カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年11月23日 (木)

第4期ぴよこちゃん倶楽部のゲスト講師でーーす。

 4月8日に漏らした○○株はあっという間にテンバガー。で、9月2日にどこからともなく聞こえてきた銘柄は2カ月で60パー高。凄いですなあ。


まだまだありますんや。

 さて、「ぴよこちゃん倶楽部(第4期)」を新春1月から始めます。

 「来年は30000円超える!」とマネックスは強く発言してましたけど、トランプが議会と妥協してトランポノミクスが具体的に動き出せばその可能性は大きいでしょうね。もち、「北朝鮮リスク」「チャイナリスク」に、わが国は「天変地異リスク」をいつも抱えてますから未来は必ずバラ色、とは限りません。けど、なにもしなければ時間とチャンスだけが横を通り過ぎていくだけでしてね。

 大学生気質も様変わりしたのか、一番きらなることが「豊かな老後を送れるかどうか」とは笑止千万・・・とはいえない処に奇妙な現実感が漂うわけでして。生まれてこの方デフレ生活が染みついた若い人たちほど節約モードが当たり前。でも、いくら節約しても資金は殖えませんよ。

 私たちが抱えるいちばん危険なリスクは「年金リスク」「破産リスク」「食い詰めリスク」でしょうね。

 メンバーには来週12月1日にメーリングリストで「特典情報」と合わせ、来年度のゲスト講師とスケジュール、そしてテーマを流す予定でしたが、1週間前倒しで明日メールします。というのも、新しくお仲間になる方から問い合わせ殺到なんすよ。

 つまり、メンバーには11月24日メーリングリストでご案内。12月1日にはブログにてお知らせいたします。


4回分は決定済みです。5回目のオーラス講義は来年決めます。意中の2人のどちらかになります。
 
 「ぴよこちゃん倶楽部」って5回開催なのよ。第3期はオーラス講義(6回目)を12月にやりますけど、これはあくまでも「オマケ」ですから。私が聴きたいから開催するの。

 で、大好評の「中島孝志の銘柄研究会」ですが、これも引き続き少数限定で開催しようかな、と考えてます。「予約します!」とかなりの原原メンバーから申し出がありましたけど、推奨銘柄等々を私がお話しすることは一切ございません。不勉強なんでチートモわからんのだわ。メンバーの情報を共有する。仲良くシェアする。私の役割はコーディネーター&ファシリテーター。あしからず。。。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年11月22日 (水)

11月前半の株価低迷はいつものこと。。。

 忘れないうちに・・・今週末土曜は新潟原原です。幹事のH先生から嬉しいご提案がありました。「明治の大商家で愉しむ新潟古町芸妓の舞はいかが?」つうものです。

 古町はご存じのように、祇園、新橋と並び称される花柳界。200年前、日本海最大の北前船寄港地として新潟はめちゃ賑わっておりました。当時、人口日本一は新潟ですからね。

 訪れる人々を遊ばせた「元祖おもてなし」の街であります。

 200年の伝統を誇る「古町芸妓の舞」を「日本遺産」に認定された商家「旧齋藤家別邸」で満喫しようかいな、というご提案。小夏ちゃんが登場するかどうかはわかりませんけど、乞うご期待。週末の新潟原原には東京から8人参加するらしいけど、ホンマかいなーー?

 いずれにしても午後1時30分に「旧齋藤家別邸」に現地集合です。行形亭(いきなりや)の隣ですからわかると思うけど。

■新潟駅万代口バスターミナル2番線から
・新潟市観光循環バス(日中 1時間10分おき)
・朱鷺メッセ先回り「北方文化博物館新潟分館入口」下車徒歩2分。
・白山公園先回り「北方文化博物館新潟分館前」下車徒歩1分。


 さて、先週まで連日の株価下落。ここに来て反騰。出雲原原で「いつまで下がるんですか?」つう質問。「来週から上がりますよ」と回答。



 「Sell in May」という言葉がありますけど、半年後の「November」も「Sell」なんすよ。なんたってヘッジファンドの決算直前なんでね。どうしても短期投資になりますからここで現金化せなあかんねん。コスパサイコーのポジションでもいったんクリア。ファンドの宿命ですな。

