カテゴリー:中島孝志の美食倶楽部

2018年07月26日 (木)

殺人的猛暑にはこれがいちばん!その1

 暑い暑い暑い、もう溶けてしまう。。。
 いつも外の自然光で読書してますけど、こんだけ暑いと無理。くらくらくら、熱中症になってしまいます。

 で、フールに水を張りまして行水しながら読書しとりまんねん。最近気づいたんですが、35度超ともなりますと蚊も飛んでませんね。

 熱中症かなと思ったら、頭から冷水を浴びる。もっと酷ければ湯船に氷を浮かべて入っちゃう。そのくらいしないと、今夏は乗り切れないかもしれません。

 もう1つ、涼感を呼ぶにはこれっす。かき氷。

 最近は天然氷がウリの店も増えました。さらさら食べられるのがいいですね。昔からフラッペつうのかな、じゃりじゃり感のあるかき氷は苦手でしてね。


たまに頭つうか眉間のとこがキーンとなりますけど、脳が痛みと錯覚するかららしいね。



イチゴのかき氷。スモールサイズもありますよ。





煉乳のかき氷。下には小豆。

イチゴのかき氷にアイスとかイチゴとっぴーー。


やっぱビール!

 となると、やっば虎屋のかき氷っすよ。銀座だとイチゴのかき氷もありますしね。
 昔、近くのラーメン屋さんで好物のワンタン麺と氷ミルクを同時に食べてました。よく腹壊さなかったなあ。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「新幹線各駅停車 こだま酒場紀行 後編」(大竹聡著・1,404円・ウエッジ)です。

カテゴリー:中島孝志の美食倶楽部

2018年07月25日 (水)

浅草ビューホテル「グリル薪火」

 刺身が苦手なんで、基本、肉食なわけで。今日も焼鳥屋さんですし、ステーキとか焼き肉とかが好きなんです。

 今度、大阪でめちゃ美味くて安い焼き肉屋さんに連れてってもらおうと思ってますが、なんなら、大阪原原の二次会を焼き肉屋でやればいいわけでね。ホルモンのオンパになるかもしれません。

 で、今週末は出雲原原なわけですよ。いつも博多と出雲の帰りは羽田空港から上野に直行。トーハクに寄って、メシは浅草と決めてるわけ。

 洋食屋、天麩羅屋、鰻屋、ビヤホール・・・なんでもありますからね。帰りは寄席でも覗けば疲れも吹っ飛びます。

 で、最近、通ってるのがここなんです。大きな薪グリルがありましてね。チキンは遠赤外線でぐるぐるまわって焼かれてるし、ステーキもスペアリブもここで焼いちゃう、野菜も焼いちゃう。






ご飯は1人ずつカマ炊きです。

 ランチはコースでデザートとコーヒーも付いてめちゃリーズナブルです。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「新幹線各駅停車 こだま酒場紀行 前編」(大竹聡著・1,404円・ウエッジ)です。

カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年07月24日 (火)

金価格下落の犯人はこいつらだ!

 いつものように、連載してる有料サイトの原稿を1日遅れでアップします。ほら、あちらは莫大な原稿料じゃないっすか。1日遅れでも役立つと思うよ。


 ここ数日、金価格は「二番底」の様相を呈していましたが、ここに来て、ようやく反発。



 米朝首脳会談の破談から開催へ、続いて米中貿易摩擦、米中関税合戦へと続く中、「まさかの金」がまったく「ふつうの金」でしてね。「7月3日から反発する」とブログに書いた日に1241ドルまで下落しちゃうし。

 どないなってまんねん?

