カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月13日 (土)

角栄の知恵その1・・・トランプのごり押しをどういなすか? 

 南朝鮮=韓国の新大統領が決まりました。ま、いずれ。スルーしてもええんやけど。

 THAAD配備10億ドル負担について、トランプ大統領は韓国側に負担させる意向を見せてましたが、とりあえず米国側が負担する方向に落ち着きそうですね。

 昨年の対米貿易黒字額は自動車関連526億ドル(5兆8400億円)を中心に689億ドル(7兆6500億円)。中国に次いで2番目。アメリカからしてみれば、自動車関連を中心にこれだけの貿易赤字を抱えているわけで「いつものように狙い打ち」されそうです。

 時は95年。場面は日米貿易摩擦。当時、アメリカ政府(USTR=通商代表部)は「日本車の対米輸出に対して高額の関税をかける!」と上から目線で日本政府を恫喝しました。根拠は「対米貿易赤字の60%が自動車だ!」ということ。
 アメリカの思惑どおり、日本のマスメディアも協調して大騒ぎしました。メディアはアメリカから宣伝広告費という名目でお金が流れていますから、いつもアメリカ寄りの報道をします。このときもそうでした。絶妙のタイミングで政府を攻撃したのです。

 ところが、この数字。事実ではないんです。

 そもそも「60%」という数字はなに? 分母は「総輸出金額」です。分子は「対米輸出金額−輸入金額=対米黒字金額」です。だから60%。
 でもね、これ、おかしいでしょ。「対米輸出全体の金額」で「完成車の輸出金額」を割るとたった20%。「むやみやたらに輸出してるやんか!」と決めつけられた根拠が吹っ飛んでしまいました。

 歴史は繰り返します。トランプはいずれ国境税を日本に課そうと虎視眈々と狙っています。残念ながら、ビッグスリーが揃ってアメリカから労賃の安い外国に移転した後、アメリカの労働者を採用してきたのはトヨタ、ホンダなどの自動車産業を中心とする日本企業でした。

 調べればわかります。しかし、わかるから調べない。

 自動車産業を潰さないかわりに、THAADを6兆円で買え、という魂胆でしょう。きわめて政治マターなのだとわかります。

 アメリカの無茶ぶりは日常茶飯事です。なんでも自分の意見が通る。通らなくても、理がなくてもごり押しすれば通る、と確信しています。結果、日本はいつもごり押しされ続けてきました。ジャイアンに対してのび太は辛いですね。

 一昨日、ごちゃごちゃ書きましたけど、69年の日米繊維交渉もそうでした。

 宮沢喜一通産大臣(当時)はあくまでも数字を盾に、「貿易摩擦ではありません」と突っぱねましたが、ニクソン大統領(当時)は「ジャップの裏切りだ!」と怒り心頭。佐藤栄作首相(当時)に対して「対敵通商法」を発動するぜい、と恫喝したのです。

 通産大臣交代。コンピュータつきブルドーザー田中角栄に変わります。

 角栄はニクソンの真意をわかってました。ニクソンの票田は繊維業界。選挙区に戻ってたくさんのスポンサー相手に「日本からの輸入繊維を閉め出して、あなた方の会社を守ってやる!」と大見得を切っていたんです。それを宮沢はゼロ回答。メンツ丸潰れ。次の選挙は落選しかねません。

 すべてを理解していた角栄は何をしたか?