 「Sell!」「Sell!」「Sell!」つう声が多けりゃマーケは下落します。で、11月後半には逆回転して「Buy」が増えるから上昇する、つうパターンですね。毎度毎度の行事ですが、3月、6月、9月、12月という決算期から45日を遡れば2月、5月、8月、11月のそれぞれ初旬やなーとわかりますよね。

 この時期、いい銘柄で株価が下落することはよくありますよ。「下がったらめっけもん。買うに決まってまっせ」と私がよく言うのもこういうカラクリがあるからです。



 さてさて、16連騰のあと6日連続下げ。しかも相場は上がったり下がったり。1日の振り幅が1000円とか700円とかですからね。大きな振り子がぶーらぶら。ボラが激しく揺れ動いてる、つうことです。

 外国人とクジラの戦い。アベノミクスの正体は「外人買い」ですよ。

 先日も書きましたが、9月から10月末の日経平均株価は11.7%の上昇。同時期のダウは6%上昇。つまり、日経平均のほうが上昇率が大きかったわけね。で、1年前の日経平均は16000円。ダウは18000円。直近の株価はそれぞれ22000〜23000円、23000ドル前後。日本株の上昇率45%、ダウ32%。こちらもやはり日本株のほうが高いとわかります。

 「FRBのテーパリングに1月は利上げでドル高必至。円安はますます進むから日経平均株価はさらに上昇する!」「VIXもひと桁の低空飛行。投資チャンスがやってきた!」とエコノミストたちは一斉に上方修正しました。
 「あれれ」と思ったので、日経新聞に掲載された某エコノミストのインタビュー記事。



 「来年3月末には21500円」という予想はすでに崩れていますが、半年前の予測ですからまあよしとして、「利上げによるドル高で(相対的に)円安になる」という思考法はすべてのエコノミストと同じ。つまり、これが経済学の常識なのでしょう。
 しかし現実はどうかといえば、円高に触れています。これだけ日銀が量的緩和を続けていてもです。



 「為替と株価の相関は薄れている!」と経済新聞は書いていますが、日銀16兆円、GPIF30兆円のETF爆買いがあるからこそ薄れてるわけで、やはり米国長期金利=日米金利差=為替と株価の正の相関関係は強いと思います。


FRB利上げでも円高ドル安。日経新聞が問わずに語った記事は要注目。

 利上げで短期金利は上がっても長期金利は下げ基調。なぜなら、米国債を買いまくっている勢力がいるからです。政府をまったく信用していない新興国だけではありません。新興国の代表=中国の共産党幹部の日本国債爆買いが「タマ」がないので買えなくなり、米国債爆買いへとシフト。さらに日本の金融機関の爆買いが加わり、米国債の価格上昇、金利下落。

 トランプは誠に不思議な大統領で、「所得税大減税政策」「大規模な財政出動」「海外企業のよる環流資金の無税化」など、トランポノミクスが進めばドル買い=ドル高になるのに、共和党(マケイン上院議員の邪魔)と民主党に反対され、政策がなかなか実現できません。そのおかげでトランプがホントに願っている「ドル安」を実現させているのです。戦略として仕掛けているとしたら「かなりのタマ」です。偶然にしてはできすぎていますので、きっと計算尽くなのでしょう。

 今後、相変わらず、米国債務上限引き上げ問題も出てくるでしょう。マケイン率いる共和党上院議員がまたぞろ反対するでしょう。そして、彼らと「取引」してまとめていくことになります。北朝鮮との戦争懸念、核攻撃ではなく通常兵器による攻撃への転換、FRB資産縮小=日銀化等々、目を離せないことばかりです。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「金田一秀穂の 心地よい日本語」(金田一秀穂著・1,296円・KADOKAWA)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年11月21日 (火)

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!

