カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年06月09日 (金)

東京原原レポ・・・。

 火曜に開催した東京原原はゲスト講師。ダメじゃん小出さんの公演でした。

 2時間たっぷりやってもらいましたねえ。得意の鉄道ネタも少し。マジックも少し。メインはトークです。


音響と映像を駆使したステージにはホント感心してます。

得意の社会風刺ネタ。

 この大坂某つう老人。逮捕されてからずっと黙秘だっつうけど、認知症かもよ・・・。
 手配されてた頃は若かった。よくわかったよね。似ても似つかないじゃん。光陰矢のごとし・・・。けど、頭の中はいまだに「過激派」やってるんだろね。視野狭窄の革命ごっこ。つまらん生き方だわな。。。


徘徊老人に扮して。。。





 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「アメリカの社会主義者が日米戦争を仕組んだ  前編」(馬渕睦夫著・1,188円・KKベストセラーズ)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年06月08日 (木)

想像力、連想力、妄想力こそインテリジェンスの源泉です。。。

むずかしいことをやさしく、やさしいことをいかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つとは、一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスのアドベンチャー。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「グローバリズムの終焉 「日本再発見」講座II」(馬渕睦夫著・1,296円・KKベストセラーズ)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年06月07日 (水)

ホンモノのゴールドラッシュ!

 「総重量2348キロの金塊密輸入で51人を摘発!」
 これ、先々週の韓国のニュース。香港からの密輸でしょうね。円換算で113億5千万円とか。いまのとこ、韓国史上最大らしいね。ま、すぐ塗り替えられますよ。

 氷山の一角つうか、ざくざく金塊の一粒みたいなもんでしょ。。。

 九州でも金塊密輸とか金塊強盗が起きてますけど、これも香港(中国)→韓国→日本→香港→韓国→日本・・・の無限連鎖でしょうね。

 日本なら8パー抜けますけど、韓国なら10パー以上抜けます。つまり、消費税分の詐取ですな。たった1回で18パー抜けるわけ。しかも日本では捕まったところで金塊はすんなり戻ってきますからノーリスク・ハイリターン。笑いが止まらんでしょう。

 やらんヤツはアホや、と世界中の悪党は思ってるはず。ぼろい商売ですわ。三方一両得どころの話ではありませんわな。

 逮捕されたのは氷山の一角。やってるのは暴力団だけではないはず。彼らの上前をはねるのは中国の守銭奴たち。といえば、ご想像の連中です。法の及ばない特権階級による、特権階級のためのマネロンですな。


ここに来ていきなり人民元高。

さすが日経。これ5日前でっせ。

 人民元が高くなってます。もちろん当局による為替介入ですな。せっかくフランスとドイツがSDRに入れてくれたのに、こんだけ介入したら変動相場制もなんもあったもんじゃないわな。でも、追い出されようが、いまの中国には背に腹は換えられないの。

 資本流出が加速度を増してますからね。


8-9月には空っぽになるはず。

 さて、米ドル売りの原資っなに? 虎の子の「金」を使って日韓から消費税還付金を詐取してるんちゃう? このブログが閉鎖されたら図星の証拠。これ以上はヤバイから書きません。原原でお話します。


金より荒い動きのビットコイン。9割は中国ですよ。紙くずになる人民元を金や株券や不動産、紙おむつに換えとるんでしょ。


 ドルが弱くなると新興国の通貨が上がります。トランプはドルを弱くするためにわざとトラブルを巻き起こしてんじゃね。
 哀しいかな、新興国でも中国には投資しない。しかたないから自分で投資するためにAIIBつくったけど、ADBが裏書きしないと動かない。

 終わりですな。


VIXが15に跳ね上がったら新興国マネーは消えますよ。

 昨日も書きましたけど、嵐の前の静けさ。なにがあっても不思議じゃありません。あまりにもベタ凪なんすよねーー。油断してるわなあ。
 北朝鮮リスクは日本よりアメリカ直撃でしょ。けど、まさかのベタ凪で、アメリカは長期金利安・債券高・金高=ドル安。たしかにドル指数は下げてます。
 わが国では債券利回りゼロ、株は6パー。いまでも日本株は割安なんすよ。


市場はアメリカの利上げ(6/15発表予定)を織り込んでますから3月と同じになるかもなー。するってえと円高? でも、そんなの関係ない!そんなの関係ない!

