カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2017年03月04日 (土)

「ラ・ラ・ランド」

 今日は新潟原原オーラスです。メンバーはご参集ください。相変わらず東京、大阪からの参加が多く、地元新潟を凌駕しております。明日は雪の魚沼でたっぷり新潟を満喫します。お楽しみに。。。
 私は「週末パス」で新潟入りです。いま、JRはいろんなサービスが目白押しです。これは週末の土日休日得割りサービスなんすよね。乗り放題降り放題なのよ。まさに今日明日のイベントにどんぴしゃでやんす。。。


 さて、やっぱオペラとかミュージカルの映画化って合わんのかなあ。つうのも、「レ・ミゼラブル」なんて4回観たのにほとんど寝てましたからね。DVDも持ってるけどやっぱ「睡眠薬」。なんでかなあ。。。

 で、この映画は道路(ロサンゼルス南部ジャッジ・ハリー・プレガーソンIC)封鎖して、なんとまあ派手なオープニングやのー。ま、いつものように、なんの深みもないヤンキー向き音楽映画かいな、と少々呆れて観てたわけですが・・・。

 最後の30分。脚本換えましたね。ハリウッドは何人もの脚本家を競わせて書かせますからね。ラストは何通りも用意されてたと思うけどさ。。。

 夢を換えて成功をつかむ人もいれば、こだわって、夢にすがりついて成功をつかむ人もいるわけでね・・・夢をいったんレイオフして、とりあえず目の前の成功をつかむ、つう手もありでしょうし、ずっと追いかけなければならんものでもないしぃ。

 けど、それを「変節」つうのかな。でも変節って大切だと思うのよ。つうのも、世の中で成功してる人(傍で見てて)って、この道ン十年つう人、意外と少ないのよ。「いつの間にかこうなってました」つうのが圧倒的です。

 幸之助さんなんか典型でしょ。今日、新潟原原でとくとお話しますけどね。

 狭い了見、狭い世間、狭い視野で「成功」なんてあまり意識せんでもええんちゃう。「いま」「ここで」「与えられた仕事」「期待されてること」「やるべきこと」を淡々とやればええんちゃう?

 仕事ってのは「人」に繋がってましてね。人との出会いがいろんなチャンスに遭遇させてくれる、と思うのね。みずから「機会」をつくり、「機会」によってみずからを変える、つう仕掛けが大切なわけ。すると善循環にのれると思うのよ。犬も歩けば棒に当たるんですから、人が歩いたら何に当たるかわからんわけ。一寸先は闇。
 いままでと同じ人と会い、いままでと同じことして変われる、と考えるほうがおかしいよね。変われる要素1つもないもん。

 さてさて、愛する女性はパリに行き、男は売れっ子バンドを辞めて原点に戻り、最初の夢を実現しようと街に留まる。5年後、女は大女優となって幸せな家庭を築き、男は繁盛するジャズクラブのオーナー兼たまにピアニスト・・・。

 大女優となるきっかけをつくったのは明らかに男。忘れていた夢を思い出させてくれたのは女。結ばれなくたって「いい関係」。同志つうんかな。かえってそのほうが長続きするかもしれんな。

 なんとも洒落た映画。いいね、ラスト。アカデミー賞が白人ばっか受賞してるんで人種差別だ、つう批判はわかるけど、これ、作品賞じゃないの。『ムーンライト』観てないからわからんけど、これでええんちゃう。

 「トランプ」が災いしたかな。



 『ラ・ラ・ランド』(La La Land)。脚本・監督デミアン・チャゼル。主演ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン。2人とも全編吹き替え無しっす。さすがプロ。ゴールデングローブ賞は史上最多7部門受賞。アカデミー賞では史上最多14ノミネート(97年『タイタニック』と並ぶ)。最多6部門受賞。

 作品賞受賞は発表者のミステイクがご愛敬でしたけど。

 エマ・ストーンはラストシーンのためにダイエットしてたね。ふくらはぎが細い細い。

 日本アカデミー主演男優賞はマツケン(『聖の青春』『怒り』)にとらせたかったなあ。。。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年03月03日 (金)

新潟原原(第4期)新入生を熱烈募集いたします。。。

 2017年、さあ、新潟原原(第4期)を開講します! 中島孝志が講義する唯一の会員制勉強会です。ビジネスだけでなく、政治経済、投資に関する「ここだけの話」も満載です。ぜひ、ご一緒に勉強しましょう!

