゴールド)の基礎知識」
5「バレル26ドル? 80ドル? 原油価格は『サウジの春』で決まる!」
6「ホントは韓国を攻撃する北朝鮮!」



 150枚もパワポ用意しちゃったんで、120ー150分の講義じゃ終わるわけないのよ。で、いろいろあんだけど、ただいま機能停止に追い込まれとる韓国について、つまり、「6」について少しだけご紹介しておきましょう。

 さてさて、あなたが北朝鮮の首領様だったらどうします?
 アメリカの西海岸にミサイル打ち込みます? それとも38度線を越えて韓国にミサイル落とす? あるいは米軍がいる日本に打ち落とすとか?

 どの場合も戦争になりますわな。それはギリギリまで避けたい。とりあえず、三沢基地の上空を通過して太平洋に落として、トランプの出方を確認しようか、となりますわな。

 中国海軍がやってることと同じです。

 けどさ、いざ戦争となれば、やっぱ狙うのは韓国でしょ。アメリカではありません。まして日本でもありません。

 なぜか? まあ、その前に・・・。

 さて、では、首領様はいつやるか? かなりせっかち、というか、体制危機なんで少し焦っとるように見受けられますが、ベストは「米韓相互防衛条約」が破棄された瞬間でしょうね。ワンパックになってる「日韓相互・・・」も自然消滅です。
 つまり、日米が半島から完全に手を引く。すなわち、韓国が単独で戦わざをえなくなる。北にとってはチャンス到来です。

 国連軍支援を要請するでしょうが、中国が拒否権を発動したらパーです。
 米軍は? もういません。米軍に要請しても、トランプは絶対に派遣しませんよ。



 「日米韓トライアングル」の防衛体制がしっかりしてれば、東アジアに嵐は起きにくいでしょう。けど習近平はなんとしてもこのトライアングルをぶっ壊したい。でないと、太平洋の西側を牛耳る核心的野望が破綻してしまいますからね。

 バククネさんをめぐる一連のスキャンダルを仕掛けたのは中国です。狙いはこのトライアングルを破壊するためです。

 お笑いなのは、韓国野党が中国の意向通りに動いていること。ヒステリー状態で頭に血が上ってるとは思いたくないですけど、「慰安婦像は撤去しないぞ!」「慰安婦合意を破棄しろ!」と一丸となって反日運動を展開しています。「反日ならまとまる」と読まれて、正統な慰安婦支援組織もあずかり知らない処で「合意破棄」のムーブメントが起きています。同時に「THAADは破棄だ!」「GSOMIAも破棄だ!」というかけ声と合体してしまいました。

 中国が狙ってたのはこれですよ。これこれ。

 慰安婦問題なんてどうでもいいの。中国が経済危機に陥るとわかり、突然、日米にすり寄ったパククネ大統領を失脚させ、中国寄りの左派政権に交代させたい。これが狙いなんです。
 野党はどんな手を使ってでも政権を奪いたいんでしょうが、少し考えれば、売国行為であることがわかるはずなんですけどね。



 もし左派政権ができたら?

 はい、トランプは選挙中に何度も発言してたように在韓米軍を撤退させます。確実にね。

 アメリカの戦略には日本に基地があればそれでいいんです。「在韓米軍は日本を守るためにある!」とアメリカの歴代大統領たちは明言しています。

 漁夫の利を得るのは・・・首領様です。ホント、いま、チャンスなのよ。トランプと「ツイッター会話」ができて期待してるんでしょう。けど、「交渉?」「んなこと言ったっけ?」とトランプが拒否したら?

 韓国、どうすんでしょ。ノテウ、ノムヒョンそしてバククネにいたるまで、「在韓米軍は出てけーー」「作戦統制権を韓国に返せーー」と連呼してるくせに、期限が近づくと「ちょっと待って」と延期を連発してきました。15年大晦日も16年大晦日も破棄の期限でしたけど、いずれも韓国はリスケを懇願してたわけです。

 トランプは駐留米軍の経費負担増を日韓に要請してますが、日本は元もと100%負担するつもりでしたけど、左派政権だろうと右派政権だろうと負担増を受け容れるはずがありません。受け容れ表明してたのはパククネ大統領だけなんですよ。

 パククネ大統領のしたこと全部反対・・・坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。覚めてから気づいても後の祭り。


「経費をすべて負担せんと撤退するぞ」と言われたら、日本は「どうぞどうぞどうぞ」でOK!