 金利上げても長期金利は下がりっぱなし。やっぱFOMCよりロシアゲート。大統領を議会ぐるみで罠にかけようってんだから悪の巣窟だわな。これでは安保も経済政策も進まんよ。

 ところで、北は日本海を遊弋する米海軍にびびってたのに、空母は帰還するらしいっす。空母2つで搭載機90ずつ。ミシガン級原子力潜水艦3つ。トマホークだけでも1400-1500発。十分、一国を消してしまえる量でした。
 ここんとこ、安倍さんいきなりの中国接近を見てるとと、北の処理はほぼ中国がつけた、つう感じ? 北のミサイル問題を処理してしまえばTHAAD配備の大義名分も無くなりますからね。習近平は必死なのよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「逆襲のトランプと大激変するアメリカ 日本人が知るべき「世界動乱」の危機」(ベンジャミン・フルフォード著・1,836円・メディアックス)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年06月06日 (火)

暴落サイン点灯。。。

 昨日「通勤快読」でご紹介した『二人で一人の明治天皇』について、朝も早よからメールたくさん。ホントに原原メンバーは好奇心の塊やのー。感心することしきり。

 で、たまたま青山に行くことになってたんで(オフィス南青山にあんだもん)、少し早く出て、聖徳記念絵画館に行ってきましたがな。

 久しぶりやなー。昔、ここはドラマロケの定番だったんだよね。いま、警察がパトしてるんで夜中うろちょろしてたら職質されますんや。。。されたことないけど。

 それにしてもでっかいなあ。こんなに広かったっけ? 地下鉄国立競技場前からトコトコ。そういえば、ここの高速入口はいまでもよく使ってるなあ。


議事堂より立派。。。

明治天皇の一代絵巻物語となってます。必見だと思うな。

たとえば病床の岩倉具視を見舞われる明治天皇・・・とかね。

 大統領リタイアしてから日本に遊びに来たグラントとの会談もありましたし、日露戦争凱旋イベントで御召艦「浅間」に乗船されている雄姿もありました。皇太子時代の大正天皇もご一緒。
 この時、わが帝国海軍は横浜港に165隻の艦艇をずらり整列させとりましてね。英米の艦艇も加わってたんですけど、日本海軍の操舵技術に驚いたセオドア・ルーズベルト(ユダヤ人)は、この瞬間から日本を仮想敵国としてマーク。「いま浦賀を閉められたら米国海軍は滅びる」と浦賀を出るまで生きた心地がしなかったとか。
 フィリピンから逃げる時、閉所恐怖症のあまり潜水艦でお漏らししちゃうマッカーサー(厚木到着時にタラップから降りる時もお漏らししてた)もパニック障害でしたけど、テディもそうだったみたい。

 明治天皇は山本権兵衛や東郷平八郎らに勅語を発し、海軍の名声を発揚せよと指示しておられます。

 さてと、今日は東京原原なんすけど、ダメじゃん小出さんの特別公演なんで、いつもの「まくら」はブログで少しだけお話ししておきたいと思います。詳しい話は名古屋、大阪、博多でします。
 

トランプラリーの息切れで米ドルが弱くなり、かえって通貨競争力がついて株価が上昇する、つうパターンね。皮肉なもんすね。。。

 絶好調のアメリカ3指数に引っ張られてか、円高ドル安をモノともせず、日本の株価も健闘してますな。1円強の円高でしょ。いままでなら500円下げでしょ(15年末から言ってるように「円高の株高」ですね)。ところが6円下げ。で、VIXはベタ凪のベタベタ。

 ところが、現実には「Hindenburg Omen」が点灯・・・。今日は6月6日=オーメン!オーメン!オーメン! ツクツクホーシツクツクホーシ、ギスギスギッチョンええ仕事しまっせ・・・やもんな(知らんか)。

 バカなこと言ってないで続けますと、これ「売りサイン」だけでして。で、どうなるかつうと・・・。

■77%の確率で株価5%超下落。
■パニック売り可能性41%。
■クラッシュ可能性24%。
 
 ま、あくまでも統計つうか確率的な話でして「確実」とか「絶対」ではないけどね。で、一昨年も出ました、お化けじゃないけど。

 でね、今年はどうなるか?