 変わらなくても満足しているならあえて参加する必要はありません。けど、よりよく変わりたいなら、ぜひご参加ください。1年後、「ぜんぜん変わらないけど」という方がいれば、ご返金申し上げますのでご安心ください。

 原理原則とは、ひと言でいえば、「理=型」のことです。型とは成功するために最短距離で到達できるノウハウのこと。スポーツでもバレイ、絵画、楽器でも、型を知っていると上達が早く、型を知らない自己流はロスばかり多くて成長が望めません。型のない人のことを「形無し(かたなし)」といい、型をマスターした上で個性を発揮できた人のことを「型破り」と言います。

 大事なことはここからです。原理原則はそれだけではなんの役にも立ちません。「どう応用するか=工」を考えなければなりません。つまり「エンジニアリング」が必要になってくるんです。「理」と「工」に「センス」と「感動」を添えてビジネスや人生をよりクリエイティブに創造していきましょう。


途中でも質問が飛んできます。

・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。

 原原の魅力はたくさんあります。
1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、本の出版ができると言う奇跡が訪れた事がトピックスです。となると、「原理原則にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。 原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

ほかにもいろんな声が寄せられています。
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)



こんな感じでやってます。

 経営者やビジネスパースンをはじめ多彩なメンバーです。これがなんともいい化学変化を醸し出しております。留年生が95%というのもそのせいでしょう。

 ■第4期のテーマとスケジュールです。例年同じです。講義内容は違うけどね。どうして変えないのか? 簡単にはわからないからです。というより、そんなに簡単にわかってもらったら困るんです。

・2017年
■4月22日 「強運を引き寄せる!」
■5月27日 「人をつくる、人を活かす、 人を動かす」
■6月24日 「インテリジェンス脳の鍛え方!」
■9月9・10日 日本伝統文化研究会特別企画「片貝花火と温泉へぎそばと南魚沼でサイコーの寿司を満喫するツアー」
■11月25日 「最先端マーケティングで儲けの仕組みを換える」
・2018年
■1月6日 「2018年の政治経済そして投資! 日本と世界はこう変わる!」
■3月3日  「人間通!松下幸之助の経営道について語ろう!」


□土曜日開催です。講義時間は午後4時半〜7時(開場は午後4時)。
□映像をたっぷり駆使した、よりわかりやすく感動的な講義です。パワポを100枚程度使います。使用データは毎回PDFで差し上げます。
□毎回15〜30分、直近の政治経済解説をちゃちゃっとしてから講義に入ります。2次会では講義内容に関係なくな〜んでもご質問ください。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
□オプションの「日本伝統文化研究会」による体感ツアー(1泊2日〜2泊3日)は自由参加です。
 いままで「出雲神在月パワースポットツアー」のほか、「京都怨霊&祇園舞妓Haaa〜nツアー」のほか、「新潟古町鍋茶屋・行形亭&芸妓&佐渡島ツアー」「八戸三社祀り&恐山いたこ&青森ねぶたツアー」「東北奥入瀬紅葉ツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「小樽余市ツアー」「金沢白山・闇笛グルメツアー」「能登一周・加賀屋探訪ツアー」「越中おわら風の盆・立山黒部ツアー」「新潟小千谷市片貝花火大会と神社巡りツアー」「タイバンコク・アユタヤ歴史探訪ツアー」等々を開催しました。
 ほかに「シャンソン部会」「ゴルフ部会」が頻繁に開催されています。

◆募集要項◆
◇定 員:30名(最小開催人数15名)。
◇受講料:10万円+消費税=108.000円(新潟原原は据え置きです)
◇申込法:参加ご希望の方は「新潟原理原則研究会参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメールアドレスにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
◇会場:「クロスパルにいがた(中央区礎町通3ノ町2086)」です。


※年間会員制のためメンバー募集は年1回今回限りです。途中入会はありません。全国の原理原則研究会にも参加できます(もち無料)。出張のついでに立ち寄る、ゲスト講師の講義を堪能する。気楽な気持ちでどうぞ。。。2次会が美味しいとこばかりでこれも魅力なのよね。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2017年03月02日 (木)

週末は雪の魚沼。コメがめちゃ美味いっす。お土産にどうぞ。。。

 ただいまアマゾンで大好評発売中です。
「100年に1度の投資チャンスが来た!
『ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!』手にとるようにわかる本」




トランプはたんなる操り人形。奥の院がトランプに何をさせて儲けようとしてるのか・・・博多原原では詳しくお話しましたけど、ブログを深く類推すると「3月に大きなポイントが2つあること」に気づくと思います。すなわち、国境調整税の法案可決、米国債債務上限問題の再来。2011年8月の米国債格下げとダウ暴落を思い出しませんか?