 まず最初にやったこと。担当する官僚たちの逃げ道を封じること。日米繊維交渉はだれがやってもダメ。すでに3年が空費。失敗すれば出世の道が閉ざされる、つう役人根性を潰さなければ、本気にはなりません。落下傘のように代わる大臣(政治家)のためにどうして出世を犠牲にできるんだ? で、静かなサボタージュ。

 「事務次官の両角良彦くんは昭和16年後期の卒業。田中角栄が東大を出ていれば昭和16年前期である」
 年次にうるさい官僚にはこれが効くんですよ。

 日本のせいで国内産業が大打撃を受けてる、とアメリカは主張してましたが、これは嘘っぱち。だから宮沢は受け容れなかったわけ。けど、角栄の洞察力は問題の本質はそこではない、と最初から見抜いていたこと。



 角栄が通産相に就任した翌々日(71年7月7日)、ニクソンは中国訪問を電撃発表。8月15日には日本復興を支えた1ドル360円の固定相場制を破壊。金交換禁止=ドルショック。

 ニクソンて男はいまのトランプなんすよ。戦後システム=アンシャン・レジームを破壊するよう、ユダヤ金融資本から指示されてたわけ。つまり、ニクソンが考えてることは繊維産業云々つう小さな話ではない、と角栄は気づきます。

 続きは明日・・・。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月12日 (金)

FBI長官コミー解任は電撃でも何でもありませんよ。。。

 ただいま大阪原原から戻りまして。ホントは、これから始まるであろうトランプ配下のUSTRのごり押しについて、「角栄の知恵」を活かせ、つう話をするつもりでしたが、ニュースを見てたら、こらあかん、「通勤快読」を聴いてなければメディアに簡単に誘導洗脳されるわい、と思いましてね。

 差し替えます。

 大阪原原では「まくら」の「まくら」で少しお話しました。前日の名古屋原原では2次会で質問されました。。。

 あまりにも日米の報道がちがうのよ。どうやったらこういう報道をするんかさっぱりわかりまへん。頭の悪さつうより、根本的にベースになる知識つうかインテリジェンスがないのかも。

 さて、コミーにつきましては下記の本でも触れてましてね。で、この本、あまりにも売れ行きがいいんで電子書籍からPOD、そして単行本になります。もち投資家向けに書きましたから、トランプ経済と日本経済の近接未來、戦争はあるのかないのか、潰される北と棄てられる韓国。とことん絶望的な半島事情についても言及しとりまんねん。



 日本の報道だけ聴いてたら、コミーはバットマンかスパイダーマンと勘違いしちゃいますよ。この男、ひと言で言えば、コウモリ野郎です。

 去年7月、ヒラリーがやったことについて10くらいの容疑を読み上げまして、懲役15ー20年くらいは叩き込まれる、と言いながら、「私としては訴追の要なし、と判断する」と終結宣言。で、共和党からやいのやいの非難されたわけ。

 当たり前です。FBIですよ、どうして連邦捜査官に訴追するかどうかの権限があるわけ? しかも「訴追の要なし」って、それ、検察の仕事でしょ? FBIは捜査権だけでしょ? ちゃうの?



 つまり、職務逸脱そして職務怠慢ですよ。ヒラリーが当選したら飛ばされるからわが身可愛さで目をつぶったわけ。もち、ヒラリーの罪業に怒り心頭の捜査官たちは抗議の辞職をしたほど。FBI内部ではだれもこいつに挨拶すらしなくなりました。つうか、奥さんからも愛想をつかされる始末。

 で、投票日が近づくと(10月28日)、万が一トランプが大統領になったら大変だと、慌てて「再捜査」を宣言。ところがヒラリー側から脅迫されて、「やっぱなにもありませんでした」とブレブレ。

 民主党からも共和党からも呆れられ、FBI内部からもバカにされ、こんなヤツの下では仕事できない、つうことで、今回、司法長官、副長官が乗り出して「解任すべし」とトランプに相談したわけっすよ。

 すると、ゾンビヒラリーが「コミーがきちんとしてたら私が大統領になってた」と眠りから覚めたわけでね。おいおいおい、黙って聞いてりゃ調子にのりやがって、おまえが引っかき回すなら訴追してやるぜ、とトランプを怒らせちゃったんだよね。