 さすがにこれは行き過ぎたのか、その後、反発したモノの、1230ドルを切る始末。先物では安値で1220ドル切りまで下落しています。

 原因はなにか? 以前から言っているように「中国による虎の子の金売り」です。それと・・・。



 少し脱線しますけど、ロシアは中国に先駆けて「虎の子の米国債」を売って、中国の代わりに「金買い」を加速してきました。
 大量の米国債を売ってるんですから米国債の価格は下がる一方、アメリカの長期金利は上がるし、金価格も大幅上昇・・・のはずなんだけど・・・。


ロシアの金買い。米中それぞれの思惑で金売り。皮肉なもんですな。


 現実はどうかつうと、長期金利は上昇したことはしたけど、視力検査並の数値で市場に与える影響はありません。米国債の価格も暴落はしてないし、金価格なんて逆に下落の一途。あんだけロシアがかいまくっているのにです。

 なんで? 経済の理屈で考えれば・・・。

 「米国債価格暴落=長期金利急騰=世界株価同時暴落=金価格急騰=ドル暴落」

 この悪の連鎖に火がついてしまいます。

 これは困る。で、トランプ政権は手下のGSはじめ米国金融機関(投資銀行)に号令して「金ETF」を売りまくらせたわけ。

 白鳥も水面下では必死に水かき動かしてるわけね。

 これからも「トランプVS習近平」という構図は続きますが、米中だけで考えてると大局観を見失います。やはり、「トランプVSユダヤ金融資本+軍産複合体」という大きなフレームワークを常に意識しておかないといけません。

 やっぱ、ロシアの米国債売りより市場とくに為替市場を揺さぶってるのは「米中関税合戦」なのよ。

 中国の米国産品輸入1300億ドル、アメリカの中国産品のそれは5050億ドル。輸入産品に関税をかけるとなりますと、衆寡敵せず。話になりません。もちろん、中国の惨敗と考えるのがふつうだし、いつものように常識屋のメディアはそう書いてます。

 しかし、中国もしたたかでね。これだけのハンデを跳ね返そうと知恵を絞りました。結果、出てきたのが「為替操作」です。





 ドルに対して人民元を下げる。この為替トリックで25%の関税をかけられてもそれほどダメージを受けないで済みます。

 この奇手にトランプはどう出るか?



 関税枠は5050億ドルまであるのですから、このボリュームで圧をかけることはできます。もちろん、中国はさらに人民元安へと出るかもしれません。
 トランプは予想通り、「中国は為替操作をしている!」と財務長官に非難させました。
 たしかに為替操作をしています。いままでもしてきました。しかし為替介入しなければ、関税合戦で太刀打ちするのは難しいわな。

 中国が人民元安で対抗するなら、トランプはドル安で対抗するんでないかい。

 ここがポイント。

 中国の人民元安は、北米市場で猛烈な金売り・ドル買いを通じて為替操作してきました。「金価格」を通じて安くしているわけね。「金売り→ドル指数上昇・ドル高」つう流れ。

 これに対して、トランプは真逆の戦略、すなわち、「金買い→金価格上昇→ドル指数下落・ドル安」とするはずです。



 「FRBはこれ以上利上げするな!」
 「FRBは金利をますます上げたくなるようだが、われわれは経済に生きている!」
 「ドル高はアメリカ輸出業の貿易力を毀損する」

 不動産屋のトランプは根っから「ドル安志向」です。で、トランプ発言に市場は瞬時に反応しました。1ドル113円まで円安(ドル高)が進んでた為替は一気に111円前半へと円高(ドルにすれば下落)となりました。

 もちろん、トランプ発言で円高ドル安となりましたが、長期金利はといえば、2.85%から2.89%へと上昇したけど、短期金利と金利先物は動いてない。

 つまり、FRBは独自判断で利上げを進めていく。トランプは金利政策に介入できない、と市場は認識してるわけ。

 中長期的にはアメリカは金融立国、知的財産権立国、投資立国として生きるべきで、結果、「第一次所得収支」を大幅に育成すべきですから、「ドル高」がベターなのよ。

 トランプはバカではありませんから、そんなことは百も承知でしょう。中間選挙と2年後の大統領再選キャンペーンの頃には、票田のラストベルトの有権者たちに気兼ねすることなく、「ドル高」へと大きく舵をきると思う。
 バブル景気で賑わっているでしょうから、必然的にドル高になってるかもしれません。

 一方、習近平にしても「米中関税合戦」を奇禍として、忌々しい債務超過の国有企業を粛正に向かうはずです。
 とっくに破綻しているゾンビ企業をこれ以上延命させていたら中国そのものが崩壊してしまいます。「いまがラストチャンス!」と踏んでいるはずです。

