中島孝志の聴く!通勤快読 7つの特徴
  • たんなる書評ではありません。日本を代表する政治経済のインテリジェンス人脈をベースに、テレビや新聞・雑誌では知り得ない「価値ある情報」を提供します。
  • ビジネス書や政治経済本だけでなく、小説やノンフィクション、歴史書、エッセーもカバーします。話題のベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割とお考えください。
  • 月〜金の平日深夜0時に更新します。月間25冊・年間300冊。1冊当たり約40円です。
  • アナウンサーではなく、中島孝志の肉声による臨場感たっぷりの語りです。
  • 仕事のヒントだけでなく、なによりも「感動&元気」をお届けします。
  • 音声だけでなくテキスト付きですから、多忙なときは斜め読みできます。ケータイでもOK!
  • ゲストを交えたオフ会を開催します。(『村西とおるの閻魔帳』著者・村西とおるさん−10年6月開催済)

※iOS10にて音声が再生できない現象については、iOS10.2にアップデートを行って下さい。

月別エントリー:  年   月 

タイトル/著者検索: ;

最近のエントリー

2019年12月11日(水)

「老後の資金がありません」 垣谷美雨著 704円 中央公論新社

 「しっかり貯金して老後の備えは万全だったわが家に、突然金難がふりかかる!」
 娘が派手婚を予定してなんと600万円もかかる! 折も折、夫の父が亡くなり、葬式代と姑の生活費まで発生。夫婦とも職を失い、1200万円の老後資金はみるみる減っていく。

 家族の諸事情に振り回されつつもやりくりする篤子の奮闘は報われるのか?普通の主婦ががんばる傑作長編・・・です。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2019年12月09日(月)

「うちの子が結婚しないので 前編」 垣谷美雨著 693円 新潮社

 老後の準備を考え始めた千賀子。ふと一人娘の将来が心配になる。
 28歳独身、彼氏の気配なし。自分たちの死後、娘こそ孤独な老後を送るんじゃないの?
 不安を抱えたら止まらない。親同士が子供の代わりに見合いをする、いわゆる、「親婚活」に参加しよっ。
 しかし、そこで見たものは? 現実は厳しい! はたして良縁はあるのかないのか。親婚活サバイバル小説です。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2019年12月06日(金)

「僕はこうして生きてきた NO GAMBLE,NO LIFE. 後編」 蛭子能収著 1,430円 コスモの本

 完結編です。蛭子さんワールドいよいよゴールです。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2019年12月04日(水)

「僕はこうして生きてきた NO GAMBLE,NO LIFE. 前編」 蛭子能収著 1,430円 コスモの本

 何度もしつこく申し訳ございません。蛭子さん好きなんでねー。けど、もうあまり取り上げることもないと思います。いや、あるかも。

「蛭子さんがこれまでの人生とギャンブル哲学について、テレビでは言えない本音全開で語り尽くす! 伝説のデビュー作「パチンコ」などマンガも多数収録」
「長崎での長屋暮らし、中学でのいじめられ体験、看板屋さん・ちり紙交換・ダスキンなどを経て漫画家に、『ガロ』入選、テレビ出演のきっかけ、逮捕された麻雀賭博事件、最愛の奥さんの死と再婚、「バス旅」についてなど、ギャンブルと自由をこよなく愛する、蛭子流生き方のエッセンスを詰め込んだ本」

「ギャンブラーこそ働き者である」「サイフは持ってはいけない」「孤独な人間が最後には勝つ」「お人好しは大成しない」・・・ホントかなー、蛭子流ギャンブル人生訓も24項目掲載する快挙。

 ご用とお急ぎの方もぜひ耳を傾けてくださいませ。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2019年12月03日(火)

「希望荘」 宮部みゆき著 990円 小学館

「今多コンツェルン会長の娘である妻と離婚した杉村三郎は、愛娘とも別れ、仕事も失い、東京都北区に私立探偵事務所を開設する。
 ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調べてほしいという依頼が舞い込む。
 依頼人によれば、父親は妻の不倫による離婚後、息子との再会までに30年の空白があったという。はたして本当に人殺しはあったのか――。表題作の「希望荘」をはじめ計4篇を収録。
 新たなスタートを切った2011年の3.11前後の杉村三郎を描くシリーズ最新作。『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く人気シリーズ第4弾」・・・とのことです。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2019年11月29日(金)

「高橋洋一&石平のデータとファクトで読み解くざんねんな中国 前編」 高橋洋一・石平著 1,540円 ビジネス社

 常に中国の逆を行け! スーパー数量政策学者と無敵のチャイナ通が崩壊国家の哀れな末路を大激論!
□習近平は頭が悪いのに自分が全知全能だと信じているーーー石平
□時価会計を導入したら、中国の不動産バブルは即弾けるーーー?橋洋一
 とのことです。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

2019年11月28日(木)

「 「松本清張」で読む昭和史 後編」 原武史著 880円 NHK出版

 続きです。長いですよ。

  • 音声をダウンロード
  • テキストで全文を読む

月別エントリー:  年   月