 そもそも国務長官時代にヒラリーがやってたことはなによ。FBIとの関係はどうだったのよ。ユタ州とかニューメキシコの田舎者は知らないだろうけど、NYC、ワシントン、ロスの連中は百も承知。あまりにもワル過ぎてアメリカの恥になっちゃうから訴追より一服盛りたいはず。



 日本ではなぜか「トランプとロシアとの深い関係を暴くのに必死だったコミーが電撃解任された」とばかりに、ニクソンのウォーターゲート事件とだぶらせて報道してますけどね。知らないで報道してるのか、知ってて報道してるのか。

 ウォーターゲート事件なんて、数年前のトラブルをメディアが騒ぎ立てて「弾劾」にまで誘導したんすからね。あれでピューリッツァー賞なんてアンビリでやんすよ。オバマとクリントンにノーベル賞を仕掛けるお国柄ですな。真相は違います。話が長くなるから、原原の二次会で聞いてね。

 今回もトランプを弾劾にかけて、ペンスを大統領に昇格させたい勢力の仕業です。つまり、ユダヤ左派が蠢いているはず。

 で、「ぴよこちゃん倶楽部」のメンバーからは、ゲスト講師のMT先生が「5.11になにか起こる。これからダウが大きく動くゆうてまんねん。どういうことでっか?」と私に質問の嵐。

 結論、5.27のG7がターニングポイント。で、FRBはまたまた日銀の真似をします。



 ピンと来ない人には明日の出雲原原で詳しくお話します。

 しかし出雲のメンバー、全員参加らしいっすね。「本講義の前に投資について少し講義してちょ」と頼まれましたんでね。今回、大阪でも頼まれましたけど、やっぱ「ぴよこちゃん倶楽部」やるしかないんかなあ。

 今年は10月が面白いっすよ。ロイターが呆れるほどベタ凪のVIXが大波乱するはず。火元は・・・詳細は明日にしまひょ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス」(近藤大介著・1,404円・講談社 )です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月11日 (木)

嵐の前の静けさ。。。

 南朝鮮=韓国の大統領が決まりました。予想通り、左派ですね。
 まあ、八方美人の国連事務総長あがりの男よりはマシでしょう。

 閣僚その他はパククネ政権時代をほぼ継続せざるをえないでしょうし、少数野党政権ですからね。舵取りは簡単ではないはず。

 選挙用に反日反米、親中親北をアピールしましたけど、そうは簡単に進まないはず。またまた弾劾されるんちゃうの? 経済破綻でね。




下馬評通り圧勝? とんでもない、いつもの二位三位共闘がない分裂選挙だったにすぎません。

 経済は、株価と違って火の車。早速、中国に詫びを入れ、同時に、アメリカにTHAADやめてもらえんやろか、と懇願すんでしょうけど、そうやったら、トランプは南を棄てますよ。





 嵐の前の静けさ。売春婦像+徴用工像のダブルでっち上げ像建設で、スワップは棚上げ。頼みの中国自体が韓国を助ける資金がないから、やっぱり日本にたかるしかない。けど、日本国民は許しませんよ。支持率下がっちゃうから安倍政権もやりません。
 

VIX指数が穏やかなのよね・・・。こりゃ株価は上がるわ。


 けど、嵐の前の静けさだと思うな。詳細は原原でお話しましょう。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている! 」(クリス・ノース、ベンジャミン・フルフォード、板垣英憲、リチャード・コシミズ著・1,990円・ヒカルランド)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年05月10日 (水)

