カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年05月06日 (水)

「チャイナウイルス」よりはるかに危険な「チャイナウイルス」!

 連休もひと区切り。お疲れさまでした。そして、まだまだ続きそうですね。この終わりが不明であることが苦行ですね。

 「チャイナウイルス」のせいで予定が狂った、という人は数え切れないほどいらっしゃる、と思います。

 卒業式、入学式、入社式、新人研修、定年退職、仕事の予定、旅の予定、冠婚葬祭の予定、飲み会の予定・・・ありとあらゆる予定が狂いました。

 一寸先は闇。

 お仕事にしても、飲食・ホテル関係は開店休業どころか閉店、店仕舞いを決断した、という方も少なくありません。知人友人にもたくさんいます。マッサージ師の方など濃厚接触になりますから、商売あがったりではないでしょうか。

 でありながら、世界で唯一のほほんと無責任、いや、ホワイトナイトを気取り、迷惑をかけた世界中の国々に一切謝罪せず、「習近平様のおかげで被害は最小限に抑えられた。世界の人々はわが国に感謝しなければならない」とほざき、さらにはアメリカに責任転嫁をしてやまない。

 我田引水、自画自賛、牽強付会、厚顔無恥、賊喊捉賊(「その泥棒をつかまえろ!」と叫びながら何食わぬ顔をして逃げる泥棒のこと)・・・すべて中共のためにある言葉です。

 この間、中共はなにをしていたのか? 真摯に懺悔し、「チャイナウイルス」を必死に開発して、世界の国々、人々にお詫びするかと思いきや、火事場泥棒+火付け盗賊をしていたのでございますよ。

 ナチスの時代、牧師であり反ナチズムの指導者がこんなメッセージを発信しています。



 いま、中共の暴力を糾弾しなければ、ナチスがユダヤ人にそうしたように、われわれも生命と財産を中共に奪われるでしょう。「チャイナウイルス」など問題になりません。



 世界10カ国が中共に損害賠償を訴えています。最新DVDでお話している通り、中国の現場を刺激して暴発させ、トランプは中共海軍を海の藻屑にしてしまうでしょう。

 米空母の乗組員は「チャイナウイルス」に感染して使い物にならないのでは? さて、これこそ米側のフェイク情報ではないか、と私は確信しています。



 今どき、『共産党宣言』をバイブルにしている「化石人」がいるそうですが、いまこそ「感染者」が団結する時ではないか、と思います。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年05月05日 (火)

ものはいいよう・・・。

 「表現する」ということはいささか難しいことで、「難しい」ということはそこに創意工夫のスペースがあるわけでして、少し考えるか、スルーしてしまうか、つまり、要は「真剣さ」の有無が問われているわけでして。

 お役所仕事でも知恵を出す人もいれば手抜きが性になっている人もいるわけで。考えた仕事をしているかどうか、ご自分は気づいていないかもしれませんが、周囲には見え見えでして。

 島根県の評判がいいようですね。


出雲と石見では方言が違いますからな。

「緊急事態宣言」の延長が決まりました。
 
「原理原則研究会」に参加、「経済教室メルマガ」をお読みの皆さん、一昨日スタートした「中島孝志のインテリジェンス時事放談(You Tubeライブ映像)」のビューアー様には「解決の先送り」でしかないとお話しております。

「チャイナウイルス」対策は、ホントは「スウェーデン型」が大正解、「台湾型」は中正解。
 わが国はというと、野党とメディアが幼いので、政府はギリのギリまで「緊急事態宣言」を発動しませんでした。「ロックダウン」とはほど遠い「外出自粛」の要請、という名の懇願。

「日本人はバカではない」という期待がどこかにあったと思いますが、「3連休」では若者が、「巣鴨ジジババ祭り(地蔵通り商店街イベント)」では若者より感染力が強いくせに重篤しやすいシニアがわんさか湧出したのは都知事の油断。
 
 今回明らかになった山梨出身20代女性は「陽性+発症」にもかかわらず奔放なる(自分勝手な)行動で周囲の人々を感染させる始末。

 政府が「緊急事態宣言」を延長させるはずですよ。一部国民のキャラクターに野党とメディアのレベルを考えると、「スウェーデン型」は無理。かといって「台湾型」は時すでに遅し。ま、日本という国は運が強い。いまのうちに予言しておきますが、年末になれば台湾は無事では済まないことが判明するはずです。