 誤解されてるのが、在韓米軍と日本の米軍は中身が違うつうことです。在韓米軍は国連軍です。日本の横田基地にも国連軍がいるにはいますけどね。

 1950年の朝鮮戦争は53年に「休戦」しました。終戦ではありません。休戦です。この休戦協定は中国、北朝鮮そして国連代表としてのアメリカがサインしとりまして、当事者といっていい韓国は呼ばれませんでした。
 なぜでしょう? 一人前の国じゃないからです。北に攻撃されてもなんの抵抗もできなかった。国連軍が来なければ占領されてた国だからです。

 いまだに単独では戦争できません。できれば、延期に次ぐ延期を懇願しませんよ。



 さて、北は「休戦中」です。韓国は「戦時中」です、いまでもね。「戦時中の韓国」に対して、「休戦協定を破棄する!」と通告して、北がミサイルを撃ち込んだら? 大統領機能が停止されているいま、いったい、だれが、いつ、どんな権限で、どういう命令を発し、どう責任を執るんでしょうか?

 条約が有効で在韓米軍がいたとしても出動できません。だって、陸海空の三軍は米国議会の賛成を得られない限り出動できないんだもん。
 海兵隊は? 出動可能です。けど現実的にはムリです。なぜか? 在韓米軍は削減に削減されて、ただいま300人しかいないもん。

 となると・・・在日米軍? 横須賀の第7艦隊から空母にイージス艦、嘉手納空軍基地からF15戦闘機が出動したら勝負はつきます。でも、これには議会の承認が必須なのよね。

 沖縄の海兵隊? 2300人ほどいますけど後方支援部隊がメインで医師だったり管理部門だったりで、戦力として投下できるのは300人ほどです。いくら北朝鮮相手でもムリっしょ。ブルース・ウイルスなら対抗できるかもしれんけど。

 それよりなにより・・・あのね、日米ガイドラインには「半島有事に米軍が韓国を救援するには日本の許可が必要である」という文言があるんです(14年7月15日に国会で安倍首相が回答しています)。
  
 でもさ、反日国家相手に、北から反撃されるリスクを冒してまで許可すると思いますか? 日本国民が許しますか? 政権は崩壊しますよ。
 トランプはトランプで、「日本が許可しないから出動できなかったぜーー」と絶好の弁解を考えるかもしれません。

 「ソウルと釜山に慰安婦像建てちゃいました」と溜飲を下してる場合なんでしょうか。ベトナム戦争で傭兵の経験はあれど、有史以来、自ら指揮権も統制権も執った経験がないくせに、日本以上に平和呆けしとるんじゃないかしらん、と少し心配になります。

 日本も平和呆け? そうかもしれません。けど、わが皇軍はほんの少し前まで英米蘭を相手に環太平洋を暴れまくった伝統と歴史があります、しかも自衛隊は歴史上負け続きの中国軍よりはるかに強いっす。

 まあ、そうならんように政略で解決するのが重要なわけでね。

 今年は北にとって苦節71年の大チャンスです。けど、これで命運が尽きます。良くて亡命、普通は暗殺か処刑でしょう。
 では、ポスト金正恩は中国の傀儡金正男がとってかわるかといえば、トランプはそうはさせないと思います。北は中国の代理人チョン・チャンテクを粛正したわけでね。瀋陽軍区ならいざしらず、北京にはなんの影響力もありません。

 当然、ロシアがコントロールするようになります。だから中国も焦ってるわけです。

 ま、このへんにしときましょう。

 それぞれのコンテンツを2時間ずつ講義すべき処、20-30分の早回しお話しせざるをえませんでした。「金の基礎知識」については山ほど質問がありました。二次会はそのためにあります。
 ほかのコンテンツもまとめて本にしますんでヨロシク。
 近々、「3」=中国の金融、経済、政治危機についてご紹介しようと思ってます。これがまた大変なのよ。日本のメディアが絶対に書けない、知らない、わからないことばかりですからお楽しみに。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年01月13日 (金)

