カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2017年12月03日 (日)

小三治師匠は元気だった。

 ふらっと入った焼鳥屋さん。6人しか入れないんじゃー。で、奥のシニアは精神科医のご夫婦。

 自然に落語話。ま、自然につうのが不思議なんだけど、渋谷のガード下ってのはそういうとこなのよ。「東横寄席」の時代から通ってる。つうことは40−50年来ですわな。先代の文楽とか小さんとか。志ん生もナマで見てるわけでね。

 二つ目だった小ゑんとか朝太にしてもそう。

 市馬師匠とか喬太郎さん、白鳥さん等、パラエティに富んでる噺家がずらりのいまも凄いと思うでしょうが、この名跡を考えたらちょっと羨ましいわな。

 「コースで頼まないの?」
 「ちょいとこれから小三治なんすよ」
 「へえ、いいね」
 「でしょ」



 人間国宝はこのカッコで舞台に出てきました。で、弟子2人が演るとこ、ご本人の「まくら」で潰してしまいました。で、いきなり座談会。


弟子たちが懸命にグッズ売ってます。師匠は売るな、と言ってるのよ。

NHKの落語でムービーでもお馴染みの三三師匠。こんなカッコしてたらわからんな。

はん治師匠も懸命に売ってます。


 この座談会なんすけど、先日、「さん喬一門会」でも座談会がありましてね。自分の師匠をいじめブームなんだろね。ま、手っ取り早く時間を潰せますしね。

 やっぱ違うね。師匠が違うから弟子も違う。社風つうの? 芸風ではなく、たたずまいが違う。

 やっぱ小三治師匠、真面目なんすよ。弟子のやり方も。真面目のどこが悪い、と言われたら返す言葉はありませんけどね。もっと飛ばないとさ。自己規制しちゃうんだよなあ。

 客からの質問にしたって、師匠が嫌がるような質問で突っ込まないとさ。「好物は?」「どんな女性が好きですか?」なーんてマジな質問してどうすんだ!

 「噺家と客」つう関係でなければゼッタイ近寄りたくない人物でしょ、小三治つう人は。ま、それでいいわけですけどね。友達じゃないんすから。この一門。「真面目」から解放されないとつまんないかも。お手盛りの噺になっちまう。

 こんだけバラエティに富んで、しかも巧い弟子がわんさかいるんだから、育て方は巧いんだろうね。


一琴師匠の噺おもしろいっすよー。好きだね、この人。紙切りは余技なんすけど巧いのよ。ま、これじゃ食えんけどさ。

 文句ばかり言うなら聴かなきゃいいのに? それを言っちゃおしまいよ。

 で、小三治師匠の「死神」は4回目。下げが変わりましたね。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年12月02日 (土)

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!

「通勤快読」は音声・テキストによる原原講義、ぴよこちゃん解説です。むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。コマギレ情報がこんなに広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからない。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年12月01日 (金)

新入生を熱烈募集します。

「第4期ぴよこちゃん倶楽部」そして「中島孝志の銘柄研究会」(2018年1月--5月)を開催します。ご一緒に勉強するメンバーを熱烈募集します。


「法人税改革が実現したら年内に24000ドルを超える(2月)。マーケットは共和党の力で上昇しているのであってトランプ政策ではない。株価は金利と企業収益そしてドル安で決まる」(ペン大ウォートン校ジュレミー・ジーゲル教授)

 計3回18名(おまけ3回含む)のゲストをお招きしましたが、1回で元とれたんちゃう? いやいや1時間でとれたんちゃう? 目から鱗。やはり儲けてる投資家は違いますな。売れっ子エコノミスト、アナリストはさすがのインテリジェンスでしたな。

 第4期も独自の投資法、投資視点で儲けに儲けてる投資家たちにご登場頂きます。御用とお急ぎでない方は一緒に遊んでください。いえいえ儲けてください。



■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第4期コンテンツ)
◆統一テーマ:「100万円、週3%の利回りで3年後には1億ゲット!(ま、100億円でもいいけど)」



□1月13日(土)=「うねりチャート底値買いの投資術」
※投資でいちばん大切なのは「タイミング」です。高値でつかむのではなく底値でつかむ。株価は高値から底値にうねっています。底値を読んで、底値でつかんで億万長者。本では書けなかったノウハウを披露しましょう。

□2月24日(土)=「1億円稼ぐ『大化け株』の見つけ方!」
※世界銀行エコノミスト、リーマンとモルガンの日本担当責任者にしてロイター・ジャパン投資調査部長としても活躍。日本の中小小型株から大型株までハイリターン銘柄に熟知したスペシャリストにご指南頂きます!