 月末には「予算教書」演説もありそうです。強制力はないけど、議会は参考にしなくちゃ。これは2018年度予算=今年10月から来年9月までの分。ま、「アメリカ一番!=減税、インフラ投資、保護主義、移民政策」が柱。1兆ドルのインフラ投資(選挙中に主張してた2倍!)に連邦法人税と個人所得税の減税は予想通りで市場は織り込み済み。

 いずれにしてもインフレ必至。FRBは慌てて利上げに舵切り→金利が上がる→米国金融株上昇→ドル高円安→日経平均株価、輸出株が上がる。けどトランプ不信で米国債も金価格もそれほど大きく下げないのでは。

 それらにプラスして今回は「北朝鮮殲滅オペ」がいよいよ始まりそうです。これこそ一触即発のリスク大ありですよ。「なんとか言うて聞かすから攻撃せんといてくれ、難民が押し寄せてきたら困るねん」と、中国はトランプファミリーに次々と飴を渡して懐柔してますけどね、

 カラー図版とチャートたっぷり。これだけ危ない内容はありません。インテリジェンス武装してください。投資家のためのトランプ本です。。。



 トランプの施政方針演説があまりにも「ふつう」なんで拍子抜けしたとか。メディアはどうしてもトランプを「変人」のままにしておきたいようですな。
 共和党大統領候補選は「ブルーオーシャン戦略」で勝ち抜き、ヒラリーとの一騎打ちでは「選択と集中戦略」で競り勝ち、当選後は、長官人事にしても税制改革にしても、上院下院との合意形成が必須なわけでね。それぞれ「ステージ」が違うわけ。その都度、演じなければならんわけさ。

 文章でも「起承転結」があるし、能狂言では「序破急」とかあるわけでね。一本調子では飽きられるわな。「役者やのー」と言われて当然なわけよ。


 さて、明後日の土曜日は新潟原原のオーラスです。「オープン講義」ですから新メンバー候補の集客をよろしくね。で、長谷川先生より「魚沼雪中ツアー」の提案がありました。

■3月4〜5日(土・日)「新潟原原講義&魚沼雪中ツアー」コンテンツは以下の通りです。

□3月4日(土) 16:30〜新潟クロスパルで講義(オープン講義。無料でどなたでも参加できます!)
 テーマ:「松下幸之助に学ぶ経営の神髄」
 2次会は古町にて。。。トライアル参加者も2次会参加とのこと。よろしくね。




トミオカホワイト美術館からの八海山(撮影長谷川先生)

越後駒ヶ岳の夕景(撮影長谷川先生)

□3月5日(日) 
 上越新幹線 新潟 9:20発→ 浦佐 9:55着
 浦佐駅前(八海山側・田中角栄像あり)10時出発
・10時半〜トミオカホワイト美術館見学
・11時半〜“鶴齢”の青木酒造見学に続いて三国街道塩沢宿 ひな雪見かざり散策
・13時〜寿司会席「龍寿し@7000-」で寿司ざんまい。コメ処新潟でも南魚沼産。新潟・佐渡はもちろん日本海厳選の肴をご賞味ください→旬はボタンエビ&寒ヒラメ、もち、のどグロとウニもどうぞ!)
・16時前後〜浦佐駅解散。
(浦佐(15:49)→東京)
(浦佐(16:13)→新潟)
・日本酒のお買い求めは浦佐駅前金田屋で!?

 なお、今回参加できない東京原原メンバーが、先週、長谷川先生に連れられこのルートを回ってレポを送ってきました。

 「昨日、個人的に用があり、新潟原原の長谷川先生とお会いしました。せっかくなので来週の魚沼ツアーの下見に一緒に行きましょう、ということで行って来ました。私が来週参加できないこともあって。
 朝は曇りだったのですが、途中から晴れて雪景色と春の日差しで最高でした。長谷川先生はやはり雪景色の魚沼を見て欲しいとのことです。
 トミオカホワイト美術館では、私は鳥肌が立ちっぱなしで、塩沢の雁木通りも落ち着いた街並みが良く、ひな雪見飾りもしっとりと暖かい感じで、オープンな受け入れ体制が良かったです。
 龍寿司は詳しく話すとつまらないので控えめにしますが、あれを東京で食べたら一体いくらかかるか…素材も仕事も素晴らしかったです。
 夕方の越後三山は本当に美しく、帰りには、もちろん酒を買って来ました。
 以上ありのままを報告します。オッさんレポーターでした。」