「そばと湯けむりBAR」の弘前盛岡みちのくツアー その6

 今日は名古屋原原です。メンバーはご参集ください。。。


 盛岡です。福田パンです。

 朝、ホテルの朝食キャンセルしてここで食べようか、という話もありましたけどね。そもそも朝食スルーしたから関係ないんですけど・・・。


連日オープンと同時に行列。店員さん光速でつくってます。注文とほぼ同時に完成します。神業ですな。







とにかく大きくて安い。

 都内でもあちこちで似たような店が流行ってますけど、高いです。2ー3倍はするはず。で、小さい小さい。まあ、土地代と家賃が違うからしょうがないけどさ。

 そういえば、昨日紹介したベアレンは福田パンの後だったかも。記憶にないな。あまりにもクセが凄くて忘れてもうた。

 打上は盛岡駅前の「盛楼閣」つう焼き肉屋。


あまり辛くないんだよね。こちじゃん+唐辛子でも辛くない。

隣と比べるとわかるけど辛く辛くしてもらいました。

店の人がびっくりしてたけど普通だと思うのよね。

 弘前盛岡ツアーについては今回でラストです。決めました。今度は中尊寺から宮城峡だな。温泉はやっは必須。疲れがとれるしね。裸のつきあいってヤツですね。

 これから永平寺、片貝花火が決まってます。あとはメンバーが適宜企画してください。今回も某国営放送のMさんには企画、予約、運転、解説、ガイドまでなにからなにまでお世話になりました。
 一統を代表して御礼申し上げます。ペコッ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「アイドルになりたい!」(中森明夫著・842円・筑摩書房)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月09日 (火)

「ほぼ完全就業」なのにトランプが雇用を気にするのはなぜか?

 トランプのおかげで決勝に進出できて、トランプのおかげでボロ負けしちゃいましたね。フランス大統領選ですよ、ルペンさんね。罪な男だよなあ、トランプは。。。


 明日は名古屋原原。明後日は大阪原原(2次会は適当に近場でやりまひょ)。週末は出雲原原です。出雲では投資のお話もさせて頂くことになりましたが、投資顧問業の登録はしてませんからね。そのおつもりで・・・。

 さて、久しぶりにトランプについて・・・。選挙中から「雇用!雇用!雇用!」とアピールしてましたよね。で、データを見ればほぼ完全就業といってもいいレベルでしょ。GMやフォードなど海外逃避企業をアメとムチで米国回帰ざせたり、日本を含む外資企業の工場誘致など、さらに雇用を増やそうと画策してますよね。

 なんでかなあ? どうしてなの?




ヘタしたら労働需要と供給のインバランスが発生しちゃうんでないの?

 実は、トランプが懸命に雇用雇用と言ってるのには事情がありましてね。大きくは3つ。。。





 1つは「米国経済絶好調」つうけど幻だから。アメリカってGDPの8割が個人消費でしょ。これがシュリンクしてますよね。家計も厳しい。やっぱリーマンショックは家計を破壊しましたよね。健全な中間層を絶滅させてしまいましたもん。

 2つめ。トランプに投票した白人貧困層の問題。製造業がカムバックするには時間がかかります。この間、新しい職種に慣れたり、新しい仕事を訓練するにしても「熟練労働時間」がかかりますよ。新しいものについてけない労働者を採用するには時間がかかりますよ。その間、失業手当とかフードスタンプ等々の手当が必要かも。

 白人貧困層はトランプ政策の恩恵は受けられないかも。まあ、トランプに投票した層は母親たちが多く、「亭主はどうでもいい。子供たちに未来を与えて欲しい」という動機が強かったと思うのよ。



 そして3つめ。なんといっても失業がドカンと増えるのは、世界800カ所に駐屯駐留派兵している米軍を本格的に手仕舞うからですよ。ここだけの話、在日駐留米軍はグアムとインドネシア北部に移ります。結局、辺野古には移転しないと思う。



 「雇用雇用」と言っているのは最初から米軍撤収が頭にあるからです。日本も協力を求められます。つまり、自衛隊の国軍としての位置づけですね。東アジアの平和は日本が独力でやりなさい、ということですよ。



 THAADも導入せざるをえなくなるかもしれません。在日米軍に見合う防衛予算は20兆円分ですからね。

 大統領就任後からトランプは大きく変化しました。いま過渡期なんだと思うな。ユダヤ左派=ネオコン、FRB、ウォール街、軍産複合体等々、とくに共和党主流派を押さえ込んでませんからね。

