カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2019年07月18日 (木)

公開! 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』

 忘れないうちに・・・投資会社の講演が好評だったようで、「日曜開催!」とのこと。今度の日曜は投票のあとに来てね。
 参加費3000円の激安セミナーですけど「サンワード貿易のセミナー参加は初めて」という方は「無料」にしてくれるとか。少なくとも1時間100万円超のコスパだと思うよ。安すぎます。外部セミナーは今回限りにします。
サンワード貿易様主催「中島孝志の講演会」のご案内です。銘柄たっぷり!



■テーマ:「"どん底マエストロ"中島孝志の待ち伏せ投資戦略」
■日 時:2019年7月21日(日)13時30分開場 14時開演(16時30分修了予定)
■会 場:富士ソフトアキバプラザ 7Fプレゼンルーム

  「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を今日の深夜に配信します。テーマは 『トゥーランドットの秘密』 です。

 このメルマガは金融・経済・投資情報以外に政治・軍事のインテリジェンスについて月水金の週3回配信しています。メディアには絶対載せられないコンテンツです。ぜひご購読くださいませませ。

 7/10配信の「経済教室メルマガ」=「ドイツ銀行危機!ユーロが紙くずになる日」を公開します。

・・・・・・・引用・・・・・・・
 おばんでがんす。中島孝志の「経済教室メルマガ」でがんす。

 「ドイツ銀行は7月7日、株式売買業務からの撤退や全行員の2割にあたる1.8万人の削減を柱とする再建計画を発表した。
 戦後ドイツの経済成長の原動力となり、「欧州最強」ともいわれた同行は1990年代末から世界のトップバンクを目指して投資銀行業務を急拡大させた。しかし膨らむリスクに翻弄され、約20年を経て大幅な縮小を余儀なくされた」

 「リーマン・ショック後に赤字に転落。その後も今回資産切り離しの対象となった長期のデリバティブ取引が経営を圧迫し続けたとされる」



 ここに来て、日経がドイツ銀行に関する報道を連続で行いました。なにかありそうです。
ちょうど3年前に出版した本をなぞるような報道で、私としては「デジャヴぇ」といった感じです。



 ドイツ銀行の株価を見ると「世界経済終わりの始まり」を断定せざるをえないようです。

 リーマンショック時より株価を下げています。下げ方はもはや「破綻」と呼ぶにふさわしいレベルです。
 ブレグジットはドイツ銀行破綻を嫌って英国銀行業界が積極的に離脱に傾いたからだ、と私は考えています。もはやヨーロッパ金融危機の始まりを宣言する環境が整ったと言っていいでしょう。



 ECBが金融正常化などできるはずがありません。3年前から発言していますが、その通りになりました。

 かつて、イタリアのシエナ銀行は取り付け騒ぎの後始末に「ベイルイン」を用いるか、それとも「ベイルアウト」にするかですったもんだしたことがあります。
 ベイルインとは金融機関の内部に損失を負担させるものです。預金者の虎の子(預金)を勝手に奪って金融機関救済に使ってしまう、という強行手段です。当然、国民に気づかれないうちに預金を封鎖するのですから、週末から休日あるい長期休暇のタイミングが狙われるはずです。
 ベイルアウトとは公的資金で対処する方法です。

 ベイルインになれば預金は保全されませんから、ドイツとイタリアの銀行から一斉に資金が流出するでしょうし、ことはドイツやイタリアだけでは済みません。アメリカも日本も金融株は大暴落。そして経済は凍り付いてしまうでしょう。まさに世界金融恐慌ということです。

 英国はEU離脱決定後、ヨーロッパ銀行株は大暴落。とくにドイツ銀行は日に20%の異常な下げ方でした。

 「リーマン・ショック後に赤字に転落。その後も今回資産切り離しの対象となった長期のデリバティブ取引が経営を圧迫し続けたとされる」と日経は記事にしていますが、いったいどのくらい抱え込んでいるか、明らかにしていません。



 実は・・・デリバティブ残高50兆ドル(5500兆円)! 道理で、「破綻しても救わない!」とメルケルが釘を刺していただけのことはあります。「救わない」ではなく「救えない」のです。

 この問題があるからユーロが高くなるはずがありません。いずれ通貨ユーロは消えてなくなるかもしれません。

 今回はこのへんでよかろうかい!
・・・・・引用終わり・・・・・

「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』よろしくね。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

9/10開講! 第19期東京原原は毎月講義します。
[2019年08月24日]
[中島孝志の原理原則研究会]

とことんおバカな文在寅の使い道。
[2019年08月23日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

宝塚雪組「壬生義士伝」
[2019年08月22日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!