 中国のGDPは13兆ドル、法人の負債は20兆ドル(アメリカのGDPと同じ)、個人のそれは5兆ドル(日本のGDPと同じ)。法人負債で国有企業(51000社・従業員2000万人)のそれは6割もあるのです。すでに2100社の倒産が伝えられています。
 地方政府が採算度外視で私腹を肥やした結果、積み上がった負の遺産です。もちろん、返済できるはずがありません。債務の株式化と売却、そしてお得意の粉飾決算で生き延びてきましたが、習近平は荒療治に出るはずです。

 金価格のV字回復はトランプの次の一手。中国に向けて「ドル安転換」を宣言した瞬間に始まると思うな。

 さてさて、結論ですけど、金価格下落の犯人は・・・米中なのよ。「金価格を下げる」という目的だけは一致してる。とばっちりを受けてるのは金投資家です。ま、トランプの動きを見れば金のV字回復も近いと思うけどね。 


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「馬渕睦夫が読み解く 2019年世界の真実  いま世界の秩序が大変動する 後編」(馬渕睦夫著・994円・WAC)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年07月23日 (月)

原理原則研究会の本家本元。いよいよ第18期が始まります。新メンバーを熱烈募集します。

 東京原理原則研究会(第18期)の新メンバーを熱烈募集します。格段にバージョンアップした勉強会で一緒に感動をシェアしませんか? ビジネス、政治、経済、投資、あなたの人生に高濃度で影響を与える「ここだけの話」オンパレードです。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。



東京原原 第18期スケジュール(火曜開催です)
・2018年

■9月4日「一流経営者とアドラー哲学!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■10月16日「論理療法をフル活用する!人を動かす原理原則について語ろう」
■11月6日 「成功の秘密は無意識の力にあった!」

・2019年
■1月8日「激変する日本と世界をどう勝ち抜くか! 2019年の投資戦略を語る!」
■2月12日「アイデアをお金に換える独創力について語ろう」
■3月12日「経営と仕事に効く!世界史と日本史について語ろう」
■5月14日「AIを超えるインテリジュンス脳の鍛え方について語ろう」
■6月11日「売上10倍増のマーケティングについて語ろう」
■7月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」


※「ま・く・ら」は6時30分〜。「本講義」は午後7時〜9時です。
※「ま・く・ら」は直近の時事問題(とくに投資情報)について勝手に話しますので自由参加です。ムリして来なくていいですよ。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。いままで「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポット・ツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポ・ツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「鵡川・余市・小樽・札幌、寿司とウイスキー三昧ツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等々を開催してきました。これからもいろいろ企画します(ていうか、全国のメンバーが随時企画してるんですけど)。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京)」が頻繁に開催されています。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税(年間)
□申込法:参加ご希望の方は「東京原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:青山SIビル特別会議室


・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)


・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

※年間会員制のためメンバー募集は年1回(今回限り)。途中入会はありません。
※メンバーは全国すべての原原に参加できます。

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

 あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年07月22日 (日)

この猛暑の中でも高校野球ってやるべきものなんでしょうか。。。

 まったくの外野なんで的はずれなことを言うかも知れませんが、この殺人的猛暑の中、甲子園で野球しなきゃいかんのでしょうか。

 そりゃ子どもの頃から野球漬け。「野球命!」の球児たちは真夏だろうが真冬だろうが、好きな野球をやりたい。だれがなんと言おうと野球がしたい。

 そう思うでしょうね。

 けど、この時機に? ドームでない甲子園で? ここが引っかかるんすよ。

 夏の高校野球。部数激減の朝日新聞が後援してるわけ。球児たちはもちろん、応援にかけつけてる生徒に「事故」なんぞ起きてからじゃ遅いでしょ。

 「いままでそんな事故ありませんよ」

 たしかにそうです。いままではね。けど、この暑さですよ。例年とはちがうと思うのよ。
 春の選抜野球は毎日新聞。あれはそんなに暑くないシーズンです。
 けど、夏は暑い。今年の夏はとてもとても暑い。「用のない外出は控えましょう」とテレビやラジオで注意を喚起してねわけでね。

 涼しくなってからやったらどうなんかね?