 積み上がった経常赤字の削減等でも、「アメリカ・ファースト」を二国間協定でごり押ししてくるはず。その時、かつての日米繊維交渉における角栄さんのような交渉ができるかどうか・・・。そこがいちばん問題です。

 ま、近々、お話しますよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「平成日本タブー大全2017 都議会抗争と山口組と百田尚樹の聖域」(西岡研介+伊藤博敏+森功+寺澤有著・972円・宝島社)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年05月08日 (月)

「そばと湯けむりBAR」の弘前盛岡みちのくツアー その5

 忘れないうちに、週末の出雲原原ですが、メンバーより博多原原に続いて「投資」についての話をしてほしい、というリクエストがありましたので、ご関心のある方は1時間早くどうぞ。博多でも1時間前に少しお話しますけど来週末なので出雲とは内容を換えます。

 「スピ研」より「ぴよこちゃん」なんかなあ・・・。相変わらず交渉を継続してます。決まれば即開催、決まらなければ来年までお待ちください。すごいよ、はっきりいいますけど。。。


 さて、今回は八甲田山の酸ヶ湯温泉と花巻鉛温泉の藤三旅館(日本一深い自噴天然岩風呂)をパスせざるをえませんでしたけど、岩手青森通Mさんのおかげで、こりまた賢治ゆかりの大沢温泉「湯治屋」にちょい寄り。


築200年。長逗留の湯治客が多いようです。川沿いの露天風呂がサイコー。

♪いい湯だなー あービバノンノン♪ 歯磨いたか? 宿題やったか?

あら、見てたのねーー。

風呂上がりはやっぱ小岩井の牛乳だわな。

 花巻からまた高速。機械打ちで革命的な蕎麦をつくる店に行きます。
 

特製製麺機で三立て(挽き立て、打ち立て、茹で立て)の蕎麦が食べられます。店は広いけど客がたくさんの行列店。

私は十割蕎麦大盛(3人前)。

Mさんはダッタンとクロレアの二色蕎麦。

 天ぷらは残念な味だけど蕎麦はかなりのレベル。サービスもいいし。行列になるな。やっぱ。


地元のベアレン醸造所に行きます。地ビールです。

さすがに美味い。昨日も飲んだけどね。名古屋原原の永倉さんの店では生ビール。サイコーでした。


 地ビールで美味いの飲んだことないけどここは美味い。

 さて、明後日は福田パンをご紹介します。最近、コッペバンにいろんなトッピングするスタイルのパンが流行ってます。以前、茅ヶ崎のコッペバン屋さんを紹介したことがありますが、ここが日本一。とんでもない行列でしたよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食っている」(村瀬秀信著・626円・講談社)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年05月07日 (日)

「そばと湯けむりBAR」の弘前盛岡みちのくツアー その4

 さあ、続きです。2日目です。なんと400キロもクルマで移動してるからではないと思うけどね。時間のクセが凄いんじゃー。1週間くらい旅しとるかと思うほど。

 昨日はかなり痛飲しましたからね。まずは美味い水を飲みにいきまひょ。大慈清水。


祇陀寺と大慈寺が水源です。

 雛壇形式でして上から飲み水、米研ぎ、洗い水、足洗い水というように、今でも生活用水として使われてます。たっぷり飲ませて頂きました。ああ極楽極楽。おお甘露甘露。

 盛岡から高速で花巻南で降ります。大好きな宮澤賢治の記念館です。1日いても飽きません。


山の上。



「童話 やまなし」展が開催中でした。小さな谷川の底を舞台とした父蟹と子蟹兄弟の物語。


『雨ニモマケズ』の複製手帳。賢治が37歳さで亡くなる2年前の11月3日、病床で書かれたものです。死後、弟さんがトランクから発見されたそうです。
「塵点の劫をし過ぎていましこの妙のみ法にあひまつりしを」という信仰観を表す歌は手帳の鉛筆刺しに巻かれてあったものです。複製手帳にも書かれた紙が巻いてありました。