 最近の日経平均株価て為替よりダウに揺さぶられてますよね。そのダウは経済云々よりもトランプさんの動きでコロコロ変わりますよね。で、直近のイベントリスクを考えますと、今週だけでも英国の議会選挙とFBI元長官の議会発言、まあ、ないとは思うけど、大統領権限で中止とかね。

 いま、民主党と一部の共和党は反トランプで弾劾まで視野に入れてますからね。トランプも議会と妥協せんとクビが危ないわな。市場はトランプ目玉政策の減税も財政出動も空振りとなればドル安円高。

 行く当てのないマネーが自社株買いで高騰するダウだけでなく、日本と金に向かってるようでね。とはいえ、金上昇はFRBも国際金融資本も阻止したいところだしぃ。


失業が減るからモノを買う、賃金が上がるからモノを買う。結果、モノの値段=物価が上がるわけで。。。失業が減る=人不足となれば、給料や時給を上げないと転職されちゃうからね。


 気がかりなのは失業率ですね。発表ではアメリカはほぼ完全就業てことになってますけど、これだけ小売りが冴えないとこを見ると、賃金は上がらない、実は就業率もたいしたことはない。失業率って統計のとり方でどうにでもなりますからね。中国のデータよりインチキしてんのアメリカでしょ(日米野球見てれば、いかに自分たちに都合良くしちゃうかよくわかるよね)。



 仕事がなければ贅沢できません。つうか死ぬ気で節約します。税金も払えません、つうか、生活保護申請しますよね。持ってるモノはすべて処分します。家、クルマ、家電、服・・・世の中はデフレになります。

 アメリカはデフレでしょ。小金持ちは安くなったお値打ち品を買い集めます。ますます格差が広がります。



 物価が上がれば失業率は下がります。失業率が下がれば物価は上がります。逆もまた真なり。元もとフィリップス(ノーベル経済学賞)は賃金率と失業率の逆相関を証明したわけだけどね。
 マネーが世の中に溢れたら物価は上がります。マネーの量が増える(=量的緩和)=お金の価値が下がる=物価が上がる=モノの価値が上がる=インフレ傾向になる。

 「実質金利=名目金利−期待インフレ率」でしょ(アーヴィング・フィッシャーの方程式)。名目金利を一定とすれば、インフレになればなるほど実質金利は下がります。デフレになればなるほど実質金利は上がります。

 実質金利が下がれば、企業は設備投資しようとするし、人の設備投資=採用とか給料アップも考えます。つうことは、失業率が下がります。



 この「人」つう点が、日本の場合は少子化なんで、学生さんの内定率がバブル期を超えてしまったわけで。いまのうちにバイトを正社員にしとかないと仕事が回らないぞ、となります。
 かといって油断できないのは日本はロボット大国ですからね。宅配業者もロボットやドローンに配達させようぜ、と考えてますからね。コンビニもホテルも無人化オペを実験中ですからね。



 デフレデフレの日本よりアメリカのインフレ率を視野に入れないとあかんちゃう。

 ま、詳しくはいずれ。。。「ぴよこちゃん倶楽部」のほうが早いわな。ヒンデンブルグ点灯でやるべきことはたくさんありますよ。。。

 それと、次回東京原原はフリーです。どなたでも参加できます。メンバーはご自分のためにもリクルーティングよろしくです。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「戦争にチャンスを与えよ」(エドワード・ルトワック著・864円・文芸春秋)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年06月05日 (月)

お待たせしました! 夢の投資研究会のメンバー熱烈募集中です。

お待たせしました。7月1日から全6回、ゲスト講師は実戦投資家ばかりの最強布陣でスタートします! 