 何が言いたいか? 「集団免疫」がベスト。「特効薬」「ワクチン」がセカンドベスト。せめてワクチンが開発されるまで騙しだまし「集団免疫」を獲得したい。トランプが横やりを入れてきたので、重い腰を上げて「緊急事態宣言」を発動。
 「経済が脳死」しないよう、おそらく「6/1解除」としつつ、引き続き自粛を要請する、という玉虫色の対処へと「専門家委員会」という、経済ノータッチの専門バカを誘導するのではないか、と思います。

 この間、厚労省の役人が天下りできないので邪魔している、懸案の「アビガン」も承認されることになります。

 さて、島根県のメッセージ。いいですねー。方言てのは「財産」ですよ。

 地方を旅して泊まっていると、「半殺しがええか全殺しか、いっそ手打ちにするか」と家人がひそひそ話。あわてて夜中のうちに逃げ出したとか。
 徳島とか群馬あたりではいまでも言うんでないかい? 半殺しは粒餡、全殺しとか皆殺しは漉し餡。手打ちはそばですよね。朝飯に何でもてなすか相談してたけど、殺されちゃうと勘違いしちゃったわけ。

 中国人じゃあるまいし、食べませんよ。人間は。私ゃ、人を食ったヤツと言われてますけど・・・。
 
 学生時代、「やったらいいじゃん」「それはダメじゃん」と話していたら、「なに、その軽薄な言葉」と関西・九州の連中から一斉攻撃。

 「じゃん」は方言なのか、とはじめて気づきました。たしかに軽薄に聞こえますわな。以来いまだに使ってません。ハマ弁なんすよね。ハマ弁ゆうても崎陽軒の弁当ちゃいまっせ。

 原理原則研究会は全国で開催してますから、自然と方言が耳に入ります。「いいなー、方言は」と方言を喪失した(田舎のない)私は少しだけ羨ましくなります。

 先日、神奈川県知事からケータイに一斉メール。テレビでもアナウンスがありました。

 「神奈川県に来ないでください」

 メールのメッセージも、ああ、やっぱ冷たいわな。伝え方を少しは考えたらいいのに、アナウンサーじゃなかったっけ、この人・・・というのが素直な感想。

 方言がないからでしょうね。かといって「神奈川県には来ちゃダメじゃん」とは言えんわな。軽薄の極みですから。



 方言の良さに深く気づいたのは、ばってん荒川師匠の名曲「♪帰らんちゃよか」です。

 たまには顔を見せてほしい。お盆と正月くらいはね。でも仕事の邪魔したらいけないから無理することはないよ。おまえの気持ちはわかってるからそっちで頑張んなさい、早く一人前になるんだよ、という母心ですね。

 会いたいから会わない。募る気持ちを抑えている親心が子供に伝わるか? 伝わるでしょ。子供って宝物ですから。子供にとって親も宝物ですもの。

 今日は「子供の日」です。

 私たちを親に選んでくれてありがとう、と子供に感謝する日ですし、産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう、と子供も親に感謝する日ですわな。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2020年05月04日 (月)

5/12東京原原は会場変更します。

 忘れないうちに(その0)・・・おまたせしました。「中島孝志のYou Tubeチャネルが開設されました。題して「中島孝志のインテリジェンス時事放談」です。URLは以下の通り。
https://youtu.be/oubUVnHCEy0
 チャネル登録よろしくね。ニコニコ動画にもアップ予定です。

 忘れないうちに(その1)・・・やらなくてもいい緊急事態宣言が延長となります。渋谷・青山会場は使用不可となりました。
■会場変更
 5/12「東京原理原則研究会」は会場を変更します。詳しい場所はすでにメーリングリストでご案内しています。
■テーマ
◇「ま・く・ら」=「米中戦争はすでに始まっている!」
「チャイナウイルス拡散陰謀の真相」
「チャイナウイルスはやはり『たかがコロナ』」
「金正恩体制をめぐる米中露の思惑」
◇「本講義」=「「AIを超えるインテリジュンス脳の鍛え方について語ろう」

 忘れないうちに(その2)・・・ 昨夜0時に “どん底銘柄 特急便” 定期便を配信しています。









 タイトルは 『「緊急事態宣言延長」×「決算不振」×「セル・イン・メイ」で二番底? MMF残高激増が示す「王道の待ち伏せ投資戦略」!中国V字回復に乗るK・N・O・J・Aチャート解析大研究!』 です。ご確認ください。