今年いちおしのお笑い芸人。。。

 年末年始から笑わせてもらいましたがな。M1もありましたしね。
 私、ます・おか、サンド、バイきんぐの大ファンなんですよね。

 落語だけでなく漫才もあちこちの小屋に出かけてますんでね。

 で、今年いちおしのお笑い芸人つうと、やっぱ、タイムマシン3号と和牛かなーー。


この視点は勉強になるなー。つうて、なんの勉強になるんやろ。

 和牛はね。M1の準優勝でしたけど、わたし的にはダントツの優勝でしたよ。


「ロケみつ」に出てたよね。自分で釣った魚で生き抜く、つうやつ。

 で、シンクロックの伸びしろに期待したいね。関西では何回かテレビで拝見したけど、いよいよキー局に出てきましたな。今週も木曜深夜の『内村てらす』に出演するらしいっす。




 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「アルハンブラ 光の迷宮 風の回廊」(佐伯泰英著・2,000円・集英社)です。 

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年01月12日 (木)

総混乱、総混迷、総不安の政治と経済、投資を読み解く「インテリジェンス=知の宝庫」です。。。

 今日は大阪原原です。メンバーはお集まりください。大阪原原もラス前ですね。早いもんですなあ。。。

 「通勤快読」に年末年始はありません。「原理原則研究会」「ぴよこちゃん倶楽部」とは比較になりませんけど、ブログよりも圧倒的に密で、深く、価値あるインテリジェンスをお届けしています。

 雑学おおいに結構です。情報ってのはどこかで必ずつながってますからね。つまり「複雑系」なんすよ。くっだらねえひと言が実はおっきな宝の山。他人の話を聴いて次から次へと連想と発見があるから単純に嬉しいわけ。

 ここからが大切ですけど、ビール1本の追加より本1冊の追加のほうが絶対に得。いま読まないと永遠に読まない。いま買わないと永遠に買わなくなる。本との出逢いこそ「一期一会」。つうか、インテリジェンスって、こういういったり来たりの作業の中で邂逅するものだし、発酵するものではないかしらん。

 進化とか進歩、成長ってのは大切ですし、深く深く掘り下げてる成熟した人も素敵ですよね。いつも新鮮な視座と視点を持ってる人との会話ほど楽しいものはありません。魅力的なトーク、魅惑的な話、悪魔的な雑談てのもそうですよね。

 新聞やテレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。。。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。政治も経済、投資についても参考になります!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 そのほかにもたくさんのご感想ご意見が寄せられています。
 どんな内容か、まずはサンプルをご覧頂けると幸いです。
 メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読 宅配便」をよろしくお願いいたします。

 ま、面白ければそれでいいっしょ。人生どんだけ楽しめたかで決まるわけでね。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「日本につけるクスリ」(竹中平蔵・安部敏樹著・1620円・ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。 

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年01月11日 (水)

デトロイトからわざわざゴッホとピカソ来てまんねん。。。

 今日は名古屋原原ですよーー。早いもんでラス前ですよ。ホントに早いねえ。。。メンバーはよろしく。で、来月はオーラスですよ。当たり前ですけど。。。

 さて、二次会は焼き肉屋さんらしいよ。幹事(超人気イタリアンのオーナーシェフ)が幹事だけに「凄い店」なんでしょうな、今回も。
 ホルモンとマッコリそれにチゲスープかなーー。焼き鳥はしょっちゅう食べてるけど、焼き肉屋さんは行かんもんなあーー。ホルモン大好きなのよ。。。何年ぶりだろう。

 さて、いよいよ迫ってきましたなあ。
 

「大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」ですね。

 最近はまってまして年末年始も行ってきました。来週で終わりなんでギリギリまで見にいこっと。去年、大阪と、なぜか名古屋ではなく豊田で開催されたんだよあ。ホント、終わりなんでね。

 65000点のコレクションからモネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソ・・・名作中の名作52点。「どこかで見たな」つう作品がたくさん。

