カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年11月21日 (水)

株価暴落は利上げストップの圧力か!

 「有料サイト」の連載原稿を3日遅れで転載させて頂きます。まあ、参考にはなると思うよ。

 中間選挙が終わりました。上院は昨日(4日前ということ)、共和党が1議席増えて52議席確保。あと1議席残ってますが、この段階で「トランプ党」は上院を制しました。政治的な狙いで「ロシアゲート」という冤罪を問われても弾劾裁判に持ち込まれる懸念は大きく後退したわけです。

 なによりも、対中国強硬政策とインフラ投資という面で、トランプと民主党はベクトルが合致していますから、いろいろディールもできそうです。

 「下院を減らしたのでトランプは苦境に立つ!」と毎度毎度、日本の愚かなメディアは騒いでますが、中身を見れば、民主党以上に反トランプだった3人(ホール・ライアン下院議長とジェフ・フレーク上院議員は揃って引退、ジョン・マケイン上院議員=IS生みの親は死去。「葬儀に呼ばれてないから」とトランプはゴルフ三昧)が消えましたもんね。

 だから、「トランプ党」と書いたわけ。事実、トランプ・チルドレンがたくさん当選してます。



 さて、アップルの株価が大幅下落しました。発注が激減した下請け企業がやけくそでリークしたせいか、かねてからアップル10は価格に見合う付加価値が足りないのか、売上が今ひとつ。それがわかってるから価格を上げて売上と利益を確保してたわけでね。
 「今後、販売台数の発表はしない」と10月にアップルは公表してました。

 でもアップルだけでなく、ケータイのシェア1位サムスンにしてもファーウェイにしても販売台数は頭打ち。

 画像処理半導体エヌビディアも19年3月度の業績を下方修正。すでに市場は織り込み済みで10月から株価は下落してたのにさらに大幅下落。部品を使ってるニンテンドー・スイッチの任天堂も連れ安(11%安)。その他、半導体メーカーも連れ安だけど、急反発するのでは? ただし任天堂がV字回復するには時間がかかるわな。

 アップルてのは米国市場では暴落の犯人として広く知られてます。



 金価格と相関してるんだよね。金価格が上がる、アップル株が上がる、アップル株が下がる、金価格が下がる・・・今回はどうか?



 金価格は上昇を始めました。しかし地合いはドル指数が高くなるはず。

 自民党総裁選まで、「安倍3選までは円安、中間選挙以降はドル安」と去年のうちから予測してましたが、どうも風景が変わってきました。





1米中貿易戦争の本格化というより米中覇権戦争の先鋭化。
2イタリア危機と英国離脱交渉の混乱。
3新興国の一斉利上げに続く不況表面化直前。



 ドル一人勝ちはまだ続く、つうよりさらに強化しそう。
 ドル一人勝ちを止められるのは株価暴落しかありません。トランプは利上げ停止のために暴落を仕掛けるかも。そのくらい平気でやるでしょ。



 賃金上昇、失業率低下。でもインフレ上昇の懸念はありません。原油価格すら大きく下落してます。エクソン、シェブロンは下がるばかり。

 FRBが国内だけでなく世界市場を慮るなら、利上げ停止に踏み切るでしょう。トランプが送り込んだ2人の副議長は「ハト派(トランプ派=利上げ停止)」ですし、ここ最近のジェローム・パウエル議長の発言を追ってみると利上げ停止に傾いてます。

 エコノミストたちが言う通り、12月末のFOMCで利上げすれば、誘導政策金利は2.25%から2.5%でしょ。元々の中立金利(2.875%)まで2回で軽く超えます。
 たしかに短期金利は超えますけど、長期金利が上昇するかどうかわかりませんよ。FRBにできることは短期金利の調整だけですからね。イールドカーブがフラットから逆向きになるかも。







 ただでさえ、12月はドル還流が増大するシーズンです。というのも、レパトリ減税が集中するからね。となれば、ますますドル高。つうことは相対的に円安となります。
 ドル一人勝ちの中、比較的健闘してるのは香港ドルと円だけ。それでも円安は避けられません。元もと、12月は円高ドル安傾向なんだから。

 いったいどのくらい円安になるのでしょうか? ずばり1ドル120円直前まで安くなってもおかしくありません。利上げ停止あるいは0.25%の幅以下にならなければ、ドル高円安は避けられないのでは?

 けどさ、120円ならアメリカへの自動車輸出に関税25%かけられても吸収できるわな。でも、そもそもトランプは日本にFTA締結を要求しても無理だってーの。んなもんできるならTPPなんて話でてこないんだから。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「中東大混迷を解く シーア派とスンニ派」(池内恵著・1,080円・新潮社)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便




ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

博多原原の新メンバーを熱烈募集します。
[2018年12月12日]
[中島孝志の原理原則研究会]

いよいよ金の時代?
[2018年12月11日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

新メンバー熱烈募集します。
[2018年12月10日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

今日の通勤快読は
もてない男 前編 (小谷野敦)
です。

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間で5日でハイリターンを狙う!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!