 あんがと。なーるほど。とにかく寿司が旨い、ということですな。魚沼産のコメに日本海と佐渡の魚・・・期待できまっせ。。。

 予算は寿司+バスチャーターも含めて1万円程度。その他、現地への往復交通費は各自負担。豪華合宿ですがコスト的にはかなりリーズナブルっす。しかも「特別ゲスト」が参加することになりました。長谷川先生のご尽力です。お楽しみに。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「立派な死」(正木晃著・1771円・文藝春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年03月01日 (水)

北朝鮮殲滅作戦いよいよ始まります。。。

 トランプの発言をいくつか。。。

 「北朝鮮の核ミサイル開発の脅威は?」
 「中国が望めば電話1本で解決できる」(1月3日)

 「金正恩との直接会談は?」
 「けっしてノーとは言わないが遅すぎるかも」(2月23日)
 
 一昨日述べた通り、ついてないヤツってすべてが裏目裏目に出るわけでね。バカラなら逆張りしたら大勝ちできまっせ。。。

 で、重大問題がこれ。。。

 2月24日、米国務省は一転、北朝鮮幹部のビザ発給を不許可。これでNYCで予定されてた「協議」が破談となりました。全米外交政策協議会(NCAFP)のドナルド・ザゴリアは「ビザ発給されるっしょ」と甘い見通しを発表してたのに、ひっくり返されてしまいました。

 もち、トランプだからよ。。。

 トランプ当選以来、北は何度も米側に接触、交渉、懇願してたのよ。それがミサイルと暗殺でパー。

 で、いよいよ始まります。なにが? 金正恩排除作戦。いまとなっては、金正恩が金正男暗殺を命令したかどうかなんてどうでもいいこと。北のトラブルはすべて金正恩の責任にさせちゃうことに決めてるわけ。
 「何から何まで首領様の命令でした・・・」
 これで金王朝が崩壊しても、生き残った将軍や高官は居座れるわけ。



 さて、金王朝殲滅、金政権転覆には3つの方法があります。

1内乱による政権転覆。
2暗殺によるトップ交代。
3戦争敗北による体制転換。

 「戦争を内乱に転化せよ!」とはレーニンの革命スローガンとしてあまりにも有名ですよね。ロシア革命がそうでした。
 暗殺による政権転覆は大昔からあります。韓国パクチョンヒの軍事政権転覆もチリのアジェンデ民主政権転覆もそうでした。

 戦争敗北による体制転換はわが国が典型かな。国体は護持されましたけど、武装解除されて、占領されてしまいました。以来、その影響は続いてますもんね。

 もち、アメリカ、中国そしてロシアも含めて、それぞれが、それぞれの国益を守るために、すべてのプラン&オペを同時展開してますよ。マレーシアの捜査なんてはなから期待してませんもの。

 警察よりも軍隊でしょ。相手はちんぴらではなく、核とミサイルを持った愚連隊なんだから。

 で、アメリカはどうするかだけ述べておきます。ほかについては原原で詳細にお話ししましょう。



 この3月から「米韓合同演習」が始まります。これが北は怖くて怖くてしょうがないのよ。「やめないとミサイル飛びます飛びます」つう坂上二郎(古いねどうも)みたいなギャグ飛ばしちゃうわけね。
 なんたってこの演習は1-2カ月も続きます。で、戦略爆撃機B1B、F22ステルス戦闘機、F35Bステルス戦闘機等が続々と嘉手納に集結してまんねん。空母ロナルド・レーガンとカールビンソン、それにイージス艦と原子力潜水艦まで集まってきてまんねん。

 北朝鮮5個分をかーるく殲滅できる軍事力ですよ。マティスはすでに「先制攻撃法案」を上程済みでっから、あとは「やる」だけっしょ。

 上陸演習は奇数年に大隊級、偶数年は旅団級(もっと規模が大きい)を投入してきましたけど、今回は特別に旅団級にしました。空母は連続参加です。しかも中国が大反対してるTHAADを想定した演習も展開するらしいっす。