 とくに月曜と火曜はカメラ撮影OKだかんね。絵画の目の前に突っ立ってしばらく鑑賞してる人が少なからずいますんで、なかなか撮影できませんけどね。後でじっと待ってればチャンスはあります。けど、写真はブログとかにアップしちゃダメなのよ。

 著作権は紳士淑女的に対応しなくちゃ。

 いろんな分類方法があるんだろうけど、印象派、ポスト印象派、20世紀のドイツ絵画、そしてフランス絵画・・・わたし的には「ポスト印象派(ゴーギャン、セザンヌ、ゴッホ、スーラの4巨匠)の中でもゴーギャンとゴッホが好きなんです。セザンヌが多かったけどスルー。

 だから、ポス印ばかり見てるわけでね。本邦初上陸つう作品もたくさんあります。ま、本物なんでしょうね。「へえ、こんな絵だったのか」と感じないことにはね。なんでもそうですけどね。

 本邦初上陸のピカソは良かったです(大好きなジョルジュ・スーラはなかったね。『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を期待してたんですけど。残念。シカゴ行くしかねえな)。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「私は女優 後半」(浅丘ルリ子著・1,836円・日本経済新聞出版社)です。 

カテゴリー:黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部

2017年01月10日 (火)

真冬ですがオーバーヒートしそうっす。。。

 今日からフル回転です。まずは東京原原、明日は名古屋、明後日は大阪です。

 明日は古代史研究の集まりが終わってから名古屋に駆けつけますんでギリです。翌朝は熱田神宮。へてから京都の伏見稲荷、大阪は住吉大社と連チャン初詣です。
 テーマは「2017年 日本と世界はこうなる!」とします。東京、名古屋、大阪で講義内容は変わります。同じ話できませんねん。パワポも変わります。
 とくに今回はトランポノミクスと株価、あるいは政治リスク云々だけでなく、「金(ゴールド)」の話をしようと思います。「ぴよこちゃん倶楽部」のメンバーでもたぶんわかってる人はそんなにいないと思うなあ。「初耳」ばかりのはず。。。お楽しみに。

 そうそう、東京、名古屋、大阪の各原原には年末年始からすでに予約が何人か入っとりまんねん。熱心ですなあ。東京は9月スタートですよ(募集は7月末ですけど)。首都圏型勉強会なんかなあ。


 で、週末14日(土)は「ぴよこちゃん倶楽部」(第2期3回目)です。
 テーマは「2017年日本経済はこうなる! 大激変する世界相場を勝ち抜く私の方法」ですんでよろしく。。。


会員にいわせると私と予測がよく似てるらしいっす。そんならじっくり講義を聴かせてもらいましょう、と今回お招きすることに。

 ここ2年ほど、博多原原の講義の後に二次会でいつも「会員レポート」を呑みながら拝読させてもらってますが、かなり「的中」されてますよ。驚きました。

 いよいよトランプの大統領就任式が秒読みですけど、当選前後から世界中が振り回されてますわな。けど、就任したとたんに落ち着くんじゃないかしらん。株価もね。就任後100日間は普通「ハネムーン」なんでしょうけど、「期待感先行」ですべてが前倒し。会計年度の都合もあるんでしょうけど、秋口から具現化されるわけで。。。次の利上げも3月じゃなくて6月じゃないんかね。

 つうことで、元旦の予測になるわけね、私の場合は。はてはてゲスト講師はどう予測されるんでしょうか。。。
 
「先進国はすべて財政難。累積赤字は天文学的数字。日本の債務はGDP比240%超。しかし日本公債だけは90%超という高率で国民が保有しています。しかも売られる心配がありません。つまり、先進国では日本だけが無制限に国債を発行できます」

 厳密には国民の現金預金総額1700兆円−公債総額1200兆円=500 兆円ですけど。
 
「財政出動は日本が率先して行う結果、株式市場は米国主導から日本市場主導になります」

 2016年。FRBは利上げ。日銀とECBは緩和継続。米国GDPが潜在成長率に接近。日欧はぎりぎりゼロ成長を超えるレベル。結果、グロマネは米国に集中。結果、ドル高傾向が続きましたけど・・・。

「2017年からはFRBの利上げは続きません。日銀は緩和出口に向かうので円高傾向になります」

 17年の日本経済は財政出動による内需拡大。資金は日本市場に向かうので円高が加速。これからは「Buy Japan」が合い言葉になりそうです。

 トランプが世界の政治リーダーの中でわざわざ安倍首相と最初に会ったのはなぜでしょうか?

