カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年09月27日 (水)

希望の党は新自由クラブである。

 さあ、各馬一斉にスタート!・・・してない。まだ候補者選定とか一本化云々の協議しとる党もあるわけで、自公以外は泥縄ですわな。

 ま、「常在戦場」が身上の政治家稼業。とくに移籍組は兵糧攻めされるよりは打って出るべし、つうことでしょうね。

 忘れないうちに言っとくけど、今回の選挙の狙いは・・・改憲勢力潰しです。つまり、共産党と民進党の左派勢力を潰すため。
 小池新党のおかげで、既存政党嫌いの受け皿に共産党がなれません。民進党は埋没しちゃうしね。自公つうより自民党は30-40議席は減らします。けど、第一党を維持できれば改憲は次の選挙で踏ん張ればいい。小池さんにしたって賞味期限切れかもしれんしね。
 
 だれが首相になってるかわかりません。でも、改憲は進む。これでええのよ。

 で、今回の争点はやっぱ消費税でしょうな。安倍さんにしても、憲法改正についてはまったく触れなかったしね。次期解散総選挙の争点として温存するつもりなのね。
 たしかにいまやったら少し早いわな。北が具体的に攻撃してこんと現実感ありませんもんねー。

 日本人て本音と建て前があるけど、ミサイル一発で変わりますよ。次期総選挙の風は北がつくってくれます。

 けどさ、こんなこと言っていいのかわからんけど、北朝鮮問題はどうやら解決しそうですな。米軍による北殲滅? いえいえプーチンによる平和的解決。

 トランプだけが蚊帳の外。日韓中露は「合意済み」。あとは金正恩の胸先三寸だけど、乗るでしょう。なぜならトランプに白旗をあげるわけじゃないし、なによりもゼッタイに逆らえないロシアの親玉からの話ですからね。

 ヤクザ組織でもそうですわな。「わしの顔立ててくれんかのー」ゆうてね。

 北は金日成の時代から中国には上から目線なのよ。毛沢東なんて「スターリンの使いっ走り」としか思ってないからね。けど、ソ連、ロシアには忠誠心ありますからね。金日成を用意したのスターリンだかんね。「秘密」握られてるから。

 金正恩にしたって最後のチャンスでしょ。ミサイル開発、核実験は凍結するっしょ。廃棄まではまだいくつかの段階を踏むと思うけど。その間、ゴタゴタしてもらって改憲すればいいわけ。

 困るのはトランプですな。困った時の北朝鮮。今度はイラン相手にケンカ売る? ならば、単独攻撃に打って出るか? それではブッシュと同じ。トランプを追い込みたい勢力は独断専行するかもしれんけどさ。

 で、このプーチン案ですけど、安倍さんも合意してんだろうけど発表できんわな。当たり前です。選挙なんだから。憲法改正したいんだから。それまでは秘密。19年10月かな。

 この話、近々、原原でお話します。
 
 さて、消費税です。これが争点の一角を占めるのは確実。しかも北朝鮮問題がそろそろ片づきそうだ、となれば、これしかないわけで。。。



 小池新党も都民ファーストにしても、まーーたく白紙状態でしょ。いまの段階では零点なのか満点なのかわからん。しかも国政って地方政治とはぜんぜん違いますよね。市政あたりは共産党でもいいや、つう人でも、まさか国政を任せようとは思わないっしょ。うちのバカ親父くらいっしょ。だから都民なんたらがどんなにブームだからって国政はわからんよー。

 アドバンテージがあるのは、小池さんは「空想」「夢想」「妄想」で好きなこと言ってりゃいいってとこかな。財源なんて質問もされないから大丈夫。


「小池新党は自民党の補完勢力でしかない!」・・・共産党の分析は正しいっす。さすがに鋭いなあ。「希望の党」って大昔の「新自由クラブ」なんすよ。気づいた?