 「約束」通り、北はミサイル発射をするでしょうけど、これが「先制攻撃」の大義名分になりかねないわけよ。相手はチキンのオバマではありません。トランプです。

 つうことは・・・「まったく読めない」。

 ミサイル発射を待ちかまえてると思うな。THAADの実験にもなりますからね。
 で、演習が本番に切り替わったら? はい、終わりっす。金王朝の終焉っす。

 それを承知で金正恩はケンカ売れますかね。今回の判断だけは命懸けっすよ。トランプに交渉するもなにも、北朝鮮外交団を入国拒否しとるわけでとりつく島があらへんのよ。

 で、「2つの中国」を引っ込めること。38度線以北には米軍を進駐させないこと。つまり、地上部隊は侵攻させないこと。この2つで習近平はトランプと折り合ったはず。その確認のために外交トップの楊国務委員(副首相級)を派遣したわけ。

 金王朝崩壊のカウントダウンはもう始まってるのよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「習近平は必ず金正恩を殺す 後編」(近藤大介著・1620円・講談社)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年02月28日 (火)

年1回の公休日です。。。

 本日はすべてお休みです。また明日ね。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年02月27日 (月)

北朝鮮で応仁の乱がはじまる。。。

 まさに応仁の乱ですな。





 金正男を担ごうとしてた中国。その動きを電光石火で差し止め、逆に「駒」を排除した金正恩。

 代理戦争ですな。どことどこの? 中国と中国。
 わからん? はい、北京と瀋陽です。共産党政府VS瀋陽軍区といえばピンと来るかしらん。それとも・・・習近平VS江沢民といえばいいかな。
 北京は御輿を担ごうにもポアされちゃったわけでね。新しい御輿は金正男の息子さん。つうことで、北朝鮮に関する限り、いまのとこ、瀋陽+江沢民のほうが優勢。そもそも瀋陽と北を足した地域はその昔「渤海国」と呼ばれたとこだもんね。

 で、応仁の乱ならこれから11年の戦国乱世が続く? いや、内乱を許しておくほど周囲の国々は寛容ではありませんので、いちばんコントロールしやすい方法で強制終了させられるでしょ。つまり、金正恩体制が終わるということです。

 さて、そのラストは?

1バクチョンヒ型結末=次期トップを約束された側近が暗殺。もち、約束は反故。
2チャウシェスク型結末=わずか5分の人民裁判の後に処刑。
3ヒトラー型結末=自殺に追い込まれる。

 まあ、いずれかでしょう。

 先週述べたように、トランプは金正恩を相手にせず。もうハンバーガーを食べる気は失せたはず。つうか、金正男暗殺は100パー中国の失態ですから、当然、「責任払い」を求めるでしょう。で、中国もそれを承知してるはず。。。

 なぜか?

 中国がいちばん困るのは、米軍が半島に出張ってきて北の核基地、ミサイル基地を殲滅したあと、そのまま居座ることです。北朝鮮臨時政権と「米朝安保」を結んで米軍駐留を認めさせてしまわないか、戦々恐々としてるはず。
 困るどころの話ではありません。THAADどころの話じゃありません。のど元にナイフを突きつけられてるようなものです。つうか、習近平は一発で失脚します。

 大切なことはここから先。

 北朝鮮を制圧しても、アメリカは南(韓国)に統一なんてさせませんよ。国家間の約束を守らず、事大主義の国など「国家」と認めてませんから。できれば、北の新政権に呑み込ませたいと考えてるはず。

 どちらがコントロールしやすいかですわな。

 さて、金正恩ですけど、やはり、金正男暗殺は彼の命令とは思えないっす。いまやれば、200パー金正恩の犯行だ、と世界中が思い込むでしょ。核を開発し、固体燃料も完成し、そろそろアメリカ本土に届くミサイルもできそうだ、つうタイミングで、しかも、「話してもいいよ」つうトランプ発言を水泡に帰すどころか、呆れ果てさせ、怒らせるようなことをするかなあ。。

 VXガス暗殺にしても、飛行機が離陸してから様態急変。マカオで死亡とするはずが、あっという間に死んじゃった・・・犯行がバレバレでしょうが。

 今回の暗殺劇は始まりであって、彼の息子=キン・ハンソルの排除だけでなく、実兄の金正哲も排除しなければ完成しませんよ。。。金日成、金正日の遺伝子を独占せなあかんのやからね。

 繰り返しますが、いま、このタイミングでやるかなあ。金正恩の残酷さ、冷酷さ、残虐さ、キレたら何をするかわからん愚かさ・・・を印象づけ、「あいつはヒトラーやスターリンと同じや、排除(暗殺とか謀殺)せなあかんで」と世界中に賛意を仕掛けたいからではないかしらん。