 世界市場は、嵐を呼ぶ男ドナルド・トランプ登場でラリーからスランプへと様変わり。であるにもかかわらず、VIX指数は23年振りのべた凪です。

 嵐の前の静けさ。

 戦争が勃発するかもしれません。トランプ弾劾が始まるかもしれません。イタリアあるいは中国発の金融恐慌に見舞われるかもしれません。
 一寸先は闇。いまほど不確実性、不安定性、視界不良の時代はありません。VIX指数は天井をつけてもおかしくないです。投資のプロがびびってます。

 逆に言えば、いまこそ大チャンスです。これから1年、トランプは市場をかき回します。いまだかつてない大きなトレンド転換、ビッグウエーブが起きます。

 ただし、インテリジェンスがものを言うのは当然。過去の常識はなんの意味ももちません。 

 「老後破産」はすぐ目の前。65歳超の貧困率は20%を超えました(韓国は48.6%!)。年金では生活費の3割しかカバーできません。7割の不足分は稼ぐしかないんです。

 60歳までに1億円貯めるとしたら・・・あなたがいま25歳なら毎日7900円ずつ貯金すればいいのです。35歳なら毎日11000円ずつ、45歳なら毎日18300円、55歳なら54800円、毎日毎日せっせせっせと貯金すればいいのです。

 しかし、賢い人はお金でお金を殖やします。つまり、投資です。頭も身体も動くいま「投資頭脳」を鍛えておきましょう。
 どうすれば? 実際に儲けてる人に教えてもらう! わからなければ訊く! わかるまで訊く! これが一番!



 この勉強会は、いつものように、生き馬の目を抜く投資の世界で勝ち抜いてきた、中島孝志の知人友人を含めて、プロフェッショナル中のプロフェッショナルから、その相場観、経済予測、分析から推奨銘柄にいたるまで、とことん「インテリジェンス」を吸収し尽くす相互啓発の場です。

 ゲスト講師は中島孝志が絶大な信頼を寄せている方々です。今回は全6回、実戦家ばかりの最強布陣で臨みます!ご期待ください。
 ゲスト講師のお名前、講義内容等はブログでも一切公開しません。メンバーだけにメーリングリストでお知らせします。倶楽部とはそういうものです。


今期の必読書です。必ずお読みください。。。

■「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」(第3期・全6回のスケジュール)
◆統一テーマ:「とにかく3年で最低1億円ゲットしよう!」

□7月1日(土)=「年収350万円のサラリーマンが年収1億円になった! 私のお金の増やし方」(新橋ビジネスフォーラム)
※毎年、正味1億円ずつ積み上げる投資法には「順番」があるんです。真っ先に投資してタネ線を増やすのはなにか、次はなにに投資すべきか、順番を間違えるとロスばかりで儲かりません。

□7月22日(土)=「トランプ旋風で世界はこう変わる! 日経平均23000円時代がやってくる」(新橋ビジネスフォーラム)
※政権を敵に回してスキャンダルを仕掛けられました。エコノミスト、投資指南の目利きは相変わらずです。この先生、意外と一押し銘柄教えてくれるんですよ。とくに年内の中国経済についてどう読み解くかに注目です。

□9月2日(土)=「小売りお宝株だけで1億円儲ける私の方法」(表参道ビジネスフォーラム)
※上値が重たい一部上場銘柄より中位株とくに小売り株だけでこれだけ儲けてきました。いまいちばん期待できる推奨株もご紹介します。

□10月21日(土)=「独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」(新橋ビジネスフォーラム)
※だれでもアクセスできるオープン情報から大化け銘柄を見つけ出す方法を具体的に伝授します。

□11月11日(土)
□12月9日(土)
 この2回のゲストとテーマは9月頃にお知らせします。マーケットを見てベストのゲストをお招きしたいと思います(いずれも新橋ビジネスフォーラムにて開催)。チャートに掲載した話題本の著者か、ユニークな手法で大金持ちになった実戦投資家か、前回きわめて人気の高かった「金利のスペシャリスト」の再登場か・・・ご期待ください。

 ベストセラーの投資家ばかりですが、講義では旬のインテリジェンスとくにやばくて書けなかったことを披露して頂くことになってますので、著書は必ず読んでからご参加ください。


※午後3時スタート(遅くとも午後6時には完全終了します)。
※途中入会はできません。
※代理出席可能です。
※倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですので特定スポンサーはいません。投資への勧誘等は一切ありません。
※すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いませんしぃ、1兆ドル儲けても1円たりとも請求しませんのでよろしく。