 忘れないうちに(その3)・・・本日深夜 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。



 タイトルは 『「無限緩和」で世界の中銀は破綻しないの?「FRB潰し」に動くトランプ、「日銀だけは大丈夫」と考えるこれだの理由』 です。ご期待ください。

 アマゾンからDVDを緊急出版しました!
「トランプは対中軍事戦争を決断した!」(全50分)




□第1部:仕組んだのか?偶然か?狙われた「チャイナウイルス」(34分)
・なぜ武漢市だったのか?
・「チャイナウイルスは人工物」と告発した中国学者は行方不明
・感染発見2日後に米国で逮捕されたノーベル賞候補
・いざとなったら武漢市・湖北省は消えてもらう?
・なぜ歴代天皇は「水神」を祀ってきたのか?
・古今東西、疫病の原因は「水=環境」と「鳥=外敵の侵入」
・聖武天皇はなぜ仏像(東大寺)をつくらせたのか?
・天然痘が猛威をふるった奈良時代
・対策は「平城京ロックダウン」だった

□第2部:「自滅した中国後」のグランドデザインはこうなる!(16分)
・潰えた習近平の野望
・オバマ・ヒラリー・バイデン・ケリーが中国を付け上がらせた!
・「中国2025」を潰しにかかるトランプ
・経済、軍事、そして政治的に抹殺する!
・ユダヤ化する中国人
・トランプはなぜ世界中から米軍を撤収させているのか?
・裏切者は許さない! 在韓米軍を必ず撤収させる!
・再選後、トランプがすること
・原油価格暴落で破綻するイラン
・原油価格暴落で手に入れる「サウジアラムコ」
・米国債デフォルトで日銀化するFRB
・トランプは対中軍事戦争を決めた!!




 詳細は・・・。


 かなり好評のようです。近未来はちがう風景です。「アフターコロナ」とか言われてますけど、日本のボケ野党がすべて吹っ飛ぶほど激変の渦にすでに巻きこまれているんですよ。気づかない人は幸せです。

カテゴリー:中島孝志の美食倶楽部

2020年05月03日 (日)

ごまだれ手打ちうどん「としぼう」(田園都市線藤が丘駅)

 忘れないうちに・・・本日深夜0時に “どん底銘柄 特急便” 定期便を配信しています。







 タイトルは 『。『「緊急事態宣言延長」×「決算不振」×「セル・イン・メイ」で二番底? MMF残高激増が示す「王道の待ち伏せ投資戦略」!中国V字回復に乗るK・N・O・J・Aチャート解析大研究!』 です。ご期待ください。

 最近はまってまんねん。書斎のある青葉台駅から隣の藤が丘駅ってホームから見えるんですよ。

 わざわざ駅に来るより直接隣の駅まで歩いてもかわらんちゃう。というのも、駅から徒歩3分なのよね。しかも藤が丘のほうに少し歩く。ならば、そのまま公園を2つ超えたら着くかも・・・近い。8分あれば十分。

 散歩してる人たくさんいますねー。マスクしながらジョギングしてる人も多いし。真夏でもああいうスタイル? 大変やなー。中国に賠償金払わせなくちゃ。もう10カ国超えたらしい。

 わが国? 媚中派の幹事長と財界に首根っこ押さえられてるから安倍さんは無理だろうね。

 さて、手打ちそばの美味さはお伝え済み。うどんも手打ちと聞いて、頼んでみたら、なんとそばより美味し。細麺なのよ。で、濃い濃いごまだれに絡めると喉に絡みます。

 美味し。ビールが2倍美味くなります。





・店名:としぼう。
・場所:藤が丘駅北口
・価格:リーズナブル。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年05月02日 (土)

聴いてから読むか、読んでから聴くか。それとも貴重なチャートとデータたっぷりの「見る&読む通勤快読」にするか。。。

 読書というのは自分との対話です。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。好奇心の本質とはそういうことだと思うんです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも「無知」ではありません。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんです。



 物心つく頃の子供と同じで、口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタに疲れて寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく、「無関心=知ろうとしない」にあるのではないかしらん。脳の栄養素は「刺激」ですもん。刺激が欲しくなくなった瞬間、「老化」が始まるんでしょう。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うんです。