「通勤快読」は音声・テキストによる原原講義、ぴよこちゃん解説です。むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく。コマギレ情報がこんなに広がりを持つ。一面だけ見ていては永遠にわからないでしょうね。同じ物を見て違うことをどれだけ連想できるか・・・価値あるインテリジェンスとはそういうものです。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「日本ボロ宿紀行2」(上明戸聡著・1,619円・鉄人社)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月20日 (月)

「金沢・福井・永平寺ツアー」その10

 昨日で出雲原原は修了。博多原原も修了。すでにブログにて来期スケジュールを発表していますのでご参照くださいませ。今週末は新潟原原です。

 出先でもあちこち物見遊山しながら原稿執筆に集中。われながら少々オーバーキャパではと感じながら、タイムマネジメントをしっかりせんとあかんなあ、とも思っております。

 「ぴよこちゃん倶楽部」は12月で第3期が修了となります、つうか、12月は「おまけ」なんす。「おまけ」といってもサイコーのゲストです。「来期のスケジュールを早く発表してくれ」という要望があります。たしかに飛行機とかホテルの予約をしなければならないメンバーも少なくありませんよね。

 当初お知らせの通り「スケジュール」「特別ゲストとテーマの一覧」をひとあし先にメンバーにはお知らせします。同時に、ただいまトライアルで実験中の「中島孝志の銘柄研究会」がなぜかバカウケなので、「前座」として1時間講義することにします。メンバーには「特典」と合わせてメーリングリストだけで告知しますので、見逃さないようにお願い致します。

 一般公開、一般募集は12月9日オーラスの深夜にブログでアップします。

 さてさて、「福井」の旅もいよいよオーラス。永平寺でしばし「なんちゃって座禅」をして心すっきり、身体もほっこり。さあ、これからバスで福井駅に。解散でございまーーーす。

 と思いきや、例によってキム兄の閃きが舞い降りてまいりました。

 「福井駅そばでめちくちゃ美味い焼き肉食べませんか?」
 
 んなもん、食べるに決まっとるやんか。「わしの行くーー」つうメンバーもおりまして。新幹線や飛行機の予約で泣く泣く帰るメンバーを尻目に、焼き肉探検隊は旅を続けるのでありました。


そうそう福井は恐竜の街なのよね。動くんだよ、これ。

 焼き肉屋に行く途中、昨日宿泊してたホテルの真ん前の神社「佐佳枝廼社(さかえのやしろ)」に参拝。 



 で、焼き肉屋さん。ほんにキム兄はグルメやなあ。なんたって、この人が原原に入ったきっかけ知ってまっか? いまは名古屋原原のメンバーですけど、元もとは東京原原に参加したほうが早かったのよ。けど、1回しか参加してなかったの。あちこち動いてますからね。
 いぢばん参加してるの博多原原じゃないかな。名古屋よりも多いよね。

 で、きっかけなんすけど、なんとブログのB級グルメ、しかも「豚の昧珍」ですよ。臓物ばかり出す店。ま、私の贔屓なんすけどね。これがご縁で入会してきたわけですからね。

 縁は異なもんですなあ。 
  



なんて美味いんだ。

安いのよ。
 
オーナーは福井県立大学に留学。そのまま日本で韓国料理屋をオープン。新地の高級韓国料理の店長してたらしい。



お酒は白龍。福井というと黒龍が有名ですけど、元もと、この白龍で修行してたらしいね。黒龍は商売上手なんだろね。いい味してました。

 実家も韓国料理屋してるんです。素材も味付けもサイコーだわな。

 これで〆かと思いきや、新幹線まで時間があるつうんで、バーに行きました。これがなかなかいい店なのよ。最後の最後までキム兄らしいっす。

 さあて、なんとか旅も修了。キム兄とミナミちゃんにはまたまたまたまたお世話になりました。ありがとうございまーーす。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終らせる」(渡邉哲也・野口裕之著・1,296円・ビジネス社)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月19日 (日)

メンバー熱烈募集しまーす!神の國出雲の原原です。

 神話の里、出雲原理原則研究会(第5期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(出雲原原は土曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月20日「2018年の日本経済はこうなる! 勝てる投資をやりなさい!」
■3月24日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月12日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月28日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月15日「売上10倍増のマーケティング!最強のファン作りについて語ろう」
■12月1日「成功の秘密は『無意識のちから』にあった!」
※本講義は午後7時〜9時。6時30分からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多いです)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:10万円+消費税=10万8千円(年間)
□申込法:「出雲原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:ビッグハート出雲(出雲市駅となり)2階特別会議室>

※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲストの講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年11月18日 (土)

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす!