 少し解説しときましょうか。。。安倍さんと小池さん(どうでもいいから前原さんはカット)の政策スタンスについて大きな点のみ比較してみましょうか。

□共通点→保守政党。憲法改正賛成。
□相違点1→消費税増税=安倍さん賛成(今回は)、小池さん反対。
□相違点2→原発=安倍さん賛成、小池さん反対。

 お互い保守陣営なんだけど消費税と原発では違いがある、つうこと。

 これで希望の党が自民党の補完勢力だって気づくでしょ。気づかない? だって保守陣営を選択する有権者しか改憲なんて賛成しないじゃん。あとは消費税と原発でどちらが「好み」かで選択すればいいの。

 どちらにしても改憲賛成の有権者を集めることには変わりはないっつうこと。

 小池さんとしては、小泉は小泉でも進次郎さんに来てもらいたかっだろね。今回は自民党の選挙の顔だからムリ。で、原発反対の親父が小池さんを激励した、つうことでしょうな。
 


 民進党は元もと消費税を8%に10%に上げた張本人。「希望の党」より過激に打ち出さんと消滅すんだけどー。

 09年の総選挙で「4年間消費税を引き上げない!」と鳩山さんが公約に打ち出して政権交代を実現させたにもかかわらず、カンチョクトさんは1年も経たないうちに「やっぱ消費税上げます!」って簡単に国民を裏切っちゃった。その後の上島竜平さんなんか海外でぺらぺらしゃべって国際公約にしちゃった。

 マニフェストに書いてることぜんぜんやらず、ないことばっかやってんだもん、支持率ガタガタ。

 政権交代した安倍さんは仕方なく消費税率を上げた結果、日本経済は2年半も落ち込んだわけ。

 いくら前原さんでも無責任なことはもういえんでしょうし、口が裂けても撤廃とか税率下げますとは言えんわな。残念な党やね。ホント、ついてない人はとことんそうなの。疫病神ちゃうか。。。

 安倍さんは財源をきちんと説明して戦うしかない。とにかく2年間で税収を上げる。この実績つうか実証で「撤廃」あるいは「5%に戻す」「8%を維持する」と打ち出すしかない。これは政権政党の代表として当然ですな。



 さて、では、肝心の税収、とくに消費税はどう推移してきたんでしょ?

 消費税が導入されたのは1989年。竹下登さんのときね。この年の税収54.9兆円。直近の16年の税収は55.5兆円。

 内訳ですけど・・・
□89年度は所得税21.4兆円。法人税19.0兆円。消費税3.3兆円。
□16年度は所得税17.6兆円。法人税10.3兆円。消費税17.2兆円。
 早い話が所得税4兆円減、法人税9兆円減。増えたのは消費税だけ(14兆円!)つうことなのね。

 「えっ、法人税と所得税を減らすために消費税率って上げてきたの?」
 「はい、そうです」

 事実、法人税率42%から23.4%になりました。所得税と住民税の最高税率は88%から65%(消費税導入時)。そして50%に下がってますからね。



 ホントの正しい姿はね、全員が等しくすべての段階で10%の税金を払うこと。所得税にしても法人税にしてもね。所得税は悪名高い「累進課税」でしょ。高収入者からはガツンと奪い、貧困層つうより中間層よりちょいと下あたりの層は納税以上のサービスを享受してるはず。

 高額納税者だからつって表彰されるわけでもないし、満員電車で「ゴールドシート」「ダイヤモンドシート」に座れるわけじゃなし。ま、成金に見られたくないから、「用意しろ!」なんてヤツいないと思うけど。中国人じゃないんだからさ。

 つまり、等しく納税するシステムじゃないのよ。けど等しく年は取る。社会保障のコストだけは鰻登り。だから金持ちほど日本から脱出してますよ。奥村眞吾先生の本読んでください。ホント凄いですよ。

 なにが言いたいか? だれもがきちんと10%の税金を払えば消費税なんて不要なのよ。脱税もなくなります。さらにいえば、税務署も税理士もいりません。

 「貧困層から奪うな!」とかいう人がいるけど、生活保護は別途拡充できるんです。けど納税はいったんしてもらう。その後、足りなければ補助すればいいわけ。
 「納税した」つう意識が政治に関心を持たせる最大のモチベーションだと思うけどね。

 まあ、政治に関心もってもらいたくない勢力が強いんだろうな。

 この選挙で投資はどうすべきか、なにがいいか? あまりにもえげつないので原原で詳しくお話します。お楽しみに・・・次回博多原原はゲスト講師かあ。すると11月のオーラス講義かな。投票終わっとるやないか。。。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「戦争と平和 前編」(百田尚樹著・821円・新潮社)です。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「金沢・福井・永平寺ツアー」その2
[2017年10月21日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

仕事・ビジネス・政治経済・投資金融・歴史・文化文明・文学・映画をどう読み解くか。大波乱・大混乱・総混迷時代の舵取りに!
[2017年10月20日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

11月度出雲原原はラス前とオーラスでーす。。。
[2017年10月19日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年9月  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


世界同時の大暴落はいつ迎えてもおかしくありません。では、いつなのか?超暴落に備える準備はできていますか?

フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!