 「いえいえ、ご心配なく。そんな柔な高校生ではありませんから」



 たしかにそうかもしれません。でも同時に、連投に次ぐ連投の球児たちを「ウリ」に、新聞社は部数増のためこのイベントを後援してるわけでね。「早く負けて肩を大切にして欲しいよ」とドラフト候補生たちのことをプロ野球スカウトたちは祈ってますよ。

 そこにこの猛暑と来た。せめて甲子園から京セラドームとか東京ドーム、福岡ドームとか、各地でやらせたらどうかね。そしたら早く終わるでしょ。

 やっぱ甲子園の砂が欲しいんかなあ。ラガーマンなら花園をめざす、みたいにね。

 やっぱ甲子園でなきゃ・・・つうことなんかなあ。せめて時機をずらしてはどうかね。阪神タイガースのゲームが犠牲になる? たしかにねえ。

 時機と場所。球児をはじめて高校生たちの健康を考えると、この真夏に強行する意味がわからんのよ。オリンピックだって朝6時とか7時とかに前倒ししとるんだからね。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年07月21日 (土)

「通勤快読」を聴いてみませんか?

 読書というのは自分との対話ですね。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。どこまでも自分との対話、対決、勝負ということです。

 好奇心の本質とはそういうことだと思うのです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも、彼らは「無知」ではありませんでした。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんですよね。

 そうそう、物心つく頃の子供と同じです。口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタになって寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく「無関心=知ろうとしない」にあります。脳の栄養素は「刺激」です。刺激がいらなくなった瞬間、老化が始まるんでしょうな。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うのです。


●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がってるのよね。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。知の魅力魔力引力を楽しみましょう。

 ブログの左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年07月20日 (金)

オバサマたちのアイドル追っかけは凄かった。。。

 やっぱ大阪はたいしたことないわな。名古屋に比べたら涼しいわい。てことは、東京なんてガキやんか。多治見は40度超でんねん。名古屋も涼しいて凄いなーー。

 で、朝も早よから名古屋脱出。で、大阪で整体2時間。痛い痛いゆうてね。30分地獄を味わった後はゆったり睡眠。私、睡眠時間を1日2回に分けてますんでね。この90分間はものすごく重要なわけ。

 今日言いたいことはそんなことではないんす。

 朝も早から名古屋駅、つうとこ。

 あのね。JR名古屋駅高島屋。オープンずっと前なのに行列の嵐。おいおいおい、何人いんだ? 1000人くらい?





 へえ、イベントなんだーーー。即、ネットにアクセスしてチェックすると・・・ありまんがな。

 なるほどなるほど、大阪難波の高島屋本店が皮切りなのね。で、あちこちまわって仙台まで行って、今日から名古屋なわけね。

 こんだけ混んでたら大変でしょ。しっかし、こんだけのイベントを知らなんだなあ。

 横浜は? はいはいはい、千秋楽が横浜高島屋なわけね。難波の高島屋本店からはじめて横浜高島屋(8月8日から)で千秋楽。

 安心しましたがな。けど、名古屋はどんだけ行列になろうと涼しいとこですからね。横浜はそうはいかんわな。

 それにしても、羽生弓弦さんは凄い。今回、「羽生弓弦展」なわけ。全国縦断イベントなのよ。





 もち、行きます。オバサマたちにしてみれば、羽生弓弦さんがアイドルつうか命なんだわな。

 わかるわかる、その気持ち、よーわかる。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「 現実入門 ほんとにみんなこんなことを?」(穂村弘著・562円・光文社)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年07月19日 (木)

東京原原打ち上げのご報告その2。。。

 遅くなりました。ただいま名古屋原原の3次会、うーん、4次会あるいは5次会から戻ったとこでありんす。

 名古屋は・・・暑いっす。つうか熱いっす。多治見は40度超えました。ま、記録は近々更新するでしょうけど。駅に降りたとたん、地面から湯気。遠くのビルがゆらゆら。砂漠で蜃気楼? 陽炎が揺れてます。