「雨ニモマケズ」の額です。

雨ニモマケズ 宮澤賢治

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジヨウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病氣ノコドモアレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稻ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ

 いつか毒書会を復活させたらいのいちばんに取り上げたいのが賢治です。もう一度全冊読破します。毎日読めるよう電子書籍にしたし。

 さてイーハトーヴの森をあとにして、小岩井農場にいきまひょ。冷たい牛乳を一献。


途中に小岩井駅みっけ。

そこにあったのは『春と修羅--小岩井農場』の詩碑の一部でした。

 大ヒットしましたからご覧になった方も多いと思います。映画「シン・ゴジラ」の冒頭、この『春と修羅』がテーブルに置かれたまま。なんでかなあ・・・。

 「丘かげの茶褐部落」は御所ダムの湖底に沈んでしまった部落でしょう。岩手には茶褐色の岩肌が露出した崖があちこちに見えます。

 この駅の真北に聳えるのが岩手山です。『春と修羅』には「岩手山」という詩もあります。


一本桜と岩手山。

 小岩井の春は早いです。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年05月06日 (土)

米海軍最新鋭駆逐艦が佐世保にクルゥーー!

 「長生きするから結婚して!」
 これ、年の離れたカノジョに中年お笑い芸人がプロポーズしたときの決め言葉らしいですけど、「早く死ぬから結婚して!」「遺産はぜんぶ君に遺すよう信託しとくから」の間違いじゃね? ま、カノジョも言えんわな。。。


 さて、鎌倉に行く予定があまりにも快晴なので、ついつい横須賀まで足をのばしてしまいました。あまり来る機会もないんだよね。テイストが合わなくて。かつて米兵が闊歩してたのがホンモクで、いまだに闊歩してるのがスカなわけ。

 「軍艦クルーズ」つう人気イベントを毎日やってんだよね。海上自衛隊と米海軍を船で見て回るつうんだけど。これについてはいずれ。


潜水艦はただいまドック入り。

向こうに見えるのが軍艦。


 北朝鮮つうか中国を牽制するためにカールビンソンが日本海に入りましたけど、海自も日本領海をパト中です。あまり気づかないけど潜水艦が活躍してますよ。

 「北朝鮮との衝突は?」と連日メディアがあおってますけど、何度も書いてる通り、北にとっては衝突=終焉を意味するわけですから、トランプを怒らせんよう突っ張ってみせてるのが北なんです。「田植えシーズンなんでちょっとタンマ」なんて緩いわなあ。とてもとても戦争モードなんぞではありまへん。一方、トランプは「国内情勢」を見ながらタイミングを図ってます。やるもよし、やらぬもよし。中国が疲弊すればするだけ得するしぃ。

 中国の足下を見てとったプーチンは北朝鮮を「駒」として手に入れました。ここらへん、火事場泥棒をさせたらロシアほど巧い国はありませんな。


金正恩のやっとること、めだか師匠のギャグと同じやないか。

 米海軍肝いりの「ズムウォルト級ミサイル駆逐艦」がいよいよ佐世保に就航します。ジャパネット本社に買い物行くんとちゃうで。佐世保港や。


30隻つくる予定が余りにも高価なので3隻のみ。

ステルス艦です。

 カールビンソンにしてもズムウォルトにしても敵にしたくないのが海自です。原潜も空母もアメリカの反対で持てませんが、旧海軍の技術力、三菱、川重、IHIが踏ん張ってつくったのが「そうりゅう型潜水艦」です。世界最強。