□受講料:18万円+消費税=194400円。
□申込法:参加ご希望の方は「第3期ぴよこちゃん倶楽部参加希望」と記し、お名前・お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。nakajima@keymannet.co.jp
□会場:
△基本は「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)ですが、
△9月2日のみ「表参道ビジネスフォーラム」特別会議室(表参道駅徒歩0分))です。

 第3期も・・・レジメ、データのほかに「速記録」も作成しますのできちんと「おさらい」してください。「意外と聴いてないなあ」と気づくはずです。そんなもんです。投資の世界は連想が勝負です。講義中にたくさん閃いた証拠です。



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部
 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志のB級グルメ探検隊

2017年06月04日 (日)

「赤から」(渋谷)

 久しぶりのB級グルメです。まさしくB級の名に恥じない店。チェーン店ですけど、直営ではないオーナーチェーン店では独自のメニューなんぞがありまして、なかなかいいんすよ。

 で、東京原原の二次会で行きました。渋谷駅近だから便利なんすよね。


これが3辛の鍋です。

10辛・・・表面には唐辛子がたっぷり。やっぱ罰ゲームだわな。

サルモネラ菌もO-157も寄せ付けないけど、胃がもつかどうか。

 辛い鍋が売りなんすけど、1辛から10辛まであるんですよ。で、テーブルに辛い順で並べてるんで、各自、好みに合わせて配置。で、後から店に着いた私には「8辛」を用意されてたんすけど、どうせならと10辛にしてもらいました。。。

 味? う〜ん、わからん。ここまで来ますと味云々を語れるレベルではないっすな。なんつうか、修業? 罰ゲーム? なんかそんな感じ。

 怖いモノ見たさか、「少し頂きます」とばかりに皆さんトライすんだけど、だれもおかわりに来なかったな。

 ま、私たち10辛チームもさすがに身体が心配になりましてね、途中で辛子を掬ってボウルに移動。それでもまだ辛い。〆のラーメンは3辛チームから頂きました。ああ美味い。。。極端はいかん。なにごとも中庸が大切ですな。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年06月03日 (土)

東京原原。6月は特別ゲスト講義です。。。

 東京原原も来週火曜(4日後)でラス前。早いっすねーーー。あっという間の1年でした。いろいろありましたね。講義もそうですが、宝塚見たり、金沢、弘前、片貝、盛岡、バンコク等々あちこち出かけたなあ。。。

 で、今月は特別ゲストっす。成功してる経営者の講義にしよっかなと思いましたけど、。んなもん、いつでも聴けるしね。あまり見たり聞いたりできないけど、ものすごく感動する時間を演出したいと思います。

 昨年5月、天才ボードビリアンのダメじゃん小出さん&寒空はだかさんをお迎えしました。いまノリに乗ってる天才芸人の「夢の競演!」でした。

 今回はダメじゃん小出さんのワンマンショーです。テーマは「人の心を揺さぶる表現力」っす。漫才ではなく、ピンのトークショーです。


ライブは超満員。目の肥えたとんがった客ばかり。

 スタンダップコメディアンとしても、子ども劇場や落語独演会、TBSラジオ「永六輔・土曜ワイドラジオTOKYO」でも人気を博してます



 テーマもネタも豊富なんで、どのステージもインパクトとサプライズの連続でうらぎられたことがありません。(2時間フル公演すよ)。目の付け所がシャープです。「才能」ってのはこういうことを言うんだな、とわかります。




音楽、映像をふんだんに駆使した名公演でしてね。演出がとっても凝ってんだよなあ。ミモノですよ。

 ジャグラーとしては、テーマパーク/ショッピングセンター/ホテル/学校・幼稚園/高齢者施設など様々なシチュエーションに応じたステージを繰り広げてますが、大道芸フェスの企画とか構成にも携わってます。大阪天保山「ワールドパフォーマンスフェスティバル」でグランプリ受賞しますからね。
 テレビ東京「テレビチャンピォン・ジャグラー王選手権」出演。東京都「ヘブンアーティスト」ライセンス取得。愛知県「リトルワールド大道芸コンテスト」優勝。「大道芸ワールドカップin静岡2001」ジャパンカップ3位とか。