 というわけで、「通勤快読」のお知らせです。見てくださいな、聴いてーな、でげす。損はさせまへんで。



●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.18年12月からのバックナンバーを無料で視聴できます。



●「読む&見る!通勤快読」のメリット
1メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配信されますのでアクセスする必要がありません。
2クレカ、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3写真とチャートを盛り込みました。わかりやすく一級のデータです。 「聴く!通勤快読」にはありません。「読む&見る!通勤快読」の特典です。



 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義をしてます。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年05月01日 (金)

なんでもないようなことが・・・。

 忘れないうちに・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。





 タイトルは 『もう逃げられない!「チャイナウイルス」が武漢市から全世界に広がった決定的証拠!』 です。ご期待ください。

 延長ですか。参りましたね。これで日本経済はもう1カ月止まります。
 4/7-5/6の緊急事態宣言を乗り切る10万円。延長ですと国民に「延長料金」を支払わないといけなくなります。追加でまた10万円かかりますよ。

 こんなこと繰り返していると、わが国民の「勤勉さ」に影響がないかどうか少し懸念してしまいます。そのうち「休業と補償はワンセットだ!」と乞食政党みたいな発言をする国民も出てきますよ。

 さて、下世話なワイドショーはホッとしてるでしょうね。外出自粛なら家でテレビも見てもらえる? どうでしょうか。辟易するんじゃないかな。あの低レベルでは。

 ウイルスネタでしばしコンテンツがもつな、は油断大敵。

 いま、テレビ局は番組が作れず再放送とか再編集でごまかして放送してます。wowowは地上波を一気に追い抜くチャンスですよ。視聴者に合わせて低レベル番組でいいや、とバカにしてたら、とっくに飽きて棄てられテレビ局側が愕然となるのでは。

 とくに報道番組は終わり。評判の悪い電波芸者ばかりですからね。

 視聴者はフェイクかどうかチェックしてます。情報チャネルをいくつも持ってます。「またメディアが嘘ついてるよ」と笑いながら眺めていることに気づかなくちゃ。モニターの向こう側には「辛口評論家」がいるんですよ。

 さて、「チャイナウイルス」を世界中に拡散した中国は、いま、必死にイメージ回復に勤しんでいます。

 「ウイルスはすでに制圧した」というプロバガンダには残念ながら、アフリカやパキとかスリ、イタ等、チャイナマネー欲しさの貧困国しかのってこないってんで、方針を換えて、マスクとか防護服等の「プレゼント攻勢」にシフト。

 世界中にばらまいてます。

 けどね、これ、小池さん(67歳)とか二階から目薬(81歳)とかの媚中派が税金で用意してた「マスク」「防護服」を中国に送っちゃった。

 これ、自民党の選挙ではかなりアゲンストですよ。野党は必ず突いてきますからね。とくに悪口言われたら右に出る人はいないあの中国人がキャンキャン吠えるでしょうし。

 ところで、いま、中国がせっせと送ってる「マスク」「防護服」「消毒液」「スプレー」「人工呼吸器」等々、これらすべて「日本企業」が「日本向け」に「製造」したものばかりです。技術の剽窃では定評のある中国ですが、なんと、国家ぐるみで窃盗と横流しをしているわけです。

 そんな中国に、どこぞの老いぼれ知事は人のカネで自分の懐が痛まないから、せっせとプレゼント。「盗人に追い銭」てやつですな。

 二の句が付けませんな。大阪府知事がしっかりしてるけど、隣の知事さんゆうたらこの体たらく。

 こういう危機になると、知事とか市長等のレベルが判明しますね。法律に従うことしか頭になく、法律・条令をつくって突破しようとするかどうか。

 政治家でしょ。裁判官じゃないんだから。

 それにしても、4カ月前まで、世の中こんなに様変わりするとは、中共幹部以外にはだれも思っていなかったわけでね。

♪なんでもないようなことが
 幸せだったと思う♪

 失って初めて気づく幸せ。あの大震災でもあの大津波でも、あの台風、あの土石流でも、無理やり気づかされる日々でした。

 できる能力がありながらやらない。これでは宮澤喜一ですよ。愚かでできなかったカンチョクトとはわけが違います。

 安倍さん、力づくで突破しないね。野党のレベルがあれだから、なんとかもってるだけですから。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『大親分! アウトレイジな懲りない面々』(北野武著・858円・河出書房新社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の経済教室

2020年04月30日 (木)

アマゾンから緊急DVD出版しました!