 「用のない外出は控えましょう」

 たしかに。けど、こちとら移動せなあかんねん。

 てことで、めちゃ寒い会場で講義が終わり、二次会へ。あまりに冷えたんでいきなり熱燗頼んでるメンバーもおりましたで。。。 

 なんでもいいけど、基本、焼鳥屋好きなんすよ。だから、評価にはいろいろ加点変数がありましてね。二次会は名古屋に焼鳥屋。焼鳥屋で焼鳥屋の話題。

 そうそう、インフルエンザを幸いに、8人しかいない時があったのね。

 チャンス! 即、電話して予約。そこ、8人しか入れないから。美味かったねえ。チキンカバブー。あれから個人的に通ってるらしいわ。

 で、二次会の後は久しぶりに「バーFINCH」でキム兄とゆったり。キム兄は金沢から。元もとは東京原原メンバーだったんだけど、1回しか参加できませんで。名古屋原原に転校。けど、いまも博多原原で参加するのがいちばん多いんじゃないかな。先月は東京で参加してたしね。

 原原はメンバーである限り、全国どこで参加してもいいわけ。来月、新潟原原に参加するとのこと。イシダブラザーズ殿、二次会よろしくね。

 さて、月曜日の「東京原原」の打ち上げの続きを報告せなあかんな。


いい酒もたっぷり。写真はあるけど紹介はやめとこ。





懐石料理苦手なんすけど、今回は別。美味し美味し美味し。

参加者全員満足。高いと思ったけど、これならリーズナブルです。

ステーキコーナーもいいんです。つうか、懐石ドタキャンしてステーキに換えようかと思ってたほど。しなくて良かった。

嫌いな刺身も美味し。



蛍狩りは今年ラストのイベントです。



 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「女の人差し指 後編」(向田邦子著・659円・文芸春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年07月18日 (水)

東京原原打ち上げのご報告その1。。。

 忘れないうちに・・・。

■連絡1
 東京原原の第18期が9月からスタートしますが、新メンバーが続々と参加表明頂いております。来期はとくに女性メンバーが激増する予定です。SさんやMさんやFさんやHさんはすでにどう歓待しようか、プロジェクトチームを結成して臨んでいるようです。ありがとうございます。
 また、「お試し参加」についても9割超の高配当でメンバーになって頂けるとのこと。感謝感激です。

■連絡2
 「8月開催の新潟原原まで少しありますが、2次会の連絡です。
 前回大好評の割烹「ひのと」は先約があり席を確保できませんでした(ペコリ!)。そこでもう1軒、新潟を代表する名店を予約しました。「ひのと」に負けない店です。ただし、またしても席に限りがあります。今回も東京メンバーが3人参加とのこと。2次会参加希望の方は早急にご表明頂けると幸いです」(新潟原原幹事・イシダブラザーズ)
 つうことなんで、中島孝志までメルヘンよろしくね。


 さーーーてと、7月16日(月)は東京原原の打ち上げでした。なんたって海の日ですからね。
 ホントは研究会がありましてね、けど、しかたないわな。この日しか空いてないんすから。

 土曜と勘違いして2日前に来ちゃったメンバーもいたり、外せない用で参加できないメンバーも多数。月曜の祝日にはやるもんじゃありませんな。いい勉強になりました、はい。

 しかも、よせばいいのに、このくそ暑い中、「鎌倉散策」なんぞを企画しちゃいまして、身体中から汗が噴き出し、ヘロヘロのクタクタ。
 賢明なメンバーは「稲村ヶ崎温泉」に駆け込んでゆったりゆらゆら。

 「暑い!」てなレベルやおまへんでー。暑すぎます。ま、真夏ですから当たり前なんすけど。

 正午に鎌倉駅集合。いますがな。だれもいなければいいな、と願ってた・・・いえいえ、みなさん集まって欲しいな、と思ってました。

 いるいる。隠れちゃおっかなー。


江ノ電ね。藤沢駅から鎌倉駅までちんたら30分。

 予定では「段葛 こ寿々」で鎌倉土産の定番「わらび餅」を購入してもらって、そっから由比ヶ浜までぷらり散歩。で、「松原庵」で蕎麦と酒でゆっくり、と思ってたら、なんと行列がない。いつもは30人くらい並んでるのにね。

 食べるべし。ここは信州のそば粉を毎日手打ちしてる店ですからね。


名物こ寿々そば。私はいつも辛み大根おろしそばなのよ。もち、ビールも!