そうりゅう型潜水艦「せきりゅう」です。

 海軍力でなにが怖いかといって、やはり潜水艦。映画『レッドオクトーバー』でもおわかりの通り。潜水艦はその国の最高軍事技術の粋ですから、ひと目見ればすべてわかっちゃう。

 エネルギーはスターリング発電機、燃料電池、そしてリチウム電池。エンジン音が静かすぎてソナーシステム、レーダーでもキャッチできません。魚雷は時速130キロ。時速5400キロ(水中音速)まで可能とされています。ほぼマッハ級です。
 なんといっても凄いのは900メートルという潜水能力です。米海軍でも500-600メートルがやっと。中国の潜水艦にいたっては水深230メートルで圧壊します。参考までに北朝鮮も潜水艦がありますけど、あれ、浮きっぱなし。潜水不可なのよ。あの国、パレードではミサイルのガワだけ隣の北部戦区からレンタルするわ、見栄ばかりの「張り子の虎さん国家」なのよね。

 ここだけの話。深海では潜水艦同士のバトルは起きてるはず。中国は何隻も沈められてると思うな。海自の潜水艦にね。中国は恥だから公表できない。
 それがわかってるから海自は水面下でやりたい放題だと思うな。「そうりゅう型」に狙われたら逃げられませんよ。米海軍もこれだけは相手にしたくないんだから。

 そうそう、この「そうりゅう型潜水艦(ごうりゅう)」の購入を昨年オーストラリアは断りました。最後の最後になってフランスに乗り換えたわけ。で、当時(16年4月)、いつものことですけど、メディアは「初の大型武器輸出として日本が目指した潜水艦受注は幻に終わった」「フランスは現地事情に通じた人材を投入して勝負をひっくり返した(ロイター電)」と偉そうに報じてました。

 これ、事情をなーんも知らずに書いたんでしょう。

 止めたのはアメリカですよ。なぜか? 習近平の弟が暗躍してたからねえ。習近平の弟。笑えますよ。これでピンと来た人はさすが。「通勤快読」を聴く必要はありません。詳細は週明けの名古屋原原からお話しましょう。ま、二次会の話題かな。忘れてたら聞いてね・・・。

 そうそう、紫陽花の鎌倉もいいけど、軍艦の横須賀もいいっすよ。ツアーやりまひょか。根津神社の躑躅祭は今日で終わりですから。北朝鮮のミサイルが飛んでくる? んなことできるわけありません。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年05月05日 (金)

「そばと湯けむりBAR」の弘前盛岡みちのくツアー その3

 今回は深夜ふらふら、いえ、ブラブラ散歩してましたんでね。
 盛岡城址を横切って、北上川の支流を超えて、まさかこんなとこにつうとこにお目当てのBARがありました。

 ここ? なんで? ちょっと違和感ありすぎ。BARでしょ。で、ここが全国バーテンダーさんが憧れる、あの店なんすか?


繁華街とか大通りとかビルとか関係ないの。川沿いの空き地。医療関係の看板ばっか。

 店は奥様と二人でやりくりされてましてね。二人とも詳しい詳しい。ご主人はなんつうかバーテンバーテンしてないのよね。ウイスキー好きのおっちゃんが自宅開放しました、って感じかなあ。ネクタイもしないし、普通のセーターだもんなあ。

 カクテル注文する客いないなあ。ヴィンテージものばかりだからストレートを舐めてます。


地震あったらどうすんだろ? やっぱ価値あるものばかりだからね。真っ先に客が駆け付けるだろうなあ。割れたら地面舐めるかもなあ。

 けどさ、盛岡って地震にきわめて強い土地柄でしてね。あまりにも岩盤が強くて地下街がつくれないほどだもん。なんでもいいけどさ、どうして岩手大学はこんなにでかいんだ? 盛岡中心部をそっくり呑み込む広さですよ。




1杯1000円ー7000円くらい。Mさんはしめて23000円なり。「銀座で飲んだら10万超えてます」と納得。「お金貯めてまた来よっと」だとか。「ぴよこちゃん倶楽部」で勉強してね。