□3月17日(土)=「5000円ではじめる仮想通貨投資入門」
※あのナスダックが来年6月、ビットコインの先物取引を上場すると発表! 暴落するのか暴騰するのか、「よくわからないけど大儲けできそう」「儲けられるなら投資してみたい」「けど危なそう」と、一歩手前で迷う投資家がたくさん。ホントの処どうなの? 危ないの? 本番はこれからでしょ? ナスダック上場ですよ!・・・仮想通貨投資の第一人者がすべての疑問にお答えします。

□4月21日(土)=「朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術」
※ご存じ「ブッコミ」「Bコミ」で知られるデイトレーダーの第一人者。投資人生は波瀾万丈。株式、先物売買のあと、社債、地方債、財投機関債のファンドマネジャーとして兆単位投資で成功した後、業績や需給に重きを置いた運用を行っています。得意の短期投資は日本株中心。「板読み」「チャート分析」のデイトレードで成功するには朝10分になにをするかがポイント。直前の板読みでこれだけ儲かる! そのスキルを教えてもらいます。

□5月19日(土)=来年決定します!
※U先生かH先生か、もしかすると彗星のように出現した第三の投資家かも。

 投資本のベストセラー著者ばかりですが、もちろん、講義では旬のインテリジェンス、本には書けなかったこと等を披露して頂きます。どんどん質問してくださいね。

※基本的に午後3時スタートです(3月のみ2時スタート)。遅くとも午後6時には完全終了します。
※代理出席可能です。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いません。1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしくです。

 合わせて、メンバー相互の貴重なインテリジェンスをシェアする情報交換会「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。トライアルではかなり突っ込んだコミュニケーションができました。中島孝志が具体的な銘柄について云々することはありません。ま、わかる人にはわかる研究会です。

■「中島孝志の銘柄研究会」(2018年1月--5月)
◇開催日と会場:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じです。
◇時 間:午後1時〜午後2時(3月17日のみ12時半〜午後1時30分)

◇備 考:ゲストの講義が始まる30分前には修了します。

               記
□投資関連研究会のコースと参加費:
◇「ぴよこちゃん倶楽部」:参加費194.400円(消費税込)。
◇「中島孝志の銘柄研究会」:参加費54.000円(消費税込)
◇「ぴよこちゃん倶楽部」のみの参加はできますが「銘柄研究会」のみの参加はできません。

□申込法:「ぴよこちゃん倶楽部」または「ぴよこちゃん+銘柄研究会」のいずれかをご選択頂き、お名前・お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信ください。メールにてご参加要項をお届けします。nakajima@keymannet.co.jp

□会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月30日 (木)

湖南三山&湖東三山 紅葉狩りの旅・・・その4

 百済寺に続いて、実は多賀大社に参拝するつもりだったんすよ。けど、通り道なんでね、軽い気持ちで寄ってみたところ・・・大当たりーーー。





 本堂は奥の奥の奥つうか上の上の上。百済寺も登山でしたけど、こちらは本格登山でございました。爺さん婆さんが杖をついて登ってくるのはなんの目的があってでしょうか。ありがたい観音さんに会いたいが一心でしょうな。

 秘仏=日本最古の大黒天様が特別公開されてました。平安時代初期、最澄が唐より請来された古代インドの戦闘神の面影を残された天ですな。

 大黒天は当初は食料の神様でしたけど、後世、日本古来の神である大国主命と神仏習合して福徳の神として信仰されるようになります。似てるからね。いまや七福神のメンバーでんがな。特に金運招来の神さんですからね。