 博多原理原則研究会(第6期)は中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ぜひご一緒に勉強しましょう!

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。




・2018年のテーマとスケジュールです!
(博多原原は金曜開催です。映像をたっぷり駆使した感動講義です。パワポを100枚ほど使います。データはPDFで差し上げます)
■1月12日「2018年の日本経済はこうなる!勝てる投資をやりなさい!」
■3月23日「一流経営者とアドラー!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■5月25日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■7月6日「お金が儲かる独創力について語ろう」
■9月7日 「インテリジェンス脳の鍛え方について語ろう」
■10月5日「成功の秘密は無意識の力にあった!について語ろう」
■11月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」
※本講義は午後7時〜9時。午後6時からの「まくら=時事問題(投資に関するリクエストが多い!)」は自由参加です。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税=12万9600円(年間)
□申込法:「博多原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:TKP博多駅前シティセンター(博多駅前)8階(ゴージャスになりました)>


※募集:年1回(途中入会はありません)。
※メンバーは全国の原理原則研究会に参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポットツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等を開催してきました。これからもいろいろ企画します。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京・博多)」が頻繁に開催されています。



・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い!
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月17日 (金)

京都国立博物館「国宝展」に滑り込んできました。。。

 ただいま大阪原原が終わりまして、なんと大阪から京都に舞い戻りました。

 明日は滋賀、福井なんすよ。

 昨日いや一昨日なのすね。名古屋でホテルにチェックインしたけど、昼にフレンチの大御所「仁」さんのとこで「大人様ランチ」やっちゃいましたんで、そっか、二次会やんないんだな、じゃ、京都行っちゃおうとその場で決めまして、夜中に祇園をうろちょろ。

 なんで京都かっつうと、京博で「国宝展」やってるんすよ。26日までなんで行かないとね。どうせ来年トーハクでやると思うけど、その時は「怖い絵展」など問題にならない混雑だと思うのよ。いま京都行っとこつうわけでね。



 東京原原の二次会で専属カメラマンMさんも行く予定だったとか、ま、この方は撮りテツでもありますんで、梅小路にある京都の鉄博がメインなんだよね。

 「国宝展」はめちゃ勉強になりました。疑問が氷解しました。1時間待ちでしたけど来て良かったです。



 NHKの放送では「土偶(縄文のビーナス)」が取り上げられてましたけど、大阪の金剛寺が出展した「不動明王坐像」と「大日如来坐像」には感動を超えて茫然自失。金閣寺を放火した修行僧の気持ちが一瞬見えましたよ。ま、いずれじっくりご報告致します。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ」(青山南著・886円・岩波書店)です。

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年11月16日 (木)

「金沢・福井・永平寺ツアー」その9

 わすれないうちに・・・今日は大阪原原です。なんやかんやで「まくら」で「銘柄研」を講義することになりました。

 さーて、福井の旅は続いております。いよいよラス前かな。クライマックスは永平寺です。



 曹洞宗大本山永平寺。道元禅師の開創された坐禅修行の道場です。寛元2(1244)年、道元47歳のときに永平寺と改めたそうです。

 私の近所には総持寺(曹洞宗4世の瑩山紹瑾。1321年、石川県輪島市に開創された寺院。1911年に横浜市鶴見区に移転)がありますが、こちらも大本山となってますが、やはり永平寺ですわな。


JR福井駅南口にえちぜん鉄道があります。永平寺口駅で下車。バスで10分。福井駅から直通バス(30分)も毎日出てます。便利やなあ。総持寺は京浜東北線鶴見駅下車すぐです。