 忘れないうちに(その1)・・・ダウは大幅反発。わずかな調整を挟んで「ほぼ5連騰」となりそうな勢い。CMEのNK225先物も2万円台回復。
 さあ、どうなりますか。







 忘れないうちに(その2)・・・ 4/27配信“どん底銘柄 特急便”4/26“ぴよこちゃん倶楽部”“銘柄研究会”で取り上げた「I」9.29%「J」7.75%「M」7.71%「G」7.01%と4/28終値で逆行高!

 アマゾンからDVDを緊急出版しました!
「トランプは対中軍事戦争を決断した!」(全50分)




□第1部:仕組んだのか?偶然か?狙われた「チャイナウイルス」(34分)
・なぜ武漢市だったのか?
・「チャイナウイルスは人工物」と告発した中国学者は行方不明
・感染発見2日後に米国で逮捕されたノーベル賞候補
・いざとなったら武漢市・湖北省は消えてもらう?
・なぜ歴代天皇は「水神」を祀ってきたのか?
・古今東西、疫病の原因は「水=環境」と「鳥=外敵の侵入」
・聖武天皇はなぜ仏像(東大寺)をつくらせたのか?
・天然痘が猛威をふるった奈良時代
・対策は「平城京ロックダウン」だった

□第2部:「自滅した中国後」のグランドデザインはこうなる!(16分)
・潰えた習近平の野望
・オバマ・ヒラリー・バイデン・ケリーが中国を付け上がらせた!
・「中国2025」を潰しにかかるトランプ
・経済、軍事、そして政治的に抹殺する!
・ユダヤ化する中国人
・トランプはなぜ世界中から米軍を撤収させているのか?
・裏切者は許さない! 在韓米軍を必ず撤収させる!
・再選後、トランプがすること
・原油価格暴落で破綻するイラン
・原油価格暴落で手に入れる「サウジアラムコ」
・米国債デフォルトで日銀化するFRB
・トランプは対中軍事戦争を決めた!!




 詳細は・・・。


 かなり好評のようです。近未来はちがう風景です。「アフターコロナ」とか言われてますけど、日本のボケ野党がすべて吹っ飛ぶほど激変の渦にすでに巻きこまれているんですよ。気づかない人は幸せです。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『新型肺炎、経済崩壊、軍事クーデターで さよなら習近平 完結編』(宮崎正弘著・1,320円・ビジネス社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年04月29日 (水)

万国の感染者よ、団結せよ!

 忘れないうちに(その1)・・・4/26開催「ぴよこちゃん倶楽部」のゲスト講師「藤本誠之先生ご講演速記録」を本日午前4時に配信しています。メンバーはご確認ください。

 忘れないうちに(その2)・・・深夜0時 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。



 タイトルは 『慶大・南カリフォルニア大・スタンフォード大の「ウイルス抗体調査」が意味すること!「誤答率30%PCR検査」やればやるほど「致死率」は激減する!』 です。こちらもご確認ください。





 「たかがコロナ」「されどコロナ」「やはりたかがコロナ」・・・アビガンにしてもなんにしても副作用のほうが気がかり。けど、発症したらなんだって投与してほしい、となるのが人間。


 
 中国は歴史に残る「鼻つまみ国家」となりました。全世界、国家も個人(米国みたいに団体訴訟)も賠償請求すべきでしょうな。

 「万国の感染者よ、連帯せよ」ですよ。


 
 それにしても、感染元の武漢ウイルス研究所にオバマ前大統領が370万ドルも支給してたとはね。とうとうバレちまったなー。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年04月28日 (火)

「通勤快読」オープン!