 もち、原原メンバーなら世界中どなたでも参加できます。その日はたまたま東京だよつう方、大歓迎です。メンバーの友人知人、お子さん、ばあちゃんじいちゃん等のご参加もOKです。席を用意しますので知らせてね。

 大いに笑い、大いに感心し、大いに感動してください。明日から風景がちがって見えてきます。

 みずから機会をつくり、機会によってみずからを変えよ、ですわな。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年06月02日 (金)

想像力、連想力、妄想力こそインテリジェンスの源泉です。。。

 お伝えしなければならないことが多すぎまして、まーーーったく宣伝・告知の類ができません。

 けど、今日はします。。。

 むずかしいことをやさしく、やさしいことをいかく、ふかいことをおもしろく。一つの情報がこんなにも広がりを持つとは、一面だけ見ていては永遠にわからんでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスのアドベンチャー。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「 米中激戦! いまの「自衛隊」で日本を守れるか 後編」(藤井厳喜・飯柴智亮著・1,404円・KKベストセラーズ)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年06月01日 (木)

お待たせしました! 夢の投資研究会のメンバー募集します。。。

 「ぴよこちゃんやらないんですか?」「ピーピーぴよこちゃん、やってくださいよー」
 お待たせしました。7月1日、最強布陣でスタートします!
 

 世界市場は、嵐を呼ぶ男ドナルド・トランプ登場でラリーからスランプへと様変わり。であるにもかかわらず、VIX指数は23年振りのべた凪です。

 嵐の前の静けさ。

 戦争が勃発するかもしれません。トランプ弾劾が始まるかもしれません。イタリアあるいは中国発の金融恐慌に見舞われるかもしれません。
 一寸先は闇。いまほど不確実性、不安定性、視界不良の時代はありません。VIX指数は天井をつけてもおかしくないです。投資のプロがびびってます。

 逆に言えば、いまこそ大チャンスです。これから1年、トランプは市場をかき回します。いまだかつてない大きなトレンド転換、ビッグウエーブが起きます。

 ただし、インテリジェンスがものを言うのは当然。過去の常識はなんの意味ももちません。 

 「老後破産」はすぐ目の前。65歳超の貧困率は20%を超えました(韓国は48.6%!)。年金では生活費の3割しかカバーできません。7割の不足分は稼ぐしかないんです。

 60歳までに1億円貯めるとしたら・・・あなたがいま25歳なら毎日7900円ずつ貯金すればいいのです。35歳なら毎日11000円ずつ、45歳なら毎日18300円、55歳なら54800円、毎日毎日せっせせっせと貯金すればいいのです。

 しかし、賢い人はお金でお金を殖やします。つまり、投資です。頭も身体も動くいま「投資頭脳」を鍛えておきましょう。
 どうすれば? 実際に儲けてる人に教えてもらう! わからなければ訊く! わかるまで訊く! これが一番!



 この勉強会は、いつものように、生き馬の目を抜く投資の世界で勝ち抜いてきた、中島孝志の知人友人を含めて、プロフェッショナル中のプロフェッショナルから、その相場観、経済予測、分析から推奨銘柄にいたるまで、とことん「インテリジェンス」を吸収し尽くす相互啓発の場です。

 ゲスト講師は中島孝志が絶大な信頼を寄せている方々です。今回は全6回、実戦家ばかりの最強布陣で臨みます!ご期待ください。
 詳細は極秘。ブログでも公開しません。倶楽部メンバーだけにメーリングリストでお知らせします。倶楽部とはそういうものです。


今期の参考書籍です。必ずお読みください。。。


■「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」(第3期・全6回のスケジュール)
◆統一テーマ:「とにかく3年で最低1億円ゲットしよう!」

□7月1日(土)=「年収350万円のサラリーマンが年収1億円になった! 私のお金の増やし方」(新橋ビジネスフォーラム)
※毎年、正味1億円ずつ積み上げる投資法には「順番」があるんです。真っ先に投資してタネ線を増やすのはなにか、次はなにに投資すべきか、順番を間違えるとロスばかりで儲かりません。