 公約=1兆ドル規模のインフラ投資には財政出動が必須です。けど赤字財政甚だしい米国には余裕がありません。ジャパンマネーが必要だからこそ、安倍首相におべんちゃらの1つも言わなくちゃならんかったわけです。

 安倍首相の評判は日本よりも海外での方がはるかに高いんです。
 
「2017年から投資の方向はソフトからハードに変わります。内需拡大銘柄も注目すべきでしょう」
「2017年末には出口戦略で金利上昇。円高銘柄と円安銘柄の主役が交代するでしょう」

 当たればええねん。当たれば。正確に予測して外れるより、大間違いでも当たればええねん。とにかくマネーを殖やすこと。黄金の卵を産まない「ぴよこちゃん」なんて意味ないんでね。

 ついでにいうと、2月のゲスト講師はずばり「バリュー投資」の名人です。投資でいちばん重要なのは「売買タイミング」でしょ。タイミングがすべてですよ。
 早い話がボトムで買い、ピークで売る。できる? できます。このテクニカルをマスターすれば鬼に金棒。10回くらい聴いてちょうだい。
 
□2月 4日(土)「株価、為替、商品相場をチャートでとことん掘り下げる、私の投資法」


読めば読むほど質問が湧いてくるよ。いままでのゲスト講師も彼のオフィスに表敬訪問してます。高く評価してましたよ。。。

 信頼する指南役であり友人です。一度会えばみなファンになるキャラです。サービス精神旺盛な方ですんで「サイコーのお土産」をご期待ください。「隠し球」いよいよ出てきまっせーー。


2月度のゲスト講師からのプレゼント。こいつは春から縁起がええわい。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「私は女優 前半」(浅丘ルリ子著・1,836円・日本経済新聞出版社)です。本に載ってないこと山ほど話しました。聴いて聴いて聴いて。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年01月09日 (月)

慰安婦像問題はなぜ解決しないのか?

 さて、またまたすったんもんだでおますなあ。なんつうか、やっぱお隣さん同士ってのは仲が悪くなるんだねえ。
 まあ、いつものことなんで別に驚きませんけどね。

 日韓基本条約で解決済みの戦後賠償問題も、突然、「支払え!」と言い出されたり、今回だって、10億円はとっくに支払い済み。国と国の約束事を誠意をもって履行するのが近代国家間では当たり前っしょ。

 けど、日本政府も甘かったわなあ。ホント甘い、甘甘だわな。

 もちろん、安倍さんも先刻承知でしょう。一応、諸外国にわかるように「プロセス」をきちんと経ただけのことですわな。「約束破ったのどっち?」とはっきりわかるように透明性のプロセスでした。

 契約文化が根付いてる欧米先進国なら理解できるでしょうけど、半島にはムリですよ。文化が違うもん。東アジアの民族にとって契約なんてのは近代のルールでしてね。
 日本人でも契約云々より上位概念である「恥」のほうを優先しますよ。口約束とか信用を優先します。たとえ契約があろうとなかろうとね。「走れメロス」の世界なんすから。

 この東アジア地域は顔は似てるかもしれんけど、海を隔ててあちらとこちらは別人格。パーソナリティがダンチ。で、錯覚つうか誤解しちゃうわけ。
 話せばわかる? わかりませんよ、永遠に。「理解し合えない」つう原点を忘れちゃあかんわな。異文化理解つうけど、「理解」なんてなくていいの。そんなのムリ。期待するだけ疲れます。「理解」という次元ではない方法を考えなくちゃ。

 日本人てのは、小悪党が開き直ったら絶対に許さないけど、大悪党でも懺悔したら簡単に許しちゃう。もし、そいつにいつまでも愚痴や悪口雑言を繰り返してると、「なんておまえは器の小さな人間なんだ」と軽蔑されてしまいます。

 つまり、水に流しちゃう。だから、何度も同じ失敗を繰り返します。おおらかというか、お人好しというか、まあ、学習効果がないわけでね。だから慰謝料を何度も騙されてとられるわけですよ。カネがなくても面倒くさいから払っちゃうわけ。