もらってくればよかった。

 ここでミツバチ研究で有名な藤原誠太さんと遭遇。いい店にはいい人が来る。これ、真実です。『日本ミツバチ在来種養蜂の実際』(農文協)は名著です。

 東京農大から経営者大賞を受賞されてます。いま客員教授されてます(娘さんは東大大学院を卒業したばかり。やはりテーマはミツバチ研究なのよね)。
 そういえば、『ミツバチは警告する』は読んだなあ。「通勤快読」でも紹介してるよね。 藤原養蜂場のトップです。

 〆は深夜ラーメン。腹ごなしに歩くにしてもまた食べるからねえ。「蘭蘭」つう名店なんだけど、消防組合の寄り合いの後なのか、ご一統さんで満席。しばし待機。


私はワンタンメン。新潟「天龍」よりちょい薄。けど美味し。

アカ担々麺とクロ担々麺。


 食べ過ぎました。明日は朝食抜きにしよっ。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年05月04日 (木)

「そばと湯けむりBAR」の弘前盛岡みちのくツアー その2

 弘前から盛岡へと行く途中。道の駅がありましてね。
 その名も「田舎舘村(いなかだてむら)弥生の里(やよいのさと)」つうの。これがなかなかええんだわさ。まだ青森県内ですよ。


売りはどんぶりプリン。それより大きいイチゴプリン。子ども向けのバケツサイズ。

Mさん車中でぺろり・・・これから蕎麦だっちゅうのに凄い。

 高速であっという間の旅。しかし、山の中ですな。青森は太平洋と日本海に接してる県ですし、岩手は北海道をのぞけば面積ナンバーワンだしね。とにかく広いのよ。

 で、次は「米田工房そばえ庵」。完全10割の手打ち蕎麦です。


あるじは米田かよさん。岩手県が認める「食の匠」らしいよ。
駅からも近いんで電車でも行けるかも。。。二戸市下斗米字十文字つうとこ。


完全な10割。つなぎなしでここまで細く長く手打ち蕎麦がつくれるか。だれもが不可能というんですけど、目の前で一緒につくってみるとできちゃう。

 信州佐久の蕎麦店主人も通い詰めたそうです。いま2店舗目がオーブンしたばかり。


へっちょこだんご。

 岩手の方言はどことなく上品ですよね。元もとスローライフ的なリズムがあります。で、「へっちょこ」つうのは地元言では「疲れたな」「難儀したな」つう言葉だとか。
 収穫が終わって「ああご苦労様でした」と相手をねぎらう。へっちょこを癒やそうとキビ団子をつくったわけ。おへその形でまたまた「へっちょこ」。岩手はあまり米ができず雑穀の食文化ですけど、栄養はありますからね。

 ようやく盛岡に入りました。ホテルにチェックイン。6時15分フロントに集合。

 まずは「やきとんPROPS」。


地図見てもたどり着かないと思うな。

 シネマ横丁にあんだけど、東日本大震災直後に盛岡に移ってきたのよ。ご主人の鶴岡さんはラグビー好きで店でもずっとラグビーのゲームを上映してます。店名もそうだもんなあ。


「世界のオザワ」も通えば、ラグビーの清宮さんも通ってましてね。炭焼きとんはなかなか味がありますよ。


カウンター7人の小さな店です。

雑誌『ナンバー』の後書きにも詳しく書かれてました。


〆のカレーが美味いのなんの。おかわりしちゃった。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

東京原原。6月は特別ゲスト講義です。。。
[2017年05月23日]
[中島孝志の原理原則研究会]

19日開催の博多原原レポです。。。
[2017年05月22日]
[中島孝志の原理原則研究会]

想像力、連想力、妄想力こそインテリジェンスの源泉です。。。
[2017年05月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年5月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!