□7月22日(土)=「トランプ旋風で世界はこう変わる! 日経平均23000円時代がやってくる」(新橋ビジネスフォーラム)
※政権を敵に回してスキャンダルを仕掛けられました。エコノミスト、投資指南の目利きは相変わらずです。この先生、意外と一押し銘柄教えてくれるんですよ。とくに年内の中国経済についてどう読み解くかに注目です。

□9月2日(土)=「小売りお宝株だけで1億円儲ける私の方法」(表参道ビジネスフォーラム)
※上値が重たい一部上場銘柄より中位株とくに小売り株だけでこれだけ儲けてきました。いまいちばん期待できる推奨株もご紹介します。

□10月21日(土)=「独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」(新橋ビジネスフォーラム)
※だれでもアクセスできるオープン情報から大化け銘柄を見つけ出す方法を具体的に伝授します。

□11月11日(土)
□12月9日(土)
 この2回のゲストとテーマはスタートしてからお知らせします(いずれも新橋ビジネスフォーラムにて開催)。チャートに掲載した話題本の著者か、ユニークな手法で大金持ちになった実戦投資家か、前回きわめて人気の高かった「金利のスペシャリスト」登場か・・・ご期待ください。

 ベストセラーの投資家ばかりですが、講義では旬のインテリジェンスとくにやばくて書けなかったことを披露して頂くことになってますので、著書は必ず読んでからご参加ください。


※午後3時スタート(遅くとも午後6時には完全終了します)。
※途中入会はできません。
※代理出席可能です。
※倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですので特定スポンサーはいません。投資への勧誘等は一切ありません。
※すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いませんしぃ、1兆ドル儲けても1円たりとも請求しませんのでよろしく。

□受講料:18万円+消費税=194400円。
□申込法:参加ご希望の方は「第3期ぴよこちゃん倶楽部参加希望」と記し、お名前・お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。nakajima@keymannet.co.jp
□会場:
△基本は「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)ですが、
△9月2日のみ「表参道ビジネスフォーラム」特別会議室(表参道駅徒歩0分))です。

 第3期も・・・レジメ、データのほかに「速記録」も作成しますのできちんと「おさらい」してください。「意外と聴いてないなあ」と気づくはずです。そんなもんです。投資の世界は連想が勝負です。講義中にたくさん閃いた証拠です。



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部
 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2017年05月31日 (水)

「ちょっと今から仕事やめてくる」

 う〜ん、たまたまのたまたま。「これは観るぞ!」とはちまきしめて観にいく映画もありますけど、時間空いちゃった。そうだ、映画でも・・・。

 そこら中にありますからね、映画館。つうか、出張先でも映画館があちこちにあります。大阪、名古屋、博多はもち、新潟も出雲もありますからね、映画館。この時間行けるなあ。。。神社仏閣かマッサージ(大阪だけ)か、打ち合わせか、映画か・・・ですわな。



 私、29歳の時にはじめて出版したんですよ。その本の帯に「人生一つ、会社はいっぱい」と書いてます。なにかの本に書きましたが、転職にしてもまったーーーく迷わない。ランチなににすっかなーーーと同じレベルですから。

 自信があるからでしょ? ちがいます。正解は・・・おっちょこちょいだからです。

 けど、私、おっちょこちょいってお勧めです。おっちょこちょいてのは言い換えれば、「直感で決断する」つうことなのね。
 原原でもロジカルな進め方をしてますよ。理屈に合うような話をしてます。けど、もっとレベルが高くなれば、つまり、「霊格」が高くなれば低次元のロジカルシンキングなど必要としなくなります。すべて直感で正解を導き出せるようになりますからね。

 正しく間違うのが人間。そして、間違えて正解を選んでしまうのも人間なんです。

 おっちょこちょいの利点は1つ。運の女神に愛されること。

 どうも、経験則としてなんですが、運の女神って、人間程度があれこれ知恵を振り回すのがお嫌いのようで、逆に、後先考えないバカのほうがお好きなようでね。そう考えないと納得できないことばかり経験してますから。。。