 ここが違うのよ。

 あのね、半島の方と商売するには鉄則があるの。支払いは3回に分ける。一括払いは絶対ダメ。なぜか? 約束守らないもん。だから、まず仕事したら途中で10分の1だけ支払います。中間でまた10分の1。で、完全に終わったら残りを支払ってやる。
  
 これ、韓国でも北でも知人友人がみな口を揃えていいます。別に日本人だからではないの。同じようにするって。「世界でいちばん詐欺師が多い国だからね(これも彼らの弁)」だとさ。
 でもね、詐欺にあっても絶対に訴えないってさ。なぜかわかる? やり返すから。やられたらやり返す。これが彼らのパーソナリティ。日本政府も悔しかったらやり返せばいいのよ。そうしてはじめて一目置かれるわけでね。いまのままではバカにされるだけ。

 いえいえ偏見じゃありませんよ。知人友人の朝鮮人が何人も同じアドバイスしてくれてるんでからよっぽどなんだと思う。から驚かない。やっぱ政府も国民も同じなんだね、で終わり。

 なんでも水に流しちゃう日本人と、恨を永遠に石に刻む朝鮮人が理解し合えるわけがありませんわな。それを前提にコミュニケーションしないとさ。。。

 前にも書きましたけど、近代国家は罪刑法定主義ですけど、んなもん形だけ。儒教の世界は道徳刑が相変わらずです。100年以上前の朝鮮併合時の親日派を裁く法律を「いま」つくってもなんの矛盾も感じないのが論より証拠。道徳刑だから時間を超越しちゃうのよ。つうか、過去、現在、未来がいつも同居して混在してます。

 怖くて条約なんて結べませんよ。結んだところで「ちゃぶ台返し」は覚悟しておかなくちゃ。で、そうされないために一括払いなんて絶対にしちゃダメなんだって。

 では、「ちゃぶ台返し」されないためにはどうするか? はい、経済力と軍事力で圧倒すること。有無を言わせないパワー。いざとなったら軍艦と大砲・・・これしかありません。中国に対してもね。これが誤解されない唯一の方法。
 
 ソウルの慰安婦像すら撤去してないくせに、釜山にまたまた新しいのがお目見え。だからいわんこっちゃないつうの。撤去を見届けてから少しずつ支払えばいいのにね。外務省の商売下手は戦前からぜんぜん変わっとらんね。あの連中、たんなる語学屋だかんね。

 相手の誠意を期待した日本政府がバカでした。やらずぶったくりは北朝鮮と同じ。考えてみりゃ同じ民族だもんね。だから説得しようなんて思わないこと。「力」がいちばん。戦争はできないけど、経済の圧力はいくらでもかけられますからね。

 そういう意味では「スワップ協定中止」がいちばん効くな。

 中国には「日本企業はすべて引き揚げますから」のひと言が効きます。自由経済ですけど税制は変えられますからね。中国への関税。トランプに相乗りしたらええねん。WTOでも「先進国」から除外されてるんだから。

 中国の外貨準備が激減してます。明日お話しますけど、日経とWSJでは3倍もの差がありますけどね。中国依存の韓国経済。中国が転ける前におかしくなります。
 ドルがなけりゃなにも買えません。あのね、アジアでドルが無尽蔵に手にできるのは日銀だけなのよ。政治破綻より経済破綻の方が早いと思うなー。中国よりも早い。サウジとどっこいどっこい。

 結論。撤去してもらわなくて正解。永遠にスワップ結ばなくて済むからね。

 日韓対立で喜ぶのは中国と北朝鮮でしょう。パククネさんのスキャンダルにしたって、ロッキード事件をパクッた中国の仕掛けですわな。トランプに幻滅して北朝鮮が動き出したらどうすんだろ? そうなればバククネさんには起死回生のチャンスかもしれんけどさ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

さあ、出雲原原が始まります。。。
[2017年01月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

人生を決めるのは出逢い運かもしれませんなあ。。。
[2017年01月17日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

ほんの少しだけご紹介。
[2017年01月16日]
[黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年1月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!