中島孝志の聴く!通勤快読 7つの特徴
  • たんなる書評ではありません。日本を代表する政治経済のインテリジェンス人脈をベースに、テレビや新聞・雑誌では知り得ない「価値ある情報」を提供します。
  • ビジネス書や政治経済本だけでなく、小説やノンフィクション、歴史書、エッセーもカバーします。話題のベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割とお考えください。
  • 月〜金の平日深夜0時に更新します。月間25冊・年間300冊。1冊当たり約40円です。
  • アナウンサーではなく、中島孝志の肉声による臨場感たっぷりの語りです。
  • 仕事のヒントだけでなく、なによりも「感動&元気」をお届けします。
  • 音声だけでなくテキスト付きですから、多忙なときは斜め読みできます。ケータイでもOK!
  • ゲストを交えたオフ会を開催します。(『村西とおるの閻魔帳』著者・村西とおるさん−10年6月開催済)

※iOS10にて音声が再生できない現象については、iOS10.2にアップデートを行って下さい。

月別エントリー:  年   月 

タイトル/著者検索: ;

最近のエントリー

2018年06月19日(火)

「Jimmy 前編」 明石家さんま著 702円 文芸春秋

 ホントはNHKでドラマ化され、とっくに放送されてたはずなんです。楽しみにしてたんですけど、小出恵介という俳優が未成年と援交してお蔵入りになっちゃった。援交なんて、文科次官じゃないってえの。

 明石家さんまさんが連続ドラマを初めてプロデュースした作品のノベライズ化です。

 舞台は80年代の大阪。高校卒業後、どこにも就職できなかった大西秀明さん。担任教師の口利きで舞台進行見習いとして「なんば花月」に出入りします。

 幼い頃から何をやっても失敗ばかり。吉本でも相変わらずとんでもないヘマばかり。そんな男が人気絶頂のさんまさんと出会い、孤独や劣等感を抱えながら芸人として成長していきます。

 この本、昨日ご紹介した一之輔さんが一押しでした。

 ああドラマが見たかった。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月18日(月)

「いちのすけの まくら」 春風亭一之輔著 1,620円 朝日新聞出版

 このタイトル、一之輔さんは嫌がってたらしいです。そりゃそうでしょ。「まくら」というと小三治師匠の本ですもの。しかも売れてるし面白い。「通勤快読」でもご紹介したと思いますよ。

 編集者が小三治師匠にあやかってつけた、というわけではないでしょうが、結局、そうなってしまった。面白いか? まあ、ふつうです。少なくとも高座で話してる方がはるかに面白いと思いますけどね。

 そんなこと言うと身も蓋もありませんが、正直、そう思います。なら、「紹介するな!」と叱られそうですが、実は、明日ご紹介する本がこの一之輔さん一押しなんですよ。

 そういうことで、明日の「まくら」として本書をご紹介するてえことです。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月15日(金)

「名セリフ! 後編」 鴻上尚史著 842円 文芸春秋

 いよいよ後編に入ります。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月14日(木)

「名セリフ! 中編」 鴻上尚史著 842円 文芸春秋

 続きです。超長いですよ。長いから2つに分けたんですけど、それでも長いので3つにします。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月13日(水)

「名セリフ! 前編」 鴻上尚史著 842円 文芸春秋

 ギリシア悲劇から、シェイクピア、三島由紀夫、井上ひさし、野田秀樹、三谷幸喜、松尾スズキまで、古今東西の名戯曲から選び抜いた31の名セリフを紹介するだけでなく、その他の雑学がサイコーです。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月08日(金)

「「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識 前編」 高橋洋一著 864円 PHP

 「年金が危ない」と煽り立てて得をしている人々がいる! 財務省、厚労省、金融機関がひた隠す、年金の「真実」とは?

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月07日(木)

「苦しまない練習」 小池龍之介著 596円 小学館

 ベストセラー『考えない練習』待望の続刊です。
 寂しさ、不満も練習で直せる。日常生活のなかで簡単に実践できる25のシンプルな心のトレーニングを収録しました。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2018年06月06日(水)

「お祓い日和 その作法と実践」 加門七海著 352円 ダ・ヴィンチ

 加門七海さんといえば、『うわさの神仏』『おまじない日和』等をご紹介したと思います。

 人気作品がついに文庫化されました。塩、香、鏡、石、水、砂、鋭、粧、食、浴、緑、音、幣と13のお祓いアイテムの理念と実践方法。深くて広いお祓いの世界をご紹介しています。

 端午の節句、七夕や大晦日など、一年の行事にはお祓いの意味がこめられているという「お祓い暦」、厄払いの真の秘訣を教えてくれる「厄払い生活」など深くて広いお祓いの世界も紹介。「音」は文庫化にあたり新たに書き下ろされた項目です。お祓いグッズ紹介も充実しています。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

月別エントリー:  年   月