 北朝鮮の人民にも暗殺シーンの報道は必ず流れます。報道規制しても必ず伝わります。それを見た人民がどう反応するか? 金日成、金正日の威光を無にする行動に「疑問」「困惑」「不信」「不審」そして「疑念」「怒り」へと繋がると思うね。

 とことんついてない男ですな。ついてないヤツはどうするか? 「重要参考人」としてマレーシアが手配している4人組をポアするでしょうね。で、かえって世界中から非難囂々。北の国民も引くでしょうね。

 さてさて、中国と韓国が怖れていることは、応仁の乱のように戦争が長期化すること。結果、難民の襲来ですよ。38度線には地雷がありますけど、鴨緑江に中共軍を張り付けても、川を渡る難民を銃殺するわけにはいかんでしょ。

 となれば、シリアの二の舞。難民襲来をいまの韓国が持ちこたえられます? いまの中国が引き受けられます? ムリっしょ。日本の備蓄米、備蓄エネルギーがなければ破綻必至。

 わかっているのかいないのか。わかってないんでしょうな。いままでも、そしてこれからも・・・ね。

 もっとも気がかりで重要なことは明後日3月1日にアップしますのでお楽しみに・・・。大変だよ、ホントに。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「習近平は必ず金正恩を殺す 前編」(近藤大介著・1620円・講談社)です。 

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年02月26日 (日)

大阪原原(第6期)新入生を熱烈募集いたします。。。

大阪で、全国で、中島孝志と一緒に勉強しませんか? ビジネスだけでなく、政治経済、投資に関する「ここだけの話」も満載です。ゲスト講師の特別講義もお楽しみに。。。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいと願うなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、それで変われたらおかしいでしょ。1年後、「ぜんぜん変わらないけど」という方がいれば、ご返金申し上げますのでご安心ください。

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と芭蕉は喝破しましたが、読書も旅、人との邂逅も旅。そして「本当の自分」との遭遇も旅です。


途中でも質問が飛んできます。

・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。

 原原の魅力はたくさんあります。
1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、本の出版ができると言う奇跡が訪れた事がトピックスです。となると、「原理原則にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。 原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)

ほかにもいろんな声が寄せられています。

「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)



こんな感じでやってます。


■第4期のテーマとスケジュールです。例年同じです。講義内容は違うけどね。どうして変えないのか? 簡単にはわからないからです。というより、そんなに簡単にわかってもらったら困るんです。

・2017年
■4月20日 「強運を引き寄せる仕事の原理原則について語ろう」
■5月11日 「人をつくる、人を育てる、人を動かす原理原則について語ろう」
■6月15日 「ひらめきをお金に換える独創力の原理原則について語ろう」
■7月20日 「インテリジェンス脳を鍛える原理原則について語ろう」」
■9月14日 「仕事に活かす!日本と世界の歴史について語ろう」
■10月12日 特別ゲスト講師による講義
■11月16日 「商道の原理原則について語ろう」
・2018年
■1月18日 「2018年の政治と経済そして投資! 日本と世界はこう変わる!」
■2月15日 「松下幸之助さんの経営の原理原則について語ろう」

□いずれも午後7時〜9時。開場は午後6時。
□映像をたっぷり駆使した、よりわかりやすく感動的な講義です。パワポを100枚程度使います。使用データは毎回PDFで差し上げます。
□毎回15〜30分、直近の政治経済解説をちゃちゃっとしてから講義に入ります。2次会では講義内容に関係なくな〜んでもご質問ください。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
□視察・体験イベント(オプションで開催する「日本伝統文化研究会」による体感ツアー(1泊2日〜2泊3日)は自由参加です)。
 いままで「出雲神在月パワースポットツアー」のほか、「京都怨霊&祇園舞妓Haaa〜nツアー」「新潟古町鍋茶屋・行形亭&芸妓&佐渡島ツアー」「八戸三社祀り&恐山いたこ&青森ねぶたツアー」「東北奥入瀬紅葉ツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「小樽余市ツアー」「金沢白山・闇笛グルメツアー」「能登一周・加賀屋探訪ツアー」「越中おわら風の盆・立山黒部ツアー」「新潟小千谷市片貝花火大会と神社巡りツアー」「タイバンコク・アユタヤ歴史探訪ツアー」等々を開催しました。
□「シャンソン部会」「ゴルフ部会」が頻繁に開催されています。