 ここは名勝庭園が有名ですからね。なんと700メートルも登山せなあかんので、ちょいと庭園でチャージしといたほうがええよん。
 







豆の木茶屋でんねん。


なーんも期待せんかったけど、かき揚げ天ぷらうどん注文。注文受けてから揚げるのよ。野菜たっぷりでめっちゃ美味やなー。お汁まで飲み干して、おかわりにきつねうどん。出汁がええわいなー。近くにあったら毎日通いまっせ・・・帰りにもう1杯食べよっと。


やっぱね。

 まだ前半くらいのとこなのよ。本堂までの参道に地蔵さんが千体もあるらしいっす。てことで、次回もここ「金剛輪寺」にします。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ひとまず、信じない 情報氾濫時代の生き方」(押井守著・842円・中央公論新社)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月29日 (水)

湖南三山&湖東三山 紅葉狩りの旅・・・その3

 さてさて、午前中に湖南三山をまわりましたけど、紅葉狩りの参拝者が多いことを見込んで、いろんな出店がありましたね。松茸ご飯とか名物の落花生とか干し柿とか。味噌汁とかお酒なんぞもありましたけどね。

 餅つきもやるとゆうてましたけど、朝早すぎてまだ準備ができてないとのこと。ま、しかたありません。もう最近は5時になると暗くなりますから。

 さて、これから湖東三山ですね。これは湖南三山とはかなり違います。湖南三山も国宝の山でした。もう秘仏ばかり。どうしてこんなに滋賀に集中してるのかと思えば、ま、比叡山延暦寺も滋賀ですし、日吉大社にしてもそうでしょ。なんといっても奈良から福井まで若狭街道が通ってますからね。布教には便利だったのかもしれません。

 お寺は情報基地ですからね。

 で、湖東三山ですが、あのね、もうほとんど登山です。まいりました。かなり重たい靴履いてましたんでね。いいトレーニングにはなったかも。登山すると1回で5キロくらい減りますからね。ま、2、3日で元に戻りますけど。



 琵琶湖の東=西明寺、金剛輪寺、百済寺。この3つの天台宗寺院の総称が湖東三山です。さすがに紅葉はサイコーでした。紅葉名所百選にも選ばれるはずだわな。



 かなり山をのぼった処から山門をくぐってから、さらに登ります。広い広い広い、とにかく広い。
、推古天皇14年(606年)、聖徳太子の建立。太子は当時来朝してた高麗僧恵慈とともにこの地に来た時、山中に不思議な光を見たそうです。光の元を訪ねて行きますとそれは霊木の杉。その杉を根が付いた立ち木のまま刻んで十一面観音像を作り、像を囲むように堂を建てた。それが百済寺。百済の龍雲寺にならって寺を建てたそうです。

 平安時代から大規模の寺院でしたけど、火災で全焼。兵火でも焼けてしまいまして、創建以来の建物だけてなく仏像、寺宝、記録類も焼けてしまいました。
 
 天正元年(1573年)、織田信長の焼き討ちに遭います。比叡山延暦だけじゃないのよ、近江中の寺という寺が焼き討ちにあってます。で、全焼。



 湖南三山は平坦なんですよ。まあ、常楽寺にしても三重の塔を上から眺めようとしてもそんなにたいしたことありません。長寿寺や善水寺はまったく平坦ですからね。

 けど、湖東三山は登山です。かなり登りますから上の方は寒い。紅葉も真っ赤に色づいてます。



 岡田准一さん主演映画の『関ヶ原』の舞台にもなったみたいっす。なかなか風情のあるお寺ですもんね。


ホントに登山なのよ。まだまだあんの。

信長の焼き討ちについて書かれてます。








お酒の発祥についてもいろんな寺が造ってきたんですなあ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「武器としての経済学」(大前研一著・1,512円・小学館)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月28日 (火)

湖南三山&湖東三山 紅葉狩りの旅・・・その2

 いざ、湖南三山から湖東三山へというわけですが、なんたって滋賀県はまったく知らない土地なんですよ。京都に4年住んでたんですけど、滋賀には一歩も足を踏み入れたことがありません。琵琶湖も見たことないわけよ。