 忘れないうちに(その1)・・・ダウ4連騰でようやく半値戻し。



 忘れないうちに(その2)・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信します。



 タイトルは 『慶大・南カリフォルニア大・スタンフォード大の「ウイルス抗体調査」が意味すること!「誤答率30%PCR検査」やればやるほど「致死率」は激減する!』 とします。ご期待ください。

 巣籠のみなさんにプレゼント! 「中島孝志の聴く!読む!見る!通勤快読」をオープンします。直近バックナンバーの中から「知っておきたい和食の秘密 前編」(渡辺望著・990円・勉誠出版)をご紹介します。

・・・・・・引用開始・・・・・
 日本のラーメンが世界で大人気、来日する中国人観光客も日本のラーメン屋で行列。日本のパスタは本場イタリアでも大流行。もちろん、寿司や天ぷらは世界を席巻。

 「和食」がユネスコの世界遺産に登録されました。



 「和食」は世界でも独特の特徴を持ったユニークな文化。でありながら、世界でも好きな外国料理のトップを独走してます。
 
 本書は豊富なエピソードで和食の秘密を興味深く解き明かしながら、豊かな日本の食文化と、その底に流れる精神を探求する一冊です。

 この著者がまさかこういう分野の本を書くとは驚きです。



 しかし内容はというと、料理研究家か一流和食料理人が書いたのか、と思わせる力作。感服です。

 食いしん坊にとってはたまらないですねー。「食」に縁がある作家や文学、歴史など魅力的な脱線がわんさか。これが本書の醍醐味かもしれません。



 漱石の『坊っちゃん』の一こま。
 愛媛は松山中学に赴任した坊ちゃんは暇にまかせて街ぶら。まずは天ぷらそばす。団子屋に団子を食べに。
 
 翌朝、学校に行ってみると行動が詳細に黒板に描かれてる。どこかでだれかに見られてる。プライバシーなどありえない。ああ、田舎は嫌だ。田舎者は嫌だ。生まれも育ちもおいら江戸っ子の坊ちゃんには耐えられない屈辱。

 くっそーー。

 『坊ちゃん』という小説、実は私が人生で最初に買った本なんですね。小学4年。あまりのおかしさにこれ1冊で漱石のとりこ。大学生のときに全集購入。三島の全集も書店勤務の先輩に頼んで25%引きで買っちゃいましたけど。

 いまならキンドルだろうなー。紙の全集なんて場所とって大変だもん。



 『三四郎』のカレーライスも取り上げてますけど、私が夢にまで見た美味しい食べ物は・・・あげまん。漱石の『坑夫』という小説だったかなー。たしか。
 これから炭坑に行く主人公がふと見つけたあげまん。古い饅頭をそのままでは食べられないから油で揚げてある。それをねっとりと食べつくす。美味そうだなー。きっと美味いに違いない。主人公も何回かお代わりしてたと思うな。

 漱石はグルメだったと思いますよ。食いしん坊でなければこんなにあちこち「食いもん」が出てくるはずがありませんもの。

 しかし、あの揚げ饅頭は食べたかったなー。あれから半世紀。いまでも夢見るくらいですから。よっぽど美味そうに思えたんでしょうな。

 さて、当の漱石はというと糖尿病で胃弱。結局、胃潰瘍が命取りになるわけですが、食欲と戦いながら仕事をしていたのではないでしょうか。



『美食倶楽部』に登場するのは5人の紳士。正月から年末まで美食とあれば日本全国を奔走する面々。

 ご存じ、谷崎潤一郎の傑作。

 賭博を打つか女を買うか、美味いものを食うか。なんの仕事も持っちゃいない彼らは、東京中の美味いもん屋はもちろん、大阪では鯛茶漬け、下関では河豚。暇と金に任せて食べ歩く。
 
 いまやテレビはグルメ番組がずらり。食いもんなしに番組は成立しませんよ。「谷崎のころにグルメなんて」と不思議がることなかれ。日本人は古今食いもん好きの民族なんです。
 
 江戸時代にお伊勢参りが盛んになりました。「ディスカバー・ジャパン」で日本人はあちこち旅しています。「るるぶ」みたいな情報誌が自然発生的に生まれています。しかも、旅好きたちがみなで情報を収集して作っちゃう。

 日本人はとっくに「ウイキペディア」をやってたんですよ。そればかりか、旅と言えば「旅籠情報」。宿泊情報満載。そして「食情報」もずらり。
 伊勢にたどり着くまで、どこがどう美味しいかまで編集しちゃう。江戸では美味い店番付までできちゃう。