◆募集要項◆
◇募集人員:若干名。
◇受講料:12万円+消費税(年間)
◇申込法:参加ご希望の方は「大阪原理原則研究会 参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメールアドレスにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
◇会場:コンファレンスプラザ大阪御堂筋(地下鉄本町駅徒歩3分)


※年間会員制のためメンバー募集は年1回今回限りです。途中入会はありません。原原メンバーは全国のいずれの原理原則研究会にも参加できます(もち無料)。軒並み参加して特別講義を堪能しているメンバーも少なくありません。2次会が美味しいとこばかりでこれも魅力なのよ。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年02月25日 (土)

今日は全国的に梅花祭です。。。

 というわけで、昨日は博多原原。で、1時間前に「投資研究会」。まあ、そこそこ楽しんで頂けたのではないでしょうか。。。

 3月の相場が予測(予言)通りに進んだら、4月の「ぴよこちゃん倶楽部(第2期オーラス)」はゲスト講師をさしおいて、私が講義することにしよっかな、とまで考えております。つまり、それほど「大きな動き」があるのでは、と考えております。


 さて、福岡空港到着が混んでて遅れました。混んでるのよ、福岡は。センター試験に国家試験、それにJ-SOULほかダブルのコンサートが開催。

 ホテルは満室ですよ。佐賀とか熊本のホテルをとるしかないのよね。私は半年前から予約してますからノープロですけど。

 さてさて、今日は梅花祭です。菅原道真の命日つうことでんな。湯島に詣って北野に詣って太宰府をスルーするわけにはいかないっしょ。。。

 つうわけで、太宰府までタク飛ばして来ましたがな。なんたって6時から講義ですからね。
 いま? 4時半。場所? 博多日航ホテル。これから天神行って西鉄乗って二日市で乗り換えて・・・間に合いません。タクしかないわな。


いつ見ても参道は趣きがありますな。

 手水場はもはや掃除の時間つうくらいの時間になんとか駆け付けられました。韓国、中国の観光客ばっか。。。近いもんなあ。


梅園は満開。



桜門


白梅もええけど・・・。やっぱねえ。


ご本殿は五間社流造の檜皮葺。築400年だとか。


かの有名な飛梅です。


皇后の梅。


麒麟像と鶯像。

 湯島、北野、大阪の天満宮に参拝されてはいかが・・・。 

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年02月24日 (金)

トランプの心変わり。。。

 今日は博多原原です。メンバーはご参集のこと。1時間前から投資研究会やりますから。まあ、期待しないでね。。。

 でね、メディアはただいま、北朝鮮・金正恩・金正男一色じゃないっすか。トランプはどこ行ったんやー。イヴァンカはどないしてまんねん・・・ゆうてね。

 状況証拠は北朝鮮犯行説を裏付けるものばっかしでんな。「これはトップの命令でなければできませんね=金正恩犯人」で200%決まり、つう報道。

 けどね、ちょっと視点をずらしてみてはいかがっすか? 中国、アメリカ、ロシアの国益つう視点ね。この3国、少なくとも米中の国益は「金正恩排除」ですよ。ロシアも日米接近を願うなら「金正恩排除」でしょうね。

 となれば、黒幕+北朝鮮執行部つうか実行部隊は金正恩排除で動くでしょうね。数週間あるいは数か月後には金正恩消息不明。軍事政権が米中と和解・・・とかね。

 米本土まで届くミサイルを開発し、それでトランプと交渉しようって腹でしょうけどね。甘いっすね。完成前に先制攻撃されるに決まってるわな。「金正男暗殺は世論操作のため」つうのは常套手段。アラモ砦、米西戦争、真珠湾、イラク・・・ね。

 世論操作は米ロ中の得意技ですよ。「カティンの森」でおわかりのように、スターリンなんかナチスの犯行に仕立て上げちゃうわけでね。

 こんな悪党はほかにはFDRと毛沢東くらいっしょ。。。


 さてさて、これは「軌道修正」てなレベルではありませんな。「大転換」とか「豹変」というべきでやんしょうな。

 「君子豹変す」つう言葉がありますよ。あの人、既存モデルをちゃぶ台返ししてきた張本人ですけどね。それは他人が強いたレールであって、自分が述べた「公約」ではありません。