 そうかー、正確には小学校の修学旅行で琵琶湖ツーリストホテルつうのに泊まったことありました。記憶に残ってるのは、開業早々のホテルでサービス満点。前日、京都の旅館が最悪でね。まともなおかずはピンク色のマカロニ3本だけ。まあ酷い酷い。ですんで、真新しいし、なんつっても食事が美味しくておかわりおかわり。

 あのホテル。もうないんだろなあ。ホテルって買収で名前がよく換わるんでね。



 琵琶湖の南なんで湖南つうわけね。中国の湖南省つうのも洞庭湖の南にあるからなのよね。ただし、規模は琵琶湖の20倍くらいあるんとちゃうかな。

 湖南三山は奈良時代建立の天台宗のお寺さん=常楽寺、長寿寺、善水寺のことです。滋賀県のお寺さんは国宝がわんさかあんのよね。東博でも「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音と みほとけたち」つうのに凄いの展示されてたもんなあ。これ、甲賀市でしょ。

 で、まずは「常楽寺」。やっぱ三重塔かなあ。下から上からぐるりと拝見できますからね。堂内には檜寄木造りの風神雷神そして28部衆が並んでます。といっても2つ盗難に遭ってまして空席なのよ。









 ああいいなあ、と素直に感動。すぐそばにあるのが「長寿寺」なんすけど。こちらは鎮守社もありました。
 三山でいちばん歴史がありますね。天平時代、聖武天皇の勅命により建立されたとか。



 善水寺の本堂も国宝です。その名の通り、桓武天皇の病気を平癒した霊水が有名。本堂にペットボトルがありますんで、みなさん、汲んでもって帰ってますね。なかなか美味しいですよ。









 11月半ばでしたからまだ五分咲きてなとこでしょうね。12月に入るとさらに赤みを増してると思うな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「遺言。」(養老孟司著・778円・新潮社)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月27日 (月)

湖南三山&湖東三山 紅葉狩りの旅・・・その1

 11月10日に博多原原のオーラスがありまして。講義前に焼き鳥の皮を山ほど食べまして。翌火曜は東京原原。水曜日は名古屋原原。木曜は大阪原原。1日あけて土日が出雲原原・・・原原ロードウイークでありましてね。

 博多原原の翌日はぴよこちゃん倶楽部なんすけど、朝イチの飛行機がなんと浜松と大島の上空で2時間待機。博多から1時間30分で着くのに3時間30分ですよ。出雲にも京都から岡山まで新幹線で1時間。岡山から出雲まで3時間。

 この間ずっと座りっぱなし。ヘロヘロでござりまするがな。

 さて、名古屋原原が終わってそのまま京都入り。朝イチで京博で「国宝展」を見学。向かいが蓮華王院(三十三間堂)なんでね、ちょいと寄ってきましたが、仏教を守護する神様がずらり並んでましたね。

 とくに注目したのが「那羅延天」ですね。長い長い長いいきなり鎮座されてましたよ。歌舞伎『マハーバーラタ戦記』で尾上菊之助さんが演じていた神様ですね。で、近くの東福寺、豊國神社、方広寺も参拝。

















 豊國神社というと、「国家安康」という文字が「家康」という名前を分離させているからけしからん、といちゃもん付けられた「鐘」で有名ですわな。

 神号「豊国大明神」を下賜された豊臣秀吉が祀られてますが、宝物殿の貧弱さは豊臣とはほど遠いですな。豊臣家滅亡とともに徳川家の命によって廃絶の憂き目。

 のちに明治天皇の勅命で再興されましたけどね。


国宝唐門は南禅寺塔頭金地院にあったもの。豊国神社再建にあたって金地院から移築されました。


 大阪原原が終わってからまた京都に舞い戻りまして、翌朝からレンタカーで琵琶湖の湖南三山、湖東三山そして多賀大社をなんとか参拝するつもりでおりまんねん。東福寺でもそうでしたけど、京都の紅葉は芋の子を洗うような混雑ぶりでしたからね。

 湖南のついでに湖東つう考えでしたけど、これが「大間違い」であるとわかります。。。ホント、浅はかでした。バカでした。理由は近々。to be continued。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「悪魔とのおしゃべり」(さとうみつろう著・1,836円・サンマーク出版)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月26日 (日)