 日本人はとっくの昔に「ミシュランガイド」までつくってたんです。

 「伯爵はその卓越した嗅覚でもって浙江会館という看板のある木造3階建ての西洋館に辿り着いた」

 浙江省の中国人が食する料理を食べたい。残念ながら食べられなかったけれども、異次元の美食を会員たちに供することには成功します。

 「舌をもって味わうばかりでなく、眼をもって、鼻をもって、耳をもって、ある時は肌膚をもって味わわなければならなかった」



 『春琴抄』の春琴、『痴人の愛』のナオミ。彼女たちは揃ってグルメで健啖家、つまり、大食い。食って実は性欲と比例します。アルコールは反比例してると思いますけどね。下戸は性欲が強いと思うけどなー。食ってエネチャージだもん。

 食の細いヤツが性に強いはずがない。女というか動物のメスも大食いの男・オスに惹かれます。精力が強い、エネルギーが強い。生きるパワーが強い。そういうDNAを残したい、と女性は潜在意識で感じているのでは?

・・・・・・引用終了・・・・・

 サイト左右に「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」のサイトがありますんでクリックよろしくです。中島孝志が独断と偏見でほぼ毎日10分から15分ほどミニ講義してます。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『新型肺炎、経済崩壊、軍事クーデターで さよなら習近平 後編』(宮崎正弘著・1,320円・ビジネス社)です。とてもいい本です。

カテゴリー:中島孝志の美食倶楽部

2020年04月27日 (月)

サッポロラーメン「ぼっけもん」(あざみ野)

 忘れないうちに(その0)・・・昨日開催 「ぴよこちゃん倶楽部」「銘柄研究会」で取り上げた「M」△7.28%最高値更新「A」△7.53%)ほかずらり急騰! ご確認ください。

 忘れないうちに(その1)・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。



 タイトルは 『米政府大盤振る舞いの深謀遠慮!消費を忘れたアメリカ人は節約を止める日本人より怖い!』 です。ご期待ください。

 忘れないうちに(その2)・・・4/26 「銘柄研究会の講義データ」「ほぼ毎月経済教室講演会」の音声データを配信しています。 ご確認ください。

 天重も好きですけど、やっぱ基本はラーメンでしょ。巣籠という名の「缶詰」生活を始めています。5月中に少なくとも2冊、できれば3冊。なんとかやんなくちゃ。

 トランプは5/6から経済再稼働を指示していますけど、わが国は5月いっぱいは「緊急事態宣言」を延長するのではないかしらん。5月中に解除したらなかなかやるな、と思いますけどね。「8割非接触いのち」らしいので、無理でしょうな。

 ゴールデンウイークはホテル営業停止要請。旅行会社と航空会社のデータもチェックして、5月末の感染者数の予測をはじき出す。それを見て「解除」云々を判断するでしょうね。ということは、5月中は計算期間なので無理でしょ。

 終息までいかなくとも、拡大から縮小傾向へシフトすれば解除しなくちゃ。わが国は、失業、倒産、破綻は「自殺」とリンクしますからね。「チャイナウイルス」の致死者数とはけた違いに多いんですよ。自殺は。

 景気が悪くなれば30,000人レベル。安倍政権下では20,000人まで減少しました。アメリカでは「外出自粛をやめろー、仕事に戻せ―」というデモのラッシュです。「休業と補償はワンセット」なんぞのバカなデモはありません。わが国民は乞食根性は持ち合わせておりません。

 そうそう、ラーメンラーメン、サッポロラーメン。味噌ラーメン・・・。

 どこぞないんかな。青葉台にはない。本牧には「味噌ラーメン命」で連日行列の名店がありますけど、今、ソーシャルディスタンス。田園都市線沿線にないんかなー。

 ありました。豚骨らーめん「ぼっけもん」。あざみ野にある超濃厚とんこつベース味噌ラーメン。美味し。正解。





 ここもソーシャルディスタンス。入口に消毒スプレー。時代ですなー。

・店名:ぼっけもん。
・値段:リーズナブル。サービスいいよ。
・場所:田園都市線あざみの駅下車。北口徒歩3分。

さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『新型肺炎、経済崩壊、軍事クーデターで さよなら習近平 前編』(宮崎正弘著・1,320円・ビジネス社)です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

真木ひでとさん。。。
[2020年06月05日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

天安門事件31周年・・・。
[2020年06月04日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「中島孝志のインテリジェンス!時事放談」を「ニコニコ動画」にアップしました。
[2020年06月03日]
[価値ある情報]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■(有)時代開発工房代表取締役。
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を25年以上続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!