 人生勝負を賭ける時も少なくないと思いますけど、まあ、自分の運に賭けてみるのが宝くじなんかよりよっぽど確率が高いと思うんです。

 ですんで、転職、独立なんてのも、カレーにするかラーメンにするか程度のこと。

 迷う人はとことん迷いますよ。悩む人はとことん悩みます。で、迷って悩んで「正解」をゲットできればいいけどね。これだけはわかりません。
 私、転職するとき、某大手金融機関からヘッドハンティングてやつでかなりの大金を積んでくれたんです。いわゆる支度金てやつ。けど、こんな処で運を使いたくなかったんで断りました。その会社、1年後に破綻しましたからね。

 人生なにが起きるかわかりません。

 東洋経済に転職するにしても、ハンコついた直後、ライバルのD社からスカウト。そちらのほうが年俸が良かったんですけど、その後、東洋経済よりD社で10倍も出版したんで、結局、どちらでも良かったのかも。

 ブラック企業と縁がない? いやいや、残業ばかりで残業代も出ない経験はしてますよ。バカな上司、手柄を横取りする先輩もいましたしね。もちろん、素晴らしい上司や仲間が多くて助けられました。

 ただ、私の場合、若い頃は短気だったんで、トップだろうと役員、部門長だろうと、納得しなきゃとことん動かない性格でね。生意気なんですよ、半人前以下のくせにね。「あいつが異動してくる!」と鬼の部門長と言われる人が悩んでた、と後日、聞いたことありますからね。

 いま思えば、上司にならざるをえなかった人がかわいそうですよ。部下は上司を選べませんけど、上司も選べないんですよ。人事が私みたいの採用しちゃうから。
 本にも書きましたが、異動なんて何回したか数え切れません。当時の私みたいなヤツがいたら絶対ぶん殴ってるでしょうね。けど、さすがにあれほどのバカはいままで遭遇したことないね。ネッシーかつちのこレベルだわな。
 
 『ちょっと今から仕事やめてくる』の原作は60万部のベストセラーらしいです。

 ブラック企業て多いんでしょうね。でもさ、詐欺商法でもしてるなら別ですが、厳しいノルマ、パワハラ上司、とんでもない残業の連続。。。映画のように自殺する人もいるんでしょうけど、語弊を承知でいいますけど、こんなの普通ですよ。

 独立、起業してごらんなさい。あったりまえのことばかりですから。ノルマなんて青天井。パワハラなんて相手にしてくれるだけもありがたい。残業? 死ぬほど働きたいよね。

 どこがどう違う? はい、「わがこと」か「ひとごと」かの違いです。

 自分で決めたノルマなら、自分で決めた仕事なら、自分で決めた上司なら・・・そうではなくて、「やらされてる感」が地獄なんでしょ。

 独立、起業なんてのは好きで好きでたまらなければできませんよ。儲からない、客がいない。赤字続きでカネがない。だから死ぬほど工夫するでしょう。死ぬほど仲間に相談するでしょう。使えるモノはなんでも使うでしょうね。知人友人親戚一同すべてを動員すると思う。袖すり合っただけの赤の他人にもお願いするでしょう。パワハラ上司だって使うと思うよ。

 覚悟があるかどうか。。。ここじゃないかなあ。覚悟なんかしねえしぃ・・・なら、やめたら? 「人生一つ、会社はいっぱい」なんだからさ。

 あのね、最近、あちこちでリクエストされてるんだけど、いよいよ、学生さん相手に原理原則研究会やろうかな、と考えてます。9月になるか未定だけど。東京だけね。タダにしよっかと思ったけど、甘やかしたらあかん。ま、学生さんの飲み会程度の会費(会場費程度)でね。25歳未満。男女問わず。高校生以上院生未満、専門学校ウエルカム。関心のある人は覚えといてね。。。「私もいいですか?」という原原メンバーがいましたけど、ダメに決まってるでしょうが。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「金融恐慌とユダヤ・キリスト教」(島田裕巳著・896円・文藝春秋)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「新潟酒の陣」もいいけど「横浜カクテルのJIN」があんじゃん!
[2017年06月29日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「なぜユダヤ人は大金持ちになれるのか手にとるようにわかる本」
[2017年06月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

「安倍降ろし」に見る木っ端役人たちの奸計
[2017年06月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年6月  

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

180度方向転換するトランプ政権。弾劾危機が世界恐慌のきっかけとなる? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発するのはトランプ。日本経済はどうなるか? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかりです。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!