とりあえず旧齋藤家別邸のご報告。

 新潟つうのはたしかに「潟」ですな。日本海からの暴風から守る松林。埋め立てて作った土地。オランダのような。
 で、なんつっても商人の街ですな。

 旧齋藤家別邸に行って参りました。幹事のH先生のお薦めです。去年の今ごろ、新潟原原では忘年会もかねて二次会を行形亭で宴会したんすけど、H先生、ちょっとここに寄ったらしいっすね。で、紅葉サイコーなんで、「来年は」と狙ってたらしいっす。

 日本遺産にも認定された国指定名勝ですからね。新潟三大財閥の一つ。貴族院議員を務めた豪商齋藤喜十郎が1918年に建てました。総敷地面積1300坪。広大な別荘です。自宅は700メートル内側に入ったとこですから、まあ、迎賓館として建てたんでしょうな。
 新潟は東西70キロも続く砂丘ですからね。その斜面を生かした回遊式庭園です。松の緑、紅葉の赤。そして黄色。なんとも目にも鮮やかとはこのことでしょう。


入口でおます。



ぴかぴかに磨き上げられた大正ガラス越しに見る紅葉と松。

 このガラスもう作られてないから割ったら大変。少し歪んで見えるとこに趣がありますねん。





 なんと本日は、古町の綺麗処が舞をご披露頂けるとか。なかなか乙なもんすな。 


お茶室からは一転「竹」のみが見られます。渋いねーー。


まずは舞を3曲ほど。

お遊びのじゃんけん指南。負けたら罰杯なのよ。



お隣の新潟大神宮に参拝。。。

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2017年11月25日 (土)

博多憧れの焼き鳥。。。

 忘れないうちに・・・今日は新潟原原なんすよ。昼までに旧齋藤家別邸にいかなあかんねん。みぞれらしいね。先週の出雲もひょうとみぞれでしたからね。

 ま、寒いの好きだからいいけどさ。なーんて言ってたら、駅に着いたら電車が動いてない。人身事故で東急田園都市線がストップ。満員のバスに揺られて 苦手なJRで新横浜駅まで出たらカバーアップできます。新幹線で東京駅に行けるもんね。トキ出発40分前に到着。しかしSuicaで新幹線乗れないんだね。


 10日の博多原原。福岡空港に着いたところで電話。事務局のIさんから。午後5時から打ち合わせなのよ。カジノゲームの件でね。ケータイで爆発的ブームらしいよ。まあ、いかにも中国人がはまりそうだわな。で、6時から「まくら」。7時からオープン講義。

 博多に入るといつもいつもナイルカレーにしとるんだわ。


もち黒カレー。オリジナルは甘くてダメ。カツカレー大盛をぺろり。至福の瞬間だわな。

 けど、「5時前にホテルで待ってる」つうことは、ナイルカレーは諦めるしかないわな。
 


 そしたら、前々から食べたかった店に連れてってくれまして。皮を串に巻いて巻いて巻いた焼き鳥。これ、ブームでしてね。本数制限あんのよ。ま、タレが凄いから10本食べればもういいけどね。


これこれこれ。

博多ゆうたら焼き豚足でしょうが。私、焼き肉屋でも勝手に焼いてますからね。3倍は美味くなるわな。

・店名:博多とりかわ大臣
・価格:安すぎるんでないかい。
・場所:HAKATA KITTE
 6時までまだあるんでもう一軒梯子。講義すんだけど、まっいいか。


モツですよね。モツ数本に芋焼酎。

綺麗におねえさんが適当に見つくろってくれるんだかんね。


・店名:博多もつ鍋一慶
・価格:安すぎる。
・場所:JPJPビル・駅から三百歩横町。 

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月24日 (金)

博多原原の新入生を募集します。。。

 博多原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2018年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月23日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月25日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月5日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」
※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>


※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「金融恐慌とユダヤ・キリスト教」(島田裕巳著・830円・文藝春秋)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす。
[2017年12月13日]
[中島孝志の原理原則研究会]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。
[2017年12月11日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年12月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!