山号の由来「吉祥の額」。ここが山門ですが、雲水が入門する時、修行を終えて出る時のみ通ることが許される、という門です。


仏教を守る四天王ですね。



下から見上げる法堂。ここには「聖観世音菩薩」が祀られてます。


 敷地は33万平方メートル。そこに70超のお堂と楼閣。とくに「七堂伽藍=山門、仏殿、僧堂、大庫院、東司、浴室、法堂が回廊で結ばれてます。やっぱ雪が凄いからね。

 そうそう、永平寺は外から移動はできません。順路にしたがって進みます。


「仏殿」です。須弥壇中央にはご本尊の釈迦牟尼仏(現在を司る)、未来を司る弥勒仏、過去を司る阿弥陀仏が祀られてます。


傘松閣=絵天井の間。天井絵には圧倒されますな。

 156畳の大広間の天井には有名な画家144人による230枚の日本画が埋め込まれます。花鳥風月画ですが、鯉、唐獅子、栗鼠が描かれた5枚の絵が隠されてます。


法堂から下界を眺めるという気持ちかなあ。雪の季節は超寒いでしょうなあ。

 全員が参禅したんですが、50分なんてあっという間ですね。といっても、煩悩の火がメラメラメラメラ。これからなに喰うかな、つうことばっかし。かーーーつ!


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「儲けのしくみ」(酒井威津善著・1,620円・自由国民社)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年11月15日 (水)

いよいよ来月9日でオーラスです。すんごいゲスト講師です。ご期待ください。。。

 今日は名古屋原原です。昼から名古屋入りだがやー。

 「第4期ぴよこちゃん倶楽部」に関する問い合わせメールがたっくさん。ご時世なんでしょうな。
 金融恐慌への恐怖? 動物の勘てやつ? メンバーには12月1日にメーリングリストでご案内します。「銘柄研」はすぐ締め切っちゃうからね。一般向けは12月9日(土)オーラスが修了してからにします。予約の方もしばしお待ちください。

 12月8,9,10日に向けマーケは大波乱ですな。私ゃ「遅れてきた篠山紀信さん」とは予測が違うのよ。超円高か超円安か、FX、金そして株価も大波乱必至ですけど、準備しとる人には「しめしめ」でんがな。
 ま、明日の大阪原原「まくら」は皆さん知らない情報のオンパ。投資に関心ないメンバーも「ホンマかいな」ですな。11日に「ぴよこちゃん」でお話ししたコンテンツが吹っ飛ぶ内容になると思いまっせー。

 さて、というわけで。

「第3期ぴよこちゃん倶楽部」のオーラス講義は・・・
□日 時:12月9日(土)午後3時--5時。
□ゲスト:メーリングリストで連絡済み。
□テーマ:「中華屋アルバイトのけいくんが 年収1億円を稼ぐ1日1分投資」




「中島孝志の銘柄研究会」は午後1時〜2時。実験もこれで終わりです。メンバーの皆さん、ご協力ありがとうございました。ゲスト講義まで少し時間がありますので最後に「ご感想」「ご要望」「ご叱責」など忌憚ない意見を賜れば幸いです。ま、できないことはムリだけどね。前回対比2倍増の美味しい話をするつもりです。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ついにあなたの賃金上昇が始まる! 後編」(高橋洋一著・1,296円・悟空出版)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年11月14日 (火)

バブルといってもまだ半値返しだもんなあ。

 今日は東京原原です。ゲスト講師の登場です。全国あちこちから参加するようです。ご期待ください。
 データも届いてますけど、講義修了後、メーリングリストで流します。

 さーーーて。「年末株価は23000円を超え、来年は30000円の大台に乗る!」とエコノミストたちは少し興奮気味ですが、はたしてそうなるのかいな?



 私の予測は・・・「2017年末17500円、18年末30000円から20000円に振り出しに戻る」と考えてるわけ。年内は、これから株価は少し調整。12月の利上げで円高転換。10円もの円高で5000円安。結果、17500〜18000円というわけです。

 きっかけはFRBの利上げが早いか、やっぱ北のミサイル撃ち上げが早いか。いずれにしても円高転換。
 世のエコノミストの皆さんのように「上がる上がる」とリニアには考えられんわな。
 「テーパリング」と「利上げ」でしょ? ドル高しかありえないっしょ?
 ま、それがロジカルとかフォーキャストつうんだろうけどね。