 けど、就任後、ここまで公約を転換する大統領なんていないっしょ。FDRくらいかな。今世紀はあれの化けの皮が剥がれる時代でやんしょうな。アメリカ人の中にもまともな歴史学者とか政治学者はいますからね。



 ここまで心変わりしますと、当然、債券、為替、株価、商品相場まで、年明けから乱高下でげす。おかげで当選直後から続いた「トランプラリー」は急停止。



 にもかかわらず、またまた株価が上がってるのはどういうわけ?
 ま、これについては今日、投資研究会でお話します。いずれにしても、「大転換」します。年末株価も18000円に落ちてるかもしれません。つまり、ドル高にはならない、つうこと。。。



 さて、今日の博多原原では、メンバー(ぴよこちゃん倶楽部メンバーでもありますが)から強いリクエストがありましてね。1時間早く「投資研究会」なるものを開催することになりましたんや。話すことは1カ月前から決まってまんねん。つまり、今日のブログで述べてること。そう、トランプの心変わりですよ。

 ほかの原原では講義の時間が取れませんので、触れる予定のデータを少しだけご紹介しておきます。ま、なにが言いたいかわかるっしょ。


マイナス金利だけどデフレ日本VS高金利だけどインフレアメリカ。円キャリもままならず?

オブションのチャンスかもね。。。

 まさかの「利上げ」? イエレンにはできません。年内いいとこ1回こっきりでしょ。去年も一昨年もそうだったもんなあ。上げる上げる詐欺つうの、これ?


大波乱となるか? 3月18000円と予測した根拠の1つがこれ。



暴落は忘れた頃にやってくる!


意外と効くと思うけどインフレ必至。アメリカ経済は2年経ったらよろよろ、5年経ったらガタガタになるわな。

 どうして米国債を気にしてるかわかる? つうか、日本のメディアがスルーしてるのが不思議でなりません。

 
 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「うわさの人物 神霊と生きる人々 後編」(加門七海著・702円・集英社)です。 

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年02月23日 (木)

半島危機、半島大殺界・・・。

 明日は博多原原です。行きがかり上、1時間前から「投資研究会」をすることになりました。まあ、期待しないでください。。。


 金正男が暗殺されました。家族が遺体確認に来る、ということらしいですが、SWATに紛れ込んでるのでは、とはなから思ってましたが、どうなんでしょ。

 それにしても、想像以上に立派なご子息がいるじゃないですか。



 ダーティ・マネーまみれの政治家ばっかしの韓国に比べれば、北の御曹司は良い意味で「端金」には見向きもしないパーソナリティ。本人が望んだわけではないんだろうけど、結果、「やんごとなき御仁」がここに残ってたわけですよ。





 「輸出国家でメシを食う」とイ・ミョンバクが舵を切ってしまいましたんでね。農業もダメ。ウォン高もダメ。かといって技術のベースになる重電産業は皆無。つまり、永遠にディスカウント製品をつくるしかないわけ。



 インタビュー等々を見ましたけどなかなかですよ。

 残念ながら、日本の場合、伝統的に人材ほど政界には進まないものなんでろくなのがいませんけど、わが国の政治家よりはるかに気品がありますわな。

 半島統一の暁、大統領選挙が行われたら、北の国民は全員このキン・ハンソルさんに投票するでしょうね。そういう意味では、北朝鮮つうより朝鮮民族の「切り札」ともいうべき存在なのではないでしょうか。

 金正恩が怖いのは金正男ではなくてこちらのほうなんじゃね? 


北朝鮮ばかりが矢面に立ってますけど、韓国も未曾有の国家危機だと思うよ。

 それにしても、金正恩は運が無いねえ。「プリンスがここにいた!」と世界中に認識させてしまいましたよ。
 「オックスフォードに留学させろ。MI6が身辺を警護せよ!」とトランプとメイは決めたかも。少なくともミャンマーの田中真紀子さんとは出来が違いますわな。 


少女像の追加設置、合意不履行等々で嫌韓意識はピークでしょ。

 キムチの売上まで減ってますけど、ウォン高だけが原因じゃないと思うよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「うわさの人物 神霊と生きる人々 前編」(加門七海著・702円・集英社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

新潟原原(第4期)新入生を熱烈募集いたします。。。
[2017年03月24日]
[中島孝志の原理原則研究会]

4月8日(土)はいよいよラスト講義です。
[2017年03月23日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

「日本一の弘前ざくら&みちのく秘境ツアー」がバージョンアップされました。。。
[2017年03月22日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年3月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!