辛いっすよー。けどクセになりほど美味いのよ。


 聞けば、「初鎌倉」つうメンバーもいるんで、定番をそろりそろりと散策。



 まずは八幡さんに表敬参拝。蓮池がありますからね、むんむんしてまんねん。蓮池の手前が「旗上弁財天社」です。鎌倉駅北口には有名な「銭洗弁天」がありますけど、ここは南口。


高徳院です。

何を考えてるんでやんしょ。

 高徳院と長谷寺は同じ駅です。帰りに長谷寺で観音様を参拝。


長谷寺。観音ミュージアムには、観音様が衆生のために変化してくださる「観音三十三応現身像」が安置されております。馬頭観音とか知ってるでしょ?

 観音様は菩薩と一緒で私たちの近くまで近づいてくださる。身をいろいろ変えて近づきやすいようにしてくださってるわけ。

 長谷から江ノ島の江島神社に行く処、なんと江ノ電が電気トラブル。タクシーで行くかと考えましたけど、とてもとてもつかまりません。そうこうしてる中に電車がようやく動き出しました。


店内にチョコのキングコング。。。

 ここは方向転換。鎌倉駅へとUターン。で、銀行金庫室(東日本銀行鎌倉支店)を改装してオープンした「CHOCOLATE BANK」でビール三昧。

 ああ、暑い暑い。さーて、涼んだら行きますか、いざ、鎌倉、いえいえ、いざ、車屋。明日に続きます。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「女の人差し指 前編」(向田邦子著・659円・文芸春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年07月17日 (火)

原理原則研究会の本家本元。いよいよ第18期が始まります。新メンバーを熱烈募集します。

 東京原理原則研究会(第18期)の新メンバーを熱烈募集します。格段にバージョンアップした勉強会で一緒に感動をシェアしませんか? ビジネス、政治、経済、投資、あなたの人生に高濃度で影響を与える「ここだけの話」オンパレードです。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけどね。よりよく変わりたいなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。



東京原原 第18期スケジュール(火曜開催です)
・2018年

■9月4日「一流経営者とアドラー哲学!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■10月16日「論理療法をフル活用する!人を動かす原理原則について語ろう」
■11月6日 「成功の秘密は無意識の力にあった!」

・2019年
■1月8日「激変する日本と世界をどう勝ち抜くか! 2019年の投資戦略を語る!」
■2月12日「アイデアをお金に換える独創力について語ろう」
■3月12日「経営と仕事に効く!世界史と日本史について語ろう」
■5月14日「AIを超えるインテリジュンス脳の鍛え方について語ろう」
■6月11日「売上10倍増のマーケティングについて語ろう」
■7月9日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」


※「ま・く・ら」は6時30分〜。「本講義」は午後7時〜9時です。
※「ま・く・ら」は直近の時事問題(とくに投資情報)について勝手に話しますので自由参加です。ムリして来なくていいですよ。
※2次会は「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」は自由参加です。いままで「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポット・ツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポ・ツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「鵡川・余市・小樽・札幌、寿司とウイスキー三昧ツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等々を開催してきました。これからもいろいろ企画します(ていうか、全国のメンバーが随時企画してるんですけど)。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京)」が頻繁に開催されています。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税(年間)
□申込法:参加ご希望の方は「東京原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:青山SIビル特別会議室


・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)


・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

※年間会員制のためメンバー募集は年1回(今回限り)。途中入会はありません。
※メンバーは全国すべての原原に参加できます。

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

 あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

PAC3撤収は時期尚早です!
[2018年08月15日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

金価格の本格的反転はいつか?
[2018年08月14日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

今月の「ぴよこちゃん倶楽部」&「中島孝志の銘柄研究会」は8月25日(土)開催です・・・。
[2018年08月13日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年8月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!