平時の思考じゃあかんのとちゃうかなあ。ノンリニアでバックキャストでアプローチせんとなあ。

 「世界経済はいまや金利・為替で動いています。日本の金利が上がって困るのは世界です。いまや、日銀は世界銀行になっているのです。世界を支えているのは日本の資産です。年末にかけてボラが激しくなりそうで目を離せません」とこの前書きましたけど、日経の記事は真逆! なんでかなあ。


為替と株価の相関関係は濃いですよ。日銀、GIF、郵貯マネーを総動員すれば直接間接に株価は動かせますよ。 

 トランプはなにをしたいのか? ドル安ですよ。ドル安にできるパウエルをFRBの新議長に指名したもんね。来年2月退任のイエレンの置き土産として、年末の利上げだけはあるでしょうけど、今後、利上げが続くかどうかはわからんよ。なにしろドル安に転換したいんですから。

 それにインフレが弱いね。2年物国債でもカバーできるくらい弱い。イエレンが去年の4月になんと言ってたか覚えてますか?


そんなに急にアメリカ経済が上向くはずないじゃん。利上げも躊躇してたのよ。

トランプの本音は利下げ=QE4にあるのでは?

 「16年末に利上げしたじゃん?」 
 ホントは見送るはずだったの。じゃ、どうしてできたの?
 「神風」が吹いたからよ。トランプ当選! これで「アメリカ買い」っすよ。

 「いまでしょ!」と言ったかどうかわからんけど、臆病なくせに機を見るに敏なイエレンは利上げを断行。今年に入ってからトランポノミクスが続いてたから引き続き利上げしただけのこと。これからはわかりません。

 「アメリカの景気は絶好調でしょ?」
 ここが問題なんだと思うよ。株価高騰は猛烈な自社株購入とやらせですから。でも、消費だって上向いてるでしょ? どうしてそういえるの?



 たとえば、自動車販売台数は1700万台をピークに頭打ち。なにしろ中古車市場に3500万台もありますからね。CEOたちも計画縮小ですもんね。日本のCEOたちにしたって「円安は例外」で円高覚悟だもんね。

 デパート、スーパーの売上は相変わらず低空飛行。ネットに顧客を奪われたこともあるけどね。原油も上がらない。来年は中東で戦争。ようやく原油価格が上がるけど、その隙にアメリカはシェールでシェアを奪う目論見。



 やはり、円高です。まあ、いまごろ円高でふうふう言ってる輸出企業はないしね。かつて円高で苦しんだ家電にしたって最終商品で勝負するんじゃなく素材と中間財で付加価値を高くして、為替に関係なく儲かる構造に換えてきました。

 円高? 株価下落? 産業によって凸凹はありますが、ご存じのように企業業績は絶好調。これが反映されて株価を支えてきた面も大きいです。バブルたってまだまだ半値返しだもん。

 考えてみれば、虐められ続けて耐性ができた日本企業ほど為替タフ企業はないのでは? いまや、円高でもいいし円安でもいい。どちらにしても生きられる。
 原発再稼働ができなきゃ円高でエネルギーを安く買えるし、異常気象で食料品価格が跳ね上がってもいくらでも買えるしね。

 日本の強みは円高なのよ。幸い「円高の株高」が16年から続いてます。2004年6月以前は為替が強けりゃ株価も高かったわけでね。外国人投資家にあまりにも振り回されすぎてますよ。

 株価の近接未来は利上げ&ミサイルで17500円。日銀16兆円、GPIF30兆円超のETF買いに、いよいよ郵貯マネー200兆円の一部が乗っかればどんなに冷え込んだマーケでもヒートアップ必至。

 下げてもチャンス、上げてもチャンス。しばし休憩。ドカンと下がるの待てばいい。上がりきったら売る。下がりきったら買う。このリズムにうまく乗れればバフェットになれるんちゃう。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ついにあなたの賃金上昇が始まる! 前編」(高橋洋一著・1,296円・悟空出版)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

博多原原の新入生を熱烈募集しまーーす。
[2017年12月13日]
[中島孝志の原理原則研究会]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年12月12日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

出雲原原の2日目もB級グルメが凄かった。。。
[2017年12月11日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年12月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!